オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
4Gamer.net
パッケージ
ファンタシースターオンライン2公式サイトへ
  • セガゲームス
  • 発売日:2013/02/28
  • 価格:基本プレイ無料(アイテム課金制),スペシャルパッケージ:5229円(税込)
  • Amazonで買う
  • Yahoo!で買う
読者の評価
66
投稿数:16
レビューを投稿する
準備中
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
QRコードでLINEの4Gamer
アカウントを友達登録すると
月〜金の週5回,21時に厳選
ニュースをお届けします!
※購読にはLINEアプリが必要です
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー
印刷2013/01/25 13:00

プレイレポート

PS Vita版「ファンタシースターオンライン2」クローズドβテストのプレイレポートを掲載。タッチスクリーンを使った操作など,PC版よりプレイしやすい一面も

 セガが2013年2月28日にサービス開始予定のPlayStation Vita版「ファンタシースターオンライン2」のクローズドβテストが,2013年1月15日に開始された。
 本テストは,PC版とVita版の同期/連動プレイの動作,およびサーバー動作/通信の検証を目的に実施されている。1月15日から1月26日までの間に計6回実施され,5日目と6日目のテストは,25日15:00から26日23:00まで32時間継続で実施される1月22日の追加当選でテストに参加できるようになった人は,最後のテスト参加機会を逃さないようにしてほしい。


 「PSO2」は,セガの「ファンタシースター」シリーズ最新作で,そのPC版は,基本プレイ無料+アイテム課金のビジネスモデルを採用し,2012年7月から正式サービスが開始されている。Vita版もPC版同様,ゲームクライアントは無償配布基本プレイ料金無料のスタイルで提供される予定だ。
 また,インターネット接続環境が必須となるオンラインゲームとなり,キャラクターデータはサーバーに保存されるため,Vita版とPC版で同じキャラクターを共有してプレイすることが可能。さらには,Vita版のプレイヤーとPC版のプレイヤーが同じサーバーで一緒にプレイすることもできるのだ。
 なお,本作の概要については以下の記事を参照してほしい。PC版の記事ではあるが,ゲーム内容は同じなので,参考になるはずだ。

関連記事:
「ファンタシースターオンライン2」の世界に旅立つ人のためのプレイガイド

 今回のクローズドβテストでは,Vita版のクライアントだけでなくPC版のクライアントも用意され,Vita版とPC版両方でプレイができるようになっていた。また,本テスト限定の暫定的な対応で正式サービス後の対応は不明だが,Wi-Fiだけでなく3G回線で接続してプレイすることもできた。
 今回は,実際にクローズドβテストでプレイした印象とともに,Vita版「PSO2」の内容をあらためて紹介していこう。

「ファンタシースターオンライン2」公式サイト

Vita版「ファンタシースターオンライン2」プレイヤーズサイト


ファンタシースターオンライン2 ファンタシースターオンライン2
ファンタシースターオンライン2 ファンタシースターオンライン2

※画面はPC版クライアントで撮影したものです
ファンタシースターオンライン2
 ゲーム内容についてだが,内容はPC版に比べて限定的なものとなっている。
 今回のクローズドβテストでは,「フェオ」「ウル」という2つのサーバー(シップ)が用意されていた。
 製品版でも同じ仕様になるので説明しておくが,「PSO2」では,キャラクターデータはシップに紐付けられ,基本的には,キャラクター作成時に選んだシップでプレイすることになる。
 シップの異なるプレイヤーと一緒に遊ぶことはできないので,友人と一緒に遊びたいという人は,プレイを始める前にどのシップでプレイするか,確認しておいたほうがいいだろう。なおPC版では,有料となるがシップ移動は可能となっている(ただしマイルームや倉庫など一部のデータは移動できない)。

ファンタシースターオンライン2
ファンタシースターオンライン2
 Vita版クローズドβテストで使用できるクラスは,「ハンター」「レンジャー」「フォース」の3つに限定されていた(※PC版では「ハンター」「レンジャー」「フォース」「ファイター」「ガンナー」「テクター」の6クラスが実装済み)。
 なお,「PSO2」におけるレベルは,キャラクター単位ではなく,クラスごとに設定されており,別々にレベルを上げる形になっている。条件さえ満たしていれば,他のクラスにいつでも自由に変更できる。
 フィールドは「森林」「火山洞窟」「市街地」の3つで,クエストの難易度は「ノーマル」と「ハード」が用意されていた。ちなみにPC版では,このほかにも「凍土」「地下坑道」「浮遊大陸」「遺跡」といった多数のフィールドが用意されている。

 今回のクローズドβテストでは,シップ内のすべてのブロックが,Vita版のプレイヤーとPC版のプレイヤーが一緒にプレイできる共用ブロックとなっていた。
 ただし,サービスイン時には,PC版で運用されているシップにPC/Vita共用ブロック(状況によってはVita専用ブロック)が追加され,PS Vita版はPC版専用のブロックには行くことができない形になる。
 また,PC/Vita共用ブロックは,PC専用ブロックと仕様が若干異なっており,一部のフィールドの大きさがPC版より小さく,同時に出現するエネミーの数や発生するエマージェンシートライアルの数が少ない。その代わり,PSEバーストの時間はPC専用ブロックより30秒長く続くようになっている。なお,PC/Vita共有ブロックに入場した場合は,PC版のプレイヤーも共用ブロックの仕様に合わせた形でプレイすることになる。
 Vita版を実際にプレイしても,これらの違いはそれほど気にならなかったので,PC版をプレイしている人でも,あまり違和感はないだろう。なお,最大12人が同時に入場できるマルチパーティーエリアにおいても,とくにラグや処理落ちなどを感じることもなかった。

※画面はPC版クライアントで撮影したものです
ファンタシースターオンライン2 ファンタシースターオンライン2
ファンタシースターオンライン2 ファンタシースターオンライン2

ファンタシースターオンライン2
ファンタシースターオンライン2
 「PSO2」の魅力の1つとして挙げられるのが,自由度の高いキャラクタークリエイトだ。顔パターンや髪型,体型の大きさやバランスなどをカスタマイズできる。細部までこだわれるだけでなく,選んだ顔型の雰囲気をイメージに沿って変化させられる“かんたん編集”モードも用意されているので,細かい作業が苦手という人も安心だ。
 Vita版のユーザーインタフェースはPC版とほぼ同じで,タッチ操作で編集を行うことになるのだが,操作感はPC版とほぼ同じで,ポインターもタッチ操作しやすいよう大きめになっている。
 ちなみに,クローズドβテストではログインした状態でしかキャラクタークリエイトを行えなかったが,正式サービス以降はオフラインでもキャラクタークリエイトを行えるとのこと。

かんたん編集モードでは,イメージに合わせてポインターをスライドさせるだけでキャラクターの外見が変わる
ファンタシースターオンライン2 ファンタシースターオンライン2

身長や体型,手足のバランスなど,細部までこだわったキャラクターカスタマイズができる
ファンタシースターオンライン2 ファンタシースターオンライン2
ファンタシースターオンライン2 ファンタシースターオンライン2

ファンタシースターオンライン2 ファンタシースターオンライン2

ファンタシースターオンライン2
ファンタシースターオンライン2
 次に,システム関連について紹介していこう。
 特徴の一つとして挙げられるのが,タッチスクリーンを使って行う操作だろう。基本的には,PC版ではキーボードショートカットに割り当てられている機能が,タッチスクリーンで行えると思えばいい。
 主だったものとしては,パレットに割り当てたアイテムの使用,サブパレットやミニマップの切り替えなどが挙げられる。ロビーでも,コミュニケーションを取りたい相手にタッチすると,グッジョブを送ったりパーティーに招待したりできるなど,こちらでもタッチ操作が活用されている。
 操作感は好印象で,クエスト中においては,PC版以上といっていい。PC版をゲームパッドで操作する場合,手を離さないとキーボードショートカット群を使えないが,画面を触るだけで使えるというのは,実際にやってみるとかなり便利である。

ファンタシースターオンライン2

 チャット入力は,Vitaのソフトウェアキーボードを使い,タッチ操作で入力することになる。文字入力時に画面が隠れないよう,画面が縮小表示されるなど,細かい部分まで配慮が行き届いているのは好印象だ。
 入力感覚はハードウェアキーボードと比べるべくもないのだが,これは致し方ないところ。「PSO2」には,定型文やオートワード(特定条件を満たしたときに自動的に発言する)機能も用意されているので,それらを活用すれば,クエスト中のコミュニケーションに支障は出ないだろう。

ファンタシースターオンライン2
ファンタシースターオンライン2 ファンタシースターオンライン2

ファンタシースターオンライン2
 ちなみに,“フキダシチャット”と呼ばれる「PSO2」のチャットシステムは,ただ文字を表示させるだけでなく,吹き出しの形や色を変えられ,カットイン演出や「シンボルアート」による絵も表示可能。さらには発言と同時に特定のロビーアクションを実行できるなど,非常に表現力が豊かな点が特徴だ。
 Vita版でもこれらの機能はしっかり再現されており,カットイン演出はもちろん,シンボルアートの編集もきちんと行えるようになっている。

ファンタシースターオンライン2
ファンタシースターオンライン2
 そのほかの操作方法は,PC版におけるゲームパッドでの操作とほぼ同じ。ただし,Vita版ではL/Rボタンが1つずつしかないため,一部アクションのボタン配置が異なっている。
 PC版のプレイヤー視点でいうと,使用頻度の高い「回避アクション」のボタン配置が○ボタンになっているのが気になるところだろう。アイテムを拾うのも○ボタンとなるため,アイテムを拾おうとしてボタンを押すと回避してしまう,という操作ミスが発生しやすいからだ。
 ただし,○ボタンを押しっぱなしにしてもアイテムを拾えるので,プレイヤーが意識すれば,操作ミスを避けることもできる。PSPの「ファンタシースターポータブル」シリーズをプレイした経験があるなら,操作にすんなりなじめるはずだ。また,オプションではRボタンを回避アクションに割り当てた操作タイプもあるので,どうしても馴染めないという人は,変更するというのも手だろう。
 ただ,PC版とVita版でデータ共有を謳っている以上は,両方でプレイする人が同じ操作感でプレイできるような配慮が欲しいところ。ハードウェアの制約上,Vita版で使えるボタンが少ないのは仕方がないことなので,PC版の操作オプションに,Vita版と同じ操作パターンを設定できるテンプレートなどを用意してほしいと思う。


 今回,Vita版のクローズドβテストをプレイして感じたのは,やはり,無線でのインターネット接続環境さえあれば,いつでもどこでも「PSO2」を遊べる“素晴らしさ”である。
 筆者は,オンラインゲームは自宅やネットカフェで,椅子に座って遊ぶものという認識だったが,その呪縛(?)から開放され,布団に寝転がったままでも遊べるというのは,個人的にはかなりポイントが高い。
 また,PS Vitaならではのタッチ操作も含め,操作はVita向けにうまくまとめられている。操作方法に慣れさえすれば,チャット以外はPC版よりプレイしやすいといっても過言ではないので,ソロでプレイするときには,積極的にVitaでプレイしたいと思ってしまったほどだ。
 また,発表時は明言していなかった3G回線での接続も,テスト限定の暫定的な対応ではあるが,動作するレベルになっていたことも特筆すべきポイントだろう。回線が安定していれば,3G回線でもそれなりにプレイできる印象だったので,製品版での3G回線対応は,ぜひ実現してほしいところである。

 記事中でも触れたが,PC版「PSO2」では,すでにストーリーの第8章まで実装済みで,さらにVita版ではサービス開始のタイミングで,PC版より先に配信されるストーリークエストもある(関連記事)。クローズドβテストではゲームのボリュームが制限されていたが,製品版では当然,制限から解放されボリュームの心配なく楽しめるようになる。

 なお,ファンタシースターオンラインシリーズ公式ブログによると,今回のクローズドβテスターは,5万人予定の枠に対し10万通もの応募があったそうである。
 先日発表されたように,クローズドβテスターの追加当選が行われ,これからテストに参加するという人もいるだろう。ハンター/レンジャー/フォースいずれかのクラスレベルを10または20まで上げると,後日特典アイテムがもらえるので,幸運にも当選した人は,ぜひテストに参加してみてほしい。

「ファンタシースターオンライン2」公式サイト

Vita版「ファンタシースターオンライン2」プレイヤーズサイト


  • 関連タイトル:

    ファンタシースターオンライン2

  • 関連タイトル:

    ファンタシースターオンライン2

  • この記事のURL:
line
4Gamer.net最新情報
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:05月27日〜05月28日