オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
4Gamer.net
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

いまから始めるオンラインゲーム
モバイル版4Gamer(β)
※ドコモ旧機種には対応してません
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー
印刷2012/06/27 16:15

ニュース

開発者向けカンファレンス「CEDEC 2012」,ソラの桜井政博氏,安西 祐一郎氏,上杉裕世氏が基調講演者に決定

 一般社団法人コンピュータエンターテインメント協会(CESA)は本日(2012年6月27日),8月20日から22日までパシフィコ横浜が開催されるコンピュータエンターテイメント開発者向けカンファレンス「CEDEC 2012」における,基調講演の講演者を決定したことを発表した。

 講演者として招かれるのは,大乱闘スマッシュブラザーズシリーズなどでお馴染み,ソラの桜井政博氏,日本学術振興会・理事長 安西 祐一郎氏,Industrial Light & Magicマットアーティスト 上杉裕世氏の3人。それぞれ「ゲーム制作」「認知科学」「映像制作」においてのスペシャリストであり,それぞれの立場からコンピュータエンターテイメントに対する知見が披露されることだろう。
 なお,公演内容に関しては,CEDECの公式サイトで順次公開される予定。まずは,3人のプロフィールを掲載しておこう。

■CEDEC2012 基調講演 講演者プロフィール(登壇順・敬称略)

桜井 政博(さくらい まさひろ)  講演日程:8月20日(月)
ゲームデザイナー/有限会社ソラ 代表
ゲームユーザーに常に新たな楽しみを提供するため、多彩なジャンルのゲーム開発・研究に従事。
これまで、『星のカービィ』シリーズ、『大乱闘スマッシュブラザーズ』シリーズを考案・制作。最新作は、ニンテンドー3DS『新・光神話パルテナの鏡』。現在は、ニンテンドー3DS、WiiUの2機種において『大乱闘スマッシュブラザーズ』新作の制作に携わる。
「週刊ファミ通」でコラム連載中。
日本ゲーム大賞による「ゲームデザイナーズ大賞」審査委員長、ゲーム音楽コンサート『PRESS START』の企画なども務める。


安西 祐一郎(あんざい ゆういちろう)  講演日程:8月21日(火)
専攻:認知科学・情報科学/独立行政法人日本学術振興会理事長
1974年慶應義塾大学大学院博士課程修了。
カーネギーメロン大学客員助教授、慶應義塾大学理工学部教授などを経て、1993年〜2001年同・理工学部長。2001年〜2009年慶應義塾長。日本私立大学連盟会長、環太平洋大学協会会長、情報処理学会会長、日本認知科学会会長等を歴任。
現在、慶應義塾学事顧問、文部科学省中央教育審議会大学分科会長、学びのイノベーション推進協議会座長、公益社団法人全国大学体育連合会長等も務める。
20代半ばから一貫して認知と情報の研究に携わり、学習と思考の認知科学、ヒューマンロボット・インタラクションの世界的研究者として知られる。

著書:『心と脳』(岩波新書)、『「デジタル脳」が日本を救う』(講談社)、『教育が日本をひらく』(慶應義塾大学出版会)、『認識と学習』(岩波書店)、『問題解決の心理学』(中央新書)ほか多数。


上杉 裕世(うえすぎ ゆうせい) 講演日程:8月22日(水)
マットアーティスト/ Industrial Light & Magic シニアマットアーティスト
1964年広島県生まれ。
大学在学中に『スター・ウォーズ エピソード6 ジェダイの帰還』(1983年)を観て特撮の道を志す。その後、マットペインターのロッコ・ジョフレに師事。
1989年、Industrial Light & Magicに入社。『インディ・ジョーンズ 最後の聖戦』(1989年)、『ダイ・ハード2』(1990年)、『ジュラシック・パーク』(1993年)、『フォレスト・ガンプ/一期一会』(1994年)などの制作に参加。1995年に担当した『スター・ウォーズ 特別編』では、3Dマットペインティング(主観移動表現)を開発し、マットペインティングの表現領域を大きく広げる。以後、『エピソード3 シスの復讐』(2005年)に至るまで、『スター・ウォーズ』シリーズ全作でデジタル・マットアーティストを務める。2002年の『エピソード2 クローンの攻撃』では、アメリカ視覚効果組合(VES)最優秀マットペインティング賞を受賞。
作品:『インディ・ジョーンズ クリスタル・スカルの王国』(2008年)、『トランスフォーマー/リベンジ』(2009年)、『アバター』(2010年)、『トランスフォーマー/ダークサイド・ムーン』(2011年)、『アベンジャーズ』(2012年)、『バトルシップ』(2012年)、エミー賞最優秀視覚効果賞を受賞したTVシリーズ「インディ・ジョーンズ若き日の大冒険」などがある。2010年にはテレビ東京の『世界を変えた100人の日本人』に選出。

CEDEC公式サイト

  • 関連タイトル:

    CEDEC 2012

  • この記事のURL:
line
4Gamer.net最新情報
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:07月28日〜07月29日
タイトル評価ランキング
95
92
Smite (PC)
83
82
81
Banished (PC)
2014年01月〜2014年07月