※見出しをクリックすると記事が読めます
東京ゲームショウ号外を自動表示しない
TGS 2017
号外No.2
東京ゲームショウまとめ読み!9月22日〜24日の3日間,東京ゲームショウ号外をお届け 特設ページへ
高難度ミッションに挑戦
METAL GEAR SURVIVE
Co-opモードのプレイレポート
裏切り者を探す心理戦が展開
スマホでプレイするPS4タイトル
「Hidden Agenda」
このスピード感はまちがいなく「バーチャロン」
「とある魔術の電脳戦機」プレイレポート
期待のスマホ向けタイトル
23/7 トゥエンティ スリー セブン
D×2 真・女神転生 リベレーション
アルケミアストーリー
会場で異彩を放つユニークな出展も
“挙式VR”を体験レポート
ツイートが武器になる「Last Standard」
オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
4Gamer.net
パッケージ
グングニル −魔槍の軍神と英雄戦争−公式サイトへ
読者の評価
47
投稿数:5
レビューを投稿する
海外での評価
62
Powered by metacritic
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
QRコードでLINEの4Gamer
アカウントを友達登録すると
月〜金の週5回,21時に厳選
ニュースをお届けします!
※購読にはLINEアプリが必要です
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー
印刷2011/02/24 14:53

ニュース

アトラス×スティングのシミュレーションRPG「グングニル −魔槍の軍神と英雄戦争−」が2011年5月19日に発売。ティザーサイトが本日公開

 アトラスは本日(2月24日),PSP用SRPG「グングニル −魔槍の軍神と英雄戦争−」を発表,ティザーサイトをオープンした。企画および開発をスティングが担当し,2011年5月19日に発売予定,価格は6279円(税込)となっている。


 本作は,企画・原案は「ユグドラ・ユニオン」などの開発に携わった伊藤真一氏,シナリオ制作は「エクシズ・フォルス」の浅井大樹氏,キャラクターデザインは人気漫画家のきゆづきさとこ氏,そしてサウンド制作はスティングの林 茂樹氏が担当。ガルガンディア帝国に根付く民族紛争を背景に,魔槍“グングニル”を手にした少年「ジュリオ」と,支配民族ダルタニアの貴族の少女「アリッサ」のストーリーが描かれるシミュレーションRPGだ。

 なお,ティザーサイトは,現在のところ扉ページのみだが,「2011.2.28 GRAND OPEN」という文字が確認できる。ひとまずは,この日に新情報が公開されることを期待していよう。

「グングニル −魔槍の軍神と英雄戦争−」ティザーサイト


■ゲーム概要■
RPGの雄アトラスとシミュレーションRPGの雄スティングがおくるタクティクス系シミュレーションRPG最新作!
根強い人気を誇るオーソドックスなタクティカル系RPGを採用し、新感覚なゲームシステムを数多く搭載!
ベーシックな遊びやすさと深く練り込まれたゲーム性の融合・両立を実現し、ライトユーザーからコアなファン層まで幅広く満足できる作品となっています。

■制作スタッフ■
戦乱の帝国を描く壮大な戦記ドラマとして「グングニル」の制作スタッフにはファンタジー的世界観を大いに盛り上げ、まるで人が息づくような世界観を以下のスタッフが中心となり築いています。

■企画・原案:伊藤 真一
「リヴィエラ」「ユグドラ・ユニオン」「ナイツ・イン・ザ・ナイトメア」など、数々のオリジナリティ溢れるゲームを企画・制作。

■シナリオ:浅井 大樹
「エクシズ・フォルス」シナリオ担当。今作ではディレクションも兼任する。

■キャラクターデザイン:きゆづきさとこ
「ユグドラ・ユニオン」や「ナイツ・イン・ザ・ナイトメア」に続き、人気漫画家 きゆづきさとこを起用。 ゲーム中のキャラクターたちを生き生きと、時には雄々しく、時には可憐に個性豊かに描き出し、揺ぎ無い作品世界を構築します。

■サウンド:林 茂樹
BGMはファンの間で絶大な人気を得ているスティング林 茂樹が担当。
物語やシチュエーションを加味・考慮した上で奏でられるサウンド群が、作品をよりいっそう引き立て、盛り上げていきます。

■ストーリー■
壮大なストーリー制作を得意とするスティングが、長年構想したシナリオ「グングニル」。
「魔槍」や「軍神」など、ストーリーの中核をなすキーワードが明らかになることにより、深いシナリオへと展開していきます。

【魔槍は少年を英雄と変え、英雄は歴史に革命を刻む――】

「今日から、君は僕らの“仲間”だ」
レオニカの少年ジュリオは、帝国商人から“強奪”したダルタニア貴族の少女アリッサをレジスタンスの仲間に誘う。民族の隔たりを越えたジュリオの言葉に、アリッサの心は揺れ動く。

遥か古の時代から、ガルガンディア帝国に根付く民族紛争。
支配民族「ダルタニア」が皇帝の庇護の下に大いなる繁栄を極める裏で、“呪われし民”「レオニカ」は永きに渡り迫害と抵抗の歴史を刻んできた。

戸惑いながらも頷くアリッサ。
しかし少女の“血”は、その意思とは無関係にダルタニアの軍勢を引き寄せる。

貧民地区エスパーダに繰り広げられる、容赦のない虐殺。抵抗のレジスタンス、圧倒的戦力差、次々に倒れる仲間たち。絶望の淵でジュリオが死を覚悟したその時――突如、“それ”は、飛来する。魔槍グングニル――太古の戦神・軍神を漆黒の刃に宿す、絶対にして壮絶な“力”。

「これが、グングニル。これが――軍神!?」

血塗れのジュリオは魔槍を手に戦場を駆け、降臨した軍神は荘厳な滅びを兵士へもたらした。魔槍と軍神のあまりの猛威に、人々は畏怖の念すら抱いていた。

事件を機に反帝国の機運は急激に高まり、宿命の歯車がゆっくりと廻り出す。
魔槍のレオニカと、ダルタニアの少女。相容れぬ血を引く二人が進む未来とは――?

運命に躍る人々が歴史に刻む、革命の戦記ファンタジー。
  • 関連タイトル:

    グングニル −魔槍の軍神と英雄戦争−

  • この記事のURL:
line
4Gamer.net最新情報
最新記事一覧へ新着記事10件
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:09月22日〜09月23日