オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
パッケージ
AQUAPAZZA -AQUAPLUS DREAM MATCH-公式サイトへ
読者の評価
65
投稿数:4
レビューを投稿する
準備中
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
QRコードでLINEの4Gamer
アカウントを友達登録すると
月〜金の週5回,21時に厳選
ニュースをお届けします!
※購読にはLINEアプリが必要です
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー
印刷2011/02/21 00:00

イベント

[AOU2011]タマ姉,まさかの投げキャラ。大人気「AQUAPAZZA」の試遊レポートを中心に,大混雑だったタイトーブースをまるごと紹介

 2月18日と19日の二日間,千葉県の幕張メッセにて開催された「AOU2011 アミューズメント・エキスポ」。そのタイトーブースでは,同社のコンテンツ配信システム“NESiCAxLive”対応の新作タイトルが中心に展示され,来場者の関心を集めていた。その模様をお伝えしていこう。


タイトーAOU2011特設サイト



一般開放日には長蛇の列ができた「AQUAPAZZA」


 多数の出展があったNESiCAxLiveの中でも,やはり注目はアクアプラスの新作格闘ゲーム「AQUAPAZZA」だろう。本作については,すでに直撮りムービーを掲載し,紹介しているが,改めてプレイフィールについて触れてみたい。

AQUAPAZZA -AQUAPLUS DREAM MATCH-

「AQUAPAZZA」公式サイト

[AOU2011]「To Heart」や「うたわれるもの」など,アクアプラス作品のキャラクターが勢揃いする2D格闘ゲーム「AQUAPAZZA」の直撮りムービーをUP


 まず今回展示のあったショーバージョンのプレイアブルキャラクターは,向坂環小牧愛佳アロウンカルラマルチの5名で,さらにパートナーキャラクターとして,湯浅皐月ラスティ十波由真カミュ高瀬瑞希の5名が選択できた。若干少ないように思えるかもしれないが,メイン/パートナーともにキャラクターはこれからまだまだ増えていくそうなので,ひとまず安心しておこう。

AQUAPAZZA -AQUAPLUS DREAM MATCH-
グラフィックスは,すべて手書きによるドット絵。原作キャラクターの魅力が十二分に表現されている

 ボタン配置はA/B/C/Dの4ボタン,ABCがそれぞれ弱/中/強攻撃にあたり,順番に押せばチェーンコンボ(本作では「コンビネーションスマッシュ」)で繋いでいくことができる。Dはパートナーボタンになっていて,後述するパートナーの呼び出しに使える。

AQUAPAZZA -AQUAPLUS DREAM MATCH-

 ゲームシステム面では,パワーゲージを1本消費するガードキャンセル(本作では「レジストスマッシュ」)や,削りやガードクラッシュを回避する「インパクトガード」などに加え,プレイの積極性を評価する「アクティブエモーション」システムを搭載する。この「アクティブエモーション」は,キャラクターの“感情”を表すシステムになっていて,現在の“感情値”は画面上部に配置されたキャラクターの表情から読み取ることができる。キャラクターが“ノリノリ”だと,攻撃力が上昇し,逆に“ご機嫌ナナメ”だと,防御力が下がってしまう。“感情値”を上げるには,積極的に攻め続ける必要があるようだ。

必殺技とは別に,キャラクターごとに特殊能力が用意されている点も本作の特徴。筆者が選んだタマ姉の場合,ほかのキャラクターにはない“大ジャンプ”ができる
AQUAPAZZA -AQUAPLUS DREAM MATCH- AQUAPAZZA -AQUAPLUS DREAM MATCH-

 そして本作一番の注目システムが「パートナーアシスト」だ。これはキャラクターセレクト時に選んだパートナーキャラクターが,メインキャラクターの補助を行ってくれるというシステムで,パートナーキャラクターごとに,いろいろな技が用意されている。公式サイトに掲載されているプロモーションムービーのように,コンボに挟み込むことで,さらにコンボ数を伸ばしてくれるものもあれば,相手の行動を抑制するように使えるものまで,活用方法にはかなり研究の余地がありそうだ。

AQUAPAZZA -AQUAPLUS DREAM MATCH-

 さて実際のプレイフィールだが,最初に選んだ“タマ姉”こと向坂環が,おもわぬ投げキャラだったことでちょっと動揺してしまったものの,近年の格闘ゲームとしては,比較的シンプルなゲームシステムということで,最初から違和感なくプレイできた。その模様は先に掲載したムービーに収録されているので,ぜひそちらを参考にしてほしい。インストを見ながら技を出しているような状態なので,華麗なコンボなどは望むべくもないが,おおまかな雰囲気はつかめるだろう。とくに「アクティブエモーション」を示す,画面上部のキャラクターの表情に注目して見ると,いいかもしれない。


パートナーアシストの組み込み方さえ覚えれば,もう少しマシな戦い方ができそうな気がする
AQUAPAZZA -AQUAPLUS DREAM MATCH-

 プレイ後は,本作の開発元エクサムのディレクター 林 和磨氏に話をうかがってみた。林氏によると,本作の基本コンセプトは,“最近格闘ゲームはご無沙汰という人でも遊べる格闘ゲーム”とのこと。原作付きのタイトルということもあって,原作ファンも入りやすく,ゲームシステムなどをシンプルにするよう,心がけたという。そういわれてみれば,最近のゲームにはありがちな2段ジャンプや空中ダッシュなども,基本システムとしては存在しておらず,ゲームスピードも若干抑えめで,かなりサッパリした印象がある(といっても対戦レベルが上がってくれば,どうなるか分からないが)。

パートナーアシストなどのちょっと難しいシステムは,ムリに使わなくても遊べるようになっているそうだ。それでも操作が難しいという人には,より操作が簡単になるシンプルモードも用意されている
AQUAPAZZA -AQUAPLUS DREAM MATCH-

AQUAPAZZA -AQUAPLUS DREAM MATCH-
 一方,パートナーアシストは格闘ゲームファン向けのテクニカル要素として組み込まれたフィーチャーだという。林氏によれば,使い方次第では公式サイトのプロモーションムービー以上のコンボがどんどん作れるそうで,ぜひやり込んでほしいと思いを語っていた。またコンボ以外にも,対戦ではキャラクターの弱点を補うようなパートナー選択も重要で,いろいろな組み合わせを試してほしいとのこと。ちなみに原作が一致したキャラクター同士だと,あくまで演出レベルではあるが,お互いに名前を呼び合ったりといったおまけ要素も用意してあるとか。原作ファンにはちょっとうれしい配慮だろう。

 本作の現時点での開発度は70%で,稼働は2011年春の予定。これからカード連携部分などをがっちり作り込んでいき,また追加キャラクターも今後どんどん発表していくとのこと。ファンは続報にもぜひ期待しておこう。

一般開放日の19日は,「AQUAPAZZA」目当ての来場者で大混雑。本作を一目見ようと,多くのファンが詰めかけた

そのほかのタイトルも写真で紹介。「AQUAPAZZA」以外にもグレフの「星霜鋼機ストラニア」「旋光の輪舞 DUO for NESiCAxLive」や,サクセスの「exception」などNESiCAxLiveの最新タイトルが多数出展されていた
AQUAPAZZA -AQUAPLUS DREAM MATCH- AQUAPAZZA -AQUAPLUS DREAM MATCH-

2月下旬稼働予定のパンチングゲーム「ソニック ブラスト ヒーローズ」

人気のシアター型ガンシューティングゲーム第2弾「ホーンテッド ミュージアム II」。こちらは4月上旬の稼働予定

会場にひっそりと展示してあった,一人用カラオケシステム「ちょいKARA」。アミューズメント施設ほか,ボーリング場などにも設置される予定だとか
AQUAPAZZA -AQUAPLUS DREAM MATCH- AQUAPAZZA -AQUAPLUS DREAM MATCH-

今春稼働の新型クレーン機「プレミアム クレーン」。設定の簡便さや,低消費電力などがウリ。まあ,遊ぶ方にはあまり関係ないが
AQUAPAZZA -AQUAPLUS DREAM MATCH- AQUAPAZZA -AQUAPLUS DREAM MATCH-

現在稼働中の音楽ゲーム「ミュージックガンガン!2」。こちらも一般開放日には行列ができていた
  • 関連タイトル:

    AQUAPAZZA -AQUAPLUS DREAM MATCH-

  • 関連タイトル:

    星霜鋼機ストラニア

  • 関連タイトル:

    exception

  • 関連タイトル:

    ホーンテッド ミュージアム II

  • 関連タイトル:

    ミュージックガンガン!2

  • この記事のURL:
line
4Gamer.net最新情報
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:05月27日〜05月28日