オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
パッケージ
REFLEC BEAT公式サイトへ
  • KONAMI
  • 発売日:2010/11/04
レビューを書く
準備中
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

募集中
LINEで4Gamerアカウントを登録
QRコードでLINEの4Gamer
アカウントを友達登録すると
月〜金の週5回,21時に厳選
ニュースをお届けします!
※購読にはLINEアプリが必要です
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー
印刷2010/10/27 16:47

ニュース

BEMANIシリーズ最新作「REFLEC BEAT」,11月上旬に稼動開始。音楽ゲームとアクションゲームの楽しさを融合したという対戦がウリ

REFLEC BEAT
 KONAMIは,BEMANIシリーズの最新作となるアーケードゲーム「REFLEC BEAT」の稼動を,11月上旬から全国のアミューズメント施設にて開始すると発表した。

 REFLEC BEATは,音楽ゲームとアクションゲームの楽しさを融合させたという,対戦型リズムアクションだ。
 遊び方は,縦長のディスプレイ下部に表示された判定ラインに向かって,音楽に合わせて飛んで来るオブジェクトを,指でタッチして弾き返す。すると,「スパーン」という音とともに,オブジェクトが相手の判定ラインに飛んで行くので,これを打ち返しあって得点を競うというわけだ。タッチするときはタイミングがよいほど高得点,タッチし損ねてしまうと減点となる。

REFLEC BEAT REFLEC BEAT
REFLEC BEAT REFLEC BEAT REFLEC BEAT

 対戦相手は隣の筐体でプレイしている人だけでなく,「e-AMUSEMENT」を利用したオンライン対戦にも対応。楽曲の難度は3種類用意されているため,プレイヤーのレベルにあった難度を選択して対戦が楽しめるとのことだ。
 楽曲には,GIRL NEXT DOORの「Ready to be a lady」,大塚 愛さんの「LUCKY☆STAR」,坂本冬美さんの「また君に恋してる」などが収録されていることが明らかとなっており,全部で60曲以上が楽しめるという。

 プレイを重ねると,選択できる楽曲が増えるだけでなく,ゲーム画面やオブジェクトをカスタマイズできるようになる。また,KONAMIの電子マネー「PASELI」に対応する予定だ。

 というように,普通の音楽ゲームとは少々異なる形式で,対戦に力の入っているREFLEC BEAT。アミューズメント施設で紫色に光る本筐体を見つけたら,アクション性がミックスされた対戦を楽しんでみよう。

REFLEC BEAT

「REFLEC BEAT」公式サイト

  • 関連タイトル:

    REFLEC BEAT

  • この記事のURL:
line
4Gamer.net最新情報
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:12月11日〜12月12日
タイトル評価ランキング
83
82
ARMS (Nintendo Switch)
73
スプラトゥーン2 (Nintendo Switch)
70
2017年06月〜2017年12月