オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
パッケージ
ゼルダの伝説 時のオカリナ 3D公式サイトへ
  • 任天堂
  • 発売日:2011/06/16
  • 価格:4800円(税込)
  • Amazonで買う
  • Yahoo!で買う
読者の評価
85
投稿数:3
レビューを投稿する
海外での評価
94
Powered by metacritic
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

いまから始めるオンラインゲーム
モバイル版4Gamer(β)
※ドコモ旧機種には対応してません
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー
印刷2010/09/29 22:33

プレイレポート

3DSの立体表示で,あの名作はどう生まれ変わるのか。「ゼルダの伝説 時のオカリナ 3D(仮称)」「nintendogs + cats」「どうぶつの森(仮称)」レポート

 「任天堂カンファレンス2010」の試遊コーナーで最も目を引いたのは,やはり「新・光神話 パルテナの鏡」を擁する任天堂のニンテンドー3DS(以下,3DS)タイトルコーナーだった。同作に関しては別記事(関連記事)で紹介しているので,本稿では,「ゼルダの伝説 時のオカリナ 3D(仮称)」「nintendogs + cats」「どうぶつの森(仮称)」を紹介しよう。

「任天堂カンファレンス2010」公式サイト


「任天堂」公式サイト



ゼルダの伝説 時のオカリナ 3D
 2011年春に発売予定の「ゼルダの伝説 時のオカリナ 3D(仮称)」は,1998年に発売されたNINTENDO 64用ソフト「ゼルダの伝説 時のオカリナ」を3DS向けにアレンジしたタイトル。個性的にもほどがある登場人物達との出会いや,ストーリーと謎解きが見事に融合した冒険,美しいオカリナのメロディなどが,3DSという新ハードで蘇るのだ。

 試遊機では,“コキリの森”“デクの樹サマの中”“甲殻寄生獣ゴーマ”という三つのシチュエーションのいずれかを体験できた。筆者は,一番操作が忙しそうな甲殻寄生獣ゴーマを選んでみた。
 ゴーマは,剣やパチンコなど複数の道具を使い分けつつ戦わないと倒せない,なかなかの強敵。3DSの操作性が悪ければ,1回の試遊で倒すのは難しいだろうと考えつつ挑んだのだが,意外にもあっさりと撃破してしまった。3DS版では,下画面(タッチスクリーン)にサブ画面が表示されており,体力回復や遠隔攻撃などが,直感的に行えるようになっている。個人的にはさほど違和感を覚えず,スムースに操作できた印象だ。



 裸眼立体視でのプレイは,かつて,ゼルダの伝説 時のオカリナをNINTENDO 64で遊んだという人も,3DSで初めて遊ぶという人も,新鮮な驚きが味わえるのは間違いない。しかし,今回は試遊時間がわずかだったこともあり,“立体視ならでは”のゲーム性の変化を確認することはできなかった。じっくりとプレイすれば,また新たな発見があるのかもしれない。



ゼルダの伝説 時のオカリナ 3D
 同じく2011年春に発売予定の3DS用ソフト,nintendogs + catsもプレイアブル展示されていた。本作は,NDS用ソフトとしてスマッシュヒットを記録した「nintendogs」を3DS向けにアレンジしたタイトルで,かわいらしい犬や猫とのコミュニケーションを楽しんだり,すれ違い通信で,ほかのプレイヤーとの交流を楽しんだりできる。

 3DSは,NDSと比べ,グラフィックス能力が格段に向上していることもあり,nintendogs + catsに登場する犬は可愛らしさが強烈にアップしていたし,もちろん猫も非常にキュートだった。
 毛並みどころか口の中までしっかりと表現されており,タッチペンでなで回すとさまざまなリアクションをとってくれる。愛くるしいフレンチブルドッグやアメリカンショートヘアーは,破壊力満点。それが裸眼立体視で液晶から“飛び出す”のだから,犬猫好きならぜひ押さえておきたい1本といえるだろう。今後の情報公開が楽しみだ。

ゼルダの伝説 時のオカリナ 3D ゼルダの伝説 時のオカリナ 3D
ゼルダの伝説 時のオカリナ 3D ゼルダの伝説 時のオカリナ 3D


 最後に紹介するのは,どうぶつ達が暮らす不思議な村で,自由気ままな生活が送れる,3DS版「どうぶつの森(仮称)」だ。こちらはプレイアブル展示ではなく,オートデモのみの出展だったが,裸眼立体視による3D表示の恩恵はしっかりと確認できた。



 立体的に見えるというだけで,地形の高低差がとてもよく分かるようになっており,段差の多い村でプレイするときには地味にありがたく感じられる(とくに方向音痴のプレイヤーにとって)。
 また,動かせるオブジェクトを複数設置できる自宅では,家具などの整理整頓がしやすそうだし,なにより“見せる”ためのレイアウトが非常に楽しそうだ。

 また,すれ違い通信やWi-Fi通信で,ほかのプレイヤーとも頻繁に交流することになるタイトルなので,グラフィックスクオリティの向上は,素直に喜ばしいところだろう。服のデザインにも,従来作以上に力が入りそうだ。



 また3DS版では,プレイヤー自身が“村長”となって,自分で村おこしをしていく要素が盛り込まれているという。
 “まったりゲー”としての遊びの幅が広がる一方,“やらなければならないこと”が若干追加された本作では,どのような化学変化が起きているのだろう。村長としての役割が,毎日プレイし続けるためのモチベーションになりそうで,個人的には非常に楽しみだったりする。実際にプレイできる日を楽しみに待ちたい。

「任天堂カンファレンス2010」公式サイト


「任天堂」公式サイト

  • 関連タイトル:

    ゼルダの伝説 時のオカリナ 3D

  • 関連タイトル:

    nintendogs + cats トイ・プードル & Newフレンズ

  • 関連タイトル:

    とびだせ どうぶつの森

  • この記事のURL:
line
4Gamer.net最新情報
最新記事一覧へ新着記事10件
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:07月25日〜07月26日
タイトル評価ランキング
95
92
Smite (PC)
83
82
81
Banished (PC)
2014年01月〜2014年07月