オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
パッケージ
DEAD OR ALIVE Dimensions公式サイトへ
読者の評価
57
投稿数:2
レビューを投稿する
海外での評価
78
Powered by metacritic
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
QRコードでLINEの4Gamer
アカウントを友達登録すると
月〜金の週5回,21時に厳選
ニュースをお届けします!
※購読にはLINEアプリが必要です
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー
印刷2010/09/29 21:26

イベント

裸眼立体視とアクションゲームの相性は?「DEAD OR ALIVE Dimensions」プレイレポートを掲載。3D立体視の大迫力の揺れにも期待

 任天堂カンファレンス2010の会場には,ニンテンドー3DS用だけでも31種類ものタイトルが出展されていた。本稿ではその中から,プレイアブル出展されていた「DEAD OR ALIVE Dimensions」のプレイレポートをお届けしよう。

「任天堂カンファレンス2010」公式サイト

「DEAD OR ALIVE Dimensions」公式サイト


DEAD OR ALIVE Dimensions DEAD OR ALIVE Dimensions
DEAD OR ALIVE Dimensions DEAD OR ALIVE Dimensions

DEAD OR ALIVE Dimensions
 DEAD OR ALIVE Dimensionsは,テクモ(現コーエーテクモゲームス)の人気3D対戦格闘シリーズ最新作。「こちら」でもお伝えしたように,前作「DEAD OR ALIVE 4」の発売から5年が経過した今,3DSという新ハードでの発売が明らかにされたのだ。
 発売時期は未定だが,同カンファレンス会場ではプレイアブル展示されており,かすみ/あやね/ハヤテ/ハヤブサの4人の中からキャラを選び,3つのステージで対戦プレイが楽しめた。

 DEAD OR ALIVEシリーズといえば,打撃/投げ/ホールドを駆使したスピーディかつ,テクニカルなバトルが最大の特徴だ。さすがに3DSのスライドパッドでは,技がまともに出せないんじゃないかな……と侮っていたのだが,実際に遊んでみると,操作感覚はさほど悪くなかった。
 試遊バージョンでは,ゲーム速度が(プロモムービーなどと比べると)若干遅めなのだが,そのせいもあって,中段技も下段技もきっちり入れられたし,相手の技を見てホールドを出すこともできた。
 また,個人的にちょっと意外だったのは,裸眼立体視モードで本作を遊んでいると,普段よりもキャラの手足の動きがはっきり認識できたことだ。はっきり見えたところで,それを攻防に生かせるのかと問われると,10〜20分程度のプレイ時間では何とも言えないが,人によっては「3Dモードのほうが戦いやすい」というケースもあるかもしれない。ちなみに試遊機では,上画面にバトル画面,下画面に操作説明が表示されていた。

DEAD OR ALIVE Dimensions DEAD OR ALIVE Dimensions
DEAD OR ALIVE Dimensions DEAD OR ALIVE Dimensions

 ともあれ,思いのほか裸眼立体視との相性が良さそうなDEAD OR ALIVE Dimensions。格闘ゲームファンは3D表示による大迫力のバトルに,女性キャラクターファンは大迫力の特定部位の揺れにも期待しつつ,新情報の公開を待っていてほしい。

「任天堂カンファレンス2010」公式サイト

「DEAD OR ALIVE Dimensions」公式サイト

  • 関連タイトル:

    DEAD OR ALIVE Dimensions

  • この記事のURL:
line
4Gamer.net最新情報
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:08月22日〜08月23日
タイトル評価ランキング
92
82
ARMS (Nintendo Switch)
74
スプラトゥーン2 (Nintendo Switch)
74
鉄拳7 (PS4)
2017年02月〜2017年08月