オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
パッケージ
メタルサーガ・ニューフロンティア公式サイトへ
  • サクセス
  • 発売日:2010/03/18
  • 価格:サービス終了
読者の評価
82
投稿数:4
レビューを投稿する
準備中
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
QRコードでLINEの4Gamer
アカウントを友達登録すると
月〜金の週5回,21時に厳選
ニュースをお届けします!
※購読にはLINEアプリが必要です
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー
印刷2010/01/14 11:00

プレイレポート

戦車と人間がテーマの名作RPGが経営シムとなって登場。mixiアプリ「メタルサーガ・ニューフロンティア」CBTプレイレポート

「メタルサーガ」は,1991年に第一作が発売されたファミコン版「メタルマックス」の流れを汲むシリーズで,PlayStation 2,ニンテンドーDS,モバイルで発売されている
メタルサーガ・ニューフロンティア
 サクセスは,ブラウザタイプのシミュレーションゲームとなるmixiアプリ「メタルサーガ・ニューフロンティア」のクローズドβテストを12月18日〜28日に実施した。シリーズの世界観を継承しつつ,時には戦車で,時には生身で,時にはほかのプレイヤーと共に,賞金首やモンスターと戦いつつ,自分の自警集団「カンパニー」を大きくしていく。今回のテストでは一部機能が制限されていたが,この独特な世界と基本的なゲーム内容に触れてきたので,さっそくプレイレポートをお届けしよう。
 なお,本日(1月14日)よりオープンβテストが開始されている。興味を持った人はさっそく遊んでみてほしい。

「メタルサーガ・ニューフロンティア」公式サイト


 メタルサーガ・ニューフロンティアでは,突如発生した「大破壊」により無秩序になった世界を舞台に,カンパニーのオーナーとなって,この世界で生き残っていくことが目的となる。そのために特殊技能を持つ社員を雇い,各地に埋もれている「戦車」を見つけ出し,賞金首やモンスターと戦うなど,さまざまな手段で金を稼ぎ,チームを強くしていく。
 メタルサーガシリーズはこれまでRPGだったのだが,本作は経営シミュレーションタイプとなっている。各行動に時間を必要とする,最近のブラウザゲームでよくあるタイプのスタイルで,行動中にあった出来事は「ログ」でテキストのほか,まれにスナップショットが表示され,画像でキャラクターの行動が確認できる。
 テスト中に仕様変更や調整があったが,1回の行動にかかる時間はだいたい2分30秒から45分程度で,賞金首との戦闘では数時間の待ち時間が必要となった。がっつりプレイするというより,ゆっくり時間をかけて戦略を練っていくタイプのゲームといえよう。

メタルサーガ・ニューフロンティア
「賞金首」の討伐による賞金は魅力だが,彼らは謎に包まれており,所在地を掴むための情報収集が欠かせない。固定の位置にいるもののほか,マップ上を周回している賞金首もいる
メタルサーガ・ニューフロンティア
通った道は明るくなり,見つけたダンジョンなどは地図上に表記されていく。戦車は森,山岳,水上を通ることができず,またダンジョンの中には戦車で入っていけないものがある


人材はカンパニー最大の財産
バランス構成か特化構成か? チームを編成しよう


 カンパニーの社員集めが,オーナーとしての最初の仕事となる。「人事」の「新規採用」で,性別のほか,体系2種,顔9種,肌の色4種,髪型9種,髪の色16種から好みの構成を組み合わせ,職業を選択して名前をつければ一人完成だ。
 職業は「ハンター」「メカニック」「ソルジャー」「トレーダー」の4種類。能力の違いのほかに,それぞれ役立つ個別のスキルを持っている。今回のテストではスキルの一部しか実装されてなかったので,それぞれの効果までは調べられなかったものの,「ソルジャー」のスキルにて男女間での違いが確認できた。
 初期に雇える社員は4人だったが,CBT中に仕様変更があり,途中から8人まで拡大された。このあたりが今後のサービスでどうなっていくのかは不明だ。

メタルサーガ・ニューフロンティア
ハンター
オールラウンド型でバランスの取れたクラス。戦車の操縦もお手のもので,戦車操縦時に最大限に能力を発揮する。メタルサーガの世界における花形職業
メタルサーガ・ニューフロンティア
メカニック
戦車のメンテナンスに関する特殊技能を持つ。戦車の修理を得意とし,経験を積むことで大破した戦車さえも元に戻せる。肉弾戦は不得意だが,ハンターに次いで操縦能力は高い
メタルサーガ・ニューフロンティア
ソルジャー
肉弾戦に特化したクラス。攻撃力・防御力・体力がズバ抜けて高く,戦闘のキーマンとなる。半面,運転技術的なものを持ち合わせていないため,戦車に搭乗すると能力を生かせない
メタルサーガ・ニューフロンティア
トレーダー
交易を得意とする商才豊かなクラス。生産や改造に必要不可欠となる素材の発見能力,商売の交渉力などで類まれなる才能を発揮する。肉弾戦も操縦能力も頼りないが,戦闘以外のサポート能力に突出している

 最初のうちは各クラスの能力差はほとんど感じられないが,レベルが上がっていくにつれて役割の差が顕著に出てくる。戦車が手に入りにくい序盤は,どうしても肉弾戦が得意な「ソルジャー」が強いのだが,戦車が手に入るとメカに弱いソルジャーよりも,操縦の得意な「ハンター」のほうが重要になってくる。このほか,「メカニック」がいないと戦車の整備はできないし,「トレーダー」がいないと探索が難しくなるといった具合だ。メンバーの入れ替えは,マップ上の同じ座標にいるチーム同士なら可能なので,目的に合わせてチームを編成していくのがいいだろう。


情報を制する者が世界を制す?
拠点となる町やキャンプ場で装備と情報を集めよう


 カンパニーの所在地となる「拠点」では,装備を整えたり,情報を得たりと,冒険の下準備ができる。冒険で得たアイテムは倉庫に入るのだが,これは拠点でしかチームのメンバーに渡せないので覚えておこう。拠点には町とキャンプの2種類がある。キャンプには町ほどの機能はないが,転送装置で移動が可能なので,行動の出発点になることが多いだろう。「酒場」やキャンプ場での「話す」ではクエストを受けられることもある。

メタルサーガ・ニューフロンティア
ハンターオフィス
ターゲットである「賞金首」の情報はここで得る。会話によって賞金首の居場所などについても聞ける。賞金首によっては何度も出現するものがいるが,賞金をもらえるのは1回限り
メタルサーガ・ニューフロンティア
宿屋
チームのHPとTP(疲労度)を回復できる。高い部屋ほど回復に要する時間が短くなり,状態異常なども回復できる。まれに蚊が出現して眠れない場合があり,その際はHPに1のダメージを受け,TPも減少するどころか1増加してしまう
メタルサーガ・ニューフロンティア
人間装備屋
戦車に乗らない状態での装備や,さまざまな道具類を購入できる。ちなみに武器や防具は試着することにより,スナップショットの際に映し出されるキャラクターグラフィックスをチェックできる
メタルサーガ・ニューフロンティア
戦車装備屋
戦車に搭載する武器や装甲などを購入できる。戦車はそれぞれパーツを装着できる部位に個性があり,例えば初期に手に入る戦車「スージー」は,主砲のほか,副砲2か所にも武器を搭載できる
メタルサーガ・ニューフロンティア
ガレージ
戦車の修理,回収,洗車ができる。戦車から降りて行動したり,戦闘で全滅したりすると,その位置に置いたままになってしまう。そういった場合,回収をすることで拠点まで運ばれてくる。戦車の修理はメカニックのスキルや道具によっても行える
メタルサーガ・ニューフロンティア
酒場
酒を飲んだり,客全員におごって喝采を受けたりできる「おだいじん」のほかに,「ネタ」と呼ばれるモンスターのドロップ品を販売したり,客から情報を聞き出したりできる。ほかのキャンプ場や賞金首の情報が聞けることもあるので,こまめにチェックしておくのがいいだろう
メタルサーガ・ニューフロンティア
Dr.ミンチ
怪しい部屋で,怪しい機械を使い,怪しい爺さんが,死んでしまった社員を生き返らせてくれる
メタルサーガ・ニューフロンティア
転送装置
初期段階では使用できないが,転送装置起動キーを手に入れると,拠点とキャンプ場を時間をかけずに移動できるようになる。ただし,まれに転送に失敗し,とんでもない場所へ飛ばされてしまうこともあるので覚悟が必要だ


目指すは世界最大のカンパニー
埋もれている戦車や賞金首を探し出そう


 チームの準備が整ったら,街で得た情報をもとに「狩り」でレベル上げやお金稼ぎをしたり,「探索」で戦車やダンジョンを探したりしていこう。ほとんどの行動は「TP(疲労度)」の増加を伴い,チームの誰か一人でも「TP」の最大値を超えてしまうような行動は取れない。この「TP」は休憩や宿屋,道具の使用によって減少できる。
 行動はターン数を選択することによって,待機時間の長さや効果が変わってくる。例えば「狩り」で多くのターン数を選択すると,経験値やお金は多く得られるが,そのぶん長い待機時間も必要となる。本作では行動している最中の途中経過は確認できないので,全滅などのリスクも高くなってしまう。戦闘を伴う行動をする場合には,できるだけ短いターン数を選択し,こまめにチームの状態を管理確認しながら進めていくのが安全策となる。

メタルサーガ・ニューフロンティア
テキストでの行動内容の確認は重要。本作の状態異常は戦闘が終わっても治らないものがあり,それらを治すための道具は,できるだけ持ち歩いておきたいところだ
メタルサーガ・ニューフロンティア
出現したモンスターは「業務」の「モンスターリスト」から確認できる。属性,弱点,取得アイテムまで細かく表記されているので参考にしつつ,狩る対象と装備を決めていくといいだろう

 「賞金首」のコマンドは,賞金首が存在する位置で選択できるもので,町などで得た情報を参考にして位置を割り出し,討伐に向かうことになる。このコマンドは一定の待機時間を必要とするもので,タイミングが合えばほかのプレイヤーと一緒に討伐できる。どうしても自分のチームだけでは倒せない場合は,マイミクなどに共闘の相談を持ちかけてみるのもいいだろう。残念ながら賞金首を倒しても賞金は1回しかもらえないが,戦うこと自体は何度でもでき,倒せばレアなアイテムを落とす場合がある。
 「アルバイト」はどこでも選択可能で,かなりの長時間連続で行動させられるコマンドだ。仕事前や就寝時にこのコマンドを選択しておけば,次にゲームをするときにはお金やアイテムが増えている,といったふうに使う。

メタルサーガ・ニューフロンティア
3カンパニー合同で賞金首を倒したときのスナップショット。賞金首からのドロップはレアなものや高値で売れるものが多く,一度倒しても再び倒しに行く価値はあるはず
メタルサーガ・ニューフロンティア
本作における「戦車」は一般的な戦車のイメージではなく,乗って戦える車すべてを指す。戦車は生身の人間より圧倒的に強いので,これらの数を増やすことも目標の一つとなる


選べるプレイスタイル
進めるほどに増えていくゲーム要素


着せ替えのコマンドや試着などで,グラフィックスの確認が可能だ。序盤のカンパニーは金欠なので性能を優先したくなるが,ある程度余裕ができたら総合的なコーディネートを考えていくのも楽しい
メタルサーガ・ニューフロンティア
 本作では,ブラウザを閉じていてもPCを落としていても,登録した行動は自動的に進んでいくので,自分のライフスタイルに合わせた時間の使い方でプレイできる。例えば,長時間ゲームを離れているあいだは「休憩」や「アルバイト」など時間のかかる行動を登録しておき,こまめにプレイできる場合にはマップの探索を進めていくといった感じだ。

 初期の1チームしか動かせなかった頃は,ゲーム性が把握できないまま,待ち時間は何もできず,遊んでいて不安が大きかった。しかしゲームを進めて複数のチームを動かせるようになり,転送装置も使えるようになってくる頃には,ゲーム内の行動時間に合わせて実生活のスケジュールも立てるほど,本作の魅力にすっかりのめり込んでしまった。
 全滅したときは「ログ」を読んで何が悪かったのか確認して改善したり,あの場所は何かありそうだな……と読めるようになると,ノーヒントで探索しに行ったり。また,自分が名前をつけて着飾らせたキャラクターが活躍する姿を,スナップショットで見られるというのも純粋に楽しい要素だ。

メタルサーガ・ニューフロンティア
業務の「カンパニーショップ」では,ほかのプレイヤー相手にアイテムの売買ができる。値段は自分で設定でき,コメントもつけられる。手数料は価格の1割だ
メタルサーガ・ニューフロンティア
難度は若干高めで,こつこつレベルを上げながら少しずつ進めていかないと,全滅の危険性が高い。デスペナは人間にはないが,戦車が大破してしまうと出費がかなりかさむ

 CBTでは実装されていなかった「生産」や「改造」などの要素が出てくれば,さらに戦略性が深まっていくと思われる。公式サイトにはシリーズのマスコット的存在である「ドッグ」の姿も見られ,こちらの実装も楽しみなところだ。メタルサーガシリーズのファンはもちろん,こういったタイプのシミュレーションゲーム経験が少ない人でも,1月14日にスタートしたオープンβテストで一度体験してもらいたいゲームだ。

「メタルサーガ・ニューフロンティア」公式サイト


  • 関連タイトル:

    メタルサーガ・ニューフロンティア

  • この記事のURL:
line
4Gamer.net最新情報
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:05月28日〜05月29日