※見出しをクリックすると記事が読めます
DMMゲームズ号外を自動表示しない
号外No.1
東京ゲームショウレポート
今熱い最新タイトル情報
話題の記事

事前登録受付中!

オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
4Gamer.net
パッケージ
グランツーリスモ5公式サイトへ
読者の評価
76
投稿数:25
レビューを投稿する
海外での評価
84
Powered by metacritic
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

いまから始めるオンラインゲーム
モバイル版4Gamer(β)
※ドコモ旧機種には対応してません
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー
印刷2011/07/04 11:56

ニュース

グランツーリスモを手がける山内一典氏,「2011 ニュルブルクリンク24時間」決勝レースでクラス優勝。日産GT-Rの24時間レース初参戦で快挙

グランツーリスモを手がける山内一典氏,「2011 ニュルブルクリンク24時間」決勝レースでクラス優勝。日産GT-Rの24時間レース初参戦で快挙
 ソニー・コンピュータエンタテインメントジャパンは本日(2011年7月4日),グランツーリスモシリーズのプロデュースを行っている山内一典氏が,6月25〜26日にドイツのニュルブルクリンクで開かれた「2011 ニュルブルクリンク24時間」決勝レースのSP8Tクラスで優勝したと発表した。

 今回山内氏は,地元プライベーターとしてエントリーした,ドイツ・ドレスデン郊外にあるシュルツ・モータースポーツの一員として,スーパー耐久の元チャンピオンである山本泰吉選手を含む3人のドライバーと共にレースに参戦。
 予選から圧倒的な速さを見せつけてきた,フォルクスワーゲン・モータースポーツをはじめとするワークスチームのマシンなどと熾烈な上位争いを展開した。

グランツーリスモを手がける山内一典氏,「2011 ニュルブルクリンク24時間」決勝レースでクラス優勝。日産GT-Rの24時間レース初参戦で快挙


グランツーリスモを手がける山内一典氏,「2011 ニュルブルクリンク24時間」決勝レースでクラス優勝。日産GT-Rの24時間レース初参戦で快挙
 一時は,元F1ドライバーであるジョニー・ハーバート選手,マーク・ブランデル選手が駆る,フォルクスワーゲン・モータースポーツのゴルフ24GTに抜かれたものの,同車がトラブルに見舞われているあいだに首位を奪い返し,そのままSP8Tクラスのトップでゴールを果たした。全クラスでの総合順位は36位となっている。

グランツーリスモを手がける山内一典氏,「2011 ニュルブルクリンク24時間」決勝レースでクラス優勝。日産GT-Rの24時間レース初参戦で快挙 グランツーリスモを手がける山内一典氏,「2011 ニュルブルクリンク24時間」決勝レースでクラス優勝。日産GT-Rの24時間レース初参戦で快挙
グランツーリスモを手がける山内一典氏,「2011 ニュルブルクリンク24時間」決勝レースでクラス優勝。日産GT-Rの24時間レース初参戦で快挙


グランツーリスモを手がける山内一典氏,「2011 ニュルブルクリンク24時間」決勝レースでクラス優勝。日産GT-Rの24時間レース初参戦で快挙
 これまで,日本カー・オブ・ザ・イヤーの選考委員を務めたり,レースに参戦したりとゲームクリエイターの枠を超えて活躍してきた山内氏。今回のクラス優勝で,レーシングドライバーとしてのキャリアに新たな1ページが追加されたことになる。


「グランツーリスモ」公式サイト


グランツーリスモを手がける山内一典氏,「2011 ニュルブルクリンク24時間」決勝レースでクラス優勝。日産GT-Rの24時間レース初参戦で快挙
グランツーリスモを手がける山内一典氏,「2011 ニュルブルクリンク24時間」決勝レースでクラス優勝。日産GT-Rの24時間レース初参戦で快挙


山内一典が2011 ニュルブルクリンク24時間レースでクラス優勝


「グランツーリスモ」の開発を手掛けるシリーズ・プロデューサー山内一典が、2011年6月25日から翌26日にかけてドイツ・ニュルブルクリンクにて行われた「2011 ニュルブルクリンク24時間」決勝レースにて、日産GT-Rでクラス優勝(SP8Tクラス)を果たしました。日産GT-Rの24時間レース参戦は今回が世界初であり、山内はその歴史的な一戦をクラス優勝という栄冠で飾りました。

 ニュルブルクリンク24時間仕様の日産GT-Rレーシングカーをエントリーさせたのは、ドイツ・ドレスデン郊外にあるシュルツ・モータースポーツ。オーナーのウォルフラム・シュルツはルノー/日産ディーラーを営むかたわら、トビアス、ミヒャエルという2人のご子息に幼いころからモータースポーツの経験を積ませてきました。今回はこの2人のドライバーに、元スーパー耐久チャンピオンである山本泰吉さん(元スーパー耐久チャンピオン)が加わり、ニュルブルクリンク24時間レースの原点でもある地元プライベーターという立場からレースに挑みました。

 日産GT-Rが参戦したSP8Tクラスには、フォルクスワーゲン・モータースポーツがニューマシン「ゴルフGT24」を3台投入。これまでシロッコで表彰台をほしいままにしてきたワークスチームだけに、予選から圧倒的な速さを見せつけました。ところがレースが始まり、ナイトセッションに突入するとゴルフ24GTをトラブルが襲い、3台中2台が夜明けを待たずにリタイアするという予想外の展開に。

 これでトップに立った日産GT-Rは、唯一生き残ったフォルクスワーゲンワークスのゴルフGT24、235号車の猛追を受けながらレースを続けました。アンチロールバーをなくしペースがあがらない日産GT-Rは、ジョニー・ハーバート、マーク・ブランデルという元F1ドライバーを擁するゴルフ24GTの全開走行により一度はトップを明け渡しますが、ゴルフ24GTを再びトラブルが襲い首位に復帰。今度はプライベーターの駆るアウディRS4との差がじわじわ縮まる中、チームは全力でマシンを修復し、最終的に24時間のレースをクラストップで走り切りました。

 ポルシェ、BMW、アウディ、メルセデスという4大ワークスが覇を競った総合優勝争いでは、マンタイレーシングの911GT3 RSRが優勝、2位は昨年の覇者BMWのM3 GT、3位はチームフェニックスのアウディR8 LMSという結果に終わりました。日本勢ではインプレッサWRXがSP3Tクラス優勝(総合21位)を飾り、レクサスLFAがSP8クラス3位(総合41位)に輝いています。


「グランツーリスモ」公式サイト

  • 関連タイトル:

    グランツーリスモ5

  • この記事のURL:
line
4Gamer.net最新情報
最新記事一覧へ新着記事10件
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:10月25日〜10月26日
タイトル評価ランキング
88
TERRA BATTLE (iPhone)
83
81
人狼オンライン (BROWSER)
81
マリオカート8 (Wii U)
2014年04月〜2014年10月