オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
4Gamer.net
パッケージ
ArcheAge公式サイトへ
読者の評価
67
投稿数:123
レビューを投稿する
準備中
ArcheAge
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
QRコードでLINEの4Gamer
アカウントを友達登録すると
月〜金の週5回,21時に厳選
ニュースをお届けします!
※購読にはLINEアプリが必要です
「ArcheAge」,2017年のロードマップを公開。ArcheAgeのアップデートは,富士山麓で芽吹く?
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー
印刷2017/05/16 17:00

イベント

「ArcheAge」,2017年のロードマップを公開。ArcheAgeのアップデートは,富士山麓で芽吹く?

 2017年5月9日にゲームオン社内で,同社がサービス中のMMORPG「ArcheAge」における2017年のロードマップがメディア向けに公開された。本稿では,レベルキャップ開放をはじめ,新エリアの実装など,明かされたアップデート内容についてレポートしよう。

ArcheAge


レベルキャップ開放によりキャラクターは「継承者」に。新装備をはじめ,貿易の改善や新エリアも実装


 「ArcheAge」日本運営プロデューサーの石元一輝氏は,開口一番「ArcheAgeは今年で4周年を迎えます。花が咲き,地に根を張り,実がなるようにとの想いを込めて4年目の結婚記念日を『花婚式』と呼ぶそうですが,我々もそれにあやかって4周年のテーマを『花』としました。今日の発表をその種として,見事な花を咲かせたいと考えています」と,発表の意図と2017年のテーマを説明した。

 今回のロードマップのテーマは「新しい成長」と「経済の流動」だとし,最初に「新しい成長」にあたるレベルキャップの開放について説明を始めた。

 現在のレベルキャップはレベル55だが,さらにレベルが上げられるようになる。しかし,レベル55から56,57と数値が上がっていくのではなく,レベル55の次のレベルを「継承者レベル1」として,最大7まで上げられる予定とのことだ。なお,継承者レベルを上げるには,経験値のほかに特殊な条件やアイテムが必要になるらしい。レベルを1つ上げるのにも苦労しそうだが,継承者レベルが上がってもキャラクターのパラメータは一切上がらないという。

ArcheAge
ArcheAge

 それではレベルを上げる意味がないと言いたくなるのだが,継承者になるメリットとは「継承者スキル」の獲得になる。

ArcheAge

 継承者になると,特定のスキルに属性を付与できる。これが継承者スキルだ。
 1つの適性につき付与が可能なスキルは3つ。そして,1つのスキルにつき付与できる属性は2つあり,どちらか1つを継承者ポイントを消費して付与することになる。最大で18種類の継承者スキルの中から9種類の継承者スキルを習得することができるが,属性を付与すると元となったスキルは使えなくなる点に注意したい。

 継承者スキルは,例えば攻撃力が高くなるものもあれば,攻撃力が少し下がるが足止め効果がプラスされるようになるなど,効果は多岐にわたるようだ。継承者スキルについて石元氏は,適性ビルドやスキルビルドの多様化,戦いの幅を広げることが狙いだとまとめた。

 次に紹介されたのが,新装備のイフニール装備だ。現在最上位のエアナード装備のさらに上位に当たるもので,黒曜石装備7段階以上の強さだという。装備可能レベルはレベル55以上で,継承者にならなくても装備できる。

ArcheAge

 装備の強化も,現在の「神話」の上位にあたる「太初」が追加される。これにともない,「叙事」や「伝説」の性能倍率が上方修正され,神話についてはクレセントストーンのスロット数が1増える。
 現状,神話の成功確率はかなり厳しく,狙って作っている人は少ない。そこに太初が追加されると,叙事や伝説を使っている人とさらに差が付いてしまう。そのケアという意味で,性能倍率を調整してあまり差が広がらないようにしたいとのことだった。強化の成功確率をアップさせる予定もあるとのこと。

ArcheAge

 装備についてはもう1つ調整が入り,製作法も改善される。現在は装備の製作が完了すると,封印された状態で手に入る。これを開放するとランダムで属性が付与されるが,アップデート後は開放時に属性を選べるようになる。
 ただし,製作材料のハードルが若干上がるとのことだ。さらに現在は元となった装備品そのものが上のランクの装備品の素材となっていたが,装備品を「封印されたマナ」に戻してから素材として扱うことになる。

ArcheAge

 また,ネームドモンスターの装備にも調整が入る。クラーケン装備は,ドロップ装備を上位装備にグレードアップが可能に。その一方,レッドドラゴン装備は,ドロップする装備のランクが下がる。それをグレードアップすることで,現在のドロップ装備と同等になるようだ。

ArcheAge

 続いて「経済の流動」にあたる,貿易の改善について説明が行われた。
 現在の貿易は,特定の産地(エリア)から納品場所までの距離が長いほど高い利益が得られる。そのため,勢力内での長距離貿易によって安全に高い利益を上げる内陸貿易が主流だ。これは日本のみならず,海外でも同じようで,海洋貿易があまり行われていないという。そのテコ入れとして,貿易の改善が行われる。

ArcheAge

 基本的な貿易のシステムは従来と同じだが,商品を納品することで相場が下がるようになるという。今までのように納品一辺倒では,相場が下がり続け,いずれは損をしてしまうわけだ。相場を戻すには,この納品された商品をほかのプレイヤーに買い取ってもらわなければならない。つまり,買い取った商品を海を越えて納品してくれるプレイヤーとの協力が不可欠になるのだ。

 また,旧大陸との海洋貿易も開放されるため,海洋貿易はかなり重要になる。貿易については,いろいろな要素が絡みすぎて複雑になるため,実装時期が近づいたら公式サイトなどで改めて説明する予定だという。

 なお,システム的に海洋貿易が不可欠になるため,定期的に大陸間を往復する巡航船が実装されるとのこと。巡航船に乗るにはお金が必要で,キャラクター1人につき持っていける荷物も1つだけ。しかし,安全に海洋貿易ができるようになり,かつ運賃を差し引いても十分利益が得られるという。
 この巡航船を襲うことは可能だが,船を守る警備兵NPCは,2人でレッドドラゴンを倒せるほどの強さらしく,たとえ襲撃に成功しても利益率は恐ろしく低いだろうとのことだ。


 新しく貿易航路が開く旧大陸には,新規エリアが追加される。旧大陸の南西に新規エリア「ホエールソング湾」が実装され,ここには住居を設置可能だ。また,ホエールソング湾からほど近いサイレント海にも「海の燭台」というエリアが追加される予定とのこと。出現するモンスターの対応レベルは,継承者レベル1から3ほどだという。

ArcheAge

 この2つの追加エリアでは,出現するモンスターからイフニール装備の素材が手に入るほか,タワーディフェンス形式の勢力コンテンツが導入される。
 この勢力コンテンツは,勢力同士が直接戦うのではなく,大量に湧くNPC(モンスター)から拠点を守るタイプのもので,拠点防衛に成功すると報酬が得られる。ほかの勢力が防衛しているところを邪魔することも可能だが,そんな余裕はないだろうとのことだ。

 このほか住宅については,小型住宅がこれまでの平屋から2階建ての建築物に拡張され,1階部分には苗床が2か所設置できるようになる。残念ながら中型住宅のように特化タイプの住宅に改築はできないようだ。

ArcheAge

 その他の調整事項として,「英雄武器の追加」や「プレート装備の性能向上」「マップの改善」「序盤クエストの導線の改善」などが上げられた。

 英雄武器とは,英雄に任命された期間中に使える武器のこと。周囲の敵を跪かせ,さらに敵にかかっているバフを1つ強制解除する能力がある。戦争時に使われると致命的と言える効果だ。武器としての性能も高く,狩りなどでも使えるが,基本的にはPvP向けの装備らしい。また,英雄の等級によって効果が変わる,または強弱が付く可能性もあるという。

 プレート装備の性能向上については,防御力をさらに伸ばす方向で調整を考えているとのこと。現在は布装備や革装備に比べ,プレート装備は使用頻度が非常に低い。その大きな原因は,布装備や皮装備よりも総合的な性能が低いことと,布装備と革装備のセット効果が優秀だったことにある。そのバランスを調整するために,それぞれのセット効果のなかから攻撃に関する効果が撤廃される予定とのことだ。

ArcheAge

 マップの改善は,マップ上で血盟員や遠征隊員の建築物の位置が表示されるようになるというもの。クエストの導線の改善は,序盤クエストの約2000個を削除し,それらを再構成した約200個の新クエストを追加するものになるとのこと。この結果,1つのクエストの報酬もアップする予定で,よりスピーディにプレイが楽しめるようになるのではないかとのことだった。

ArcheAge

 以上が,ArcheAgeにおける2017年のロードマップで,年内のあまり遅くないうちに導入予定だという。発表の最後に石元氏は,今回発表したロードマップのほかにも,サービス4周年に向けてさまざまな施策の種を仕込んでいるところで,ぜひ期待していてほしいとまとめた。

 レベルキャップの開放はもちろん,装備品や貿易の仕様が大きく変更されるなど,プレイ環境が大きく変動しそうなロードマップの内容だった。未定な部分や,調整中のところもあるとのことで,今回の発表のままアップデートが行われるか分からないが,今後の公開される情報のチェックを忘れないようにしたい。


 ロードマップの発表を終え,ひと仕事終えた石元氏から,「これから今回発表したロードマップの種を仕込みに行くので,時間があるならばぜひ」とのお誘いを受けた。アップデートの現場を見られる貴重な機会を逃すことなどできようはずもなく,二つ返事で着いて行くと,いつのまにか目の前に富士山が迫っていた。

 どこだ,ここ。



やってきました富士山麓。ArcheAgeの畑にアップデートの花が咲く?


 連れてこられたのは山梨県鳴沢村で,ArcheAgeの森ならぬArcheAgeの畑(?)にロードマップの種を植えるのだという。すごく真面目にロードマップを発表していたが,今回はツカミじゃなくてオチに「これ」を持ってきたか。

鍬まで担いで意外とノリノリの石元氏。なお,この日は種まきだけだったので,この鍬は使っていない

 挨拶で4周年を花婚式に例えたり,種を蒔いて花を咲かせたいとか話していたのは伏線だったのか。せっかくここまで来てしまったことだし,石元氏と一緒にロードマップの種を蒔く手伝いをすることになった。

これが今回,畑に植えることになった種。いったい,何の種なんだろう……

農家の方に指導され,畑に少しずつ種を植えていく石元氏。アップデートの仕込みって,こんなに地味なんですね……

我々取材陣も一緒にアップデート……じゃなくて種まきを手伝う。この芽が出るとレベルキャップ開放されるのかなぁ……

 人数が多かったことと,割り当てられた畑がそれほど広くなかったため,30分もしないうちに種を植え終えた石元氏と我々取材陣。この日,植えられた種がどれぐらいの時期に,どんな花を咲かせてくれるのかは教えてもらえなかったが,ArcheAgeの4周年を祝うような景色を見せてほしいものだ。

今は種を植えたばかりで土しか見えない畑だが,次にここへ来たとき,どんな花が咲いているのか楽しみだ

「ArcheAge」公式サイト

  • 関連タイトル:

    ArcheAge

  • この記事のURL:
line
4Gamer.net最新情報
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:11月22日〜11月23日
タイトル評価ランキング
82
ARMS (Nintendo Switch)
76
スプラトゥーン2 (Nintendo Switch)
74
鉄拳7 (PS4)
2017年05月〜2017年11月