オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
パッケージ
3Dドットゲームヒーローズ公式サイトへ
読者の評価
75
投稿数:1
レビューを投稿する
海外での評価
78
Powered by metacritic
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

いまから始めるオンラインゲーム
モバイル版4Gamer(β)
※ドコモ旧機種には対応してません
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー
印刷2009/10/10 23:42

イベント

ヨドバシカメラ マルチメディア横浜にスペランカーが来店!? 開発者による裏話も飛び出したPS3「3Dドットゲームヒーローズ」記念式典をレポート

3Dドットゲームヒーローズ
 本日(10月10),神奈川県のヨドバシカメラ マルチメディア横浜にて,フロム・ソフトウェアから11月5日に発売予定のPlayStation 3用ソフト「3Dドットゲームヒーローズ」の記念式典が行われた。
 3Dドットゲームヒーローズは,ドット絵がそのまま3Dになった独特なグラフィックスや,「世界を救うために主人公が旅立つ」という,RPGの王道をいくストーリーなど,80年代を思わせるレトロなゲームデザインが特徴的なアクションRPGだ(関連記事は「こちら」)。
 式典では,当日である10月10日「ドット記念日」として,開発者によるトークセッションや,本作の先行体験会などが催された。


フロム・ソフトウェアの開発プロデューサー竹内将典氏
 まずは,フロム・ソフトウェアの開発プロデューサー竹内将典氏が式典の挨拶を行った。竹内氏曰く本作は,「8ビットゲームの新しい表現方法を模索したうえで,今までのゲームとは違ったものが作れないか」というコンセプトのもと,開発がスタートしたとのこと。続いて,開発を担当したシリコンスタジオのプロジェクトマネージャー三沢宏行氏がマイクを持ち,「実は10月10日がドットの日だったなんて知らず(笑)。無事この日を迎えられて良かったです」と,ソフトが無事発売されそうなことに安堵していた様子。

 なお,竹内氏によると本作の開発は,去年末くらいからスタートしたらしく「PS3の開発期間としては短い」としつつも,だからといって妥協したわけではなく,かなりのクオリティに仕上げたと,本作に対する自信を覗かせた。また本作は,いろいろな8ビット作品を参考にした部分があり,8ビットゲームに対する多大なリスペクトのもと,開発が進められたとも述べた。

シリコンスタジオのプロジェクトマネージャー三沢宏行氏
 一方三沢氏は,制作時において「2Dのものをそのまま3Dにしたらどうなるか」という部分はかなり試行錯誤したと語った。実際にPCゲームの某有名キャラをプロトタイプとして3D化したときは,「おお〜,これは売れる!」と,大盛り上がりだったらしい。
 しかし盛り上がっていたのは,そのキャラに馴染みのある一定以上の年代のスタッフだけで,若いスタッフは「これ何のキャラですか?」と若干冷ややかな反応だったとのこと。そのことについては「ジェネレーションギャップを感じました(笑)」と,苦笑していた。
 また本作の特徴として,剣そのものが成長するシステム(とてつもなく長くなったり,太くなったりする)があるのだが,竹内氏はこのシステムについて,とあるFlashゲームが元ネタであることを明かした。さらに竹内氏によると,3Dドットゲームヒーローズの開発時には,そのFlashゲームの開発スタッフとの話し合いの中で,「こういうアイディアもありますよ」といった風な具合にディスカッションしながら,システムを構築していったらしい。
 ちなみに同社のPSP用ソフト「己の信ずる道を征け」も,そのFlashゲームが元ネタとのことなので,興味のある方は探してみるといいだろう。

アイレムソフトウェアエンジニアリングの松尾悟郎氏
 その後,ゲストであるアイレムソフトウェアエンジニアリングの松尾悟郎氏が登場。読者の中には,「なぜアイレム?」と疑問に思う人もいるだろうが,実は本作には,過去にファミコンを初め,さまざまな機種で発売された名作アクションゲーム「スペランカー」の主人公がゲスト出演しているのだ。そこで,スペンランカーの販売元である同社の松尾氏が登場したというわけだ。
 竹内氏は「僕らみたいな,30代くらいのゲームファンにとって,スペランカーは非常に思い入れの深いキャラ」とし,スペランカーの登場は,かなりのインパクトがあるとコメント。
 さらに竹内氏によると,スペランカーの参戦を提案したのは3Dドットゲームヒーローズが完成するわずか1か月前らしく,開発スタッフも「無理でしょ!」と驚きを隠せなかった,という当時のエピソードを披露した。
 一方,松尾氏によると「大阪に出張中に,スペランカー参戦の打診を受けたんです。翌日にはフロム・ソフトウェアさんにお邪魔してました(笑)」と,あまりの展開の早さに驚きを隠せない様子であったことを明らかにしたが,スペランカーが選ばれたことについては「非常に光栄です」と,率直な気持ちを述べていた。

3Dドットゲームヒーローズ 3Dドットゲームヒーローズ
3Dドットゲームヒーローズ 3Dドットゲームヒーローズ

 さらにここで,3Dドットゲームヒーローズの主人公とスペランカーを立体化した,巨大オブジェが公開された。MCの説明によると,この二つのオブジェが,ソフト発売までの一か月間,全国をPRして回るそうなので,興味のある人は,PR期間中にゲーム店舗を回ってみるといいだろう。
 松尾氏は,「かなり忠実に再現されてますね。スペランカーは昔のゲームなので,グラフィックスの色数が少なくて,肌の色と帽子のライトの色が同じなんです。それも再現されていますね(笑)」とオブジェの完成度を絶賛していた。
 本作発売までの1か月間,待ちきれない人は店舗に行って巨大オブジェを眺めるもよし,スペランカーをプレイして本作への期待度を高めるもよし(ゲーム性は全然違うが)。個人個人に合った過ごし方で,3Dドットゲームヒーローズの発売日を楽しみに待っていてほしい。

  • 関連タイトル:

    3Dドットゲームヒーローズ

  • この記事のURL:
line
4Gamer.net最新情報
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:07月31日〜08月01日
タイトル評価ランキング
95
92
Smite (PC)
83
83
81
Banished (PC)
2014年02月〜2014年08月