オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
パッケージ
3Dドットゲームヒーローズ公式サイトへ
読者の評価
75
投稿数:1
レビューを投稿する
海外での評価
78
Powered by metacritic
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
QRコードでLINEの4Gamer
アカウントを友達登録すると
月〜金の週5回,21時に厳選
ニュースをお届けします!
※購読にはLINEアプリが必要です
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー
印刷2009/08/31 22:01

イベント

ファミコン世代注目!! 「3Dドットゲームヒーローズ」のメディア先行体験イベントをレポート

 フロム・ソフトウェアは8月31日,新宿にあるファミコンテイストなレトロゲームをモチーフとした喫茶店“8bitcafe”にて,PLAYSTATION 3用アクションRPG「3Dドットゲームヒーローズ」のメディア先行体験イベントを開催した。

 本稿ではゲームを軽くプレイした感想を中心に,イベントの模様をお伝えしていこう。

3Dドットゲームヒーローズ
3Dドットゲームヒーローズ 3Dドットゲームヒーローズ


懐かしくて目新しいという感覚が心地良い

立体的なドットが演出する不思議な世界観!!


3Dドットゲームヒーローズ
 開発元のシリコンスタジオが,PLAYSTATION 3の最新技術を全力でムダ使いしつつファミコン時代のRPGを再現した本作では,「人々の2D離れによる過疎化を防ぐため,3Dへと進化を遂げた王国を舞台に,蘇った魔王と勇者の戦いが始まる」という,古いんだか新しいんだかイマイチ良くわからない物語が描かれている。
 ゲーム開始時に“勇者の子孫♂”“勇者の子孫♀”“王子”“王女””旅する学者♂”“旅する学者♀”の6人から主人公となるキャラクターを選択することになるのだが,あまり深く考えずとも毎回ロード時にアイテムや進行度などを引き継いだままキャラクターを切り替えることが可能とのこと。一応剣が得意だったり魔法が得意だったりと,特性に違いはあるようだ。

3Dドットゲームヒーローズ 3Dドットゲームヒーローズ

 筆者は勇者の子孫♂を選択し,プレイを開始。3Dなのにドットで描かれた世界を歩くというのは,懐かしいやら新鮮やらで何とも不思議な気分が味わえた。
 ゲームシステム自体は非常にシンプルで,「○ボタンで剣を振って攻撃」「×ボタンでブーメランなどのサブウェポン」「R1ボタンで盾を構える」という三つの操作だけ覚えればいい。剣で攻撃中に方向キーを入れると“回転斬り”が出たり,盾を構えると一定方向しか向けなかったり,無駄に草刈をしてみたり……勘の良い読者ならばもうお分かりかと思うが“何とかの伝説”を彷彿とさせる作りになっている。そのくせ街中には,人間になりたがっているスライムがいたり,導入部がド○クエまんまだったりとツッコミどころが満載だ。

3Dドットゲームヒーローズ

 現時点での完成度は80%程度とのことだったが,本作の魅力に触れるには十分で,短いプレイ時間でもサクサクと最初のダンジョンのボスを倒すところまで進むことができた。

お詫びと訂正:初出時に,“現時点での完成度は20%程度”となっていましたが,正しくは“現時点での完成度は80%程度”です。お詫びして訂正いたします。

 ちなみに完成版の総プレイ時間はクリアのみを目指せば24時間から30時間。アイテムコレクションや高難度モード,隠しキャラクターモードなどのやりこみ要素を楽しむなら60時間以上にもなるとのこと。バカゲーっぽい雰囲気すら漂う見た目に反して,最近の大作RPGと遜色ない遊び応えになっているそうだ。

 さて,イベントではフロム・ソフトウェアの竹内将典プロデューサーと,開発を担当したシリコンスタジオの坪井光士開発プロデューサーによる質疑応答の時間もあったので,最後にその内容をお届けしていこう。

3Dドットゲームヒーローズ 3Dドットゲームヒーローズ

フロム・ソフトウェアの竹内将典プロデューサー
――DLCはあるのでしょうか?

竹内氏:
 DLCは最近流行していますよね。その辺をユーザーが気にしているということはもちろん自覚しているのですが,最終的に本当にそれが欲しいかどうかとなるとまた別の話になると思うので,現状では考えていません。ただ,ユーザーから「こういうものがほしい」という要望があれば,もちろん考えていこうと思っています。公式サイトにご要望・質問箱があるので,そこへ意見をください。

――ターゲットとしているユーザー層はどの辺なんでしょうか?

竹内氏:
 まぁドット絵なので,ファミコン世代ではないかと思っています。多分,20代後半から30代前半くらいの人達に,一番興味を持ってもらえるのではないかと期待しています。

――では,そういう人達に向けて「ここをぜひ見てほしい!」というアピールをお願いします。

竹内氏:
 「こういうのやったことあるよね」「こういうシーンあったよね」といったようなネタが色々と仕込んであるんですよ。そういったところを楽しんでもらいつつ,新しい表現やゲームとしての面白さなども楽しんでいただければと思います。

シリコンスタジオの坪井光士開発プロデューサー
坪井氏:
 見た目のリフレクションやブルーム,職人技で作った水面の表現など,そのあたりをぜひ見てほしいです。
 
――発売を心待ちにしているユーザーへのメッセージをお願いいたします。

坪井氏:
 ファミコン世代の方々に懐かしんでいただけるような要素をかなり盛り込んでいます。BGMも非常にこだわって制作しているので,そのあたりにぜひご期待ください。

竹内氏:
 PLAYSTATION 3でゲームを作っている身として,同じような見た目のものが多すぎると感じているんですよ。そういった中でちょっと変わったものをやりたいと思っているゲーマーもいると思うんですよね。本作はそれに対して我々から提示する一つの答えになっています。

  • 関連タイトル:

    3Dドットゲームヒーローズ

  • この記事のURL:
line
4Gamer.net最新情報
最新記事一覧へ新着記事10件
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:07月23日〜07月24日
タイトル評価ランキング
88
82
ARMS (Nintendo Switch)
82
NieR:Automata (PS4)
74
鉄拳7 (PS4)
2017年01月〜2017年07月