オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
パッケージ
タルタロス:リバース公式サイトへ
読者の評価
85
投稿数:107
レビューを投稿する
準備中
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
QRコードでLINEの4Gamer
アカウントを友達登録すると
月〜金の週5回,21時に厳選
ニュースをお届けします!
※購読にはLINEアプリが必要です
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー
印刷2010/01/09 10:30

プレイレポート

7番目の仲間"クロモド"はゲーム内随一のテクニカルキャラ。「タルタロス」OBT先行プレイレポート

TARTAROS-タルタロス-
TARTAROS-タルタロス-
 「TARTAROS-タルタロス-」は,シーアンドシーメディアが運営するオンラインRPGである。ノンターゲッティングの戦闘を最大の特徴としており,そのほかにも数多くのユニークなシステムや,個性溢れるキャラクター達など,ライトプレイヤーからコアプレイヤーまで幅広い層に受け入れられやすそうな要素が揃っている。

 すでに報じているとおり,タルタロスは1月14日からオープンβテストを実施する予定である。ただし14日から参加できるのは,事前に"先行入場者"登録を行った人のみ。それ以外の一般プレイヤーは,翌15日からの参加となる。
 登録受付は12日まで行われるので,少しでも早く遊びたいという人は,こちらの記事をチェックして忘れずに登録しておこう。

 さて,今回は,きたるべきOBT実施に先駆けて,新たに導入されるコンテンツに触らせてもらってきた。OBTでは7番目のキャラクターが登場するほか,ゲーム内の細かい部分がいろいろとブラッシュアップされているので,それらの内容を先行プレイレポートとしてお届けしていきたい。

TARTAROS-タルタロス- TARTAROS-タルタロス-


タルタロス中随一のテクニカルキャラクター「クロモド」


TARTAROS-タルタロス-
 1月14日から始まるOBTでは,キャラクターのレベルキャップが28から35へ開放される。そしてそれに伴い,プレイヤーが移動できる"村エリア"が二つ加わる。それが「グリンデル村」と「毒された森林」というエリアだ。
 前者ではシナリオクエストを通じて,7番目のマイキャラとしてクロモドが仲間に加わる。CBTの経験者にとっては,この新キャラクターがOBTの最大の見どころといってよいだろう。

マップの右上が新しく加わるグリンデル村だ
TARTAROS-タルタロス- TARTAROS-タルタロス-

 クロモドは,グリンデル村でひっそりと植物の研究をしていた"学者"という設定の人物。それがソーマやピンコ達が訪れたことで,例によってドタバタ劇に巻き込まれ,最終的に旅の仲間へと加わることになる。

TARTAROS-タルタロス-
TARTAROS-タルタロス-
 気になるクロモドのキャラクター特性だが,クラスはウィザードとなっている。これはゲーム内ではナギに続く,後衛系のキャラクターだ。
 実際に使ってみると,完全に後衛からの攻撃/弱体化に特化しており,全体的な使い勝手は(ナギを含めた)従来の6名と比べてまったく異なる。

 強さと脆さを併せ持ったキャラクターという印象で,それを象徴するのが,すべてのスキル(初期スキル含む)にクールダウンタイムが設けられており,押しっぱなしコンボがまったく使えないこと。かといって習得スキルが万能というわけでもなく,ちゃんと間合いを計り,狙いを定めて使わないと役に立たないケースが多いのだ。敵に接近されるとすぐにピンチに陥ってしまい,プレイ後間もないうちはすぐにやられてしまった。

 だが,スキルの特性をちゃんと理解したうえで,状況に応じた適切なスキルを使えるようになると,継続ダメージや状態異常も伴った絶大な戦果が得られる。敵の中へガンガン突っ込むようなタイプではないものの,前線から一歩引いたところから戦局を冷静に判断しつつ戦っていくのは,従来のタルタロスにはなかった面白さだ。加えていうと,スキルエフェクトは,従来にない派手さ加減となっている。
 一言でいうとテクニカルさが際立っており,例えばノンターゲッティング戦闘に惹かれてタルタロスを始めたような人にとっては,かなり楽しめそうなキャラクターに仕上がっているのだ。

TARTAROS-タルタロス- TARTAROS-タルタロス-


クロモドの序盤〜中盤にかけて習得するスキルを一挙紹介


 以上の点を踏まえたうえで,クロモドが実際にどういったアクティブスキルを使えるのかを見ていこう。まずは"溜め"(クロモドの場合は"瞑想")を行わずに使える6種類から。

●クロモド用アクティブスキル(1ページ目)
TARTAROS-タルタロス-
  • 「ファイアピラー」(J):
  •  目の前に炎の柱を作り出し,直接ダメージを与える
  • 「アイスアロー」(K):
  •  敵を追尾する氷の矢を複数発射し,直接ダメージを与える
  • 「減速」(L):
  •  前方の範囲内にいる敵に対して,移動速度減少などの弱体効果を与える
  • 「魔法解除」(J+K):
  •  自らの状態異常を消去すると共に,MPの回復速度を上昇させる
  • 「束縛」(J+L):
  •  地中から植物を召還して敵の動きを封じる,Root系のスキル
  • 「振動波」(K+L):
  •  前方にいる敵を空中高く飛ばし,移動不可状態にする
  • 「瞑想」(;):
  •  スキル一覧の2ページ目のスキルを一時的に使用可能にする

 前述したように,基本攻撃のファイアピラーやアイスアローですら,3秒程度のクールダウンタイムが設けられている。よって,敵と一定距離を置いて戦うのは,クロモドの基本中の基本だ。MCCやマルチプレイなど,仲間の後ろから攻撃できる状況を念頭に置いて戦うとよいだろう。
 その他のスキルはデバフ系が多く,これ単体で敵を倒すのはちょっと難しい。これらのスキルを使って敵を弱体化させておき,ほかの仲間に攻撃してもらう,といった立ち回りになるだろう。

TARTAROS-タルタロス- TARTAROS-タルタロス-
TARTAROS-タルタロス- TARTAROS-タルタロス-

 続いては,"瞑想"の使用後に一時的に使えるようになる,2ページ目のスキルについて解説したい。

●クロモド用アクティブスキル(2ページ目)
  • 「ファイアウィンド」(瞑想→J):
  •  自分を中心に大きな火炎を生み出し,敵に継続ダメージを与える
  • 「アイスダスト」(瞑想→K):
  •  氷のオブジェクトを複数作り出す。敵が触れるとダメージ+凍結効果を与える
  • 「マジックシールド」(瞑想→L):
  •  前方に防御盾を出現させ,近寄ってきた敵にダメージを与え,弾き返す
  • 「アルポンス召還」(瞑想→J+K):
  •  プレイヤーが受けるダメージを"アルポンス"が代わりに受けてくれる
  • 「グラヴィテージョン」(瞑想→J+L):
  •  前方に重力の渦を生み出し,その近くにいる敵を強制的に引き寄せる
 
TARTAROS-タルタロス-
TARTAROS-タルタロス-
 2ページ目以降になると範囲系のスキルが増え,より強力なものが揃ってくる。画面エフェクトも大きく派手になるので,このあたりにも注目しながらプレイしてみてほしい。

 "アイスダスト"は,マイキャラと同じくらいの大きさの氷の塊を作り出すというスキル。氷の塊は空中をふわふわと浮いており,ランダムな方向にゆっくりと動く。敵がこれに触れるとダメージ+氷結といった効果を与えられるのだ。"マジックシールド"もアイスダストと似たオブジェクトを作り出すスキルだが,こちらは敵を弾き返すという点が異なる。
 前者は狙って命中させることができないため,例えば逃げるときなど,機雷のようにばら撒いて使うとよいだろう。そして後者は,敵がこちらへ向かってくるような状況で使うと,一定距離を置くための時間稼ぎに使える。その間は,ほかの攻撃スキルを使う絶好のチャンスとなるだろう。

 もう一つ特徴的なのは,犬のペットを呼び出す"アルポンス召還"。アルポンスは,常にクロモドに付いてきて,クロモドが受けるダメージを代わりに受けてくれる身代わり能力を持っている。打たれ弱いクロモドも,アルポンスがいれば,すぐに倒れることにはならないだろう。

TARTAROS-タルタロス- TARTAROS-タルタロス-

 このように,全体的に見て中級者以上向けのキャラクターとなっているのだが,それでもとくに問題はないだろうと思われるのは,クロモドが仲間になるには最低でもレベル28が必要で,ここへ到達する頃にはそれなりにゲームに馴れているはずだからだ。ある程度ゲームに慣れたこのタイミングで,クロモドのようなテクニカルキャラを出すのは,なかなかうまい。タルタロスでは今後もキャラクターが追加される予定だが,いったいどのような特性を備えているのか,今から待ち遠しい。

 ここで誤解のないように確認しておくと,タルタロスにおける新キャラクターの追加とは,プレイヤーにとっての選択肢が広がることを指しており,必ずしも使う必要はない。ちょっと使ってみて苦手であれば,従来の6人をメインに育成し続けてもまったく問題はない。まぁでも,例えばMCCで後衛に配置して適当に戦っているだけでも,さりげなく活躍してくれそうなので,育てておいて損はなさそうである。
 というわけで,クロモドというテクニカルキャラが登場したからといって,ライトプレイヤーにとってのハードルが高くなることはないので,そこは安心してほしい。

TARTAROS-タルタロス- TARTAROS-タルタロス-



細かなシステムがブラッシュアップ


 最後に,クロモドの登場のほかにOBTで変わるシステムをざっと紹介していこう。

●ミッションモードの難度調整が可能に
TARTAROS-タルタロス-
 同じミッションでも,従来の難度(ノーマルレベル)以外に"ハード,エキスパート,マスター"のレベルが登場。ノーマルモードをクリアするとハードモードがアンロックされ,それをクリアするとエキスパートそしてマスターと広がっていく。
 ノーマルとハードの違いは,まずエリアの形が違うとのこと,また登場する敵の強さも難易度によって異なるそうだ。新しいステージが増えれば攻略する楽しみも増えそうだ。

●装備品の部位が若干変更
TARTAROS-タルタロス-
 これまでの装備のほか,アクセサリー類として,ベルトネックレスの3部位が追加される。
 また,胴体に関しては,これまでは上下まとめて1部位だったものが,「上着」と「ズボン」の二つの部位に分割される。
 装備スロットが増えることで,アイテム集め/キャラクター育成がより面白くなることだろう。

●対戦モードの調整
 対戦モードの人数に関しては,"1vs.1,2vs.2,4vs.4"が用意されていたのだが,これに"3vs.3"が加わることに。むしろ,なんで今までなかったのか不思議だが,それはさておき,CBTでは意外と(?)対戦モードも盛況だったらしいので,対戦人数の制限が事実上なくなったのは喜ばしいことだ。

●シナリオモードのやりとりが音声付きに
TARTAROS-タルタロス-
 これについては注目していた人も多いのではないだろうか。
 キャラクターの担当声優についてはかなり前から発表されていたのだが,OBTからついに,シナリオモードでの各キャラクターのやりとりが,メッセージ+音声で行われるようになる。
 実際に試したところ,経験済みのシナリオでも大分新鮮な印象を受けたので,ぜひ楽しみにしてほしい。


 今回の取材で判明した情報はこんなところだ。
 実は,これらの変更のなかには,韓国でも12月に導入されたばかりの項目も多く含まれているとのことだ。新UIをいち早く導入しているのもそうだが,タルタロスのローカライズは従来のタイトルと比べると,ペースが速く,かなり頑張っている印象である。今回のテストプレイでは確認できなかったものもあり,ちょっと裏話になってしまうのだが,運営スタッフは年末年始の休暇を返上して,これらのローカライズ作業を行っているとのことだ。

 シーアンドシーメディアのオンラインRPG「TARTAROS-タルタロス-」のOBTは,今月14日から始まる予定だ。これまで注目していた人はもちろん,本稿をきっかけに新たに興味を持った人は,前回のプレイレポートなどで予習するなどして14日を心待ちにしてほしい。

TARTAROS-タルタロス- TARTAROS-タルタロス-
TARTAROS-タルタロス- TARTAROS-タルタロス-
  • 関連タイトル:

    タルタロス:リバース

  • この記事のURL:
line
4Gamer.net最新情報
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:05月28日〜05月29日