オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2012/04/27 20:54

リリース

代替現実ゲーム「Sirrut Hacking Cloud」のサービスが本日スタート

Sirrut Hacking Cloud
配信元 プロダクション・アイジー 配信日 2012/04/27

<以下,メーカー発表文の内容をそのまま掲載しています>


『劇場版 BLOOD-C The Last Dark』
映画のプロモーションを目的とした代替現実ゲーム本格始動のお知らせ

 株式会社プロダクション・アイジー(本社:東京都武蔵野市中町2-1-9、代表取締役:石川光久、以下当社と記載)は、劇場アニメーション『劇場版 BLOOD-C The Last Dark』のプロモーションを目的とした代替現実ゲームを2012年4月27日より本格始動いたしましたのでお知らせいたします。

 このプロモーションは2012年3月31日よりイベントやWEBサイトを通して行われており、今回その主要コンテンツとしてスマートフォンで遊べるソーシャルゲームライクなミニゲーム「Sirrut Hacking Cloud(サーラット・ハッキング・クラウド、以下SHCと記載)」を開始いたしました。


『劇場版 BLOOD-C The Last Dark』に関する代替現実ゲーム概要

 代替現実ゲームの参加者は『劇場版 BLOOD-C The Last Dark』の劇中に登場する秘密組織「サーラット」と接触したことをきっかけに、『BLOOD-C』の世界観に即した様々な情報に触れてゆきます。その結果、『BLOOD-C』のTV版・劇場版の世界観をあたかも現実に存在するかのように疑似体験します。
 この代替現実ゲームは、参加者に楽しみながら『BLOOD-C』のストーリーについての理解を促進することで、訴求効果へと繋げる施策となっています。今回開始した「SHC」もその一環です。

代替現実ゲーム「Sirrut Hacking Cloud」のサービスが本日スタート


代替現実ゲーム「Sirrut Hacking Cloud」のサービスが本日スタート
「SHC」ゲーム概要

 参加者は「サーラット」の一員として劇中で敵対している企業「セブンスヘブン」や関連組織に対してハッキングを行うという設定で、様々な情報を入手してゆきます。入手できる情報は『BLOOD-C』の世界観に即したものとなっており、『BLOOD-C』が現実にはみだしたかのようなリアリティを演出しています。

タイトル:Sirrut Hacking Cloud(サーラット・ハッキング・クラウド)
URL:http://sirrut-hacking-cloud.net/
開始日:2012年4月27日
推奨環境:スマートフォン(iOS(4.1以降)もしくは、Android(2.2以上)の標準搭載ブラウザ)
利用料:無料(通信料は別途かかります)
著作権表記:(c)2012 Production I.G,CLAMP / Project BLOOD-C Movie

代替現実ゲーム「Sirrut Hacking Cloud」のサービスが本日スタート 代替現実ゲーム「Sirrut Hacking Cloud」のサービスが本日スタート
代替現実ゲーム「Sirrut Hacking Cloud」のサービスが本日スタート 代替現実ゲーム「Sirrut Hacking Cloud」のサービスが本日スタート


代替現実ゲームについて
 北米発のゲームジャンル Alternate Reality Game(ARGと略されます)の訳語です。その最大の特徴は、複数のプレイヤーが交流しながらゲームを進めていくことにより、自分が作品世界の一員になったかのような体験ができる点にあります。
 プレイヤーは、現実の自分のままで、現実と交差する物語世界に参加することができます。架空の物語世界が現実に存在するかのように展開されるため、参加者は虚構と現実の狭間を行き来することとなり、今までにない感覚の体験をさせることができます。これにより高い訴求効果と没入感が期待できることから、欧米では映画をはじめとしたプロモーションの手法としても活用され多くの実績があります。

【北米における代替現実ゲーム制作例】
映画『ダークナイト』のプロモーション用に制作された代替現実ゲーム「Why so Serious?」は1000万人以上の参加者を得て、2009年のカンヌ国際広告祭のサイバー部門のグランプリを獲得しました。


■『劇場版 BLOOD-C The Last Dark』について

代替現実ゲーム「Sirrut Hacking Cloud」のサービスが本日スタート
 『劇場版 BLOOD-C The Last Dark』は、2012年6月2日より全国で公開予定の劇場用アニメーション作品です(アニメーション制作:株式会社プロダクション・アイジー/監督:塩谷直義)。同作は2011年7月〜9月まで放送されたTVアニメーション『BLOOD-C』の続編にあたります。


【あらすじ】
201X年――冬。小夜は七原文人に復讐を果たすべく東京にいた。だがその東京は世界企業セブンスヘブンを後ろ盾にした文人の実質的支配下にあった。そんな東京で小夜は社会の闇を暴くために活動するネットコミュニティ・サーラットのメンバーに出会う。ITベンチャーの代表者・殯蔵人を中心に、指揮担当の矢薙春乃、松尾伊織と藤村駿の現場担当コンビ、中学生ハッカーの月山比呂、そして地下鉄で〈古きもの〉に襲われたところを小夜に救われた、大切な物を失った少女・柊真奈。小夜は彼らと出会い、そして利害の一致した小夜はともに七原文人の組織〈塔〉に戦いを挑む。小夜と彼らは、真の自由をその手に掴めるのだろうか。

『劇場版 BLOOD-C The Last Dark』公式サイト http://www.blood-c-movie.jp/
  • この記事のURL:
line
4Gamer.net最新情報
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:07月17日〜07月18日