新作紹介 : ロード・オブ・ザ・リングス・オンライン アングマールの影

中つ国を丸ごと体験できる大作MMORPG

ロード・オブ・ザ・リングス・オンライン
アングマールの影

Text by 麻生ちはや
2007年6月4日

 

 「ロード・オブ・ザ・リングス・オンライン アングマールの影」は,J.R.R.トールキン著の珠玉のファンタジー小説「指輪物語」をベースとする,クエスト重視型のMMORPGだ。プレイヤーは,人間/エルフ/ホビット/ドワーフの4種族から一つを選び,さらにチャンピオン/ガーディアン/キャプテン/バーグラー/ハンター/ミンストレル/ロアマスターの7クラスから一つを決定して,忠実に再現された指輪物語の世界「中つ国」を舞台に,大小さまざまな冒険を楽しむことになる。ちなみに,キャラクターは1アカウントに5人まで作成できる。
 キャラクターの成長システムはレベル制で,特定のレベルに達すれば,スキルトレーナーを通じて新たなスキルが学べる。クラスごとに装備できるアイテムや,使用できるスキルの系統が異なるが,どのクラスを選んでも十分ソロプレイが可能(ヒーラーに相当するミンストレルでさえ,それなりの戦闘力を誇る)なので,好きなクラスを選ぶといいだろう。
 ちなみに操作系統は,欧米産MMORPGでは一般的な,W/A/S/Dキーを利用するタイプ。左手でキーボード,右手でマウスを操作するスタイルだが,マウスのみでも大抵の操作が可能だし,オートラン機能もあるので,操作は決して難しくない。

 なお,4Gamerではこれまで,さまざまな形でLotROの関連記事を掲載しているので,より詳細な情報を得たいという人は,下記の記事にも目を通してほしい。

 

 

 

ソロでも遊びやすいクエスト重視のMMORPG
自分のペースで中つ国の冒険を楽しもう

 

 キャラクターを作成し,ゲームをスタートすると,まずは種族ごとに用意されたプライベート・インスタンスゾーンをソロでプレイすることになる。ここでは,ゲームシステムの基本や操作方法などを学びつつ,ストーリー性の高い導入部が楽しめるようになっているので,欧米産MMORPGに不慣れな人でも,すんなりとプレイに入れるはずだ。
 プライベート・インスタンスをクリアすると,プレイヤーキャラクターは初心者専用のインスタンスゾーンに転送される。そこでも,ストーリー性の高いクエスト群をプレイしつつ,戦闘の基本やスキルの使い方,フェローシップ(パーティ)プレイなどが学べる。
 初心者エリアのラストクエストをクリアすれば,いよいよゲームの本編,広大な中つ国へと旅立つことができる。中つ国には,一般的なMMORPGとは比べものにならないほど膨大なクエストが用意されており,そのバリエーションも,村の周辺にはびこるモンスターを一定数倒すというものや,NPCが失くしたアイテムを探してくるもの,パイを制限時間内に運ぶもの,誘拐されたNPCを救い出すものなど,実にさまざまな種類が存在する。
 基本的には,クエストをソロでクリアしていくだけでも,順調にキャラクターが育っていくゲームバランスだが,中には,フェローシップでのプレイを対象とした高難度クエストもある。まとまった時間がとれないときにはソロでクエストを進め,休日などの時間的余裕があるときには,フェローシップを募り,パーティプレイを楽しむといいだろう。いわゆる「パーティプレイ必須」のゲームではないので,人それぞれのペースで中つ国での生活が楽しめるはずだ。

 

クエストの報酬欲しさに,少し難度の高いクエストに挑戦してみた。自分より遥かにレベルの高いプレイヤーキャラクターとでも一緒にクエストが楽しめるので,フェローシップは案外組みやすい

 

 

小説の舞台を訪ね歩いてみる

 

ブリー村を望む塚山丘陵の崖上。昼間なら村の全景を見渡せる

 現在のLotROに実装されているのは,「エリアドール」と呼ばれる中つ国のごく一部( それでも十分広いが)。原作小説で言うならば,「旅の仲間」(第1巻)に登場する土地を中心としてエリアが公開されている。原作には登場するが,映画三部作では省略されてしまった地域/建物はもちろん,原作でもほんの数行しか触れられていない地域なども,ゲーム内では丁寧に再現されており,指輪物語ファンなら,エリアドールを散策しているだけでも楽しめるはずだ。

 

●柳じじい
古森の中でメリーとピピンは,柳の木の割れ目に飲み込まれてしまい,トム・ボンバディルに救われる。原作と同様,ゲーム中の柳じじいも,近づくと「眠気」スキルを使用してくる。

 

●トム・ボンバディルの家
陽気に歌をうたい,妻のゴールドベリーを深く愛する老人トム・ボンバディル。指輪物語の序盤でホビット達を救う重要な役割を果たすが,映画には登場しない。

 

●塚山丘陵
トム・ボンバディルと別れた後,フロド達が迷い込んだ場所。塚人に襲われるも,トムの助けで塚山古墳から逃げ出した。

 

●踊る小馬亭
馳夫ことアラゴルンと,フロド達が出会うブリーの宿屋。もちろん主人のバタバーさんもいる。原作・映画いずれでも有名な場所なので,記念撮影をしたプレイヤーも多いのでは?

 

●裂け谷
ホビット庄のずっと東,霧ふり山脈の西の麓にある裂け谷。エルロンドらが住む「最後の憩いの館」もしっかりと再現されているので,ぜひ一度は足を運んでほしい

 

●エレド・ルイン
エルフやドワーフが住むエレド・ルインも,しっかりと作り込まれている。原作ファンにとっては,この世界を歩いているだけでも楽しめるだろう

 

 

 

次は誰に出会えるのか?
新しいエリアの開拓が楽しみになる有名NPC達

 

トム・ボンバディル

 トム・ボンバディルの家がある以上,もちろん家の中には,トムその人が住んでいる。LotROでは,キャラクター作成後のチュートリアル中に,ガンダルフやエルロンドといった有名人(?)に出会えるが,それ以外にも思わぬ場所で,物語に欠かせない人物との出会いが待っている。彼らを知らなくてもゲームの進行には問題ないが,知ったうえで出会えば喜びもひとしおだ。できれば原作小説や,映画版をチェックしておきたいところだろう。

 

ゴールドベリー エルロンド 灰色のガンダルフ

 

黒の乗り手 馳夫 バーリマン バタバー

 

 

クリーチャー(モンスター)紹介

 

 原作に登場する人物や場所を続けて紹介してきたが,LotROではモンスターのデザインも,魅力の一つを担っている。笑い声を立てながら襲い掛かってくるゴブリンの顔つきなど,ちょっと夢に出てきそうなぐらいリアルだ……。

 

 

 

気が付けばホビット狩りにはまる,モンスタープレイ

 

ワーグ・ストーカー

 「一つの指輪」を軸とするサウロンの野望を断つべく,中つ国を旅する……。そんな正統派のロールプレイを楽しむのもよいが,LotROにはもう一つの遊び方がある。それが,レベル10以上のキャラクターが参加できる,モンスタープレイだ。
 各地にある「恐怖の水晶占い場」をクリックすると,プレイヤーはサウロン側の兵士として,全く異なる世界を経験できる。モンスターは5種類用意されており,毎回好きなものを選び直せる。

 

ウルク・ウォーリーダー オーク・リーパー ウルク・ブラックアロウ スパイダー・ウィーバー

 

 いずれは自由の民(非モンスタープレイ側)とのPvPも行われるわけだが,現状ではプレイヤーキャラクターの平均レベルが低めなので,激しい対人戦は楽しみづらい。しかし,モンスタープレイでもクエストが楽しめるし,NPC相手の戦闘もできる。
 クエストの内容は,「水源に毒を流してこい」だの「鼠人(ホビット)のリーダーを倒せ」だの「エルフの耳を10個集めて来い」だのと,恐ろしい内容ばかり。ロールプレイだと割り切り,心を鬼にして,極悪非道な活躍を楽しんでほしい。

 

 

 

ソロプレイもフェローシッププレイもプレイヤーの自由

 

 選んだクラスにもよるが,ほとんどのクエストは,慎重に進めればソロプレイでのクリアが可能になっている。時間帯がほかのプレイヤーと合わない,キンシップ(ギルド)にも所属していないからといって,「先に進めないのではないか」という心配は無用だ。
 ロアマスターやミンストレルのような後衛職でも,キャラクターのレベルを少し上げてから挑戦すれば,ほとんどのクエストをソロでクリアできるだろう。
 逆に,依頼は受けたものの適正レベルには少し足りない,というクエストに,フェローシップで挑戦するのも,スリルがあって楽しいものだ。チャットで手伝いを頼んでみると,ベテランプレイヤーや親切な人が協力してくれることも多いので,臆せずに助力を求めてみるといいだろう。

 

とあるメインクエストの一つに,レベルを十分上げてからソロで挑戦してみた。圧勝というわけではなく,危険な場面を何度か迎えてのクエストクリアだ 「ジャスパー・マッドボトム」を倒すクエストに,フェローシップの最大人数6名で挑戦。参加したクラスも前衛/後衛がバランスよく揃い,実に賑やかな戦闘だった

 

 

ハードルは高そうだが,実は優しいMMORPG
ファンタジーファンなら,ぜひ一度はプレイを

 

 ファンタジーの原点とも言える指輪物語をベースとしているだけに,重厚長大な雰囲気が漂うLotROだが,実際にプレイしてみると,予想以上に遊びやすいタイトルだと気づくはずだ。確かに緻密な世界設定が用意されている作品だが,原作に関する予備知識がなくとも,その秀逸なストーリー性にグイグイと引き込まれること請け合い。要求されるマシンスペックがやや高めではあるものの,オプション設定を調整すれば,ハイエンドマシンでなくとも十分にプレイできる。
 また,材料の採集/アイテムの作成が楽しめるクラフト要素も用意されているので,「戦闘重視のMMORPGは好みじゃない」という人でも,きっと楽しめるだろう。
 忠実に再現された中つ国での冒険は,指輪物語ファン/MMORPGファンのみならず,すべてのファンタジーファンにアピールするといっても過言ではない。「本格的」な,「ファンタジー」ベースのMMORPGをプレイしてみたいなら,ぜひLotROを試してみてほしい。

 

タイトル ロード・オブ・ザ・リングス・オンライン アングマールの影
開発元 Turbine 発売元 さくらインターネット
発売日 2007/06/01 価格 ダウンロード版 3000円(税込) 利用料金:1500円/1か月(税込)
 
動作環境 OS:Windows XP/Vista(+DirectX 9.0c),CPU:Pentium 4/1.80GHz以上,メインメモリ:512MB以上,グラフィックスチップ:GeForce 3シリーズ/ATI Radeon 8500シリーズ以上,グラフィックスメモリ:64MB以上,HDD空き容量:7GB以上

THE LORD OF THE RINGS ONLINE(tm): SHADOWS OF ANGMAR(tm) interactive videogame c 1995-2007 Turbine, Inc. and patents pending. All rights reserved.Middle-Earth Poster Map c 2007 The Saul Zaentz Company, d/b/a TolkienEnterprises (SZC), under license to Turbine, Inc. All rights reserved. "TheLord of the Rings Online", "Shadows of Angmar", The Watcher logo, "The Lordof the Rings" 及びキャラクター、イベント、アイテム、場所の名前はSZCの登録商標または商標で、Turbine, Inc. が使用許可を受けたものです。Turbine及びTurbineロゴは米国及びその他の国における登録商標または商標です。 SAKURA Internet及びSAKURA Internetロゴはさくらインターネット株式会社の商標です。その他記載されている会社名、製品名、ロゴ等は各社の商標または登録商標です。その他すべての商標はそれぞれ所有者の所有物です。

【この記事へのリンクはこちら】

http://www.4gamer.net/preview/lotro/lotro.shtml