オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
パッケージ
iNinja公式サイトへ
レビューを書く
準備中
iNinja
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
QRコードでLINEの4Gamer
アカウントを友達登録すると
月〜金の週5回,21時に厳選
ニュースをお届けします!
※購読にはLINEアプリが必要です
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー
印刷2009/03/07 11:20

ニュース

[iPhone]FFXI(PS2)の元メインプログラマーが手がけた「iNinja」を紹介

iNinja
 App Storeでリリースされた新作ゲームのうち,気になるタイトルをピックアップして紹介していく「iPhone/iPod touch向け新作ゲーム情報」。今回は,ゼペットが販売中のカジュアルシューティング「iNinja」を取り上げよう。
 先日掲載した「iPhoneアプリ開発者懇親会」レポートの中で紹介したように,ゲーム自体はシンプルで,フリック(画面に触れて弾くようにする)操作で手裏剣を投げ,敵をやっつけていくという内容。
 とはいえ各ステージには,手裏剣を当てることで動作するさまざまな仕掛けが用意されているほか,画面に指を触れたままにすることで威力を高める「溜め撃ち」といったテクニックも用意されており,ひたすら投げ続けるだけでは攻略は難しい。

 また,2台のiPhone/iPod touchをWi-Fi接続することで,1対1での対戦が可能だ。対戦では,緑色のボールに手裏剣をぶつけて動かし,エアホッケーの要領で相手のゴールに入れることが目的となる。
 手裏剣をタイミングよく当てることで強烈なシュートを打てるほか,手裏剣を連射してバリアにできるので,試してみよう。

iNinja iNinja


 本作は現在,115円で販売されているが,これは次のバージョンアップまでの期間限定価格となっている(通常価格は230円)。
 3月中旬以降にリリース予定の新バージョンでは,App Storeのレビューで寄せられた意見をもとにインタフェースの改良を行ったり,対戦モード関連の新要素を追加したりする予定とのこと。購入しようと思っている人は,お早めに。

 ちなみに,デベロッパであるゼペットは,プレイステーション2版「ファイナルファンタジーXI」の元メインプログラマーである,宮川義之氏が代表取締役を務める会社だ。今後,同社からどんな作品が登場するか,楽しみにしたい。

 ゼペットから本作のプロモーションムービーを入手したので,紹介しよう。ゲームの特徴や雰囲気をつかんでほしい。


「iNinja」紹介ページ(iTunesが起動します)



アプリ名: iNinja

iTunes StoreのURL:(iTunesが起動します)
http://itunes.apple.com/WebObjects/MZStore.woa/wa/viewSoftware?id=305640061&mt=8

(C)2009 株式会社ゼペット
www.geppetto.co.jp


作者自己紹介

宮川義之
1992年デビュー ゲームプログラマー・ゲーマー
18歳で(株)スクウェア(現スクウェア・エニックス )に入社。当時初の高校新卒の正社員となり同社では聖剣伝説シリーズ、ゼノギアス、クロノクロス等で映像技術の開拓、Final Fantasy XIではPS2版メインプログラム、その後(株)イニスの最高技術責任者を勤めた後、現在はiPhone用のゲ ームアプリ開発会社、(株)ゼペットの代表取締役。経歴も色々と増えたの ですが、常に共通することは、新境地の開拓と面白いことに挑む日々です。

価格
通常価格・230円
現在セール価格・次バージョンまで115円

公式サイト(サポートサイト)
ウェブサイトURL: http://www.geppetto.co.jp/products/ininja-ja
紹介Youtube: http://www.youtube.com/watch?v=q2uy_vQ7JMU&fmt=18


ゲームの説明
iNinjaは画面に触れて弾くようにするフリック操作で手裏剣を投げる、新感覚のタッチシューティングゲームです。
敵忍者に直接手裏剣を当てるだけではなく、物理シミュレートされたカラクリに手裏剣を当てることで、一撃必殺の罠を発動することが出来ます。

iNinja
中央左、右上にあるシーソーを作動させ、敵に鉄球の雨をお見舞いしろ!
iNinja
敵忍者の空襲が始まった敵忍者は巧妙に障害物をよけて攻撃してくる
iNinja
敵はクナイを投げて攻撃してくる。手裏剣を使って防御をすることも大切だ

カラクリを満載した34ステージの中では奥深い戦略的プレイが楽しめる他、2台のiPhoneの間で手裏剣による対決(対戦)プレイに対応。
※対戦のためにはWI-FI接続が必要になります。



対戦プレイでは、グリーンのボールをエアホッケーのように対戦相手のゴールにシュートするのが目的ですが、手裏剣をグリーンボールに当てる操作が 直接パックを打つエアホッケーと違い、豪快なスマッシュやレシーブが行えたり、左右の壁に手裏剣を反射させ、独自の手裏剣バリヤを張るなど新感覚の戦略が楽しめる他、プレイヤー間のスキルの差を埋める9レベルのハンディキャップオプションが選択可能。低いレベルを選んだプレイヤーは大きな手裏剣で防御やシュートがしやすく、高いレベルを選んだプレイヤーは反射手裏剣などの技で自分のスキルを駆使する醍醐味を、誰とでもその場でアレンジして楽しむことが出来ます。

さらに、己の限界を試すタイムアタックと、最終ステージからいきなり戦えるスーパータイムアタックなどのゲームモードを装備、幅の広いプレイを存分に楽しんでいただけると思います。


PRポイント
誰でも即、直感的に爽快に遊んでいただけることが、このゲームの第一のテーマでした。

カラクリの仕組みは触れると一層刺激的に、ゲームにのめり込めるものばかりを用意。ゲーム中のモノ全てが、快適、滑らか、気持ちいい動きになるよう、とことんこだわりました。ゲーム上のもの全てが物理エンジンによる、リアルで気持ちいい動きと、最高のフレームレート(60FPS)で動作する他、いつホームボタンでゲームを終了しても、進行状況は自動保存されており、いつでも再開して続きを楽しめるようになっています。

初めてプレイする人は、手裏剣を連射するプレイスタイルになりがちですが、本道は戦略的な、一撃必殺の溜め打ちにあり、一発で敵集団を一網打尽にする快感は他のゲームにない、独特のものとなっています。

テトリスと同様、一定の点数に到達するとすぐ次のレベル(ステージ)となるので、慣れて来ると1分で1面〜10面を駆け抜けるような爽快プレイも可能。

1面から10面までは導入としてカラクリも少ないので、是非15面くらいまでプレイいただければ、奥深さを感じていただけると思います。

攻略ページがあり、技を知ってからプレイすることで快感度はさらに増します。
http://www.geppetto.co.jp/products/ininja-ja/juan_wu.html

iNinja iNinja


既に公開から1週間立ったこともあり、USのAppStoreのレビューでは"THE BEST APP EVER" というお声もいただきました。
是非、トレイラー動画(http://www.youtube.com/watch?v=q2uy_vQ7JMU&fmt=18)で内容を見ていただきたければ幸いです。


次バージョンについて
次バージョンは3月中旬頃公開を目指し準備中です。
AppStoreの感想などでご要望いただいた内容(画面上部をタッチしてポーズする機能が、うっかり押しやすいので範囲を調整)を反映する他、対戦の間口を思い切り広げる予定で、iNinjaをさらに、気軽にどっぷり遊んでいただける準備を進めています。
  • 関連タイトル:

    iNinja

  • この記事のURL:
line
4Gamer.net最新情報
最新記事一覧へ新着記事10件
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:05月25日〜05月26日