連載 : お父さんは夢見がち


お父さんは夢見がち

第4回:池田アルマジロさんとぁららちゃん(後編)

 

池田アルマジロ三佐近影(松本隆一:画)

 マスクかぶりっぱなしのエースパイロット池田アルマジロ三佐に,ニュータ……いや,魔法使いとして育てられる,ぁららちゃん。中学に進んでいよいよ魔法使い修行の第一歩を踏み出したわけであるが,初期における魔法スキル向上手段「オカルト研究会」は占有時間も長く,週間スケジュールを組む際には,ほかのカリキュラムとの組み合わせに悩む。とくに,あまり門限を遅くしたくない中学初期は,いかんせん空き時間のほとんどないスケジュールになってしまう。あまりにも効率的な兵士育成カリキュラムである。

 

多忙なぁららのストレス解消は,休日だけではままならない状況に。こうなってくると,ドリンク剤などアイテムの出番である。精神崩壊を起こしたりしないといいが

 魔法スキルを上げる手段としては,もう一つ「冒険」に出るという方法もあるのだが,そもそも魔法を使うためにはある程度以上のレベルが必要となるため,どうしても最初はフラナガン……じゃなくてオカルト研究会が頼りだ。
 過密スケジュールのため,ぁららのストレスはとても休日のみで解消しきれるレベルではなくなってきた。そこで役に立つのがアイテムだ。ストレスを解消するためには,「ビタミン剤」や「栄養ドリンク」が効果的である。とはいえ,平日のスケジュールでたまったストレスを,薬で解消する中学生というのも,哀れを誘う光景だ。これではまるで魔法使いじゃなくて,強化された何かである。

 

 また,中学生になるとめぐりあう友達の数も増える。前回登場した伊東景子もその一人だ。友達とのつきあいはパラメータに影響するので,ある程度制限したいところではあるが,今回の方針の一つはコミュニケーション能力の向上でもあるので,できれば多くの友人とコミュニケーションを交わす方向でいきたい。
 とはいうものの,魔法と関連すると思われ,他人に見えないものが見えるようになる「繊細さ」のパラメータは,上がれば上がるほど人付き合いの悪さにつながる気配が見え隠れしてきている。繊細で,仲間に囲まれながら孤独感にさいなまれているというのは,なかなかいい感じに仕上がりつつあると思う。
 ということで,パラメータの変化を気にしつつも,適度に友達とつきあっていくという方針で指導を続けることにする。

 

ついに能力を覚醒させ,その片鱗で周囲の人を驚かせる,ぁらら

 

 

「とんがり帽子」でないぁらら なんて!

 

意外な効果のあった「音楽」スキル。相手から戦意を奪う「エンジェル・ハイ○ゥ」のような効果である

 半年ほどもオカルト研究会に通わせていると,それなりに魔法スキルが向上し,「冒険」で利用できる魔法も増えてきた。いよいよ実戦投入の時である。冒険に出るにはそれなりの装備が欲しいところだが,これは土産物屋の「三階堂」で手に入る。魔法使いたるもの,「とんがり帽子」に乗って,いやいやかぶってビームとかを撃つ使い魔を三つ四つ使役したいものだが,魔法に役立つアイテムは杖以外売っていない。ぁらら専用装備は調達できないので,やむなく量産型の鎧と杖を買った。

 こうして冒険に旅立つわけだが,最初はなかなか苦戦する。習得した魔法の威力も低いし,使える数も少ないからだ。いきおい,モンスターに負け,キューブに救出されて帰ってくることも多くなってしまう。
 しかし,意外なところで役に立つ技能があった。小学生のうちから,コミュニケーションに貢献するだろうと考えて学ばせていた「音楽」スキルだ。音楽スキルには,戦闘で使うと相手の戦意を低下させる効果がある。これを利用すれば,魔法や武器で効果的なダメージを与えられない相手にも,比較的簡単に勝てる。よく分からないが,ぁららとその敵は「戦いの道具じゃない」のである。「人の革新」も後の世代に入ると,エンジェルなんちゃらとか言って人の戦意を失わせるタイプがあった気がするので,よしとしよう。

 

冒険に必要な装備は,アルマジロさんの古い知り合いが経営する土産物屋で揃う。しかし,魔法使いらしい装備である「とんがり帽子」はない。やむなく量産型の鎧と杖を買う 揃えた装備で冒険に出るぁらら。緒戦では体力の限界ゆえ,途中で切り上げる場合も多いだろう。まあ万一負けてしまっても,部下が助けに来てくれるので,安心して出撃しよう

 

 

刻を見るか,それとも?

 

魔法レベルが上がり,四方八方から氷の弾で攻撃する魔法を覚えたぁらら。まさにオールレンジ攻撃である

 中学進学と前後して,ぁららの覚醒を阻止すべく(?),どこかの重力に魂を引かれたと思しき革命勢力の刺客も現れる。とはいえ,レベルの上がった魔法と音楽による戦意喪失攻撃が使えるぁららの前には歯が立たないのか,いつの間にか現れなくなってしまった。
 さて,中学卒業を待たずして魔法スキルを上限まで習得してしまったいま,今後をどのように考えるべきだろうか。やはり,「洞察力に優れ,認識能力が拡大した姿」が目標で,コミュニケーション能力がキーであることを考えると,「言葉の力」たる言霊の能力を伸ばす必要があるのではないだろうか。アルマジロ三佐の娘としては,きっとどこかで市民を前に演説する機会もあろうかと思う。
 ということで高校に入ってからは文芸部に入部させ,さらに英会話教室にも通わせた。言霊の能力が高ければ,冒険で相手と交渉し,戦闘を回避したりもできる。そう,「僕達が争う必要なんてない」のである。

 

覚醒し始めたぁららを亡き者にしようと送られてくる異界の刺客達。左のガトーさんはやられてもやられても何度も出てくるが,きっとファーストネームは「アナベル」で,「ソ□モンよ,私は帰ってきた!」とか言ってるに違いない

 

頻繁に電話をかけてくるようになった朝倉ケンイチ。もちろんアルマジロ三佐としては,「ヤツとの戯れごとはやめろ」と言いつつ,電話を取り次がないのが正しい行動である。意外に狭量なのである

 さて,こうしてさまざまな能力を身につけ,「人の革新」に近づいているはずのぁららであるが,私生活ではやや問題も生じてきた。男友達の一人である朝倉ケンイチとの仲が急速に接近している気配である。すでに思春期でもあり,ボーイフレンドの一人くらいいてもおかしくないのだが,相手の思念にパラメータが引きずられ,あげく時間を取られたのでは,「人の革新」もおぼつかない。
 ということで,定番の電話を取り次がない,見かけても無視するよう指示するなどを併用する。まったくもって,「ぁらら,ヤツとの戯れごとはやめろ」という次第である。
 こうして残り1年を切ったころ,魅力や気品,カリスマといったパラメータが低いことに気づく。「人の革新」を標榜して世界を変えていこうという存在として,これはまずい。ほかのパラメータに不満はないので,最後の1年は主にこうしたパラメータを上げることに注力した。

 

広島への修学旅行でぁららが買ってきたおみやげは「赤いヘルメット」。いや,ヘルメットは赤くなかった気がするし,ツノらしきモノも付いていないわけだが 十五夜を見て,月の上を歩いてみたいと言うぁらら。そう,月にはD.O.M.E.があるらしいからねぇ……ってそれは作品が違ーう! ていうか,作品って何???

 

 

「人を超える力」と「人の革新」

 

 そうして迎える卒業式,娘の進路はどうなったかというと……どういうわけか「作家」なのである。いったいなぜこうなってしまったのだろう? 最後の2年間で向上に努めた言霊スキルと,必要以上に上がった「知力」のせいだろうか。また,気品やカリスマ,魅力といったパラメータが伸びきらず,人を導く存在になりきれなかったのかもしれない。

 

 まぁ,前回の最初に挙げた「さる偉い人」の系譜につながる人によれば,ニュータ…いやいや魔法使いは「便利屋ではないんですけれどね」ということだし,別の偉い人は「人を超える力と人の革新は違う」とも言っている。実際,魔法が上達してもゲーム内の日常では何一つ便利じゃないし。
 まぁ,今回テーマにした「人の革新」というコンセプト自体,いろいろと紆余曲折のあるモノだったりもするわけで。なぜこうなったのか,じっくりと考えてみる必要があるのは,プレイ結果についてだけではないようだ。

 

なんと小説家になってしまったぁらら。ニュータ○プの見た未来は,人のちょっとした選択で変わっていくものなのだということを,悟ったらしい。って,それは何か別のモノのエンディングだった気が

 

 

■■田村真治(ライター)■■
ロボットもの国産アニメにはひととおり通じた,PCゲームライター。おかげで逆に,あるネタがメジャーなのかマイナーなのか判断するのに苦労したようだ。しかし,この連載ではむしろ達成目標に入っていない部分の育て具合に,プレイヤーのパーソナリティが出る気がする。ぁららちゃんは知力960だそうで,きっと真面目に勉強させたんだろうなあとか,そういう部分に書き手の地が出る。侮りがたいゲームなのである。
タイトル プリンセスメーカー5
開発元 ガイナックス 発売元 サイバーフロント
発売日 2007/03/03 価格 9240円(税込)
 
動作環境 OS:Windows 2000/XP(+DirectX 9.0c以上),CPU:Celeron 2GHz以上[Pentium 4/2GHz以上推奨],メインメモリ:256MB以上[512MB以上推奨],グラフィックスメモリ:32MB以上[64MB以上推奨]

(C)GAINAX (C)CYBERFRONT


【この記事へのリンクはこちら】

http://www.4gamer.net/weekly/princessmaker5/004/princessmaker5_004.shtml