イースVI 〜ナピシュテムの匣〜 通常版

Text by 大路政志
24th Dec. 2003

 

よりパワフルに仕様変更された「イースVI通常版」がついに発売!

 「イースVI〜ナピシュテムの匣〜」には,2種類のパッケージがある。一つは9月17日に発売になった限定版。これには「イースVI」以外に「イースI〜V」が入った「イース コンプリートワークス」が同梱されたレトロゲームファンには嬉しい内容となっている。そしてもう一つが12月19日に発売された通常版だ。残念ながら「イース コンプリートワークス」は同梱されていないが,ゲームの難度変更,タイムアタック,ボスのアルゴリズムの変更など数々のマイナーチェンジが行われている。
 すでに限定版については「こちら」でレビューしており,ゲームの基本的な部分はそちらで見てもらうとして,このレビューでは変更点を中心に展開していこう。

通常版の主な追加/変更要素

  • ゲームスタート時に三段階(NORMAL,HARD,NIGHTMARE)の難度が選べる
  • ボスを相手に戦う「タイムアタックモード」が追加
  • HARD以上の難度で,ある場所に新モンスターが登場
  • 難度ごとにイベントで登場する敵の数などが変更される
  • 難度ごとにアイテム所持数が制限される
  • 難度ごと命の種の価格が変更
  • 難度ごと剣レベル(MAX)に上げるためのエメル数が変更
  • 高難度プレイ時の被ダメージ倍率の変化
  • ダメージを受けたときのクリティカル率変更
  • ゲーム中,青・赤・黄に光る特殊モンスターがまれに出現
  • 難度ごと忘却の遺跡のダメージ地帯のダメージが変化
  • HARD,NIGHTMAREで登場する各モンスターのパラメータの強化
  • HARD,NIGHTMAREで登場する一部のモンスターの攻撃アルゴリズムの変化

より大きな刺激を求めるアクションゲーマーなら,迷わずチェック!

 追加/変更要素を見れば一目瞭然だが,「通常版」と銘打っているにも関わらず,本作にはかなりのパワーアップが施されている。しかもHARDやNIGHTMAREといった高難度モードの追加は,単なる「モンスターのパラメータ強化」だけに終わっておらず,素直に評価しておきたい。本作は初心者にも優しい(誰でも遊べる)印象があるが,高難度に設定した場合は,かなり厳しいゲーム展開に驚かされることになるはずだ。例えばボスキャラのラーナルーナは,難度が上がると体力の増加はもちろん吐き出すモンスターの数も増加するし,ゾンプラスの生み出す卵も孵化時間の短縮がなされている。さらにNIGHTMAREでのウド=メイユの衝撃波は,一撃で即死ダメージといった,アクションゲームフリーク垂涎の"マゾ仕様"だ
 とはいえ,むちゃくちゃに難しいから良いといっているわけではなく,ベースにアクションゲームとしての高い完成度があることも補足しておこう。そのあたりについては「こちら」のレビューで紹介したとおりなので,ぜひ参考にしてもらいたい。これまで「イース」シリーズを敬遠していたハードコアなアクションゲーマーには,ぜひともプレイしてもらいたいものだ。

タイムアタックモードを選択すると,このランキング画面が現れ,各難度ごとのベストタイムが確認できる。タイムアタックを開始する場合は,難度を決定してから,任意のボス,あるいは"BossRush"を選択 HARD以上の難度でゲーム本編をプレイしていると,青・赤・黄に輝くザコモンスターが出現。対応するエメラス剣で攻撃しなければ有効打を与えられない。最高難度のNIGHTMAREでは,対応するエメラス剣を持っていない状態でも輝く敵が出現するので,苦戦は必至。攻撃力を始めとするザコのパラメータも,当然強化されている

なんといっても,タイムアタックモードがとにかく熱い!

 アクションゲームとして高い完成度を見せつけてくれた「イースVI」。シリーズ最大の魅力ともいえる,ボスモンスターとの手に汗握る対決も,「VI」において完成の域に達した感がある。だからこそぜひ導入してもらいたかった対ボス戦モードが,「通常版」では"タイムアタックモード"として,しっかりと追加されている
 タイムアタックモードでは,あらかじめ設定された強さ/装備で,ゲーム本編に登場するボスや中ボスと自由に戦闘し,勝利するまでのタイムを競う。モードに登場するボスキャラは全17種おり,それぞれNORMAL・HARD・NIGHTMAREの難度で対戦を楽しむことが可能。また,すべてのボスと連戦し,すべてのボスを倒すのにかかった合計タイムを競う「BossRush」モードもあるので,ゲーム本編を隅々まで遊び尽くしたというプレイヤーでも,十分楽しめるだろう。
 かくいう筆者も,公私共にたっぷりと「イースVI」をプレイしたが,「通常版」のタイムアタックモードにはかなりハマッた。ボスの種類にもよるが,タイムアタックモードでは一回の戦闘を数十秒〜数分で楽しめるので,外出前や寝付きの悪い夜など,ちょっとした時間を利用してちょくちょく遊んでいるのだが……,なかなか飽きがこないので正直困っているほど(先ほども,撮影のためのちょっとしたプレイのつもりが,2時間も遊んでしまった)。合計3回ほどクリアしているので,さすがにゲーム本編はしばらくプレイしたくはないが,タイムアタック熱は当分冷めそうもない。「イースVI」の魅力がギュッと凝縮されたタイムアタックモードは,コアなアクションゲーマーはもちろん,「イース」シリーズ未体験者にもぜひ遊んでもらいたいものだ。

これが「通常版」のタイトル画面。"Time Attack"のメニューが追加されている アドルの戦闘力やツールが限定されているタイムアタックモードでは,序盤のボスが相手でも決して気を抜けない。攻撃パターンやアルゴリズムが変更されているボスも多いので,好タイムを狙うにはかなりの練習が必要だろう タイムアタックモードでは,対ボス戦のフィールドにザコモンスターが配置されていることもある。普段なら楽勝できるはずのボスも,邪魔なザコが数匹いるだけでかなり手強くなるぞ

限定版のプレイヤーは「通常版」を買うべきか否か?

 単体の商品として見れば,「通常版」は実に魅力的なゲームである。「イース」シリーズに偏見のないアクションゲーマーならば,間違いなく楽しめる作品に仕上がっていると明言できるレベルだ
 ただ「限定版」をすでに購入している人にとっては,「通常版」のリリースは正直面白くない話かもしれない。とくにアクションゲームとしての「イースVI」に魅力を感じ,低レベルクリアや早解きに心血を注いだような熱心なプレイヤーならば,タイムアタックモードは大きな魅力となるだろう。だが,誰もがタイムアタックモードのために「通常版」を購入できるわけではない。ファンたちからの「無料パッチで対応してほしい」などの意見も少なくないようだ。
 だが,前述したように「通常版」の単体作品としての価値は,決して低いものではない。すでに「イースVI」を所持しているユーザーでも,より手応えのある高難度モードや,魅力的なタイムアタックモードを楽しんでみたいと思うのならば,本作の購入を検討してみてもいいのではないだろうか? もっとも,「限定版」を「通常版」相当にするパッチか,タイムアタックモードのみがプレイ可能なパッケージが低価格で販売(あるいはダウンロード販売)されれば,非常に嬉しいのだが……。

ボスラッシュモードでタイムを縮めようと思ったら,些細なミスも許されない。アドルのHPが0になってもゲームオーバーにはならないが,合計時間はどんどん増えていってしまうので,ノーミスクリアを狙いたいところ タイムアタックモードでも,HARD以上の難度になると,青,赤,黄に輝くザコモンスターが出現することがある。タイムのロスを覚悟でザコを倒すか? 神がかった操作テクでボスに集中攻撃をするか? プレイヤーの技術と戦術が試される場面だ 「イースVI」での最強の敵・マジュヌーンが,タイムアタック(ボスラッシュ)モードの最後の敵。HARD以上の難度になると,さらに嫌らしい攻撃パターンで攻めてくるので,実に厄介だ。実は倒したあとの画面をよく見ると○×があるので,そこに……

このページを印刷する

■発売元:日本ファルコム
■価格:DVD-ROM版/CD-ROM版 オープンプライス
■問い合わせ先:日本ファルコム TEL TEL 042-527-6501
■動作環境:Windows 98/Me/2000/XP,PentiumIII/800MHz以上(PentiumIII/1GHz以上推奨),Windows98/Me:メモリ128MB以上,Windows2000/XP:メモリ256MB以上,空きHDD容量 1.1GB以上
Screenshots集
■先行おひろめムービー高画質版(LZH:43秒:6.2MB),店頭用ムービー(ZIP:2分43秒:30.9MB)
forGamer内記事一覧
攻略本情報

(C) 2003 Nihon Falcom Corp. All rights reserved.