― 広告企画 ―
NET CASHで手軽にオンラインゲームを遊ぼう
アイテム課金方式は小さなお財布が便利

 最近,オンラインゲームに,基本料金無料+アイテム課金制のものが非常に増えてきた。今後しばらくの間は,間違いなく主流になる課金方式だといってよいだろう。

 月額固定料金で支払いをしていく場合は,クレジットカードで支払いをするのが手間が少なくて便利だったのだが,アイテムを買うたびに決済が必要になるアイテム課金方式では,クレジットカードはあまり適していない。
 アイテム課金の場合,大抵はゲーム会社ごとの独自ポイントを購入しておいて,そこから使う分だけ取り出すようになっているのだが,ポイントが切れた場合は,ポイントチャージのたびにクレジットカードの情報入力が必要になってくる。クレジットカードは銀行の口座と直結した,いうなれば「大きなお財布」である。何か間違いが起きてしまったときには,被害が非常に大きくなる。また,使用するときには,個人情報と必ずペアで使用される性質のものでもある。
 もちろん,間違いなど起こってはいけないのだが,ネット上ではフィッシング詐欺やスパイウェアなど,新しい脅威が次々と生み出されており,なんにせよクレジットカード番号などは,頻繁に入力すべきではない。リスクは最小限度に留めたいものだ。
 かといって,一気に大量にポイントをためて寝かせておくのも無駄が多い。1社ならまだよいのだが,数社のゲームをやる場合には,複数箇所に大量のポイントをためることになり,合計すればかなりの金額になってしまうことだろう。

 こういった問題を解決するのが,プリペイド方式の決済システムだ。これは,クレジットカードが銀行口座と直結しているのに対し,一度「小さなお財布」に移し替えてから利用しようという考え方だ。NET CASHが最適である。

 銀行(≒クレジットカード)から支払いまでの途中に,一段階かませることにより,格段に安全性が増す。小さなお財布が大きなお財布を隠すので,重要な情報も漏れにくくなる。また,何かしらの被害に遭ったときは,小さなお財布が防波堤の役目を果たすことになる。
 数社のゲームで遊んでいても,問題はない。必要になったときに,必要なだけ,必要なところに小分けして振り替えられるので,無駄を少なくできるわけだ。

 

安全・簡単・選べる・便利・そして誰にでも

 財布を小分けにすることで,安全性と効率の良さを実現できるわけだが,その使い勝手が悪ければ,そのメリットも台無しである。以下では,NET CASHの特徴を見ていこう。

 

3種類のNET CASH

 NET CASHには,3種類の形態がある。テレホンカード状の「カードタイプ」,ローソンやファミリーマートのコンビニ端末で手軽に買える「シートタイプ」,そしてセブンイレブンなどの収納代行サービスを利用した「Webタイプ」の三つだ。
 もらって嬉しいカードタイプ,ちょっぴりお得なシートタイプ,クレジットカードなしでネット上から24時間買えるWebタイプと3通りから選んで,どれでも同じように使用できる。
 さらに,郵便貯金(郵貯インターネットホームサービス)やネットバンクサービスからのID販売や,会員制サービスも準備しているようで,これからさらに便利になってくることが期待できる。

 

入力は16文字のパスワードで

 NET CASHの使い方は,基本的にパスワードを入力するだけ。余分な情報は一切必要ない(ただしネット購入でコンビニ支払いの場合は,住所氏名の入力が必須)。

 「クレジットカード番号より長いじゃないか」とか「16桁もあると覚えられないよ」という声もあるかもしれないが,逆に,チラッと見たくらいで覚えられるものではマズいのだ。パスワードの長さと複雑さはセキュリティの強さそのものであるといってもよい。  逆に「パスワードだけで本当に大丈夫なの?」と心配する人もいるかもしれない。しかし,心配は無用だ。アルファベット(大文字/小文字)と数字の61文字を16個使用したNET CASHのパスワードは,非常に高いセキュリティレベルにあるといっていいだろう(61の16乗通りの組み合わせ)。
 なお,26+26+10=62文字でないのは,16桁の文字列のうち,とくにO(オー)と0(ゼロ)が見分けづらいので,「O(オー)は使わない」というルールで間違えにくくしてあるためだ。

 

コンビニ端末で購入可能

 ローソンのLoppiや,ファミリーマートのFamiポートで,シートタイプのNET CASHが購入できる。シートタイプは,最初から現金割引でお得に買えるのがうれしい。

 

端数はまとめて使える

 一定金額分ずつ買っていると,きっちり使いきれなくて端数が出てきてしまう。NET CASHでは,端数をまとめて使用することで無駄なく使い切ることができる。ちなみに,残高はWebでいつでも確認可能だ。

 

もちろんクレジットカードを持ってない人でも大丈夫

 NET CASHは,全国のコンビニで買えるので,クレジットカードを持てない/持ちたくない人でもまったく問題なし。オンラインでWebタイプのNET CASHを購入したときも,コンビニで支払いできる。

 

 従来,プリペイド方式の決済システムは,クレジットカードが使えない人を中心に使われてきていたものだ。しかし,最初に述べたようにアイテム課金方式のオンラインゲームが増えてくると,クレジットカードよりプリペイド方式のほうが使い勝手が良い場合も少なくない。プリペイド方式を未体験の人も,そろそろNET CASHを試してみてはいかがだろう。

 

オンライン決済専用のお小遣いにも

図1

 月額無料のアイテム課金モデルのゲームが増えたためか,最近では,低年齢層にもオンラインゲーム人気が広がってきている。
 4Gamerの4000人対象の調査では,11歳から20歳までのオンラインゲームプレイヤーが毎月オンラインゲームに支払っている額の分布は,図1のようになっている。
 無料の範囲で楽しんでいる人が半分,次に多いのは1001〜3000円程度使う人となっており,約4割が毎月1000円以上は使っているというデータが出ている。さらに50人に一人は5000円以上使っているという,ちょっと驚きのデータも出てきている。ご両親はちゃんと把握されているのだろうかと,少し心配にすらなってくる。
 さて,お父さんお母さんに質問だ。あなたのお子さんが,そういったゲームをやりたがったときには,どうすればいいだろうか?
 月額固定課金ならまだしも,歯止めのないアイテム課金の場合,クレジットカード番号を子供に渡すのはちょっと怖いものがある。かといって,あらゆる無料ゲームのポイントを,あらかじめすべてチャージしておくのは無駄が多すぎる。必要になったときに,必要な部分に,必要な分だけチャージできて,限度額はきっちり押さえたい。プリペイド方式のNET CASHは,そういった要望に的確に応えてくれる決済方式だといえるだろう。

 

特選ゲーム紹介

 美しいグラフィックスと華麗なキャラクターで人気のファンタジーMMORPG。最新拡張「クロニクル4 Scions of Destiny 運命の継承者たち」が登場し,ますます冒険の幅を広げている。

 可愛いキャラクターが元気にゴルフを楽しむといった感じのオンラインゴルフゲーム。衣装をどんどんカスタマイズしていくことで,オリジナルなキャラに仕上げよう。

 SF調の舞台設定と美しいグラフィックス,軽快な動作が魅力のMMOROG。妖精風,ロボット風,少年風とまったく違う3種類の種族に分かれて惑星の覇権を争うという,本格的RvRが楽しめる。

 大きく展開するストーリーを楽しむRPGモードと対人戦のPvPモードを持ったファンタジーオンラインRPG。世界中のプレイヤーと対戦プレイができるのも魅力だ。

 派手な戦闘やユニコーンやドラゴンなどに騎乗できることが特徴のMMORPG。前作(日本未公開)からシステムも熟成を重ねており,大規模な集団戦でも重くならない軽快さも魅力だ。

 中国からインド,アラビア,ヨーロッパまで至るシルクロードを舞台としたMMORPG。交易を行ったり,隊商を守ったりとさまざまな遊び方ができる。地域によって雰囲気が一変するのも新鮮だ。

 破天一剣は,中国武侠世界をベースとしつつも,人類崩壊後の未来世界を舞台としたMMORPGだ。たくさんの惑星を巡る冒険ができる。結婚して子供を作ることもできるのも特徴の一つだ。

 実際の麻雀卓の再現に挑んだ本格オンライン麻雀ゲーム。牌の並びの微妙な曲がりや,打牌音,さらに全自動卓の洗牌のクセなどもシミュレートされている。雀荘気分で卓を囲もう。

 

NET CASHで楽しめるゲームポータル&オンラインゲーム&一覧

 

ネットキャッシュを100名にNET CASHカードプレゼント

 とにかくNET CASHの便利さを知ってもらうには,実際に使っていただくのが一番ということで,総勢100名にネットキャッシュカードをプレゼントすることになった。それも普段は購入できない美麗なゲーム専用カードだ。

 

 1.RF online (額面2000円)×20名2.コルムオンライン (額面500円)×25名
 3.With Your Destiny II (額面500円)×15名4.Maru-Jan (額面1000円)×15名
 5.スカッとゴルフ パンヤ (額面500円)×20名6.リネージュ II (額面3000円)× 5名

 

 それぞれ,そのゲームにしか使用できないので,お間違えなく(絵柄は指定不可)。応募は下のリンクから(6月25日まで)。

 

【この記事へのリンクはこちら】

http://www.4gamer.net/specials/netcash2006/netcash2006.shtml