THE INCREDIBLES[米](Disney Intractive,THQ)

 日本では12月4日に劇場公開予定の「Mr.インクレディブル」(原題:The Incredibles)は,「ファインディング・ニモ」や「トイ・ストーリー」などでおなじみのピクサーが手がける,劇場公開用フルCGディズニーアニメの最新作。
 主人公は,スーパー・ヒーローとして世界の平和を守っていたにも関わらず,そのスーパー・パワーがかえって一般市民の被害を拡大しているとして15年前に訴えられ,敗訴して以来,一般市民としての生活を送っていたMr.インクレディブル。そして,その家族「インクレディブル一家」。
 そんな彼らの元に,「あなたはまだ戦える」という一通の手紙が届く。一方そのころ,Mr.インクレディブルと同じ時期に活躍していたスーパー・ヒーローたちが,相次いで行方不明になる事件が起きていた。彼らは再び立ち上がり,事件の謎を解くことに……。

 そんな原作をベースにゲーム化されたのが本作「THE INCREDIBLES」。映画と同じキャラクターたちが画面所狭しと暴れ回る3Dアクションゲームだ。ストーリーも映画に準じた形ではあるが,映画では語られなかったエピソードなども追加されているという。

 このデモ版では,Mr.インクレディブルを操って,1ステージをクリアするまでを遊ぶことができる。
 スタート直後は,ひたすらボタンを連打して目の前の敵をなぎ倒していくだけで進んでいけるのだが,その後のシューティングパートでは何を目標物として破壊すればいいのか気付かないことには,敵からの集中砲火を浴びて何度も撃墜されかねない。
 また,シューティングパートを終えてアクションに戻った後も,ちょっとしたトラップなどがあり,ボタン連打で突き進むというわけにはいかない。ボス戦もまた,4種類の攻撃パターンを見極めないことには,倒すのが難しい。なかなかの手応えだ。

 原作やキャラクターなどから受ける印象は“子ども向けのアクションゲーム”ではあるが,実は死んで覚えてるタイプのけっこう硬派な作りになっている。とはいえ,1度覚えてしまえば,再プレイ時にはスイスイ進められる程度の難度なので,これまでにそこそこアクションゲームに親しんできた人ならば,それほど苦労はしないはず。
 なお,キーボードでの操作は可能だが,できるだけパッドを用意したほうがいい。とくにシューティングパートをキーボード操作でクリアできたら,かなりの強者だ。

 また,このタイトルは日本でも劇場公開直前の12月2日,コンシューマゲーム機向けにD3パブリッシャーからリリースされる予定となっているが,それが待ちきれない人はこのデモ版を遊んで予習をしておくといいだろう。(tet)

(C)2004 Disney/Pixar. Licensed by THQ Inc. Developed by Heavy Iron Studios and Beenox Inc. Portions of this Software are Copyright 1998-2004 Criterion Software LTD and its licensors. Uses Bink Video. Copyright(C)1997-2004 by RAD Game Tools, Inc. “The term OMNIDROID used by permission of Lucasfilm Ltd.” Beenox Studios and its logo are trademarks and/or registered trademarks of Beenox Inc. Heavy Iron Studios, THQ and their respective logos are trademarks and/or registered trademarks of THQ Inc. All rights reserved. All other trademarks, logos and copyrights are property of their respective owners.

 

キー操作

  • 前進 W
  • 後退 S
  • 左旋回 A
  • 右旋回 D
  • ジャンプ Spaceバー
  • つかみ,投げ F
  • パンチ Q
  • インクレディ・アタック E
  • クランチ C
  • カメラ上下 テンキー8/2
  • カメラ左右 テンキー4/6
  • カメラ位置を戻す Tabキー
ダウンロード
112MB(3D Gamers)

動作環境

対応OS:Windows 98/Me/2000/XP
CPU:PentiumIII/800MHz以上
メモリ:256MB以上
HDD:660MB以上の空き容量
ビデオ:VRAM32MB以上
DirectX 9.0以降

当サイトの記事一覧はこちら

このページのScreenshotsは,すべてNVIDIAの「GeForce FX 5700」グラフィックスチップ搭載カードを使用して撮影したものです

<<免責事項>> ■本記事の内容および攻略,インストール,操作方法などについての質問は,一切お受けしておりません  ■体験版ファイルを使用したことによる損害やトラブルに関しては,一切責任を負いません。取り扱いは,自己の責任の範囲内で行ってください  ■当サイトに掲載したゲーム画面および文章の,無許諾での転載は固くお断りいたします