アンリアルトーナメント 2003(サイバーフロント)

 本作は,"ミリタリーアクション"や"タクティカルコンバット"などのジャンル分けを必要としない,まさに"純粋な"FPSゲーム。Epic Gamesが開発を手掛けるシリーズで,初代「Unreal」は度重なる発売延期などもあり,難産の末,世に登場した。そしてグラフィックスの秀逸さや独特の世界観が,世界中のプレイヤーから高い評価を受けたわけだ。その後,チームプレイがメインの「Unreal Tournament」(以下,UT)が登場。バリバリ撃ちまくれるゲーム性とは裏腹に,より洗練されたグラフィックスエンジンはFPSゲームのフレームワークとして高いクオリティを見せつけ,いまや同社は3Dグラフィックスエンジン業界のリーダー的存在である。

 そのUTの続編となるのが「アンリアルトーナメント 2003」(以下,UT2003)だ。噂だけが先行してなかなかリリースされないデモ版だったが,待ちわびたファンの期待を裏切らないクオリティを引っ下げて登場した。
 BOT戦が楽しめるシングルプレイモード(Instant Action)もなかなか面白いが,やはり本作のキモはマルチプレイモード。本デモ版では,DeathMatch/Team DeathMatch/Capture the Flagのお約束の3モードに加えて,マップに点在する爆弾を自チームの対極に配置された敵チームの陣地へと運ぶBombing Runモードが楽しめる。
 "前作の100倍"と謳われているグラフィックスエンジンの性能により,UT系特有のSFチックな世界は美しく描画されており,なおかつ軽快だ。「かなりのPCスペックが必要」と噂され,実際の推奨環境が高いのも事実だが,フタを開けてみれば1024×768程度の解像度でもスルスルと動作する。GeForce 3クラスのグラフィックスチップでもスムースにプレイできるだろう(ちなみに,本作はDirectX 8.1のプログラマブルシェーダにも対応している)。

 スピード感溢れるプレイはかなり爽快だが,初心者だと,いきなりマルチはちょっぴりツライかも。デフォルトで装備しているアサルトライフルとシールドガン(防御用)では心細いので,まずはマップを走り回ってロケットランチャーやライトニングガンなどの武器入手ポイントの把握に努めよう。なお,メインメニューの"Settings"項目には武器データベースも用意されているので,時間があれば目を通しておくといいだろう。バリバリのFPSゲーマーならずとも,FPSゲームの王道を体験してみたいプレイヤーにはうってつけなので,ぜひ試してみてほしい。

Unreal Tournament 2003 (c)2002 Epic Games, Inc. Raleigh, N.C. USA. Unreal and the Unreal logo are registered trademarks of Epic Games, Inc. ALL RIGHTS RESERVED. All other trademarks and trade names are the property of their respective owners. Unreal Tournament 2003 was created by Digital Extremes. Manufactured and marketed by Infogrames, Inc., New York, New York, under license from Epic Games, Inc.

キー操作

  • ゲームメニュー Escキー

  • 前後左右移動 W/S/A/D

  • ジャンプ Spaceバー

  • 歩く Shiftキー

  • しゃがむ C

  • 見上げる/見下ろす Delete/PageDownキー

  • 撃つ 左クリック

  • 武器のセカンダリ動作 右クリック

  • 武器変更 マウスホイールUp/Down(または,0〜9およびQ)

  • チャット T

  • チームチャット R


公式サイト

142MB

ダウンロード