携帯版4Gamer(β)

-- お知らせ --
モバイル版4Gamerがオープンしました。こちらへアクセスしてください。

“格ゲー×音ゲー”の新感覚リズムアクション。スマホ向け「THE RHYTHM OF FIGHTERS」を紹介する「(ほぼ)日刊スマホゲーム通信」第590回

ライター:トリスター/田渕健康


スマートフォンには相当な数のゲームが存在しているが,「じゃあ,どれが面白いの?」「そもそも,数が多すぎて好みのタイトルが探せない!」と思っている人も少なくないはず。 そんな問題を解決すべく,スタートした連載が「(ほぼ)日刊スマホゲーム通信」だ。話題の新作タイトルからネタ要素多めのオモシロ系まで,スマートフォンのゲームを片っ端からプレイして(ほぼ)毎日お届けする。
 1990年代から格闘ゲームシーンを牽引し,今なお多くのファンを持つ「THE KING OF FIGHTERS」(以下,KOF)。クイズやアドベンチャー,ギャルゲー,果てはシューティングと,ジャンルを問わないスピンオフ作品でも知られる本シリーズが,ついにリズムアクションにも進出した。本日の「(ほぼ)日刊スマホゲーム通信」では,その「THE RHYTHM OF FIGHTERS」(iOS / Android)を紹介しよう。

本作の価格はiOS版,Android版ともに100円(税込)で,さらにゲーム内で追加楽曲などが販売されている。メインとなるモードは,用意されたステージを順番にクリアしていくアーケードモードと,自由に曲を選択して遊べるフリーモードの2つで,オンラインのスコアランキングにも参加可能だ

iOS版「THE RHYTHM OF FIGHTERS」ダウンロードページ

Android版「THE RHYTHM OF FIGHTERS」ダウンロードページ


 いきなり宣言してしまうが,本作は1990年代にNEOGEOの格闘ゲームにどっぷりハマったプレイヤーならば,問答無用で楽しめるタイトルとなっている。むしろ未プレイなら何故まだダウンロードしていないのかと問い詰めたいほどだ。
 ならばKOFシリーズを知らない人は楽しめないのかと言えば,それも違う。本作はスマートフォン向けのリズムアクションとしても標準以上のクオリティを備えているので,予備知識なしでも十分楽しめるだろう。

最初から使えるキャラクターは「草薙京」「麻宮アテナ」「リョウ・サカザキ」の3人。ほかに「ナコルル」「八神庵」といった人気キャラクターも存在するが,これらは有料のダウンロードコンテンツとなっている
KOFシリーズに登場した楽曲はもちろんのこと,ほかのNEOGEO格闘ゲームや,SNKプレイモアがリリースしたパチスロタイトルの楽曲も収録されている
 ゲームの基本的なルールは,画面に表示された「ノート」(オブジェクト)をリズムに合わせてタップしていくだけ。ときおりタップの長押しや方向指定のフリック操作が必要になるものの,開始30秒ですべてのシステムを理解できてしまうシンプルさだ。
 画面は格闘ゲームを模したものとなっているが,プレイヤーはキャラクターを直接操作する必要はなく,リズムアクションのコンボに合わせてプレイヤーキャラクターが相手を攻撃し,逆にプレイヤーがタイミングを間違うと,敵キャラクターから攻撃を受ける。敵の攻撃によってプライヤーキャラクターの体力ゲージがゼロになった時点でプレイは終了だ。

輪ゴムのように伸びた楕円形のラインが時間とともに縮んできて,完全にオブジェクトと重なったときにタップ。画面を長押しをする「ロングノート」や,フリック方向が指示される「フリックノート」などに加え,相手に大ダメージを与えられる「必殺技ノート」なども登場する
 本作にはプレイヤーを手助けしてくれるサポートキャラクターも登場。彼らはそれぞれ,「コンボを30つなぐと体力が微量回復」や「コンボを10つなぐと900点加算」といった,特殊能力を持っており,プレイヤーは2人までサポートキャラクターを設定できる。

 ゲームが進むと,ステージクリア条件に「ミス20回以内」「スコア20000点以上」といったものが出てくるので,サポートキャラクターの選択が本作の戦略的なキモとなるだろう。サポートキャラクターはステージクリアごとに開放されていくほかに,有料ダウンロードコンテンツとしても用意されている。

サポートキャラクターも,NEOGEOやSNKプレイモア作品からゲスト出演。どうしても先に進めないという人は,有料のサポートキャラクターに助けてもらうのもいい
 格闘ゲームファンにとっては“ユネスコ記憶遺産登録モノ”であるKOFシリーズのエッセンスはそのままに,リズムゲームとして再誕を遂げた本作。有料タイトルながら,最初から入っている楽曲も多く,費用対効果は実に高い。
 「KOF」「餓狼伝説」「龍虎の拳」などの代表曲はほぼ網羅されているので,当時少しでも遊んだことあるプレイヤーは「あ,この曲聞いたことある!」と,思うこと間違いなし。ゆくゆくは,「ラストリゾート」や「キングオブモンスターズ」といったほかのNEOGEOタイトルや,「航空騎兵物語」「ASO」など,SNKの名作の楽曲も追加していただきたいものである。

有料の追加楽曲はゲームタイトルごとに4曲1パックで販売されている。アドレナリン沸騰必至の「メタルスラッグ2」は人として購入しておきたい
著者紹介:トリスター/田渕健康
ゲームやアニメの書籍企画,編集,シナリオライティングや広告制作なども手がける編集プロダクション「トリスター」所属。今回は「KOF」ネタということで特別にかり出された元ジャンメスト2号。

「(ほぼ)日刊スマホゲーム通信」記事一覧


(c) 2018 Aetas Inc. All Rights Reserved.
イメージあり