オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
知的財産を活用するクラウドファンディングサイト「ミライッポ startup IPO」がオープン
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2018/09/28 19:03

リリース

知的財産を活用するクラウドファンディングサイト「ミライッポ startup IPO」がオープン

ミライッポ startup IPO
配信元 アイフリークモバイル 配信日 2018/09/28

<以下,メーカー発表文の内容をそのまま掲載しています>


〜クリエイターとファンをつなぐ〜
知的財産を活用したクラウドファンディングサイト
「ミライッポ startup IPO」が本格始動!

知的財産を活用するクラウドファンディングサイト「ミライッポ startup IPO」がオープン

株式会社アイフリークモバイル(所在地:福岡県福岡市、代表取締役社長:上原彩美、以下 当社)は、2018年9月28日(金)より、キャラクター・アニメ・漫画・音楽・ゲームなどエンターテイメント関連の知的財産を活用した購入型クラウドファンディングサイト「ミライッポ startup IPO」を本格始動します。 

【「ミライッポ startup IPO」とは?】
「ミライッポ startup IPO」は、皆様に親しみのあるエンターテイメントジャンルで、夢をかなえたい方とその夢をサポートしたい方とのコミュニケーションの場を提供するプラットフォームです。未来への更なる一歩をいっしょに踏み出しませんか?皆様の夢の実現をお手伝いいたします。

【「ミライッポ startup IPO」をリリースした理由】
アニメ、マンガから生み出されるキャラクターなどの知的財産は日本のみならず、世界各国で注目されており、日本のグッズ、映画、アニメ等の売上は世界規模へと成長し、キャラクタービジネスの市場規模は株式会社矢野経済研究所の調査によれば平成24年度より年々増加傾向にあります。
※出所元:(株)矢野経済研究所「キャラクタービジネスに関する調査(2016年)」(2016年7月12日発表)

当社が提供するモバイルコンテンツサービスでは、主にデジタル素材を提供する「デココレ」、写真加工アプリである「photodeco+」及び電子絵本のサービス「森のえほん館」を提供しており、多数の知的財産を活用したビジネスを展開して参りました。

また、クリエイターの“作る”を応援するサイトクリエイターネットワークサービス「CREPOS(クリポス)」の運営では、10,000人以上の登録クリエイターを有しております。

そこで、平成29年6月にコンテンツマッチングサイトとして「ミライッポ startup IPO」のα版の試験運用を開始、平成30年3月29日には「第三者割当による新株式及び第15回新株予約権の発行に関するお知らせ」のとおり、「ミライッポ startup IPO」をリニューアルオープンすることで更なる知的財産を活用したプラットフォームビジネスを構築するため準備を進めて参りました。

このような背景のもと、クリエイターの作品(知的財産)を世の中へ広めていくことを目的とした、キャラクター、マンガ、映像など知的財産を活用する購入型クラウドファンディングサイトとして、「ミライッポstartupIPO」をリニューアルオープンすることといたしました。

【「ミライッポ startup IPO」に掲載予定のプロジェクト】
「ミライッポ startup IPO」には、本格始動後の第一弾として、以下のプロジェクトを掲載します。

1.フォロワー17,000人以上のクリエイターが制作するゆるっと可愛い日めくりカレンダー

知的財産を活用するクラウドファンディングサイト「ミライッポ startup IPO」がオープン

イラストレーターの植月えみりさんが、オリジナルの日めくりカレンダーづくりに挑戦します!植月さんのInstagramやTwitterでおなじみのキャラクター「ゆる〜っとパンダ」や「ハム工場に勤めるハムスター」が毎日違うポーズや表情であなたを癒やしてくれます♪商品化実現のため、ご支援をお願いします。

2.【平成30年北海道胆振東部地震】ミライッポ募金にご支援ください

知的財産を活用するクラウドファンディングサイト「ミライッポ startup IPO」がオープン

「ミライッポ startup IPO」は、北海道で発生した「平成30年北海道胆振(いぶり)東部地震」の被災者を支援するため『ミライッポ募金』を設立しました。

ミライッポ募金では、公益社団法人Civic Force(シビックフォース)、A-PADジャパン(アジアパシフィックアライアンス・ジャパン)を通じて、刻一刻と支援ニーズが変化している被災地・被災者支援を行います。

【「ミライッポ startup IPO」だからこそできること】

1.丁寧なサポート体制

「ノウハウはないけど、クラウドファンディングにチャレンジしてみたい」「具体的な計画まではできていないけど、アイディアはある」といった状態でも、クラウドファンディング専門のナビゲーターが丁寧にご案内します。資金集めのプロジェクト画面についても「ミライッポ startup IPO」が制作します。

知的財産を活用するクラウドファンディングサイト「ミライッポ startup IPO」がオープン

プロジェクトオーナーが、ご自身の活動に打ち込めるようサポートいたしますので、ぜひお気軽にご相談ください。

ご相談ページ:
https://miraipo.jp/index.php/postproject/consultation/
※ご相談には会員登録が必要です。

2.資金調達が成功した後も継続的に支援

購入型クラウドファンディングでは、サポーターの皆様へ支援に対するお礼を考えることも重要です。当社では、クラウドファンディングの目標額を達成させた際のリターン品制作のお手伝いや、1点からオンデマンドで製作・販売できるプラットフォームを、パートナー企業である株式会社イメージ・マジックと連携して近日中に提供予定です。

知的財産を活用するクラウドファンディングサイト「ミライッポ startup IPO」がオープン

また、その他にもグッズ製造、販路拡大に関するパートナー企業と続々アライアンス予定です。クラウドファンディングの目標額を達成した際の一時的なバックアップでなく、その後も継続的にプロジェクトオーナーを支援する体制を整えます。

知的財産を活用するクラウドファンディングサイト「ミライッポ startup IPO」がオープン

3.企業や自治体とクリエイターとをかけ合わせる取り組み

長年、プロから新進気鋭のクリエイターと手を取り合ってきた当社ならではの取り組みとして、企業の製品や自治体の名産品などにクリエイティブな価値を提供していきます。例えば、あなたのパターンデザインが自治体名産のワインのパッケージに採用されて、ふるさと納税のお礼品になることもあるかもしれません!

プロジェクトオーナーは、個人のクリエイターだけでなく、企業、自治体などいろいろな方がお使いになれます。(プロジェクトの掲載可否には審査がございます。)「ミライッポ startup IPO」は、プロジェクトオーナーが心の中で温めていた夢をかなえるためだけでなく、ファンとのコミュニケーションを取るためのプラットフォームでありたいと考えています。
新商品のテストマーケティングやPR、新たなファンの獲得ツールとしてぜひ「ミライッポ startup IPO」をご活用ください。
  • この記事のURL:

キーワード

下線
line
4Gamer.net最新情報
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:10月21日〜10月22日
タイトル評価ランキング
83
82
80
OCTOPATH TRAVELER (Nintendo Switch)
55
51
Conan Outcasts (PS4)
2018年04月〜2018年10月