オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
ゲーマデリックの新アルバム発売記念ライブが4月29日に開催。Blind SpotやEARTHBOUND PAPASも出演
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2017/04/03 19:03

リリース

ゲーマデリックの新アルバム発売記念ライブが4月29日に開催。Blind SpotやEARTHBOUND PAPASも出演

「Re:birth」発売記念ライブ“祝ってやる〜Re:birth”
配信元 ゲーマデリック 配信日 2017/04/03

<以下,メーカー発表文の内容をそのまま掲載しています>

ゲーマデリック 新作アルバム詳細発表!
発売記念ライブ『祝ってやる〜Re:birth』開催決定!

 ゲームミュージックバンド「ゲーマデリック」は、4/29(土)に渋谷GUILTYで行う『祝ってやるRe:birth』にて新作アルバムの先行発売をします。

 前作『Rebooot!!』より2年ぶりとなるアルバムのタイトルは『Re:birth』。『ライブでは定番だが、CDは廃盤となって久しいナンバーを復刻、今のゲーマデリックが演って録る!』さらに『ライブでしか演っていないあの曲』も!選りすぐりの全15曲!

 ライブのゲストとして、泣く子も黙るGM界の大御所バンド「Blind Spot」に加え、ファイナルファンタジーシリーズでお馴染みの植松伸夫氏率いる「EARTHBOUND PAPAS」の出場が決定!

 更に、東京ゲーム音楽ショー2017でゲーマデリックと熱いアレンジバトルを展開した「若造」細井聡司、「小僧」アサヒナユウの参戦も!このカードは前代未聞、バトルロイヤルの結末を見届けるべし!

【アルバム詳細】
■タイトルRe:birth
■アーティスト:GAMADELIC(ゲーマデリック)
■発売日:2017年4月29日(ライブ会場先行発売)
■価格:3,000 円(税抜)
■トラックリスト
01. Paradise Spirits (from スタジアムヒーロー)
02. Magical Drop Shuffle (from マジカルドロップ)
03. カルノフが街にやってきた (from カルノフ)
04. CRUDE BUSTER - THE LIFE LINE OF NEW YORK(from クルードバスター)
05. China Town 電子の歌姫Ver. (from チャイナタウン)
06. 天昇龍覇 (from 水滸演武)
07. Gunhard (from ガンハード)
08. Shooot!! (from フライングパワーディスク)
10. Dynamite(from ファイターズヒストリーダイナマイト)
11. Gallant Savage (from デスブレイド)
12. Dragongun〜神炎〜 (from 超次元竜ドラゴンガン)
13. Operations Thunder Zone (from オペレーションサンダーゾーン)
14. Vapor Trail (from 空牙)
15. Theme Of Gamadelic (ゲーマデリックのテーマ)

【イベント情報】

■イベントタイトル:『祝ってやるRe:birth』
 アルバム発売を記念し、結成当時から親交の深いゲームミュージックバンドの大御所「Blind Spot」ファイナルファンタジーシリーズでお馴染みの植松伸夫氏率いる「EARTHBOUND PAPAS」とともに、4/29(土)に「渋谷GUILTY」にて新譜発売ライブを開催します。

■日時:2017年4月29日(土)
 開場16:00
 開演16:30

■会場渋谷GUILTY(東京都渋谷区道玄坂1 丁目17-6 プロスペクトB1F)

■出演
 ゲーマデリック(Twitter @gamadelic
 Blind Spot
 EARTHBOUND PAPAS
 細井聡司
 アサヒナユウ

■料金:4,000円(ドリンク代別)

■チケットイープラス
※購入から入場までスマホで完結する「スマチケ」対応!

【最新のイベント情報、リアルタイム情報はこちら!】
■Twitter @gamadelic
 イベントハッシュタグ「#iwtyr2017

■出演者プロフィール

GAMADELIC(ゲーマデリック)
 「空牙」や「カルノフ」など、独特のカラーで80〜90年代を駆け抜けたゲームメーカー「データイースト」。その社員によって構成されたゲームミュージックバンド『ゲーマデリック』は、'91年に中野サンプラザで行われた伝説のゲームミュージックイベント「ゲームミュージックフェスティバル '91」にてステージデビュー。
 その後、数々のCDをリリースし、ライブを行う。演奏力の高さと、趣向を凝らしたエンターテインメントな楽しいステージに定評がある。’90年代後半に活動休止をするも、2013年8月『ゲームミュージックトリビュートライブ』にて完全復活を果たし、以降精力的に活動中。

Blind Spot
 1988年7月 ポニーキャニオンSCITRONレーベルより『GALAXY FORCE 〜GSM SEGA 1〜』でデビュー。1989年、ライブ活動を開始。多数のアルバム制作、ライブ活動をし、1993年、解散。
 2011年8月、18年ぶりに活動を再開するが諸事情によりS.S.T.Bandを名乗る事が出来ず、とりあえず仮の名前として自身のアルバム名からBlind Spotとしてスタート。キーボードの光吉猛修が出演出来ないために森藤晶司が3代目として就任。
 来年、CDデビュー30周年を迎える。

EARTHBOUND PAPAS(アースバウンド・パパス)
 「ファイナルファンタジー」シリーズ、「テラバトル」、「グランブルー・ファンタジー」、「ファンタジーライフ」等の作曲で知られる植松伸夫(Keys./Organ)、「艦隊これくしょん〜艦これ〜」のプロデューサーでもあり作曲も手掛ける岡宮道生(Guitar)、「シャドウハーツ」シリーズや「アルトネリコ3」等の作曲で知られる弘田佳孝(Bass)、「グランブルーファンタジー」等の作曲に加え「FINAL FANTASY XIV」のアレンジ等、数多くの作品のサウンドを手掛ける成田勤(Guitar/Keys.)、80〜90年代に活動した日本を代表するプログレッシブ・ロックバンド「ミスターシリウス」のドラマーであり、現在はゲームデザイナー・プロデューサー・サウンド担当として多才な才能を見せる藤岡千尋(Drums)の5名によるバンド。2016年からはボーカル 河野暁子が参加。
 2010年10月10日のライブデビューの翌年2011年3月16日にファーストアルバム「Octave Theory」をリリース。活動は国内のみならず海外のコンベンション「Oni-Con2011&2012(テキサス/ガルベストン)」、「MAGFest. 2012 (ワシントンD.C.)」、「HEXXP 2012 (ハワイ)」にも出演し、メインアクトとして数千人のオーディエンスの前で熱いライブを披露した。2013年9月1日には2ndアルバム『DANCING DAD』をリリースし、2014年にはアメリカ、香港、ヨーロッパを回るワールドツアーを、2015年にはメキシコと中国(北京、上海)でのライブも開催し、世界中のファンに愛されている。

細井聡司 (hosplug)
 京都生まれ。典型的なB型。ピアノやストリングスを使ったしっとりとしたメロディアスな曲から、民族音楽、ノイズを多用したエレクトロニカまで幅広い作風を持ち、ボーカル曲、インスト、リミックスを問わず、個性、オリジナリティある作品作りを信条としている。
 ラジオパーソナリティとしての顔も持ち、生み出す音楽からは想像もつかない関西ノリのキャラクターに驚く人も多い。

代表作:「ソニックウイングス」シリーズ、「おねがい☆ツインズ」、「世界ノ全テ」、「Quartett!」、「AYAKASHI」、「三国恋戦記 〜オトメの兵法!〜」、「Rewrite」など

Website
Twitter @hosplug_hosoi

Yu_Asahina - アサヒナユウ
 アーケード音楽ゲームの今を牽引するサウンドクリエイター。
 幼少よりゲーム音楽家を目指し2004年からインターネットを通じて音楽を発信してきた後、フリーランスゲーム音楽家として活動。
 KONAMI「SOUND VOLTEX」コンテスト受賞を機に各社の音楽ゲームへ楽曲を定期的に提供しており、今後最も活躍が期待されるクリエイターの1人である。

代表作:「MÚSECA」「SOUND VOLTEX」CHUNITHM」「Cytus」「Deemo」等

ゲーマデリック公式サイト

  • この記事のURL:
line
4Gamer.net最新情報
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:08月19日〜08月20日
タイトル評価ランキング
78
ブラウンダスト (iPhone)
77
OCTOPATH TRAVELER (Nintendo Switch)
65
Ar:pieL (PC)
63
2018年02月〜2018年08月