日本最大級の
総合ゲーム情報サイト

イベント

新展開も発表! 小山力也さん,高橋直純さん,中原茂さんら新たなダンディが登場した「ネオロマンス♥ダンディズム2」をレポート

 コーエーテクモゲームスの女性向け恋愛ゲーム「ネオロマンスシリーズ」のダンディなキャラクター&キャストが集うイベント「ネオロマンス♥ダンディズム2」が2019年5月19日に神奈川県民ホールにて開催された。

令和になって初めてのネオロマンスイベントということで,特別価格の令和記念席も登場。薔薇のフラワースタンドやオリジナルデザインのボトルが飾られたお花など,イベントコンセプトにピッタリの贈り物が目立った
画像(001)新展開も発表! 小山力也さん,高橋直純さん,中原茂さんら新たなダンディが登場した「ネオロマンス♥ダンディズム2」をレポート 画像(002)新展開も発表! 小山力也さん,高橋直純さん,中原茂さんら新たなダンディが登場した「ネオロマンス♥ダンディズム2」をレポート

 「アンジェリーク」レオナード役の小山力也さん,「遙かなる時空の中で3」ヒノエ役の高橋直純さん(夜の部のみ),「遙かなる時空の中で4」葛城忍人役の中原 茂さんという新たなダンディが加わり,ナビゲーターとして声で出演した「遙かなる時空の中で」橘 友雅役の井上和彦さんを含めると,総勢10名のネオロマンス声優陣が集合。
 軽快なトークや,甘い歌声で観客を魅了するライブコーナーなど,よりダンディに,アダルトに進化した本イベントの夜の部をレポートしよう。

キャスト陣のダンディな撮り下ろし写真が掲載された「ネオロマンス♥ダンディズム2 パンフレット」の通常版が完売するなど,物販コーナーも大盛況だった
画像(003)新展開も発表! 小山力也さん,高橋直純さん,中原茂さんら新たなダンディが登場した「ネオロマンス♥ダンディズム2」をレポート 画像(004)新展開も発表! 小山力也さん,高橋直純さん,中原茂さんら新たなダンディが登場した「ネオロマンス♥ダンディズム2」をレポート

「ネオロマンス♥ダンディズム2」(夜の部)

■出演
速水 奨(「アンジェリーク」ジュリアス役)
田中秀幸(「アンジェリーク」クラヴィス役)
堀内賢雄(「アンジェリーク」オスカー役)
小山力也(「アンジェリーク」レオナード役)
森川智之(「アンジェリーク」エルンスト役)
立木文彦(「アンジェリーク」ヴィクトール役)
置鮎龍太郎(「遙かなる時空の中で」アクラム役)
高橋直純(「遙かなる時空の中で3」ヒノエ役)
中原 茂(「遙かなる時空の中で4」葛城忍人役)

■ナビゲーション※声の出演
井上和彦(「遙かなる時空の中で」橘 友雅役)

■アシスタント
アンフィニ(ユーキ,Kan)

(敬称略)

 ミラーボールのキラキラした光に照らされて,いつもよりムーディーなホール内に,夢の世界の案内人である橘 友雅(井上さん)の声が響き,ファンをダンディな世界へとエスコート。
 友雅の紹介に合わせてキャスト陣が挨拶するオープニングで,田中さんは「(イベントの)最後の夜,僕たちと一緒に楽しんでください」,堀内さんは「ダンディズムの世界へようこそ」と,それぞれにイベントへの意気込みやファンへのメッセージを語った。

撮影/大山雅夫
画像(005)新展開も発表! 小山力也さん,高橋直純さん,中原茂さんら新たなダンディが登場した「ネオロマンス♥ダンディズム2」をレポート

 立木さんの「ヴィクトール・ダンディです」のように,名前や役名と“ダンディ”を組み合わせ,コミカルな挨拶をするキャストも多く,渋い大人の魅力とのギャップもステキだった。
 中原さんは昼の部で「夜の部では(ダンディの)完全体になる」と宣言していたそうで,「(皆さんの声援で)僕を完全体にしてください」と呼びかけ,ファンも大きな拍手で応えていた。

ライブコーナー 1

秋化粧の心の花守に
歌:有川 譲(中原 茂)&白龍(置鮎龍太郎)

摩天楼TIGHTROPE
歌:レオナード(小山力也)

Innocent Sky〜青空を心に抱いて〜
歌:ヴィクトール(立木文彦)

 まずはライブコーナーで,キャスト陣が客席へ甘い歌声をプレゼント。
 白龍の神子を慕う2人のデュエットを歌う中原さんと置鮎さん。曲の合間には置鮎さんがオープニングトークの完全体の話を中原さんに振ったり,逆に中原さんが「白龍大きくなったな(大谷育江さん演じる子どもの姿もあるため)」といじり返すといった掛け合いには,こちらも自然と笑顔に。

 小山さんは,自由を愛するレオナードがスリルを求めるセクシーな楽曲を披露。客席を煽ったり,片足を高く蹴り上げる振り付けを見せてくれたりといったステージングに圧倒された。

 立木さんが歌うのは,目標へと向かって進んでいく主人公を見守るヴィクトールの優しさや温かさが伝わる曲だ。立木さんの低音の伸びやかな声が,会場全体を包み込むように響いていた。

 朗読劇「LOVE QUESTION」は友雅に指名された天の声・レオナードの質問に,ほかのメンバーが答えていくという,いつもとは少し違う趣向。ノリノリなレオナードに「アンジェリーク」メンバーが不安を漏らし,ヒノエが遅刻で姿を見せないという,波乱を予感させる雰囲気の中でスタートした。

 最初は「初夏を題材にたくさんの和歌が詠まれていますが,あなたの好きな和歌は?」という,年号でも話題になった和歌の質問だ。これにはアクラムが「夏野ゆく小壮鹿之角(をしかのつの)の束の間も妹が心を忘れて思へや」と夏らしい恋の和歌を挙げ,ヴィクトールたちもその美しさに関心していた。

 2つ目の「どんな水着がうれしいか」という質問に,真面目なエルンストは動揺するが,ほかのメンバーから「逃げるな」と言われ「彼女の選んだものなら」と答える。ジュリアスは「海のような青」,オスカーは「赤いビキニ」で,忍人の挙げた「機能性重視で乾きやすいもの」には,同じく武人のヴィクトールも賛同していた。クラヴィスは「深い闇に星が輝くような色」を上げ,「闇」でアクラムと意気投合するまさかの展開に! 意外なキャラクターの組み合わせによる化学反応が楽しめるのも,複数作品の合同イベントだからこその楽しみだ。

 最後の質問の前に,遅れていたヒノエが無事に到着。ラストの質問は「夏の長期休暇,想い人とどんな場所でデートしたいですか? デートにどんな風に誘う?」というもので,想い人をデートに誘うセリフも実演することになった。

 ヒノエは異世界と現代(神子のいる世界)の2つの世界の海を楽しみたいといい,「夏休みの1日をオレにくれないか」と彼らしいセリフで神子たちを誘う。ジュリアスはランチクルーズ,レオナ―ドは海辺にある貸し切りのバー,アクラムは自分の住処など,それぞれの個性が光るデートスポットや甘い誘い文句で客席をトリコにしていた。

 この朗読劇は,キャスト陣のアドリブも満載で,客席は何度も爆笑の渦に巻き込まれた。その一方で決める場面ではカッコよく決めるのはさすが。多くの舞台を経験していて,共演経験も豊富なネオロマ声優だからこその息の合った掛け合いを,ファンも楽しそうに見守っていた。

 バラエティコーナー「発見!ちまたのダンディズム♥」は,公式サイトで事前に募集したファンの投稿をキャスト陣がジャッジし,5人以上が「ダンディ札」を上げたらダンディと認定するというものだ。

 1つ目,車の運転席に座るダンディな犬の写真「ダンディなワンコ」は,犬が大好きな立木さんをはじめとする4人が札を上げるものの,あと一歩で認定ならず。かなりキュートな写真だったが,ダンディは奥が深い。

 2つ目は前回の「ネオロマンス♥ダンディズム」で森川さんと立木さんが,「夢のありか」を歌った際にハイタッチしたシーンで,満場一致のダンディ認定。ちなみに本公演でも立木さんが朗読劇で森川さんをフォローするなど,2人の仲のいいシーンを見ることができた。

 置鮎さんの代わりに投稿を読んだ堀内さんの謎(?)朗読で,キャスト陣に内容が伝わらないなどのハプニングも交えつつ,ほかにもたくさんのダンディなエピソードが紹介された。どれもステキな内容ばかりで,筆者も日常の中にあるダンディを探してみようと密かに決意する。イベントで紹介され,ダンディ認定された投稿は公式サイトに掲載されているので,ぜひチェックしてほしい。

ライブコーナー 2

月盗人の愛執(あま)き罪
歌:ヒノエ(高橋直純)

静かな夏の物語
歌:エルンスト(森川智之)

永遠のreservation
歌:オスカー(堀内賢雄)

誕生
歌:ジュリアス(速水 奨)&クラヴィス(田中秀幸)

 後半のライブコーナーのトップバッター高橋さんは,先行販売されたイベントCD「ネオロマンス♥ダンディズム2〜ロマンスをあなたと〜」に収録された新曲を披露。和を感じさせる衣装と,切ない恋心を表現する歌声,指先の動きまで美しい振付に見とれてしまった。

 森川さんは大切な人と過ごす日の物語を爽やかに歌い上げた。タイトル通り,これからのシーズンにぴったりな楽曲だ。

 堀内さんは,いつも余裕たっぷりなオスカーの初心な恋心を歌ってファンのハートを鷲掴み。曲の合間には,「みんな盛り上がっているかい?」と呼びかけ,客席のボルテージを高めていた。

 速水 奨さんと田中秀幸さんというゴージャスなデュエットが聴けるのも,ネオロマンスシリーズならでは。光と闇の守護聖として女王候補を導くジュリアスとクラヴィスらしい歌詞と,美しいハーモニーに観客も聞き惚れた。

 ライブの興奮が冷めやらないまま,エンディングへ。キャラクターそれぞれが「君を愛している」という共通のキーワードを入れた愛のメッセージを披露し,ダンディズムにあふれたステージは終幕となったが,鳴りやまないアンコールの手拍子に応えて,キャスト陣が再び舞台に登場。

 中原さんは「完全体にはちょっと足りなかった。ダンディは1日にしてならず,今後も修行していきます」と挨拶したが,それを聞いた高橋さんは「ダンディの定義は難しいですが,ステキなものだと分かりました。僕も完全体を目指そうと思います」と熱く語ってくれた。2人の完全体を見られる日が楽しみだ。

 速水さんは「現実と非現実のはざまの豊かな世界で,僕たちとファンでこういう空間を作っているのはステキなことだと思います。これからも楽しい時間を過ごしましょう」と,今後のイベントへの意気込みを語ってくれた。

 最後は会場全体で,「僕たちのAnniversary」を合唱。堀内さんのソロをほかのキャストが盛り上げたり,森川さんと高橋さんがステキなハーモニーを聴かせてくれたりと,聴きどころも見どころも満載で,イベントの最後を飾るにふさわしい一曲となった。

撮影/大山雅夫
画像(006)新展開も発表! 小山力也さん,高橋直純さん,中原茂さんら新たなダンディが登場した「ネオロマンス♥ダンディズム2」をレポート

 だが,来場者にはさらなる歓喜の時間が! すでにお伝えしているように,終幕後,ネオロマンスシリーズの新プロジェクトの始動が発表されたのだ(関連記事)。

 また,イベント「ネオロマンス 25th Anniversary」「アンジェリーク メモワール2019」が9月に“聖地”パシフィコ横浜にて開催されることも決定。新時代と同時にアニバーサリーイヤーを迎えて,さらに盛り上がっていくネオロマンスシリーズに今後も注目だ。

注目の記事

1
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
2
★★★★★★★★
3
★★★★★★
4
★★★★★
5
★★★★★
6
★★★★
7
★★★★
8
★★★
9
★★★
お気に入りタイトル/声優

タイトル/ワード名(記事数)

全件表示する
最近記事を読んだタイトル/声優

タイトル/ワード名(記事数)

全件表示する