オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
LG,HDR表示&FreeSync対応で5万円前後の27インチ4K液晶ディスプレイを発売
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2019/02/19 14:59

ニュース

LG,HDR表示&FreeSync対応で5万円前後の27インチ4K液晶ディスプレイを発売

 2019年2月19日,LG Electronics(以下,LG)の日本法人であるLGエレクトロニクス・ジャパンは,27インチサイズで解像度3840×2160ドットの液晶ディスプレイ「27UL550-W」を2月22日に国内発売すると発表した。本製品は,HDR表示やAMDのディスプレイ同期技術「FreeSync」に対応しながら,メーカー想定売価が4万6000円(税込4万9680円)前後と比較的安価なことがポイントである。

27UL550-W
画像(002)LG,HDR表示&FreeSync対応で5万円前後の27インチ4K液晶ディスプレイを発売

 搭載する液晶パネルはノングレア(非光沢)加工を施したIPS方式で,輝度は300cd/m2,中間調(gray-to-gray)応答速度は5ms,コントラスト比は1000:1といったスペックとなっている。
 最大垂直リフレッシュレートは61Hzとのことなので,PC用というよりは,4K解像度のHDR表示に対応する据え置き型ゲーム機と組み合わせるのに適したディスプレイというところだろうか。

背面に装備したビデオ入力インタフェースは,DisplayPort 1.4×1,HDMI 2.0×2という構成(左)。スタンドの可動部分は,−5〜+15度の上下回転(チルト)と上下110mmの高さ調整のみというシンプルなものだ
画像(004)LG,HDR表示&FreeSync対応で5万円前後の27インチ4K液晶ディスプレイを発売 画像(003)LG,HDR表示&FreeSync対応で5万円前後の27インチ4K液晶ディスプレイを発売

●27UL550-Wの主なスペック
  • パネル:27インチ,IPS方式,ノングレア(非光沢)
  • バックライト:LED,フリッカーフリー
  • パネル解像度:3840×2160ドット
  • 最大垂直リフレッシュレート:60Hz
  • ディスプレイ同期技術:FreeSync対応
  • HDR対応:HDR10対応
  • 輝度(通常):300cd/m2
  • 表示色:約10億7000万色
  • コントラスト比:1000:1
  • 視野角:左右178度,上下178度
  • 中間調応答速度:5ms(Grey to Grey)
  • 内部フレーム遅延:未公開
  • ビデオ接続インタフェース:DisplayPort 1.4×1,HDMI 2.0 Type A×2
  • そのほかの接続インタフェース:3.5mmミニピンヘッドフォン出力×1
  • USBハブ機能:非搭載
  • スピーカー:5W+5W
  • チルト(上下回転):−5〜+15度
  • スイーベル(左右回転):非対応
  • ピボット(縦回転):非対応
  • 高さ調整:上下110mm
  • VESAマウント:100×100mm
  • 公称消費電力:36W(標準),0.5W(待期時)
  • 公称本体サイズ:623(W)×230(D)×462〜572(H)mm
  • 公称本体重量:6kg
  • 主な付属品:DisplayPortケーブル×1,HDMIケーブル×1,電源ケーブル,ソフトウェアCD-ROMなど
  • 保証期間:3年間(※バックライト含む)

LGの27UL550-W製品情報ページ



#### 以下,リリースより ####

映像やゲームは美しく、仕事も快適
HDR対応のIPS 4Kモニターをより身近に
「27UL550-W」を2月22日(金)より全国で順次発売

 LGエレクトロニクス・ジャパン株式会社(代表取締役:李 栄彩(イ・ヨンチェ) 本社:東京都中央区)は、HDR10対応のIPS 4Kモニター「27UL550-W」を2019年2月22日(金)より、全国で順次発売します。
 「27UL550-W」は、HDR10規格に対応し、広い視野角で鮮やかかつ自然な色合いを実現する4K解像度(3840×2160)のIPSパネルを採用。
 HDRは明るい部分をより明るく、暗い部分をより深い黒で表現することができ、従来のSDR(スタンダードダイナミックレンジ)では色の識別が困難であったキメ細やかな映像を鮮明に描写することが可能です。また、トーンマッピングやウルトラルミナンスなどの画質アルゴリズムによって、従来のSDR映像もHDRに近い画質に変換する「HDR効果」モードも搭載しています。

 さらに、4Kゲームも快適に遊べるよう、各種ゲーミング機能を搭載。AMD社のFreeSync対応APU/GPU搭載のPCやグラフィックカードと接続することで、ティアリングやスタッタリングを抑えるAMD RADEON FreeSyncテクノロジー、映像信号を画面に表示するまでのタイムラグを最小限に抑えるDAS(Dynamic Action Sync)モード、暗いシーンの視認性を高めるブラックスタビライ
ザーなどを実装しています。

 映画をはじめ、PCゲームやコンソールゲーム視聴時にも美しい映像を実現し、ビジネスシーンでも快適に使用できる性能でありながら、初めて高画質モニターを使ってみたい、という方にもお求めやすい価格を実現したモニターです。

<発売概要>
モデル名(型番) 発売時期 価格(※予想実売価格・税別)
27UL550-W 2019年2月22日(金) オープン価格(46,000円前後)

■主な特長
1.IPSパネルによる美しい映像表現
HDR10コンテンツの再生に対応
PC製品のHDR標準規格となるHDR10をサポートし、さらに、SDRの映像でも、画質アルゴリズムによってHDRに近い画質に変換して表示することができます。また、4Kコンテンツの表示に必須となるHDCP2.2に対応。HDMI2.0準拠のHDMIポートを実装し、4K映像を60Hzで表示させることができます。

HDRの映像に相応しいIPSパネル
視野角が広く、鮮やかで自然な色合いを実現するIPSパネルによって、HDR本来の映像美を再現します。また、sRGBカバー率98%で、高性能プリンターやデジタル一眼レフカメラなど、sRGBの色域に対応した入力・出力デバイスの色再現に対応。DTPや写真・印刷においてカラーマネジメント環境を整えることが可能です。

低解像度の映像も高精細に
フルHDなど、4K以下の映像でも超解像技術「Super Resolution+」で高精細に表示。低解像度の映像も高精細にフルHDなど、4K以下の映像でも超解像技術「Super Resolution+」で高精細に表示が可能です。

2.4Kゲームも楽しく遊べる各種ゲーミング機能を搭載
AMD社の対応APU/GPUを搭載するPCやグラフィックカードと接続することで、ティアリングやスタッタリングを抑えるAMD RADEON FreeSync テクノロジー、映像信号を画面に表示するまでのタイムラグを最小限に抑えるDAS(Dynamic Action Sync)モード、暗いシーンの視認性を高めるブラックスタビライザーなど、各種ゲーミング機能を実装しています。

3.ビジネス用途にも配慮された機能性
目に優しい「ブルーライト低減モード」「フリッカーセーフ」を搭載
液晶モニターのバックライトは、目に見える可視光線の中でも網膜まで達する強い光とされる青色光「ブルーライト」を発しており、目や体に大きな影響があるといわれています。また、LEDバックライトは、輝度を調整するために高速で明滅を繰り返すため、画面のちらつき「フリッカー」が発生し、長時間ディスプレイを見ていると、頭痛や疲れ目などにつながるとされています。ブルーライトを低減する「ブルーライト低減モード」、フリッカーを抑制する「フリッカーセーフ」によって、長時間の作業や鑑賞の際の目の負担を軽減します。

OnScreen Control機能で広域な表示領域を有効活用
添付ソフトウェアのOnScreen Controlによって広域な画面を快適かつ有効的に活用できます。
明るさやコントラストなど基本的な設定やゲーミングモードの設定をWindows上で操作が可能。
また、ソフトウェアごとに最適なピクチャーモードを自動的に適用させるMy Application Preset、画面上に表示されているウィンドウを自動的に分割表示させるScreen Splitなど、快適に画面を使用できる機能を搭載しています。

■主な仕様
画像(005)LG,HDR表示&FreeSync対応で5万円前後の27インチ4K液晶ディスプレイを発売

  • この記事のURL:
4Gamer.net最新情報
プラットフォーム別新着記事
総合新着記事
企画記事
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:10月17日〜10月18日
タイトル評価ランキング
81
KENGOHAZARD2 (PC)
76
鬼ノ哭ク邦 (PC)
76
Days Gone (PS4)
74
2019年04月〜2019年10月