オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
4Gamer.net
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
Intel,Ultrabook体験イベント「Experience Intel. Look Inside」を6月21日から開催。“Ultrabook専用”のゲームも披露
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2013/06/20 17:57

ニュース

Intel,Ultrabook体験イベント「Experience Intel. Look Inside」を6月21日から開催。“Ultrabook専用”のゲームも披露

 Intelは2013年6月21日から23日まで,東京駅近くのJPタワー内にある商業施設「KITTE」(キッテ)にて,UltrabookやタブレットなどIntel製品搭載デバイスが体験できるイベント,「Experience Intel. Look Inside」を開催する。このイベントは世界各国で展開されるとのことで,東京はニューヨークとシカゴに次ぐ,3番目の開催地となるそうだ。
 そしてその会場では,イベントのために開発されたという“Ultrabook専用のゲーム”なるものが体験できるとのこと。20日に開催された事前公開に参加して,早速体験してきた。

Intel,Ultrabook体験イベント「Experience Intel. Look Inside」を6月21日から開催。“Ultrabook専用”のゲームも披露 Intel,Ultrabook体験イベント「Experience Intel. Look Inside」を6月21日から開催。“Ultrabook専用”のゲームも披露
「Experience Intel. Look Inside」の会場では,Intel CPUを搭載する各社のUltrabookやタブレット端末を体験できる


タッチパネル搭載Ultrabookで遊ぶイベント限定ゲーム

「Terra」


Terraのタイトル画面
Intel,Ultrabook体験イベント「Experience Intel. Look Inside」を6月21日から開催。“Ultrabook専用”のゲームも披露
 イベントで体験できるUltrabook専用ゲームは「Terra」(テラ)というゲームで,イギリスのHide&Seek Productionsというゲームデベロッパによる作品だ。タブレット形態と通常のノートPC形態に切り替えて使えるUltrabook用に作られたという。Intelのイベント専用に開発されたものとのことで,一般向けの配信は予定されていないそうだ。

 遊び方はとても簡単。まず何もない盤面上をタッチで触れると,触れたところに砂がまかれて山ができるので,指でなぞったり,同じところに触れたりして,好きな地形を作る。地形ができたらゲーム開始だ。
 作った地形が立体的なマップとして生成されるので,今度はキーボードのカーソルキーを使って円筒状の芝刈り機(には見えないが)を操作し,マップ全体に生えた草を刈る。刈った草に応じて得点が入るので,制限時間内に何点取れるかを競うという仕組みになっている。
 タッチ操作の地形作成と,キーボード操作の芝刈り機という2つの操作を使い分ける必要があるところが,タッチでもキーボードでも使えるUltrabook専用たる由縁ということらしい。

Intel,Ultrabook体験イベント「Experience Intel. Look Inside」を6月21日から開催。“Ultrabook専用”のゲームも披露 Intel,Ultrabook体験イベント「Experience Intel. Look Inside」を6月21日から開催。“Ultrabook専用”のゲームも披露
ゲームをスタートすると何もない盤面が表示されるので(左),タッチで砂を盛って地形を作る(右)。ちなみに,この地形ではあまり高得点は取れないだろう(笑)

Intel,Ultrabook体験イベント「Experience Intel. Look Inside」を6月21日から開催。“Ultrabook専用”のゲームも披露 Intel,Ultrabook体験イベント「Experience Intel. Look Inside」を6月21日から開催。“Ultrabook専用”のゲームも披露
作った地形を,画面中央にある芝刈り機で走破して草を刈る(左)。50秒程度の制限時間内に,どれだけの草を刈ったかが点数になる

 マップ上の高所に生えている草ほど高い点数が得られるので,マップを作る際に,なるべく高いところが広くなるように作るのが高得点の鍵となる。しかし,地形を作るのに使える砂の量には限りがあるので,高いところばかりは作れないし,高所の草を刈ろうとして頂上を飛び越えてしまったり,斜面を転がり落ちてマップ周囲の水面に落ちたりすると,時間をロスしてしまう。効率的に点を取れるマップの作り方と,芝刈り機の巧みな操作が要求されるというわけだ。

 基本的にはとても単純なゲームなので,ゲーマーなら1〜2回遊べばコツが掴めて,3〜4回やれば高得点が取れるようになって飽きるのではないだろうか。1つのマップで複数人が対戦できたりすると,面白くなりそうにも思えるのだが,残念ながらシングルプレイ専用なので,スコアを競う以外の競争要素がないのは物足りないところか。


タブレットを動かして宇宙を飛ぶ「Gliders」


 会場ではもう1つ,ゲームではなく「体験型デザインアトラクション」と命名された「Gliders」というアプリケーションも体験できた。これはグラフィックデザイン会社のUniversal Everythingが制作したもので,やはり配布予定がないイベント限定のアプリケーションだという。

Glidersの画面。まずは自分の「羽根」を作る。制作はとても簡単だった
Intel,Ultrabook体験イベント「Experience Intel. Look Inside」を6月21日から開催。“Ultrabook専用”のゲームも披露
 Glidersはタブレット形態で遊ぶもので,タッチ操作で“羽根”と呼ばれる紙飛行機みたいなものを作り,それを宇宙空間のような画面上で,タブレット自体を上下左右に動かして飛ばせるというものだ。最大6人まで同時に遊べるという。
 ゲームではないので,ほかのプレイヤーと戦ったり得点を得たりといった要素はないが,自分のデザインした羽根が宇宙を滑らかに飛ぶ様子は,なかなか面白い。

Intel,Ultrabook体験イベント「Experience Intel. Look Inside」を6月21日から開催。“Ultrabook専用”のゲームも披露 Intel,Ultrabook体験イベント「Experience Intel. Look Inside」を6月21日から開催。“Ultrabook専用”のゲームも披露
作った羽根を宇宙で飛ばす。自作した羽根の後ろには,追従して飛ぶ羽根が自動生成されるので,羽根の群れを引き連れて飛ぶことになる。見栄えはなかなかのものだ

 会場では各社のWindows 8搭載Ultrabookが10数台並び,TerraやGlidersを初めとしたアプリケーションを体験できるようになっている。PCに詳しくない一般消費者を対象に,タッチ操作に対応するUltrabookに触れてもらうというイベントの趣旨を考えれば,楽しみながら体験できるオリジナルのゲームを用意したのは,悪くない選択であろう。
 しかしPC慣れしたゲーマーからしてみれば,TerraやGlidersに「こういうものが遊べるなら,Ultrabookを買ってもいいな」と思わせるほどの魅力があるわけではない。最新Ultrabookに触れるだけなら,大型量販店に行けば済む話でもあるので,ゲーマーが積極的に訪れたいイベントかといえば微妙なところだ。

 イベント限定のゲームということなので,折角だから体験してみたいという人は,立ち寄ってみてはどうだろうか。

Intel,Ultrabook体験イベント「Experience Intel. Look Inside」を6月21日から開催。“Ultrabook専用”のゲームも披露 Intel,Ultrabook体験イベント「Experience Intel. Look Inside」を6月21日から開催。“Ultrabook専用”のゲームも披露
20日に開かれた事前披露では,タレントでファッションモデルの松本 愛さん(写真左端)と椎名ひかりさん(左から2人め),インテル代表取締役社長の吉田和正氏(右から2人め),音楽プロデューサーのVERBALさん(右)が登壇し,実際にGlidersを体験してみせた

Experience Intel. Look Inside 公式ページ

Intel 日本語公式Webサイト


  • この記事のURL:
4Gamer.net最新情報
プラットフォーム別新着記事
総合新着記事
企画記事
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:06月25日〜06月26日