オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
4Gamer.net
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
「ZOTAC GAMING GeForce RTX 2080 AMP」を写真でチェック。3連ファン付き独自クーラーを採用するRTX 2080搭載カードの見どころは?
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2018/09/19 22:00

ニュース

「ZOTAC GAMING GeForce RTX 2080 AMP」を写真でチェック。3連ファン付き独自クーラーを採用するRTX 2080搭載カードの見どころは?

 GeForce RTX 2080シリーズ搭載カードの発売日となる2018年9月20日には,複数のメーカーによる製品が市場に出回るようだ。とはいえ,実際には予約販売分などもあるので,本稿執筆時点では,発売当日の店頭に製品がどの程度出回るのかは定かでない。手に入れられたら幸運という可能性もある。
 そんな発売日に登場する製品の1つである,ZOTAC International(以下,ZOTAC)製の「ZOTAC GAMING GeForce RTX 2080 AMP(以下,RTX 2080 AMP)を短時間借用できたので,写真を中心に実機をチェックしてみたい。

ZOTAC GAMING GeForce RTX 2080 AMP(型番:ZT-T20800D-10P)
メーカー:ZOTAC International
問い合わせ先:アスク(販売代理店) info@ask-corp.co.jp
販売代理店想定売価:11万5800円前後(税込 12万5064円前後)
ZOTAC GAMING(旧称:ZOTAC Gaming)


独自仕様の3連ファン搭載

3スロット厚で長さは約308mmとPCケースを選ぶ


ZOTAC GAMING(旧称:ZOTAC Gaming)
 製品名の最後に「AMP」と付いていることから想像できるとおり,RTX 2080 AMPは,ZOTAC製「GeForce RTX 2080」搭載カードの中でも「独自のGPUクーラーを採用して大幅なクロックアップを実現したモデル」という扱いになっている。AMPが付かないZOTAC製グラフィックスカードにもクロックアップモデルは存在するので,AMPと付いている製品は,とくに動作クロックが高いハイエンドな製品であると理解しておけばいいだろう。

 そんなクロックアップモデルであるだけに,RTX 2080 AMPは,3連空冷ファンを備えた非常に大きなGPUクーラーを装備した巨大なカードとなっている。カードの公称サイズは308(W)×113(D)×57(H)mmなので,300mm超級のカード長かつ3スロット仕様の製品ということになる。

RTX 2080 AMPのカード長は300mmを優に超える(左)。側面から見ると分かるとおり,クーラーは2スロット分のI/Oパネルから大きくはみ出た3スロット仕様だ(右)
ZOTAC GAMING(旧称:ZOTAC Gaming) ZOTAC GAMING(旧称:ZOTAC Gaming)

 公称重量は明らかになっていないが,ZOTACの日本法人であるゾタック日本に確認したところ,実測値で約1.16kgとのことだった。これだけのサイズと重量があるグラフィックスカードとなると,搭載可能なPCケースを選ぶ点は否めない。大重量のグラフィックスカードを考慮してPCI Express拡張スロットを保護する仕組みを採用するマザーボードや,カードの重量を支えるステイ(※突っ張り棒)を用意しておくのが無難だろう。

3基の空冷ファンやファンを囲むカバーは黒色で,背の部分に「ZOTAC GAMING」のロゴプレートがあり,このロゴ部分にはカラーLEDが埋め込んである(左)。基板の背面側にある金属製プレートは,基本的に基板の保護用だ(右)。GPUクーラー側の放熱フィンがそのプレートからさらにはみ出したデザインになっていることも見てとれよう
ZOTAC GAMING(旧称:ZOTAC Gaming) ZOTAC GAMING(旧称:ZOTAC Gaming)

冷却ファンのファンブレードは,2本の溝が掘られているうえ,根元に近い側にはざらざらした加工を施すという凝った作りをしている
ZOTAC GAMING(旧称:ZOTAC Gaming)
 特徴でもあるGPUクーラーは,ヒートパイプと放熱フィンに90mm角相当のファンを3基組み合わせたものだ。ZOTACがこのクーラーに名前を付けているかどうかは原稿執筆時点で不明だが,ファンブレードに寄ってみると,ブレード表面に細い突起状のラインが2本走り,さらにファンの根元から3分の2程度まではざらざらした加工になっているのも分かる。ZOTACによると,このファンブレードを採用したことにより,従来型のファンよりも空気流量が約2%向上したという。
 2%という数値は少ないように思えるかもしれないが,何かを1つ変えると劇的に冷却効果を改善させるような魔法は存在しない――コストを度外視するならともかく――ので,こうした小さな改良を積み重ねていくことは常に重要である。

 補助電源コネクタは,カードの後端,背の部分に垂直方向を向いて取り付けられていた。8ピン×1と6ピン×1という補助電源コネクタの構成は,事実上のNVIDIA製リファレンスカードである「GeForce RTX 2080 Founders Edition」と変わらない。
 また,ビデオ出力インタフェースがDisplayPort 1.4×3,HDMI 2.0b Type A×1,そしてUSB Type-C×1となっているのもFounders Editionと同じだ。ケーブル1本でDisplayPort信号の伝送と給電を行える仕様になっているType-C端子は基本的に「VirtualLink」用という扱いだが,ASUSTeK Computer(以下,ASUS)のUSB Type-C接続型液晶ディスプレイ「ZenScreen MB16AC」のような「Type-C接続型ディスプレイ」をつなぐこともできる。

補助電源コネクタは8ピンと6ピンが1つずつとなっていた(左)。ビデオ出力インタフェースはDisplayPortが3系統で,HDMIとUSB Type-Cが1系統ずつの配置。エアフロー確保のために多数の空気孔があるのは最近のハイエンドグラフィックスカードでお馴染みの仕様だ
ZOTAC GAMING(旧称:ZOTAC Gaming) ZOTAC GAMING(旧称:ZOTAC Gaming)


「ダイキャストメタルジャケットカバー」で強度と放熱を確保


 グラフィックスカードの分解はメーカー保証外の行為となり,GPUクーラーを取り外した時点で保証は失効する。なのでくれぐれも真似しないよう注意してほしいが,今回は記事のために分解してみよう。

 RTX 2080 AMPのGPUクーラーは,ざっくり言えば2ピース構造だ。GPUの熱を銅製の枕で受け,またメモリチップの熱を熱伝導シートで受けて,6mm径のヒートパイプ5本を使って全長30cm近い2連放熱フィンブロックへ熱を運ぶユニットと,電源部などの熱を受けるパッシブヒートシンクユニットとに分かれている。

RTX 2080 AMPのGPUクーラーを取り外したところ
ZOTAC GAMING(旧称:ZOTAC Gaming)

 上に示した写真で,パッシブヒートシンクユニットに小さな基板が載っているのに気付いた人は多いと思うが,Holtek Semiconductor製マイクロコントローラ「HT32F52342」で,要はLEDイルミネーションの制御用チップだ。前段で触れたLEDはこのチップ経由でコントロールするわけである。

ZOTAC GAMING(旧称:ZOTAC Gaming)
小さな基板に載るHT32F52342。Arm製CPU IPコア「Cortex-M0+」べースのコントローラだ。RTX 2080 AMPよりもっと派手なLEDイルミネーション制御にも対応できるはずである
ZOTAC GAMING(旧称:ZOTAC Gaming)
放熱フィン部のクローズアップ。銅製の枕を囲む水色のシートがメモリチップの熱を受けるためのものだ。放熱フィンのブロックは2つに分かれており,そこに合計5本のヒートパイプが走っているのも見てとれる

 ちなみに上で紹介したパッシブヒートシンクには「Die-cast Metal Jacket Cover」(ダイキャストメタルジャケットカバー,以下カタカナ表記)という名がついている。ZOTACによれば,これはパッシブヒートシンクとしてだけでなく,カードのたわみを防止する保護板としても機能しており,背面の保護プレートと合わせて,カードの耐久性と放熱性の両方を高めているとのことだった。

ダイキャストメタルジャケットカバーと背面の保護板を取り外したカット。前者には熱伝導シートが貼ってあり,電源部の熱を受けようとしているのが分かる
ZOTAC GAMING(旧称:ZOTAC Gaming)

というわけでこちらがクーラーや金属板を取り外した状態の基板だ
ZOTAC GAMING(旧称:ZOTAC Gaming) ZOTAC GAMING(旧称:ZOTAC Gaming)

 基板側の電源部は8+2フェーズ構成で,各フェースごとにOn Semiconductor製のMOSFET電源モジュール「FDMF3170」を組み合わせてあった。

電源部全景
ZOTAC GAMING(旧称:ZOTAC Gaming)

 一方,電源部のデジタルPWMコントローラには,uPI Semiconductor製の「uP9512」を使用しており,これが基板の表と裏にそれぞれ1個ずつ載っていた。
 筆者が確認した限りuP9512のデータシートが公開されていないので詳しいことまでは分からないが,uPI Semiconductorの製品情報ページによれば,これはGeForce GTX 10シリーズ搭載グラフィックスカードでよく見られた「uP9511」の改良版にあたるもののようだ。いわく,電圧パラメータや保護のしきい値などを,プログラマブルに設定できるのが特徴のミドルクラス〜ハイエンドグラフィックスカード向け製品とのことである。

電源部の裏側(左)。目を惹くものと言えば,赤丸で囲んだところにあったデジタルPWMコントローラくらいか。右写真は,デジタルPWMコントローラ「uP9512」の拡大写真である
ZOTAC GAMING(旧称:ZOTAC Gaming) ZOTAC GAMING(旧称:ZOTAC Gaming)

Micron製のGDDR6対応メモリチップ
ZOTAC GAMING(旧称:ZOTAC Gaming)
 搭載するグラフィックスメモリチップはMicron Technology(以下,Micron)のGDDR6「MT61K256M32JE-14」(※チップ上の刻印は8PA77 D9WCW)だった。Micronは複数のGDDR6メモリチップを製品化しているが,GeForce RTX 2080が要求する14GHzのメモリクロックに対応するのは,本稿時点ではこのメモリチップだけだ。
 1チップあたりの容量は8Gbit=1GBなので,RTX 2080 AMPは,このメモリチップを8枚搭載して,容量8GBを実現しているわけだ。



12万円超の高価格はハードルだが,初物ゆえに売り切れ必至か?


RTX 2080 AMPの製品ボックス
ZOTAC GAMING(旧称:ZOTAC Gaming)
 繰り返すが,今回は借用時間が非常に短かったため,“火を入れる”ところまではできていない。大きな3連クーラーがどれくらいの冷却能力を発揮し,どの程度のブーストクロックで動作してくれるのかとても気になるところだが,残念ながらその検証はお預けとなる。

ZOTAC GAMING(旧称:ZOTAC Gaming)

 RTX 2080 AMPに限った話ではないが,9月20日に発売となるGeForce RTX 2080搭載カードは,どれも税込12万円を超える価格の製品ばかりのようで,北米市場におけるGeForce RTX 2080 Founders Editionの799ドル(税別,約8万9400円)に比べると割高感が否めない。それでも,2年ぶりとなる新アーキテクチャ採用GPUであるだけに,発売直後は飛ぶように売れることだろう。
 東京・秋葉原では,深夜販売を行うPCパーツショップもあるようなので,是が非でも早く手に入れたいという人は,足を運んでみてはどうだろうか。

ZOTACのRTX 2080 AMP製品情報ページ

  • 関連タイトル:

    ZOTAC GAMING(旧称:ZOTAC Gaming)

  • 関連タイトル:

    GeForce RTX 20

  • この記事のURL:
4Gamer.net最新情報
プラットフォーム別新着記事
総合新着記事
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:12月14日〜12月15日