オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
4Gamer.net
パッケージ
CODE VEIN公式サイトへ
読者の評価
85
投稿数:1
レビューを投稿する
準備中
CODE VEIN
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

CODE VEIN

CODE VEIN
公式サイト http://www.code-vein.com/
発売元 バンダイナムコエンターテインメント
開発元
発売日 2019/09/27
価格 オープン価格
ジャンル
レーティング
備考
その他
  • RSS
  • レビューを投稿する
  • このページのURL:
このゲームの読者の評価
85
グラフ
読者レビューについて
 4Gamer読者レビューは,読者の皆さんがご自身の判断で書いたレビューを掲載するためのコーナーです。掲載前には編集部で主に公序良俗面のチェックを行っていますが,掲載されている情報について,4Gamer.netが正確さの保証を行うものではありません。掲載情報のご利用は,読者の皆様自身の判断と責任で行ってください。
 なお,ゲームの評価を表す「GamerScore」は,投稿されたレビューの平均点を表示したものではありません。投稿の傾向を分析・考慮し,補正を加えることで,有用と思われるスコアを目指した形となっております。詳しくは「こちら」をご参照ください。
  • 前のページ前のページ
  • Pages: 1
  • シビアなアクションをアニメ風に! 85
    • 投稿者:キリコ(女性/20代)
    • 投稿日:2019/10/04
    良い点
    ■BGM
    素晴らしいです。
    主題歌はもちろん、それぞれのシーンに合った音楽が絶妙でした。
    エンディングなんかは何かちょっとした映画を見た後のような感動を覚えたほどです。
    音質も迫力も満点です。

    ■エピソード
    それぞれのキャラの生前の悲しい記憶が、エモーショナルなBGMの効果もあり胸に刺さります。
    シリアスで悲劇を語るストーリーの中で、どこかジュブナイルな青臭さもあって、感情移入しやすいシナリオだったと思います。
    血英の修復はぜひ全部見ましょう!

    ■慣れると楽しい
    正直、うんざりするような難易度のボス戦も多いのですが、慣れるとこれがクセになります。
    ボスのモーションを覚えて自分なりのパターンをミスしないように追求していくストイックな難易度は、何となく弾幕シューティングの”パターン化”をも彷彿とさせました。
    この難易度でアニメライクなデザインというのは、今のところコードヴェイン一択ではないかと思います。

    ■キャラクリ
    黒い砂漠とかブレイドアンドソウルのような韓国産MMOに慣れた人だと物足りないかもしれません。
    それでもCSゲームとしてはかなり自由なクリエイトが可能になっていて、適当に作ってもアニメっぽい美男美女ができる調整はさすがです。
    悪い点
    ■もっさりしたモーション
    走る・攻撃・ガード・回避、あらゆる動きが遅すぎて最初イライラしました。
    その上、ガード、回避行動がモーションをキャンセルしないため、ただでさえ高い難易度をさらに上げています。

    ■弱すぎる自キャラ
    このゲームの難易度は、敵が強いというより自キャラが弱いのだと思います。
    ・雑魚の攻撃ですら一撃で致命傷になる耐久力
    ・雑魚一匹倒すのに10回近いアタックが求められる攻撃力
    ・ほぼ点にしか当たらない、並んで重なった敵すら巻き込めない狭い攻撃範囲
    ・モーションの遅さ
    ・角度に弱すぎるガード
    ・短い無敵時間と出のスローな回避
    攻撃範囲も攻撃速度もHPも攻撃力もあらゆる面でその辺の雑魚の方が主人公より強いのがデフォです。
    ひょっとしたら、このゲームに登場する味方NPC、Mob含めた全キャラの中で最も弱いのが主人公かもしれません。
    無双系爽快感を求めるゲームではないといえばそれまでですが、常にビクビクしながら神経をすり減らすプレイは、ちょっとマニアックだと思います。

    ■覚えゲー
    死角から不意打ち、見えない敵からの超威力遠距離攻撃だらけのゲームなので、ステージを覚えて事前に対処していかないと攻略できません。
    ボスはガード不能攻撃を多用し、これも見た目でガードの可不可が判別できないため、記憶する必要があります。
    また雑魚含めほとんどの攻撃は理不尽な亜空間をまとっているので、これも覚えておかないと厳しいでしょう。

    ■デスペナルティ
    死亡すると「全ての経験値及びお金(ヘイズ)」をロストします。ありえないデスペナルティだと思います。
    これの救済として、死亡した地点へ行くとロストしたヘイズを回収できるのですが、多くの場合はそれはボス部屋(ボス以外ではあまり死なないため)で、ボス部屋は一度入ると出口がふさがれ倒すまで戻れません。

    ■ダンジョン
    入り組みすぎですね。
    アクション性を売りにしているゲームのはずが下手なDRPGよりダンジョンが入り組んでいます。
    高さ方向に入り組んでいるためミニマップも役に立たず、こういう3Dダンジョンが苦手な私にとってはストレスでしかありませんでした。
    迷宮の攻略がしたくてこのゲームをやる人は少ないと思います。
    また、その長さも問題です。
    ただでさえ敵にバリエーションが無く飽きやすいのに、延々2時間以上も1ダンジョンの攻略にかかるような設計は、テンポが悪いといわざるをえません。

    ■二周目の難易度
    極端すぎます。
    一週目を比較的楽にクリアできるレベル装備を引き継いでも、最初のダンジョンの雑魚的の攻撃で一撃即死するような調整です。
    これが問題なのは、オートセーブの仕様上、一度難易度を上げたらデータが勝手に上書きされてしまいもう元の難易度には戻れないことです。
    試しに行ってみて無理だと感じたら戻せるような設定はできなかったのでしょうか。
    総評
    ソウルライクと言われていますが、プレイ感としてはモンスターハンターシリーズのG級に近い印象を受けました。
    道中にはさほど難しいと感じる要素はなく、1〜2回のトライでほとんどクリアできるため、このゲームのメインディッシュはなんといってもボス戦です。
    「ボスの動きを覚えてパターン化する」という作業が、モンスターハンターシリーズを思い起こさせたのかもしれないですね。
    やや理不尽で、イラっと来ることもありますが、シビアな難易度にアニメ風の自作キャラで挑んでみたい!というなら十分お勧めできるゲームだと思います。
    反対に無双シリーズやゴッドイーターシリーズのような「適当にやっても爽快感を得られる」ゲームを期待すると裏切られます。
    個人的にはすごく面白いと思うので、点数は高めにつけたいと思います。
    プレイ時間
    60〜100時間
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    5 5 5 5 2
  • 前のページ前のページ
  • Pages: 1
レビューを投稿する

4Gamer読者レビューは,皆さんがプレイしたゲームを評価するという読者参加型のコンテンツです。投稿されたレビューは,4Gamer.netに掲載されるほか,「読者の皆さんの評価」である「GameScore」の算出に利用されます。

レビューを投稿する
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:11月13日〜11月14日
タイトル評価ランキング
81
KENGOHAZARD2 (PC)
76
鬼ノ哭ク邦 (PC)
74
2019年05月〜2019年11月