オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
4Gamer.net
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
プレイヤーの「耳」と「声」が必要なアドベンチャーゲーム「Lost Tracks 」を紹介する「(ほぼ)日刊スマホゲーム通信」第1118回
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2016/05/06 10:00

連載

プレイヤーの「耳」と「声」が必要なアドベンチャーゲーム「Lost Tracks 」を紹介する「(ほぼ)日刊スマホゲーム通信」第1118回

画像(011)プレイヤーの「耳」と「声」が必要なアドベンチャーゲーム「Lost Tracks 」を紹介する「(ほぼ)日刊スマホゲーム通信」第1118回

スマートフォンには相当な数のゲームが存在しているが,「じゃあ,どれが面白いの?」「そもそも,数が多すぎて好みのタイトルが探せない!」と思っている人も少なくないはず。そんな問題を解決すべく,スタートした連載が「(ほぼ)日刊スマホゲーム通信」だ。話題の新作タイトルからネタ要素多めのオモシロ系まで,スマートフォンのゲームを片っ端からプレイして(ほぼ)毎日お届けする。

 本日の「(ほぼ)日刊スマホゲーム通信」で紹介するiOS向けアプリ「Lost Tracks」は,クリアするためにプレイヤーの「耳」と「声」が必要になるアドベンチャーゲームだ。

ダウンロードは無料でアプリ内課金もなし
画像(001)プレイヤーの「耳」と「声」が必要なアドベンチャーゲーム「Lost Tracks 」を紹介する「(ほぼ)日刊スマホゲーム通信」第1118回 画像(002)プレイヤーの「耳」と「声」が必要なアドベンチャーゲーム「Lost Tracks 」を紹介する「(ほぼ)日刊スマホゲーム通信」第1118回

「Lost Tracks」ダウンロードページ


 主人公は,内向的な性格の「ロウ」という青年だ。ゲームは彼が目を覚ましたところからスタートする。
 操作方法は,端末を左右に傾ける/画面をスワイプと視点移動,タップし続けると前進で,気になるギミックなどをタップすると,それを作動させることができる。

冒頭はロウの日常風景だろうか? 彼は電車に乗り込むが,そこで一人の魅力的な女性に目を奪われる。しかし内気な性格が災いしたのか,ロウは女性に話しかけられず,目を逸らしてしまう。その直後,ロウの身体から白い人影のようなものが出ていき,彼の意識は遠のいていく
画像(003)プレイヤーの「耳」と「声」が必要なアドベンチャーゲーム「Lost Tracks 」を紹介する「(ほぼ)日刊スマホゲーム通信」第1118回 画像(004)プレイヤーの「耳」と「声」が必要なアドベンチャーゲーム「Lost Tracks 」を紹介する「(ほぼ)日刊スマホゲーム通信」第1118回

気がつくとロウは非現実的な世界にいた。先ほどの白い人影が前を歩いているので,それを追いかけよう
画像(005)プレイヤーの「耳」と「声」が必要なアドベンチャーゲーム「Lost Tracks 」を紹介する「(ほぼ)日刊スマホゲーム通信」第1118回 画像(006)プレイヤーの「耳」と「声」が必要なアドベンチャーゲーム「Lost Tracks 」を紹介する「(ほぼ)日刊スマホゲーム通信」第1118回

先へ進むには3つの信号機と,停まった電車の横にある大きな信号機をすべて作動させる必要がある。地面の配線を頼りに各信号機を探して作動させよう
画像(007)プレイヤーの「耳」と「声」が必要なアドベンチャーゲーム「Lost Tracks 」を紹介する「(ほぼ)日刊スマホゲーム通信」第1118回 画像(008)プレイヤーの「耳」と「声」が必要なアドベンチャーゲーム「Lost Tracks 」を紹介する「(ほぼ)日刊スマホゲーム通信」第1118回

 あるシーンですべての信号機を作動させると,止まっていた電車が発進して先へ進めるようになる。その後は電話の音が聞こえる方向を目指して進んでいこう。なお,端末のスピーカーでは音のする方向が判断しづらいので,ヘッドフォンやイヤフォンの装着を推奨する。

 その先には,天井に複数の目が存在する不気味なステージが待ち受けており,ここではスタンドマイクの前でプレイヤーの“声”が必要となる。本体設定のマイク機能がオフになっている人は,オンに切り替えて,なんでも良いので声を発してみよう。

クリアにはプレイヤーの「耳」と「声」が不可欠になっている
画像(009)プレイヤーの「耳」と「声」が必要なアドベンチャーゲーム「Lost Tracks 」を紹介する「(ほぼ)日刊スマホゲーム通信」第1118回 画像(010)プレイヤーの「耳」と「声」が必要なアドベンチャーゲーム「Lost Tracks 」を紹介する「(ほぼ)日刊スマホゲーム通信」第1118回

 本作のプレイ時間は非常に短めで,ゲームオーバーの概念もなく,誰でもエンディングまで到達できるだろう。ちなみに本作には,セリフやテキストによる説明は一切存在しない。不思議な世界を旅したロウがどういった結末に至るのかは,プレイヤー自身の目で確かめて,感じ取ることになる。気になる人はぜひプレイしてみてほしい。

著者紹介:飛鳥
 おもにゲーム系で活動するフリーライター。基本的に気になったゲームは大体なんでもやる雑食系。好きなゲームジャンルは音楽シミュレーションゲームとアクションゲーム。アニメ,ゲーム,声優好きで美少女とイケメンがいれば生きていけると思っている。

「(ほぼ)日刊スマホゲーム通信」記事一覧

  • 関連タイトル:

    Lost Tracks

  • この記事のURL:
4Gamer.net最新情報
プラットフォーム別新着記事
総合新着記事
企画記事
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:11月24日〜11月25日
タイトル評価ランキング
94
71
原神 (PC)
68
62
VALORANT (PC)
55
原神 (PS4)
49
LOST ARK (PC)
2020年05月〜2020年11月