オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
パッケージ
Pokémon GO公式サイトへ
読者の評価
55
投稿数:12
レビューを投稿する
準備中
Pokémon GO
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
「Pokémon GO」,全国の地方自治体と協力した“周遊マップ”を作成。観光しながらPokémon GOやゴミ拾いを楽しめる
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2017/02/23 12:26

ニュース

「Pokémon GO」,全国の地方自治体と協力した“周遊マップ”を作成。観光しながらPokémon GOやゴミ拾いを楽しめる

福島県須賀川市の周遊マップ
画像集#002のサムネイル/「Pokémon GO」,全国の地方自治体と協力した“周遊マップ”を作成。観光しながらPokémon GOやゴミ拾いを楽しめる
 Nianticとポケモンは本日(2017年2月23日),スマートフォン向けアプリ「Pokémon GO」iOS / Android)用いた“周遊マップ”を,全国の地方自治体と共同で作成する取り組みを発表した。

 今回の発表に伴い,全国初のケースとなる福島県須賀川市の周遊マップが公開されている。周遊マップを見ると,須賀川市の観光名所とともにポケストップやジムが一緒に記入されており,これを手に観光することでPokémon GOも楽しめるという寸法だ。

 同社はそのほかの希望する自治体に対しても,周遊マップを作成するために必要なガイドラインや素材データを提供するとのこと。また,観光客にゴミの持ち帰りを促すべく,モンスターボールをモチーフにしたゴミ袋も提供するそうだ。さまざまな地方自治体がこの試みに参加してくれることを期待したい。

「Pokémon GO」公式サイト

「Pokémon GO」ダウンロードページ

「Pokémon GO」ダウンロードページ


<以下,メーカー発表文の内容をそのまま掲載しています>



『Pokémon GO』、自治体と共同で周遊マップを公開
全ての地方自治体を対象に、『Pokémon GO』を利用した周遊マップを作成するための公認素材、マップテンプレート、利用ガイドラインを無償で提供開始

Niantic, Inc. (本社:米国カリフォルニア州、CEO:ジョン・ハンケ)および株式会社ポケモン(本社:東京都港区、代表取締役社長:石原恒和)は本日、iOS/Android のモバイル端末向けの位置情報ゲームアプリ『Pokémon GO』 (読み方:ポケモン ゴー)に関する周遊マップの作成において、観光振興や地域活性を目指す地方自治体と共同して取り組むことを発表しました。周遊マップの作成を希望する自治体に対して、それに関する公認素材、マップテンプレート、利用ガイドラインを無償で提供します。

今回の発表は、昨年の8月に発表した岩手県、宮城県、福島県、熊本県の被災4県、そして京都府との観光振興連携の取り組みの一環であり、周遊マップの取組みは、『Pokémon GO』の理念である”Adventures on Foot(歩いて冒険する)”と合致するものです。

今回の発表に伴い、京都府と福島県は、全国で初めて『Pokémon GO』と連携して周遊マップを公開します。福島県は須賀川市のマップを本日よりオンライン上で公開することを皮切りに、県内39市町村(須賀川市を含む)で展開予定です。京都府は宮津市(天橋立)のマップを3月頃に配布する予定です。また、これらの地域の状況に合わせて、現実世界と連動したゲーム上の拠点である「ポケストップ」や「ジム」を、新たに増設することにより、より自治体が活用しやすい環境の整備にも取り組む予定です。

福島県の周遊マップ:
http://www.pref.fukushima.lg.jp/sec/32031a/pokemongo-fukushimamap.html

『Pokémon GO』には、道具を入手する「ポケストップ」や、ほかのプレイヤーのポケモンとバトルする「ジム」という拠点が、現実世界の名所旧跡や有名なモニュメントなどに設定されています。プレイヤーは、実際にこれらの拠点を巡ることでゲームを進めるため、プレイヤー自らが足をのばし、隠れた名所・旧跡を「発見」することで、地域の歴史や特色、普段は見過ごされてしまうような街の魅力に触れることができます。なお、福島県・京都府を含め、すでに50以上の自治体からお問い合わせを頂いており、この「リアル・ワールド・ゲーム」の性質を活かし、各自治体が周遊マップを作成することで観光客の誘致、地域の魅力の訴求、地域住民同士の交流を推進することを支援してまいります。

Niantic, Inc.のCEOであるジョン・ハンケは、次のように述べています。「ナイアンティック社では、『Pokémon GO』の前身となる『Ingress』を通じて、以前から育んできた地方自治体との協力体制を活かし、より連携を強め、各地域の活性化の取り組みに貢献できればと考えています」

また、周遊マップを作成した自治体に対して、プレイヤーにゴミの持ち帰りを促すため、モンスターボールをモチーフにしたゴミ袋を提供いたします。なお、ゴミ袋の頒布は株式会社ポケモンが行います。

ゴミ袋のイメージ
画像集#001のサムネイル/「Pokémon GO」,全国の地方自治体と協力した“周遊マップ”を作成。観光しながらPokémon GOやゴミ拾いを楽しめる

【地方自治体関係各位のお問合せはこちら】
周遊マップの作成を希望する自治体は、『Pokémon GO』サポートの「リクエストを送信」のなかにある「地方自治体お問い合わせフォーム」より申し込むことが可能です。
https://support.pokemongo.nianticlabs.com/hc/ja
/articles/115003268508


「Pokémon GO」公式サイト

「Pokémon GO」ダウンロードページ

「Pokémon GO」ダウンロードページ

  • 関連タイトル:

    Pokémon GO

  • 関連タイトル:

    Pokémon GO

  • この記事のURL:
AD(最終更新日:2021/06/21)
Pokémon GO Plus (ポケモン GO Plus)
amazon価格:¥5,480円
ビデオゲーム
発売日:2016/09/16
ジョン・ハンケ 世界をめぐる冒険 グーグルアースからイングレス、そしてポケモンGOへ
amazon価格:¥1,760円
発売日:1970/01/01

ど田舎うまれ、ポケモンGOをつくる (ShoPro books)
amazon価格:¥1,320円
発売日:1970/01/01

4Gamer.net最新情報
プラットフォーム別新着記事
総合新着記事
企画記事
トピックス
スペシャルコンテンツ