パッケージ
DARK SOULS III公式サイトへ
読者の評価
53
投稿数:3
レビューを投稿する
準備中
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
「DARK SOULS III」のプレスカンファレンスが開催。深化した剣戟アクションや,美しい“終末感”がお披露目された会場をレポート
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2015/06/30 13:16

イベント

「DARK SOULS III」のプレスカンファレンスが開催。深化した剣戟アクションや,美しい“終末感”がお披露目された会場をレポート

画像集#001のサムネイル/「DARK SOULS III」のプレスカンファレンスが開催。深化した剣戟アクションや,美しい“終末感”がお披露目された会場をレポート
 フロム・ソフトウェアは2015年6月29日,同社とバンダイナムコエンターテインメントが共同開発している人気アクションRPGシリーズ最新作「DARK SOULS III」PC / PlayStation 4 / Xbox One)のプレスカンファレンスを,東京都内で開催した。
 本稿では,実機デモプレイを交えたディレクターの宮崎英高氏によるプレゼンテーションなどが行われた会場の模様をレポートしよう。

 最初に登壇したのは,フロム・ソフトウェアの親会社であるKADOKAWAの代表取締役社長,松原眞樹氏。松原氏は,フロム・ソフトウェアなどが展開するゲーム関連事業は,KADOKAWAグループにとって事業戦略の根幹を担う存在の一つであることをアピールし,今後もグループの持つコンテンツを活用したタイトルに加え,「DARK SOULS III」のようにパートナーと提携して大規模タイトルに取り組んでいきたいとした。

KADOKAWA 代表取締役社長 松原眞樹氏
画像集#002のサムネイル/「DARK SOULS III」のプレスカンファレンスが開催。深化した剣戟アクションや,美しい“終末感”がお披露目された会場をレポート

 続いて登壇したフロム・ソフトウェア取締役の中島英一氏は,まず同社が2015年で設立30周年を迎えたことに言及。設立当初の同社は主にビジネスアプリケーションの開発を手がけていたが,1994年にPlayStation向けとしてリリースした「キングスフィールド」以降,20年以上にわたってゲーム開発に取り組んできたことが紹介された。

フロム・ソフトウェア 取締役 中島英一氏
画像集#003のサムネイル/「DARK SOULS III」のプレスカンファレンスが開催。深化した剣戟アクションや,美しい“終末感”がお披露目された会場をレポート

会場では,フロム・ソフトウェアが手がけたタイトルをまとめたムービーも上映された
画像集#004のサムネイル/「DARK SOULS III」のプレスカンファレンスが開催。深化した剣戟アクションや,美しい“終末感”がお披露目された会場をレポート 画像集#005のサムネイル/「DARK SOULS III」のプレスカンファレンスが開催。深化した剣戟アクションや,美しい“終末感”がお披露目された会場をレポート

 さらに中島氏は,あらためて「DARK SOULS」シリーズを紹介。2011年にリリースされた第1作は新規IPであったにもかかわらず,コアユーザーに支持され,全世界で280万本以上の出荷を記録した。
 そして2013年にリリースされた「DARK SOULS II」PC / PS3 / Xbox 360)は,全世界260万本の出荷を達成。加えて2015年4月に,PS4 /Xbox One対応の「DARK SOULS II SCHOLAR OF THE FIRST SIN」をリリースしたことなどにより,シリーズの累計出荷は800万本(このうち国内出荷は94万本)となっている。

画像集#006のサムネイル/「DARK SOULS III」のプレスカンファレンスが開催。深化した剣戟アクションや,美しい“終末感”がお披露目された会場をレポート

 そして2016年初頭には,「DARK SOULS III」がリリースされる。中島氏は,初代「DARK SOULS」と同じく宮崎氏がディレクターを務めることに触れ,「宮崎らしい尖った内容となるので,ぜひ期待していただきたいです」とアピールした。
 発売日に関しては,既報のとおり2016年初頭から変わりはないが,中島氏は「宮崎に頑張ってもらって,できるだけ早い段階でお届けしたい」と語った。

画像集#007のサムネイル/「DARK SOULS III」のプレスカンファレンスが開催。深化した剣戟アクションや,美しい“終末感”がお披露目された会場をレポート

 カンファレンスの後半では,宮崎氏による「DARK SOULS III」のプレゼンテーションが行われた。その内容は,実機デモプレイも含めて,E3 2015で公開されたものと同じなので,詳細はそちらを参照してほしい。ここでは,要点のみをまとめておこう。

「DARK SOULS III」ディレクター 宮崎英高氏
画像集#008のサムネイル/「DARK SOULS III」のプレスカンファレンスが開催。深化した剣戟アクションや,美しい“終末感”がお披露目された会場をレポート

 本作のポイントは,PS4 / Xbox One世代ならではの表現を駆使した「世界のスケール感,没入感」,ゲームの舞台となる「終末の世界と英雄の物語」,そしてシリーズとしての「コンセプトの継承と深化」の3つだ。

 とくに世界観に関して宮崎氏は,「なかなか信じてもらえないんですけれども」と前置きしつつ,「僕としては常に美しい世界を描こうとしています」とコメント。
 またゲームとしてのコンセプトについては,達成感をもたらす難度や,独特のオンラインシステムを継承し,その上で新しい要素や変化を加えているという。
 そして深化に関しては,アクションゲームとしての多様性や戦術性,RPGとしてのロールプレイの幅を広げるべく「剣戟アクション」を拡張していることが紹介された。

画像集#009のサムネイル/「DARK SOULS III」のプレスカンファレンスが開催。深化した剣戟アクションや,美しい“終末感”がお披露目された会場をレポート 画像集#010のサムネイル/「DARK SOULS III」のプレスカンファレンスが開催。深化した剣戟アクションや,美しい“終末感”がお披露目された会場をレポート
画像集#011のサムネイル/「DARK SOULS III」のプレスカンファレンスが開催。深化した剣戟アクションや,美しい“終末感”がお披露目された会場をレポート 画像集#012のサムネイル/「DARK SOULS III」のプレスカンファレンスが開催。深化した剣戟アクションや,美しい“終末感”がお披露目された会場をレポート

 続く実機デモでは,終末感の漂う世界がこれまでにないスケールと立体感で描かれることや,過去作以上に敵やトラップの配置が巧妙で,プレイヤーを“殺し”に掛かってくることなどが紹介された。ただし敵の配置に関しては,一見難しく見えても,きちんと観察して慎重に行動したり,アイテムやトラップを活用したりすれば逆にチャンスになるよう設計しているとのこと。宮崎氏は,「いたずらに難度をあげるのではなく,きちんとバランスを取っている」と話していた。

画像集#015のサムネイル/「DARK SOULS III」のプレスカンファレンスが開催。深化した剣戟アクションや,美しい“終末感”がお披露目された会場をレポート
画像集#013のサムネイル/「DARK SOULS III」のプレスカンファレンスが開催。深化した剣戟アクションや,美しい“終末感”がお披露目された会場をレポート 画像集#014のサムネイル/「DARK SOULS III」のプレスカンファレンスが開催。深化した剣戟アクションや,美しい“終末感”がお披露目された会場をレポート
画像集#016のサムネイル/「DARK SOULS III」のプレスカンファレンスが開催。深化した剣戟アクションや,美しい“終末感”がお披露目された会場をレポート
画像集#017のサムネイル/「DARK SOULS III」のプレスカンファレンスが開催。深化した剣戟アクションや,美しい“終末感”がお披露目された会場をレポート

 また,上記で触れた剣戟アクションの拡張要素となる「構え」も紹介された。構えは武器種ごとに用意されており,それぞれの特徴を活かす形で2種類の特殊攻撃を繰り出せるという。たとえば直剣なら敵の盾を使った防御を崩すことができるし,特大剣なら一歩踏み込んで切りつけたり敵をかち上げたりする「踏み込み」を使える。
 ショートボウには,動きながら矢を放てる「速射」が用意され,足を止めて射撃するロングボウとの差別化が図られた。そして曲剣は,回転しながら周囲にいる複数の敵に切りつける「回転」を使うことができる。

 なお,これらの構えは,プレイヤーの前に強敵として立ちはだかる騎士達も使ってくるとのこと。動きが速く,攻撃力も耐久力も高い騎士は1体だけでも相当な強敵で,これまでのシリーズ作品と同様に,2体が近くに配置されていることもあるという。とはいえ,ここでも巡回ルートをきちんと観察したり,持っている武器種ごとのAIの違いを見極めたりすることで,1vs1のシチュエーションを作り出せると宮崎氏は話していた。

画像集#018のサムネイル/「DARK SOULS III」のプレスカンファレンスが開催。深化した剣戟アクションや,美しい“終末感”がお披露目された会場をレポート
画像集#019のサムネイル/「DARK SOULS III」のプレスカンファレンスが開催。深化した剣戟アクションや,美しい“終末感”がお披露目された会場をレポート
画像集#020のサムネイル/「DARK SOULS III」のプレスカンファレンスが開催。深化した剣戟アクションや,美しい“終末感”がお披露目された会場をレポート

 そのほか新しい表現として,亡者の内部から身体を食い破るようにして異形の化け物が現れる様子も紹介された。宮崎氏によると,これもまたこの世界に何が起きているのか,どのような終末が迫っているのかを描く手段の一つだという。

画像集#021のサムネイル/「DARK SOULS III」のプレスカンファレンスが開催。深化した剣戟アクションや,美しい“終末感”がお披露目された会場をレポート

 そして最後にはボス「冷たい谷の踊り子」とのバトルも披露された。このボスは,巨大ではあるが痩身,そして全身を鎧で覆いながらも花嫁のヴェールのようなものを身に着けているというシルエット。ゆっくりと踊るようなモーションで燃えさかる剣を振りかざすという独特の攻撃を繰り出してくるが,宮崎氏はこういったオリジナリティにかなりこだわっているという。またボスの攻撃によって床や壁が燃え,激闘を演出する要素となっていることも確認できた。

画像集#022のサムネイル/「DARK SOULS III」のプレスカンファレンスが開催。深化した剣戟アクションや,美しい“終末感”がお披露目された会場をレポート

 ボスの体力が一定以下になると攻撃パターンが変化するというギミックもあり,この冷たい谷の踊り子は二刀流で攻撃してくるようになる……との説明がなされたところで,今回のプレゼンは終了。宮崎氏は「ぜひ,実際のプレイでボスを倒す達成感を味わってください」とまとめた。

 カンファレンスのエンディングには,「DARK SOULS III」の海外販売パートナーとなるバンダイナムコエンターテインメントから,常務取締役の浅沼 誠氏が登壇。浅沼氏は,「大きな画面でも見劣りしない出来。海外でも高い評価を得ているシリーズですので,全世界に向けてより大きく羽ばたいていきたいと考えいます」として,カンファレンスを締めくくった。

バンダイナムコエンターテインメント 常務取締役 浅沼 誠氏
画像集#023のサムネイル/「DARK SOULS III」のプレスカンファレンスが開催。深化した剣戟アクションや,美しい“終末感”がお披露目された会場をレポート

画像集#024のサムネイル/「DARK SOULS III」のプレスカンファレンスが開催。深化した剣戟アクションや,美しい“終末感”がお披露目された会場をレポート

「DARK SOULS III」公式サイト


  • 関連タイトル:

    DARK SOULS III

  • 関連タイトル:

    DARK SOULS III

  • 関連タイトル:

    DARK SOULS III

  • この記事のURL:
4Gamer.net最新情報
プラットフォーム別新着記事
総合新着記事
企画記事
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:08月19日〜08月20日
タイトル評価ランキング
77
ELDEN RING (PS5)
72
ELDEN RING (PS4)
61
54
ELDEN RING (PC)
53
2022年02月〜2022年08月