オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
言葉と言葉をつなげてタマゴを孵そう。スマホ向けしりとりパズル「モグモグとパクパク 〜不思議なタマゴ〜」を紹介する「(ほぼ)日刊スマホゲーム通信」第770回
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2015/02/26 10:00

連載

言葉と言葉をつなげてタマゴを孵そう。スマホ向けしりとりパズル「モグモグとパクパク 〜不思議なタマゴ〜」を紹介する「(ほぼ)日刊スマホゲーム通信」第770回


スマートフォンには相当な数のゲームが存在しているが,「じゃあ,どれが面白いの?」「そもそも,数が多すぎて好みのタイトルが探せない!」と思っている人も少なくないはず。そんな問題を解決すべく,スタートした連載が「(ほぼ)日刊スマホゲーム通信」だ。話題の新作タイトルからネタ要素多めのオモシロ系まで,スマートフォンのゲームを片っ端からプレイして(ほぼ)毎日お届けする。

 本日の「(ほぼ)日刊スマホゲーム通信」では,言葉遊びの一種「しりとり」を題材にしたパズル「モグモグとパクパク 〜不思議なタマゴ〜」iOS / Android)を紹介。誰もが知っている遊びをベースに,さまざまな独自要素を盛り込んだ中毒性の高いタイトルになっている。

本作は無料で楽しめるが,有料ポイント「レインボー」も用意されている
モグモグとパクパク〜不思議なタマゴ〜 モグモグとパクパク〜不思議なタマゴ〜

「モグモグとパクパク〜不思議なタマゴ〜」公式サイト

iOS版「モグモグとパクパク〜不思議なタマゴ〜」ダウンロードページ

Android版「モグモグとパクパク〜不思議なタマゴ〜」ダウンロードページ


 本作の目的は,島中に散らばる不思議なタマゴを孵して生き物をコレクションすること。ゲーム開始時にはタマゴを1つ入手でき,これを孵すと“ササクレヒトヨタケ”と呼ばれる人間に似たキャラクターを獲得できる。彼(?)はタマゴを探す力を持つ“パクパク”の一種になるので,さっそくタマゴを探してもらおう。

 入手したタマゴを孵すには,しりとりゲームに挑戦して一定以上の累計スコアを記録しなければならない。なお,孵化できるタマゴは一度に1つだけで,複数のタマゴを同時に処理できない点に気を付けてほしい。また,チャレンジには制限時間があり,間に合わないとタマゴが腐ってしまう。タマゴの大きさによって孵化に必要なスコアが変わるので,星(スタミナのようなもの)が少ない状況では回復するまで待つことも大切だ。

モグモグとパクパク〜不思議なタマゴ〜
しりとりゲーム時の画面下半分には「あ」から「ん」までの46文字に「〜」を加えた計47種類のうち,いずれかが表示される。ゲームスタート時にランダムで1文字選ばれるので,それに続く文字をタップして単語を作り出そう
モグモグとパクパク〜不思議なタマゴ〜
大量の単語が登録されているので,狙っていた言葉と違うものが認識されることも多々ある。適当に文字をタップしても単語になるが,当然それだけではいいスコアは望めない
どのタマゴにチャレンジするかは自由だが,各タマゴにはチャレンジの残り時間も設定されているため,星の数や自分の平均スコア,タマゴの大きさを考慮して選びたい。ちなみに,左のスクリーンショット中央には顔が描かれたタマゴがあるが,これは制限時間を過ぎて腐ってしまったものになる
モグモグとパクパク〜不思議なタマゴ〜 モグモグとパクパク〜不思議なタマゴ〜

 本作のしりとりは,2文字以上8文字以下の単語で正否が判定される。一例を挙げると「あい(愛)」という単語を作ったあと,かをタップすれば「いか(以下)」になり,そこからさらに言葉をつなげて単語を作れるのだ。注意してほしいのは,「い(胃)」や「す(酢)」といった1文字の単語は認識されないことと,一般的なしりとりでおてつきになってしまう「ん」で終わる単語が正解として認められることだろう。また,小文字や濁点は自動で変換されるので,「さは」なら「鯖」,「らつこ」なら「ラッコ」といった具合に認識されるのだ。

 長い単語ほど獲得できるスコアが高くなり,文字列内に別の単語があればそれらもカウントされるのもポイントだ。「かいきんしよう」と打ち込めば皆勤賞のほかに,「かい(界)」「がいき(外気)」「いき(息)」「かいきん(解禁)」「きん(禁)」「きんじ(金字)」「きんしょ(禁書)」「じよ(自余)」と8つの単語が認識されるのだ。単語を途切れることなく入力できればCOMBOが発生しスコアボーナスを獲得できるので,積極的に狙っていこう。

プレイヤーのボキャブラリが大いに試される本作。「この単語がない」という場合は,トップ画面の「ヘルプ」から採用して欲しい単語をリクエストすることも可能だ
モグモグとパクパク〜不思議なタマゴ〜 モグモグとパクパク〜不思議なタマゴ〜

 実際に遊んでみて,2文字より4文字の単語を想定して作るとスコアが伸びやすいと感じた。加えて,「しんか」のようにあと1文字足せば複数の単語(「しんかい(深海)」「しんかく(神格)」「しんがた(新型)」など)になるものを選べばミスも少なくなるはずだ。
 なお,画面左下には現在表示されている文字をすべて別のものに差し替えるボタンが用意されている。一度使用するたびに制限時間が5秒減るリスクがあるので,どうしても作りたい単語があるときに使うといいだろう。

モグモグとパクパク〜不思議なタマゴ〜 モグモグとパクパク〜不思議なタマゴ〜

 タマゴを孵す以外にも,異性のフレンドのキャラクターと交配してレアなキャラクターを入手できたり,図鑑のコンプリートを目指したりと,さまざまな遊びが用意されている本作。しりとりというシンプルなルールに則って単語を作ることの意外な奥深さに,筆者も気付けばずっぽりとハマってしまった。パズルゲームや脳トレ好きには自信をもってオススメできる作品だ。

著者紹介:トリスター/目代将規
 ゲームやアニメの書籍企画,編集,シナリオライティングや広告制作なども手がける編集プロダクション「トリスター」所属。スマートフォンならではのゲームや,一瞬で遊べてしまうゆるいゲームが大好物。好きなゲームのジャンルはRPGとアドベンチャー。“モンハン”好き。

「(ほぼ)日刊スマホゲーム通信」記事一覧


  • 関連タイトル:

    モグモグとパクパク〜不思議なタマゴ〜

  • 関連タイトル:

    モグモグとパクパク〜不思議なタマゴ〜

  • この記事のURL:
4Gamer.net最新情報
プラットフォーム別新着記事
総合新着記事
企画記事
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:02月17日〜02月18日