オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
4Gamer.net
パッケージ
War Thunder公式サイトへ
レビューを書く
準備中
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
「War Thunder」,次世代主力戦車実装&グラフィックスとサウンドが強化
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2018/03/16 20:47

リリース

「War Thunder」,次世代主力戦車実装&グラフィックスとサウンドが強化

War Thunder War Thunder
配信元 DMM.com 配信日 2018/03/16

<以下,メーカー発表文の内容をそのまま掲載しています>

DMMがサービスを展開しているPC/PS4用マルチコンバットオンラインゲーム『War Thunder』
大型アップデート1.77により次世代主力戦車実装と共にグラフィックやサウンドが大幅向上!

合同会社DMMGAMES(本社:東京都港区、 代表:片岸 憲一、 URL: http://games.dmm.com/ )は、 ガイジン・エンターテインメイントと協業している『War Thunder』にて、 3月14日(水)に大型アップデート1.77「アドバンシング・ストーム(Advancing Storm)」でランクVIに登場する次世代主力戦車M1エイブラムス、 チャレンジャー1、 レオパルト2K、 T-64Bなど約20以上の新兵器実装に加え、 『War Thunder』の世界をリアルに描写する独自開発の3Dエンジンが「Dagor Engine 5.0」へバージョンアップし、 ゲーム内にある全ての環境・天候・エフェクトがより美しく、 発射音・排莢音・落下音などがよりリアルなグラフィックスとサウンドへ大幅に向上しましたことをお知らせいたします。

画像(001)「War Thunder」,次世代主力戦車実装&グラフィックスとサウンドが強化

■ 大型アップデート1.77「 アドバンシング・ストーム( Advancing Storm ) 」 実施! 冷戦下に生まれた最強兵器と名高い次世代型主力戦車が 一挙に実装!

アメリカのM1エイブラムス、 イギリスのチャレンジャー1、 ドイツのレオパルト2K、 ソ連のT-64B、 そしてフランスのAMX-30B2ブレンヌスなど1970年代から1980年代の次世代型主力戦車が『War Thunder』戦車ツリーのランクVIを飛躍的に強化しました。

左:レオパルド2K 右:M1エイブラムス
画像(002)「War Thunder」,次世代主力戦車実装&グラフィックスとサウンドが強化

次世代型主力戦車は強力な火力、 装甲、 高速機動性を誇っています。 特筆すべきは、 T64Bの特別な主砲が「コブラ」対戦車誘導ミサイルを発射できることやAMX-30B2ブレンヌスの強力な爆発反応装甲です。 アップデート1.77で実装する兵器の中には、 今日でも使用されているものもあります。

左:T64B 右:AMX-30B2 ブレンヌス
画像(003)「War Thunder」,次世代主力戦車実装&グラフィックスとサウンドが強化

さらに、 ドイツ軍のパイロットは、 レベニューシェアプログラムの下、 『War Thunder』プレイヤーによって作成されたハインケルHe 177 A-5 グライフ 爆撃機をお楽しみください。 『War Thunder』Liveでは、 様々な兵器の制作状況を確認することが出来ます: http://live.warthunder.com

He 177 グライフ
画像(004)「War Thunder」,次世代主力戦車実装&グラフィックスとサウンドが強化

■ 3Dエンジン 「 Dagor Engine 5.0 」 により 最高峰の 超美麗 リアル グラフィックスと 臨場感溢れるダイナミックなサウンドなど 圧倒的な戦場表現へ進化!

「Dagor Engine 5.0」で導入されるグラフィックスの改善技術には、 グローバルイルミネーション(GI)やコンタクトシャドウがあります。 まるで本物のような天候変化や重構造の霧や煙によって、 『War Thunder』のグラフィックはより写実的でより詳細に生き生きと描写されるようになります。

左:グローバルイルミネーション 右:霧
画像(005)「War Thunder」,次世代主力戦車実装&グラフィックスとサウンドが強化

また、 遠くにある草木に表示されていた視覚的「ノイズ」を大幅に削減し、 オブジェクトの外見をよりスムーズに、 オブジェクトの表面をより詳細に描画させる新しいアンチエイリアシングのアルゴリズムとして、 テンポラルアンチエイリアシング(バリアンス・クリッピング TAA)も導入されます。
それから、 地表の生成技術も改善され、 ディスプレースメントマッピングによる視覚的レリーフを導入することにより、 環境に視覚的多様性がより生まれることとなります。 例えば、 道には深い穴や車両の跡ができ、 現在の天候や地形のタイプによって、 水たまりや泥が現れます。 これらの地表の変化は、 すべてのグラフィック設定で目に見えてわかるものとなります。

テンポラルアンチエイリアシング(バリアンス・クリッピング TAA) 右:水たまり
画像(006)「War Thunder」,次世代主力戦車実装&グラフィックスとサウンドが強化

グラフィックの向上に伴い、 ゲーム内のサウンド効果も徹底的に再設計されました。 例えば発砲音は、 その砲弾の最大音量や反響効果に対応するように、 複数の音の層によって構成されるようになりました。 したがって、 熟練の戦車兵は、 たとえ距離があったとしても射撃した銃砲の口径を識別することができるのです。 このサウンド効果により、 攻撃時に薬莢が落下するサウンドや、 砲に弾を装填しているサウンドなど、 プレイヤーは様々なサウンドを聴くことができるようになります。 地上から航空機のサウンドがより鮮明に大音量で聞こえるようになり、 今後のアップデートで更なる向上が施される予定です。

新兵器、 グラフィックやサウンド、 様々な変更などアップデート1.77「Advancing Storm」では多くの機能が実装しました。 詳細は『War Thunder』の公式サイトをご覧ください: http://warthunder.dmm.com/

「War Thunder」公式サイト

  • 関連タイトル:

    War Thunder

  • 関連タイトル:

    War Thunder

  • この記事のURL:
4Gamer.net最新情報
プラットフォーム別新着記事
総合新着記事
企画記事
トピックス
スペシャルコンテンツ