オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
[SIGGRAPH ASIA]8K解像度で再現された,葛飾北斎の浮世絵が動くUnity製デモに驚愕
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2015/11/06 20:39

イベント

[SIGGRAPH ASIA]8K解像度で再現された,葛飾北斎の浮世絵が動くUnity製デモに驚愕

 「次にテレビを買うなら,4Kがいいかな」と考えている4Gamer読者も少なくない状況だと思うが,日本ではNHKが,「4Kは中継ぎ,本命は8Kだ!」というメッセージを強力に打ち出していたりする。
 改めて説明しておくと,ここでいう4Kとは,解像度3840×2160ドットのことを示し,フルHDとも呼ばれる解像度1920×1080ドットの縦横2倍に相当する。そして8Kは,4Kのさらに縦横2倍となる解像度7680×4320ドットのことで,フルHDと比べると,縦横4倍の16倍解像度に相当するものだ。

 そんなNHK主導のもと,日本では2016年に,BSデジタル放送で8Kの試験放送が行われる予定で,2018年には8Kの本放送(※地上波ではなく,BSおよび110度CS)を開始する計画が進められている。2020年の東京オリンピックでは,8Kでの撮影と放送を主軸にしていきたいと,NHKや総務省は考えているほどなのである(関連リンク)。

Unity
 さて,8K用の放送では,自然界の色を100%再現できる広色域規格「BT.2020」を採用することも決まっており,NHKは,この8Kの映像技術を,美術工芸品のデジタルアーカイブ化に応用するプロジェクト「8Kデジタルアーカイブ」も推進している。その一環で進められているのが,江戸時代の浮世絵師,葛飾北斎の作品を8Kで映像化する取り組みだ。
 SIGGRAPH ASIA 2015では,このプロジェクトを解説する「8Kスーパーハイビジョン,リアルタイム3D CGによる超臨場感空間『北斎ジャポニズムの世界感』」というセッションが行われた。ゲームにはまだまだ縁遠い8Kの世界だが,最新映像技術の一環としてレポートしたい

Unity


8K映像が切り拓く,新しい芸術鑑賞のスタイル


 このセッションは,NHKアートの常務取締役である国重静司氏が司会進行役を担当し,北斎作品の解説を,NHKの解説者である中谷日出氏と,小布施堂の代表取締役である市村次夫氏が担当する形で進められた。ちなみに,小布施堂とは,長野県上高井郡小布施町にある北斎作品専門の美術館「北斎館」を運営している企業で,本業は和菓子の製造・販売だったりする。

司会を担当した国重静司氏(左写真)と,作品解説を担当した市村次夫氏(右写真の左側)と田中日出氏(右写真の右側)

 北斎作品は,作品のサイズがそれなりに大きいので,鑑賞するときには,どうしても一定距離,離れて見ることが多い。歴史的価値も高いので,近寄って食い入るように見つめるというのは,なかなか難しいそうだ。しかし,8K撮影された作品は,デジタルコンテンツであるから,拡大縮小も自由自在。近寄ってじっくり見ても,まったく問題ない。

妖怪にしか見えない小男。実は,北斎が西洋の文献で「天使」にまつわる記述を読んで,自分なりに解釈して描いた「天使像」なのだそうだ。額縁側に描かれた,ごく小さいモチーフだそうだが,8K撮影すると,ここまで拡大しても鑑賞に堪えうるものになる
Unity

 こうした8Kの利点によって,今まで気付かれることがほとんどなかったという北斎が作品に仕込んださまざまな表現が,発見されるようになったそうだ。
 たとえば,「龍」という作品の場合,胴体側面の表現を注意深く観察すると,一定間隔で強い白のハイライトが描き込まれているという。作品を見慣れている北斎館の市村氏は,「これは8K映像で初めて気付くことができた」と感想を述べていた。

8K撮影された北斎の作品「龍」
Unity

LV-85001の画素を300倍で接写。ドットピッチは約52ppi
Unity
 講演で8K映像の表示に使われたのは,85インチサイズで8K解像度のVA液晶パネルを採用するシャープ製液晶ディスプレイ「LV-85001」で,実売価格は1600〜1700万円という製品だ。このLV-85001は,映像のハイダイナミックレンジ(以下,HDR)表示に対応しており,解説者が「意図は不明」としていた謎のハイライト表現をHDR表示で見ると,筆者にはなんとなく「龍の胴体の側面に,発光部位があるような表現」に見えた。絵画に込められながら,今までは見過ごされていた表現が発見できたり,新しい解釈が行えたりするようになるのは,技術的観点だけでなく,芸術的観点においても価値の高いことと言えよう。

HDR表示されていたものを写真で撮影すると,陰影が平坦になってしまい分かりにくいが,龍の胴体側面には,一定間隔で白い発光体のような表現が描き込まれていた
Unity

 さて,北斎の作品を「日本の漫画表現の原点である」という研究者もいるそうだが,中でも,その象徴ともいえる作品が,「龍の目」だという。北斎は,浮世絵画家の中では比較的,写実指向の表現を多用したといわれているが,「龍の目」は逆に,記号的なタッチで描かれている。
 市村氏は「こういう『力を抜いた表現』はあまり好きではなかったのだが,8K撮影された映像で,改めてじっくり見直してみると,白眼には陰影が描き込まれ,黒目には北斎の筆捌きの瞬間を感じられるような味わいもあって,考えを改めるに至った」と述べていた。

いささか漫画的な龍の目。拡大して見ると,これまで気付かなかった独特の味わいが見えてきたそうだ
Unity

 続いて取り上げられたのは,北斎の「波表現」である。
 北斎の代表作である「富獄三十六景」の「神奈川沖波裏」にあるような「人の手が爪を立てたような波表現」は,北斎の特徴的な表現手法だ。これが漫画的と評されることもあるが,田中氏は「むしろ逆。ハイスピードカメラで海の波を撮影すると,水はこういう形状になっている。北斎の目はハイスピードカメラだったのかもしれない」と解説した。
 北斎は88歳まで生きたそうで,当時としてはかなり長生きをした人物である。田中氏によれば,80代になっても画家として活動していたそうだ。そして,特徴的な波表現は,晩年になればなるほど冴え渡っていったという。

北斎の特徴的な表現は「波」にある
Unity

 北斎が波表現で描いた水しぶきは,網のようなものに筆を当てて噴霧するような手法で描かれたと推測されている。手順としては,まず波を描いて完成させて,その上から水しぶきを付加するという順序になるそうで,つまり,水しぶきの噴霧工程は一発勝負だったわけだ。
 それゆえに,ダイナミックな表現になったと一般には信じられているそうだが,国重氏は「北斎も人の子。せっかく8K撮影したものをじっくり見られるのだから,水しぶきの修正箇所を見つけることに挑戦してみた」と,念入りに観察したのだそうだ。その結果,何か所か水しぶきを消した修正部分を発見するに至ったのだという。
 これを聞いた解説の市村氏と田中氏は,「無粋である」「冒涜だ」と笑いながらたしなめていた。

水しぶきの修正部分を指摘する国重氏
Unity


北斎の浮世絵が,Unityによって8Kで動き出す


 セッション最後では,「龍」と「鳳凰」の2作品をリアルタイムで動かす8K解像度の3Dグラフィックスデモが披露された。このデモは,ゲームエンジンの「Unity」で作られており,Unity関係者によれば「世界初となる8KのUnityコンテンツ」であるとのことだ。

3D CG版の鳳凰を前に解説する田中氏
Unity

 3D CGデモとはいえ,静止状態では8K撮影された北斎作品そのままの2D映像であり,8Kディスプレイに映し出された浮世絵に過ぎない。だが,龍型と鳳凰型の特殊なコントローラに触れると,浮世絵の龍や鳳凰が動き出すという仕掛けになっている。
 2D平面の浮世絵が,龍型コントローラと鳳凰型コントローラに触れることで,ウニウニと動き出してしまう様子は衝撃的の一言だ。動きはゆっくりだが,立体的な動きをするので,平面視でありながらも立体視的な見映えになるのが面白い。

鳳凰型コントローラ(左)や龍型コントローラ(右)を触ると,浮世絵が3D CGとなって動き出す
Unity


 使われているテクスチャは8K解像度で,8K撮影された映像をそのままテクスチャにしたそうだ。そのテクスチャを投射テクスチャマッピングするような感じで3Dモデルに貼りつけている。
 龍や鳳凰の3Dモデルは,総ポリゴン数にして約18万ポリゴン程度というから,際だって多いというわけではない。もともと,絵画として描かれたものなので,このくらいで十分だったようだ。

 ところで,3Dモデルとして動き出した浮世絵は,身体をくねらせたり,口を開けたりといったアニメーションを行うが,浮世絵では描かれていない背面や口の中なども,表現しなくてはならなくなる。こうした要素については,北斎研究の専門家達と検討を重ねて,想像する方向性でテクスチャデザインを行ったとのことだ。

冒頭で掲載した写真と同じものだが,この左が「龍」,右が「鳳凰」のデモ。これがインタラクティブに動くのだ
Unity

 デモで使われたシステムにも言及しておこう。CG映像を生成しているのは,BOXX Technologies製のワークステーション「APEX4 7201」で,GPUには「Quadro M6000」を搭載しているとのこと。ディスプレイはLV-85001を使っているが,現状では,8K映像をケーブル1本で伝送する手段がないので,60fpsの4K映像を伝送できるHDMI 2.0ケーブルを4本束ねて,60fpsの8K映像を伝送しているそうだ。

デモシステムの構成。GPUはNVIDIAのQuadro M6000である。LV-85001との接続はHDMI 2.0を4本束ねているのだが,Quadro M6000側のビデオ出力はDisplayPort 1.2×4なので,DisplayPort 1.2とHDMI 2.0の変換を行っていると思われる
Unity

 龍型コントローラと鳳凰型コントローラは,彫像の各所に静電容量センサーが埋め込まれている。センサーに手を近づけると,手までの距離に応じた入力がホストPCに返される仕組みになっているという。ホストPCからは,彫像コントローラはキーボードとして認識されているそうだ。
 そして,タッチされたセンサーの組み合わせに応じて,あらかじめ仕込んでおいたアニメーションで,鳳凰や龍のモデルが動く。インタラクション制御やアニメーション制御は,Unityによって作られているわけだ。

彫像のような鳳凰型コントローラ(左)と龍型コントローラ。各所に静電容量センサーがあり,そこにタッチすると3D CGが動く仕掛けだ
Unity

 今回公開されたデモは,8K映像の活用手段と面白いだけでなく,ゲームエンジンのノンゲーム活用事例としても興味深い。使用システムが特殊なハードで構成されているため,今のところ,常設展示している場所はないそうだが,コンテンツの価値はかなり高いものなので,広く公開を行ってほしいものだ。

講演会場の様子。今回のデモは8K解像度というだけでなく,22.2chサラウランドサウンドにも対応していた。会場では,壁に沿って16基のスピーカーを配置して,サラウンド環境を実現している
Unity

SIGGRAPH ASIA 2015 公式Webサイト


  • 関連タイトル:

    Unity

  • この記事のURL:
4Gamer.net最新情報
プラットフォーム別新着記事
総合新着記事
企画記事
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:08月20日〜08月21日
タイトル評価ランキング
81
KENGOHAZARD2 (PC)
76
76
Days Gone (PS4)
55
DEAD OR ALIVE 6 (PS4)
53
Anthem (PC)
2019年02月〜2019年08月