オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
「ウォレット」と「覇王龍城」の日本語版が5月に発売
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2018/05/10 20:01

リリース

「ウォレット」と「覇王龍城」の日本語版が5月に発売

海外ボードゲーム(ホビージャパン)
配信元 ホビージャパン 配信日 2018/05/10

<以下,メーカー発表文の内容をそのまま掲載しています>


落し物の財布を漁って、身の潔白を証明しつつ
中身をくすねとれ!
「ウォレット」日本語版 5月中旬発売予定

輸入ゲームなどを販売している、株式会社ホビージャパン(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:松下大介)は、内容物にある財布の中身をやり取りして、有罪にならないようにしつつ出来るだけ価値のあるものをくすねる、ロシア発のパーティカードゲーム、「ウォレット」日本語版を5月中旬に発売いたします。

画像(002)「ウォレット」と「覇王龍城」の日本語版が5月に発売 画像(001)「ウォレット」と「覇王龍城」の日本語版が5月に発売

マフィアのボスが落していった財布の中身は……

街で一番高いビルでマフィアのボスが主催したバースデーパーティーは大盛況で皆が楽しんでいた……警察がドアを叩くまでは。

すぐさま彼は自家用ヘリで逃走したが、不幸なことに、自分の高価なウォレットを落としていった。ウォレットの中身は何だったか、知りたいか? IDカード、現金、もちろんジュエリーも!
誰もがウォレットの中を引っかき回して、警察に見つかった時に無実に見えるようなIDを探している、それにいくらか金も(あまり多く持ってはいけない ―― それじゃ怪しまれる!)。警察は今にも屋上に到着しつつあり、もうすぐ時間切れだ……

君は有罪になるのか、それとも、法の目を逃れて一番多く金を手にすることができるだろうか?

各ラウンドの終了時、まっとうな者であればIDは1枚だけだし、所持金も500程度までなら警察に怪しまれない――そこで手番にできることは、財布からカードを1枚いただくか、1枚戻すか、金でIDを買うか。

ほかのプレイヤーのIDは何なのかを推理しつつ、時間までに自分の手札の中のIDを都合よいものに整理し、イベントカードで出し抜き、そして、なるべく金目の物を懐に入れるのだ……
本物のサイフからカードを抜きだす盗みの臨場感や、背徳感が楽しいパーティーゲームです!

ウォレット 日本語版
●価格/2,800円+税
●発売日/5月中旬発売予定
●JANコード/4981932023625

内容物:メインカード80枚、追加のIDカード5枚、特殊カード15枚、砂時計カード6枚、早見表カード7枚、勝利点トークン37個、コイン7枚、ウォレット1つ 他

ゲームデザイン:ウィルフォード&マリー・フォート
プレイ人数:2〜7人
対象年齢:8歳以上
プレイ時間:15-30分
Made in China
(c)2017 Lifestyle Boardgames Ltd.

◆商品ページ
http://hobbyjapan.games/wallet/



麻雀牌のようなタイルを使った城郭建築ゲーム
「覇王龍城」日本語版 5月下旬発売予定

画像(005)「ウォレット」と「覇王龍城」の日本語版が5月に発売
輸入ゲームなどを販売している、株式会社ホビージャパン(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:松下大介)は、ユニークなコンポーネントとプレイ感覚でおなじみ、イタリア・Horrible Gamesの新作、麻雀牌のようなタイルを使った城郭建築ゲーム、「覇王龍城」日本語版を5月下旬に発売いたします。

崩れゆく龍城の建材を使い、自らの龍城を完成させて覇王となれ!

龍城――最古にして最重要なる王国の力の中心――が衰え始めている。確かにその力と影響は長年にわたって失われつつあったのだが、ここに来て猛き太古龍の寵愛からも見捨てられ、人々も永く栄える人生を過ごすための新たな地を求めてこの都市を離れていった。そしてその近くに居を構える国の領主であるあなたにとって、彼らは歓迎に値するどころの話ではないのだ! 龍城の影から抜けだし権力を得るまたとない機会だ……

だが、一方で全能の精霊たちの信用と支援を勝ち得ることができるのだろうか? 太古龍の寵愛は得られるのか? 次の龍城たる城を建てることはできるのか?

「覇王龍城」は中国の伝統ゲームである麻雀からヒントを得たゲームです。崩れつつある龍城から牌を取り、それを自分の城の建設に使いましょう。同じ種類の牌を集めてその上に社(やしろ)を建てれば、点数が獲得できます。精霊の助けを求め、その力を解き放ちましょう。ただしご注意を。勝利を得るためには、太古龍の要求を謹んで受けなければならないのです!

ユニークなコンポーネントと、様々な精霊たちの能力、何よりも立体的な自分だけの城を建てられる、家族でも楽しめる城郭建築ゲームの登場です。

覇王龍城 日本語版
●価格/6,000円+税
●発売日/5月下旬発売予定
●JANコード/4981932023755

画像(006)「ウォレット」と「覇王龍城」の日本語版が5月に発売

内容物:中央ボード2枚・国ボード4枚・プラスチック製牌116個・社40個・勝利ポイントトークン85個・龍カード10枚・精霊カード10枚・開始プレイヤートークン1個・期限トークン7個・早見表カード4枚・ルールブック1部

ゲームデザイン:Lorenzo Silva, Hjalmar Hach, Luca Ricci  
アートワーク:Cinyee Chiu
プレイ人数:2〜4人 
対象年齢:8歳以上 
プレイ時間:約45分  
Made in CHINA  
(c)2017 HORRIBLE GAMES.
Original Title “Dragon Castle”

◆商品ページ
http://hobbyjapan.games/dragon_castle/

「海外ボードゲーム(ホビージャパン)」公式サイト

  • 関連タイトル:

    海外ボードゲーム(ホビージャパン)

  • この記事のURL:
4Gamer.net最新情報
プラットフォーム別新着記事
総合新着記事
企画記事
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:06月18日〜06月19日