オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
パッケージ
INSTANT BRAIN公式サイトへ
  • ケイブ
  • 発売日:2011/11/10
  • 価格:通常版:7140円,限定版:9450円(ともに税込)
  • Amazonで買う
  • Yahoo!で買う
読者の評価
60
投稿数:2
レビューを投稿する
準備中
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

INSTANT BRAIN

INSTANT BRAIN
公式サイト http://www.cave.co.jp/gameonline/adventure/
発売元 ケイブ
開発元
発売日 2011/11/10
価格 通常版:7140円,限定版:9450円(ともに税込)
ジャンル
レーティング
備考
その他
  • RSS
  • レビューを投稿する
  • このページのURL:
このゲームの読者の評価
60
グラフ
読者レビューについて
 4Gamer読者レビューは,読者の皆さんがご自身の判断で書いたレビューを掲載するためのコーナーです。掲載前には編集部で主に公序良俗面のチェックを行っていますが,掲載されている情報について,4Gamer.netが正確さの保証を行うものではありません。掲載情報のご利用は,読者の皆様自身の判断と責任で行ってください。
 なお,ゲームの評価を表す「GamerScore」は,投稿されたレビューの平均点を表示したものではありません。投稿の傾向を分析・考慮し,補正を加えることで,有用と思われるスコアを目指した形となっております。詳しくは「こちら」をご参照ください。
  • 新規参入ジャンルとは思えない良作 80
    • 投稿者:BraveRUKIA(男性/30代)
    • 投稿日:2012/01/06
    良い点
    メインシナリオクリア、実績も一つを除きすべて取得しています。
    その上で言いますと、
    シナリオは秀逸です。
    主人公原滝ゼンヤの過去の秘密を主軸にストーリーは展開していき、
    最後は丸投げせず、すべての伏線を回収してします。
    犯人は誰なのか?
    動機はなんなのか?
    なぜそのような推理に至ったのか、その根拠は何か?
    それらすべてをプレイヤー側で考えていくように作られています

    肝心のUIもしっかりしています。

    キャラクターも昔良きエロっぽいデザインです。
    萌えに特化してないので、好みの別れるところですが
    そういうのが苦手な方にはお勧めではないでしょうか。
    悪い点
    Kinectを持っていますので、それでもプレイしました。
    アクセサリの「ズーム for Kinect」はお勧めできないのが残念です。
    つまり、仕様どおり1.8m以上は離れないと快適にプレイできません。
    直感的な操作ができるので、一度は体験してみてください。

    詳しくは分からないのですが、音データがかなり分厚いようで、通常スピーカーだと
    かなり篭って聞こえます。
    ホームシアターシステムやコンポなど、良い環境でのプレイをお勧めします。
    (私自身はホームシアターとPCスピーカーの両方で試しました)
    ところどころ、ぶつぶつと切れて聞こえてしまう場面が目立ちました。
    総評
    よくある「選択肢総当たりゲー」を感じさせない緊張感を上手く生み出しています。
    第一章こそ、やや荒削りな部分が目立ちますが
    二章からがこのゲームの本気です。
    原滝ゼンヤと謎の少女の驚愕の真実は、ぜひプレイして確かめてください。

    犯人はお前だ!
    なゲームではなく
    「俺はこういう推理でこの結論に至った」と言うような構成になっています。
    推理モノとしては、少しだけ焦点の違うゲームだと思います。

    原滝ゼンヤの決め台詞「お前の真実、撮らせてもらった」はカッコいい!
    プレイ時間
    60〜100時間
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    4 2 5 5 5
  • 推理物を求めてる方は要注意 40
    • 投稿者:ごんべえ(男性/20代)
    • 投稿日:2011/11/16
    良い点
    ・音楽は多くのゲーム音楽を生み出した梅本竜氏だけあって秀作と言えます。本当に惜しい方を亡くされました。

    ・CGは正直エロい(褒め言葉的意味で)

    ・豪華声優陣が作品に華を飾っています!

    ・ケイブの名作『怒首領蜂』や『NIN2BRAIN』がオマケとしてプレイできます。

    ・基本的には一本道ストーリー。章の基本構成は主人公が事件に遭遇→特殊カメラで捜査→解決というもので推理ADVの基本を押さえています。事件は章によって様々ですが驚くものもあります。個人的に良かったのは2章です。

    ・ゲームとしてはカメラのフィルムには撮れる枚数に制限があるのとその写真の中からちゃんと証拠として選ぶ推理もあるので、それなりの難易度があると思います。強いて言うならば逆転裁判のようなものです。
    悪い点
    ・正直に言いますと、「これ推理物じゃないよなー」という感想です。トリックがありきたりで途中から推理しなくても分かってしまいます。またそのトリックにも突っ込み所が満載で後から考察しようにもしにくいです。推理物の醍醐味は考察することなので残念で仕方ありません。また推理物なのに運ゲー部分があるのもいかがなものかと。後、条件で章ごとに解放されるサブシナリオによっては本編のネタバレ(賛否両論部分)が出てしまます。ならばやらなければいいというのが普通の考えですが、前情報もなくやってしまう人のことを考えたのかな・・・と構成に疑問を持ちました。個人的には○○○がチートキャラ設定はポカーン状態でした。

    ・システムですがスキップ機能はあるのですが調子にのってスキップしてると撮影タイミングまでスキップしてしまいます。キャラの立ち替わりに数秒のロスがあったりセーブデータや写真の配列が少し不便ため、ストーリーではなくシステム部分で時間を取られた感じです。ゲーム性や声優にこだわりすぎてシステムが疎かになってしまったという感想です。
    総評
    ケイブがADV業界に初陣と期待していたのですが色々と残念という出来になってしまいました。
    システム面は業界入りたてなので百歩譲っても、シナリオ面はいかがなものかと。印象としては「2時間の推理ドラマを見ている」感じでADVにあるワクワク感はあまりありませんでした。
    ただ、最近のADVはノベルゲーが多くなってしまっているのでこういうのも貴重と言えば貴重ですし、自分は少しEVEシリーズを思い出しました。

    あまり深く考えずにADVをやる方にお勧めしたいと思います。
    また体験版で第一章が配信されてますのでそちらで判断するといいです。
    体験版で自分にあまりあわないなと思った方、また推理物を期待してる方はお勧めしません。
    プレイ時間
    20〜40時間
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    4 5 1 1 3
レビューを投稿する

4Gamer読者レビューは,皆さんがプレイしたゲームを評価するという読者参加型のコンテンツです。投稿されたレビューは,4Gamer.netに掲載されるほか,「読者の皆さんの評価」である「GameScore」の算出に利用されます。

レビューを投稿する
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:06月24日〜06月25日