オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
パッケージ
バイオハザード リベレーションズ公式サイトへ
  • カプコン
  • 発売日:2012/01/26
  • 価格:5990円(税込)
  • Amazonで買う
  • Yahoo!で買う
読者の評価
86
投稿数:13
レビューを投稿する
海外での評価
82
Powered by metacritic
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
[TGS 2011]「バイオハザード リベレーションズ」をプロデューサーが紹介。日本語吹き替えの声優陣も公開されたステージイベントをレポート
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2011/09/16 00:23

イベント

[TGS 2011]「バイオハザード リベレーションズ」をプロデューサーが紹介。日本語吹き替えの声優陣も公開されたステージイベントをレポート

プロデューサー 川田将央氏
 本日(2011年9月15日)東京ゲームショウ2011のカプコンブースにて,2012年に発売が予定されているニンテンドー3DS用ソフト「バイオハザード リベレーションズ」のステージイベントが開催された。

 このステージは,開発中の同作を,プロデューサーの川田将央氏が紹介するというもの。川田氏は今回のステージを皮切りに,どんどん情報を出していきたいとのことだ。
 はじめに,「バイオハザード リベレーションズとは?」という問いに対して,川田氏は本作がニンテンドー3DSで登場するということ,そして完全新作のバイオハザードであることがポイントのタイトルだと答えた。本作のプラットフォームは携帯ゲーム機だが,作っている側の気持ちは,据え置き型ゲーム機版を作るときと変わっておらず,カプコンの持つテクノロジーを最大限に使って制作を進めていると,川田氏は意気込みを見せる。

バイオハザード リベレーションズ バイオハザード リベレーションズ

 そして川田氏は,もう1つの本作のポイントとして,サバイバルホラーであるということも挙げられると述べた。本作の制作にあたって,「怖いバイオハザードを作りたい」という思いがあり,恐怖感の演出を第一に優先したという。ニンテンドー3DSの裸眼立体視機能も,ゲームプレイ時の恐怖感を煽るのに一役買っているそうだ。

 また,本作が「ニンテンドー3DS専用拡張スライドパッド」に対応しているということも強調。これにより,バイオハザードのナンバリングタイトルの操作に慣れている人も,快適にプレイできるようになるという。

「ニンテンドー3DS専用拡張スライドパッドが12月10日発売」詳細記事はこちら


 一通り説明が終わると,本作のアシスタントプロデューサーである竹中 司氏が登壇し,実機でのプレイ画面を公開した。本作は東京ゲームショウ2011の会場でプレイアブル出展されているが,ここで公開されたのは,出展されているものとは異なるステージで,クリス・レッドフィールドとジェシカ・シェラワットが雪に覆われた山岳地帯を行軍するというもの。竹中氏が操作するのはクリスで,ジェシカはNPCとして同行し,クリスをサポートしていた。


 途中でジェシカが,クリスに「ジル・バレンタインとはどういう関係なのよ?」というような内容の質問をするシーンがあった。竹中氏によると,戦闘中の合間でこういった会話が展開されるのは,本作の特徴の1つとのこと。
 しばらく雪山を進んでいると,クリスは足を踏み外して崖から落下してしまい,足を痛めてしまう。そして,動けないクリスを狙ってウイルスに感染した犬が襲い掛かり,大ピンチ! というところで,プレイは終了となった。

バイオハザード リベレーションズ バイオハザード リベレーションズ

 次に,本作のシナリオを担当する佐藤 大氏が登壇した。川田氏によれば,本作ではとにかく,シナリオに力を入れたいという気持ちがあり,佐藤氏に執筆の依頼を決めたのだという。それに対して佐藤氏は,「もともと初代バイオハザードのファンであり,ゾンビ映画なども大好きだったので,本作のシナリオ担当に抜擢されたのは本当に嬉しかった」と答えた。


 続いては,ジルやクリス,ジェシカなどの主要キャラクターが紹介され,その最後に,初出のキャラクター「レイチェル」の画像が公開された。彼女は本作のストーリーにおいて非常に重要なキャラクターだが,その詳細はまだ言えないとのことだ。


カプコンブース内で公開中のムービーにて,レイチェルがどのようなキャラクターかについてのヒントが隠されてるそうだ

 キャラ紹介が終わると,1本のプロモーションムービーが上映された。その内容は「こちら」の記事にあるものとほぼ同じなのだが,音声が日本語吹き替えになっていた。なんと本作では,バイオシリーズ初の日本語音声が実装されており,さらに従来の英語音声とも切り替え可能で,好きな言語の音声で楽しめるのだ。
 佐藤氏は,日本語と英語で会話のテンポなどが変わってくるので,1度日本語音声でプレイした後,できれば英語音声にしてもう1度遊んでみてほしいと述べていた。ちなみに,日本語音声時はジルを湯屋敦子さん,パーカーを宮本 充さん,クリスを東地宏樹さん,ジェシカを水樹奈々さんがそれぞれ演じるとのことだ。


 最後に川田氏は,「本作の制作が佳境に入っており,その仕上がりに手ごたえを感じている。期待してほしい」と述べた。そして佐藤氏は,「カプコンが作ろうとしている新しいバイオハザードのストーリーに,厚みを加えられたのではないかと自負している。今後も注目してもらいたい」と述べ,ステージを締めくくった。

 今のところ,本作の発売日は2012年となっており,詳しい日程はまだはっきりしない。しかし,川田氏が冒頭で話していたとおり,今後はさまざまな情報が発表されていくはずだ。続報を楽しみに待ちたい。

 なお,東京ゲームショウ2011のカプコンブースでは,本作のキャラクターをイメージしたオリジナルのMiiが配布されている。カプコンブースの前でジルとパーカーのMiiが,ブースの中でゲームをプレイするとクリスとジェシカのMiiが入手できるので,ブースに足を運ぶ予定の人は覚えておくとよさそうだ。

「バイオハザード リベレーションズ」公式サイト

  • 関連タイトル:

    バイオハザード リベレーションズ

  • この記事のURL:
4Gamer.net最新情報
プラットフォーム別新着記事
総合新着記事
企画記事
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:02月23日〜02月24日