オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
4Gamer.net
パッケージ
戦場のヴァルキュリア3公式サイトへ
  • セガゲームス
  • 発売日:2011/01/27
  • 価格:UMD版 6279円(税込) / ダウンロード版 5600円(税込)
  • Amazonで買う
  • Yahoo!で買う
読者の評価
81
投稿数:22
レビューを投稿する
準備中
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
目標どおり,前作から約1年で完成。「戦場のヴァルキュリア3」発売記念抽選会が開催に。本山真二プロデューサーのインタビューを掲載
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2011/01/27 19:59

イベント

目標どおり,前作から約1年で完成。「戦場のヴァルキュリア3」発売記念抽選会が開催に。本山真二プロデューサーのインタビューを掲載

 セガの人気シリーズ最新作「戦場のヴァルキュリア3」(PSP)が,ついに本日(2011年1月27日)発売された。
 シミュレーションゲームにアクションの要素を盛り込んだ“BLiTZ”(ブリッツ)システムや,多くのキャラクターが絡む深いドラマが好評の本シリーズ。この“3”では,第1作の舞台となったガリア戦役に関連するもう一つの戦いが描かれている。

 先日お伝えしたように,東京,大阪,福岡の3都市にある対象店舗で本作を購入した人を対象とするイベント「『戦場のヴァルキュリア3』発売記念抽選会」が,本日開催された。
 東京における抽選会場となった「クラブセガ秋葉原 新館」の店頭には,ソフトを購入した人が続々集結。「B賞」として用意されていた,本作に起用されている声優陣のサイン入り色紙はすべて,午前中のうちに当選者が決まったということだ。

東京における抽選会場となった,クラブセガ秋葉原 新館の様子。取材したのが昼時とあって,昼休みに本作を購入したあと抽選会場を訪れたという人が多かったようだ。少し離れたクラブセガ秋葉原には,本作の巨大な看板広告も設置されていた(写真右)
戦場のヴァルキュリア3


 また会場では,視察に訪れていた本作のプロデューサー,本山真二氏の共同インタビューが行われたので,本稿ではその内容を紹介しよう。

「戦場のヴァルキュリア3」公式サイト



――発売にあたっての感想を聞かせてください。

本山氏:
 前作から約1年後の発売ということで,立ち上げのときから大変なことは多かったんですが,まずは発売を迎えられたことを喜んでいます。
 ゲーム内容も「2」からさらにブラッシュアップできました。このゲームを完成させてくれた開発スタッフに感謝していますし,この1年,会社全体が戦場のヴァルキュリア3を大事にしてくれていることをありがたく感じている次第です。

――シリーズ3作目ということで,システム面でもパワーアップしているかと思いますが,プロデューサーとして,プレイヤーにぜひ見てほしいと思っている点はどこですか?

本山氏:
 主人公であるクルト,リエラ,イムカの3人に“特殊化”という新要素を入れています。これにより,従来作品以上に“自分なりの戦い方”ができるようになりました。

――従来作品とのデータ連動要素はありますか?

本山氏:
 “1”や“2”のセーブデータがあれば,それぞれのキャラクターを“3”に登場させられます。これまでの作品を遊んでいる人は,ぜひそれらのセーブデータを用意して楽しんでください。

――前作から約1年という,比較的短いスパンでの発売となりました。速く開発する秘訣のようなものがあるんでしょうか。

本山氏:
 今回大きかったのは,開発の初期段階で,主要スタッフを集めて設定面に関する合宿を行ったことです。その合宿では,主人公のキャラクター像や,“ネームレス”という部隊が登場すること,また各隊員を番号で呼ぶといった設定を決めました。そこまで決まれば,全体のストーリーや,関連するキャラクターをどのような設定にするかは自然に決まってきますから。

――本山さんのお薦めキャラクターやエピソードを教えてください。

本山氏:
 すでに公式ブログ「陣中日誌」でもおなじみになりつつありますが,レイラとアルフォンスの2人については,ネームレスの雰囲気を壊さずに面白いキャラクターに仕上がっていると思います。
 それから個人的に,戦車長のグスルグがすごく好きですね。シナリオライターが,彼の高潔な人柄をうまく描いてくれました。PVなどで彼をちょこちょこと推しているのは,そういう理由からなんです(笑)。

近隣にある対象店舗で購入したときに受け取ったレシートを持ってくることで,抽選に参加できた。キャラクターデザインを担当している本庄雷太氏のサイン入りラフイラストパネルや,声優陣のサイン入り色紙,主題歌を歌うMay'nさんや,声優陣のサインが入ったポスターなどが用意されていた(写真右)
戦場のヴァルキュリア3 戦場のヴァルキュリア3


――体験版のプレイヤーからはどんな反響がありましたか?

本山氏:
 発売までの短い時間ではありましたが,プレイヤーから寄せられたさまざまな要望から意見を吸い上げ,製品版に生かしています。もともと想定していた,体験版と製品版の違いに関する意見も多く,そのことからも,私達が“3”でやろうとしている方向性は間違っていないということを確認できました。

――ストーリーが分岐するところがあるそうですが,それによって話の流れが大きく変わることはあるんでしょうか。

本山氏:
 基本的に一つの大きなストーリーがあり,その中での分岐なので,例えば最後の敵が変わるといったことは起きません。とはいえ,ヒロインであるリエラとイムカに関するエピソードは,最初のプレイではどちらかしか見られません。彼女達に対する思い入れは,どちらのストーリーをプレイするかで大きく変わってくるでしょう。

――開発時にはどのような苦労がありましたか?

本山氏:
 前作から約1年でリリースするという目標を達成しつつ,新要素を追加したり,クオリティを維持したりするために,いかにやり直しを減らすかスタッフと相談しました。
 また私自身,最初の企画の詰めや,仕様検討の段階から多くの意見を出してきました。例えば,昨年(2010年)の東京ゲームショウでこのゲームを披露する前,「ゲームショウではこういう見せ方をしたいから,その前の月にはこの要素を完成させてください」といったオーダーを出したりしました。まだ何も出来上がっていない段階で,綿密なスケジュールを立てる必要があったのも,苦労したところです。

――これまでのシリーズ作品を遊んだことのない人にアピールしたい点はどこですか?

本山氏:
 「戦場のヴァルキュリア」シリーズは,世界観とゲームシステムの両方に,ほかのタイトルにはない部分があります。
 完全なファンタジーでもなく,またガチガチのミリタリーでもない,両方の良さを持った世界での戦いのドラマを楽しんでもらえるのではないでしょうか。
 システム面では,“BLiTZ”という,シミュレーションとアクション要素をミックスしたシステムが採用されています。初めてプレイする人に,こういう新しい遊びがあるんだということを知ってもらえたらうれしい限りです。

会場でひときわ目立っていた,本作のヒロインであるイムカの衣装を身にまとったコンパニオンさん。携えているのは,イメージビジュアルなどでもおなじみの巨大な武器で,話を聞いてみたところ,「重いです(笑)」と答えてくれた
戦場のヴァルキュリア3 戦場のヴァルキュリア3

――本作では,どんな追加ダウンロードコンテンツ(DLC)が配信される予定ですか?

本山氏:
 これまでの作品でDLCに対する反響が大きかったので,もちろん“3”でも配信する予定です。新たなミッションや,“1”において“断章”と呼んでいた,ドラマとミッションを一緒にした“エクストラエピソード”を準備しています。メインキャラクターはもちろん,そのほかのキャラクター達も多数登場する,ボイス入りの新たなドラマを用意するつもりです。

――購入者の一部を招待してのオフラインイベントが3月13日に開催されますが,どんな内容になるんですか?

クラブセガ秋葉原 新館の5階には,PSP専用のダウンロード用端末が設置されている。この端末では,戦場のヴァルキュリア3と,「ファンタシースターポータブル2 インフィニティ」の体験版がダウンロード可能だ
戦場のヴァルキュリア3
本山氏:
 このイベントでは,“ドラマライブ”という舞台を行います。ゲームの中ではあえて描かなかったシーンを膨らませてドラマにし,中村悠一さん,遠藤 綾さん,浅野真澄さんに演じていただきます。ゲームをプレイした人に,ぜひ楽しんでもらいたいところです。
 また,主題歌を歌っているMay'nさんのライブも予定しています。主題歌はもちろんですが,それ以外の曲目について面白い仕掛けも考えていますので,楽しみにしてください。

――最後に,プレイヤーやゲームファンに向けてメッセージをお願いします。

本山氏:
 前作の発売から1年でのリリースという目標が達成できたのは,ファンの皆さんから寄せられている期待に突き動かされた部分が大きかったと思います。皆さんの熱い思いが一番の原動力となったことは間違いありません。
 “3”は,ドラマの要素がパワーアップしているほか,“BLiTZ”というシステムの面白さを再認識できる形に構成し直されていますので,シリーズファンの人も,プレイしたことがないという人も,ぜひ遊んでみてください。

――ありがとうございました。


 抽選会は本日限りだが,インタビューでも触れられているように,セガは,本作を購入して応募した人の中から抽選で選ばれた800名を招待し,「May'n×ネームレス・スペシャルライブ」というイベントを3月13日に開催する予定だ(関連記事)。応募の締め切り日は2月20日(当日消印有効)となっているので,本作を購入した人は応募してみるといいだろう。

「戦場のヴァルキュリア3」公式サイト


中央にいるのが本山真二氏。前作の「戦場のヴァルキュリア2」から,プロデューサーを務めている
  • 関連タイトル:

    戦場のヴァルキュリア3

  • この記事のURL:
line
4Gamer.net最新情報
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:11月13日〜11月14日