オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
テレビだけで本格3Dゲームが楽しめる? パナソニックブースでVIERA Connectのゲームを観てきた
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2011/01/13 00:00

イベント

テレビだけで本格3Dゲームが楽しめる? パナソニックブースでVIERA Connectのゲームを観てきた

テレビだけで本格3Dゲームが楽しめる? パナソニックブースでVIERA Connectのゲームを観てきた
 2011 International CES(以降,CES)に合わせ,パナソニックは「VIERA Connect」というクラウドサービスを発表した。インターネットに接続したVIERAで,パナソニックがサービスするクラウドコンテンツが楽しめるというサービスだ。これだけだと4Gamer読者の興味をひきそうにない話なのだが,そのコンテンツの中にはゲームもあるという。ここではパナソニックブースで見たVIERA Connectのゲームについて紹介してみたい。


初代PlayStationよりは高度な3D画像のゲームがVIERA上で動作


CESで見たVIERA Connectで提供されるゲームのデモ。3Dのレースゲームで,動きは非常にスムーズだった。テクスチャはやや粗めながら,初代PlayStationのゲームよりは高度な3Dのゲームに見える
テレビだけで本格3Dゲームが楽しめる? パナソニックブースでVIERA Connectのゲームを観てきた
 VIERA Connectは,パナソニックが同社のテレビセットVIERA向けに始めるクラウドサービスで,ネット上にあるビデオや静止画,音楽,ヘルス関係などのVIERA Connect対応コンテンツがVIERAで楽しめるというもの。そんなコンテンツの一つとしてのゲームが提供されるという。

 興味深いのは,VIERA ConnectのゲームがVIERA上でスタンドアロンで動くという点。VIERA Connect自体は,AJAX(JavaScriptをベースにした技術)を基盤にしているようなのだが,ゲームについては,ネイティブで動いているようだ。VIERAが映像処理などのために搭載している独自開発の32bit CPU上でゲームが実行されるのだという。フルHD解像度のリアルタイム映像に対して,さまざまな補正や画像補間をかける必要があるため,テレビ用のプロセッサといっても昨今ではかなりの処理能力が要求される。それを活用したということであろう。
 「プロセッサはARM系か?」と聞いてみたが違うとのこと。VIERAが搭載するパナソニック独自開発のCPUで,3Dの機能を持っているそうである。となるとパフォーマンスが気になるところだが,いったいどのくらいのものなのか? CESでデモが行われていたレースゲームの画像を見てほしい。

 触ってみた印象では,フレームレートはかなり出ており,カクつくようなことはまったくない。テクスチャはやや粗いが,PSPと同程度の3D画像のように見える。テレビに内蔵されているCPUで,こんな3Dのゲームが動いてしまうのだから,ある意味すごい時代になったものだ。

 ゲームタイトルに関してとくに言及はなかったが,画面を見る限り,ゲームロフトの「アスファルト5」であることはほぼ間違いないだろう。アスファルト5はテレビセットトップボックス向けの提供がアナウンスされていたソフトなので,VIERA Connectへの提供も,その一環と考えれば納得できる。

並べられているコントローラはVIERA Connectに対応するものだが,基本的にUSB接続かBluetooth接続のコントローラなら利用できるとのこと
テレビだけで本格3Dゲームが楽しめる? パナソニックブースでVIERA Connectのゲームを観てきた

 VIERA Connectのサービスは日本を含む全世界で提供されるという。ユーザーはVIERA Connectのメニューからゲームを選んでタイトルを選択すると,VIERA本体にゲームが「クラウドからダウンロードされてVIERA上で遊べるようになる」とのことである。価格は数ドル程度で,タイトルによって価格は変わるようだが,できるだけ安価にプレイできるようにする方針とのこと。

 ただ,残念ながら,ゲームコンテンツが日本でもサービスされるかどうかは決まっていない。ゲームのプラットフォームがPCとコンシューマーゲーム機に集約されている現在,独自プラットフォームであるVIERA上で動くゲームタイトルが積極的に開発されるかどうかにも少し疑問は残る。とはいえ,テレビというのは国内だけでも年間1000万台超の市場を持っている。今後パナソニック製品すべてに搭載されるのであれば,全世界でたちまち数千万台規模のプラットフォームが現れるということにもなる。そういった部分に魅力を感じるゲームメーカーが現れ,日本でサービスされてタイトルが充実するようならゲーマーにとっても面白い存在になるかもしれない。

展示されていたVIERA Tabletの10インチモデル
テレビだけで本格3Dゲームが楽しめる? パナソニックブースでVIERA Connectのゲームを観てきた
 なお,VIERA Connect自体は,同じくCESで発表された「VIERA Tablet」というAndroidタブレットでも楽しめる。会場ではVIERA Connectの動画コンテンツをVIERA Tabletで楽しむデモが行われていたが,VIERA Connectのゲームが動作するかどうかについては不明だ。
 そもそもVIERA Tablet自体も,展示担当者になにか聞いても「決まっていない」という答えがほとんどだった。展示されているタブレットは市販されてもおかしくないレベルの完成度に見えたが,CES会場ではデュアルコアCPUが乗るという程度のことしか確認できていない。

こちらは7インチモデル。7インチと10インチにはフルサイズのHDMIコネクタが装備されていた
テレビだけで本格3Dゲームが楽しめる? パナソニックブースでVIERA Connectのゲームを観てきた テレビだけで本格3Dゲームが楽しめる? パナソニックブースでVIERA Connectのゲームを観てきた

これが4インチモデル。VIERA Tabletに関しては仕様を含めて未定なので,展示されている機体が販売されるかどうかもまだ分からない段階と見ていいようだ
テレビだけで本格3Dゲームが楽しめる? パナソニックブースでVIERA Connectのゲームを観てきた

 ちなみに,パナソニックブースの中心的展示物は当然ながらVIERAだが,数あるテレビメーカーの中でもゲーム系の展示がもっとも盛んだった印象がある。
 例えば,他社ではあまり大々的には取り上げられていないNVIDIAの「3DTV Play」も,大画面でのデモが行われていたりした。ゲームも重要なテレビのコンテンツとパナソニックは認識しているのだろう。

100インチの大型テレビで3DTV Playのデモ。パナソニックは数あるテレビセットメーカーの中ではゲームに力を入れていた
テレビだけで本格3Dゲームが楽しめる? パナソニックブースでVIERA Connectのゲームを観てきた テレビだけで本格3Dゲームが楽しめる? パナソニックブースでVIERA Connectのゲームを観てきた

3DTV Playのデモが行われていたパナソニックブースのPC。ワークステーション向けのQuadro 6000が載っている
テレビだけで本格3Dゲームが楽しめる? パナソニックブースでVIERA Connectのゲームを観てきた テレビだけで本格3Dゲームが楽しめる? パナソニックブースでVIERA Connectのゲームを観てきた

 テレビ単体で3Dゲームを動作させること自体にどれくらい意味があるのかはさておき,技術的にはそのようなこともできる時代になってきた。ネットワーク配信だけでコンテンツが供給されるなどといった点でも先進性は感じられる。残念なのは,VIERA Connect自体はともかく,ゲーム部分については情報が少なく,パナソニックが,どの程度本気で取り組んでいるのかが見えてこないところ。詳細については今後の情報を待つことにしよう。
 日本での展開を含め,決まっていないところが多いようだったが,ゲームプラットフォームの新しい形として記憶しておいてもいいかもしれない。
  • この記事のURL:
4Gamer.net最新情報
プラットフォーム別新着記事
総合新着記事
企画記事
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:04月22日〜04月23日