オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
Razer,ゲーマー向け右手用マウス「Basilisk Essential」を3月29日発売。Basiliskから搭載センサーを変更し,また一部機能を省略した廉価モデル
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2019/03/26 17:58

ニュース

Razer,ゲーマー向け右手用マウス「Basilisk Essential」を3月29日発売。Basiliskから搭載センサーを変更し,また一部機能を省略した廉価モデル

 2019年3月26日,Razerは,ゲーマー向け右手用ワイヤードマウス「Razer Basilisk Essential」(以下,Basilisk Essential)を3月29日に発売すると発表した。税込価格は6998円となっている。

Basilisk Essential
画像(002)Razer,ゲーマー向け右手用マウス「Basilisk Essential」を3月29日発売。Basiliskから搭載センサーを変更し,また一部機能を省略した廉価モデル

左側面のパドル型ボタンを着脱できるギミックはそのまま継承。なお,Basiliskではこのボタンを「DPI clutch」と称していたが,Basilisk Essentialでは「Multi-function paddle」という呼び名に変わっている
画像(005)Razer,ゲーマー向け右手用マウス「Basilisk Essential」を3月29日発売。Basiliskから搭載センサーを変更し,また一部機能を省略した廉価モデル
 Basilisk Essentialは,2017年に登場した「Razer Basilisk」(以下,Basilisk)をベースにしたマウスで,左サイドに着脱可能なパドル型ボタンを備える特徴をそのまま継承している。
 その一方で,トラッキング速度が最大450IPSというBasiliskの第5世代光学センサーから,「Razer DeathAdder Essential」と同じ最大220IPSの「True 6400 DPI Optical Sensor」に搭載センサーを変更したうえで,Basiliskの特徴であったスクロールホイールの抵抗値調整機能を省略するなど,機能を一部省略した廉価版と理解していいだろう。

右手専用のボディ形状はBasiliskと変わっていないが,スクロールホイール手前のボタンが,2個から1個へ減っているのが分かりやすい違いだ
画像(003)Razer,ゲーマー向け右手用マウス「Basilisk Essential」を3月29日発売。Basiliskから搭載センサーを変更し,また一部機能を省略した廉価モデル 画像(004)Razer,ゲーマー向け右手用マウス「Basilisk Essential」を3月29日発売。Basiliskから搭載センサーを変更し,また一部機能を省略した廉価モデル

●Basilisk Essentialの主なスペック
  • 基本仕様:光学センサー搭載ワイヤードタイプ
  • 搭載センサー:未公開(True 6400 DPI Optical Sensor)
  • 主要ボタン数:7個(左右メイン,センタークリック機能付きスクロールホイール,スクロールホイール手前×1,左サイド×2)
  • トラッキング速度:400IPS
  • 最大加速度:40G
  • フレームレート:未公開
  • 画像処理能力:未公開
  • トラッキング解像度:100〜16000 DPI
  • レポートレート(ポーリングレート):1000Hz
  • データ転送フォーマット:16bit/axis
  • リフトオフディスタンス:未公開
  • オンボードフラッシュメモリ:搭載(5プロファイル)
  • LEDイルミネーション:未公開
  • 公称本体サイズ:72.9(W)×131(L)×42.9(H)mm
  • 公称本体重量:約102g(※ケーブル含まず)
  • マウスソール:PTFE
  • 公称ケーブル長:約2.1m
  • 対応OS:Windows 10,8.x,7
  • メーカー想定売価:59.99ドル(税別)
  • 保証期間:2年

RazerのBasilisk Essential製品情報ページ



#### 以下,リリースより ####

RAZER、ゲーミングマウス「Basilisk Essential」を国内発売
True 6,400 DPI オプティカルセンサー採用
マルチファンクショナルパドルを含め7つのボタンを搭載
2,000万回のクリック耐久性を誇るRazer メカニカルマウススイッチ採用

ゲーマー向けデバイスおよびソフトウェアの分野における世界的リーダー企業 Razer.(本社: 米国 カリフォルニア州およびシンガポール、共同創業者兼CEO : Min-Liang Tan) は、7ボタンを搭載し、6,400DPIオプティカルトラッキングセンサーを採用したゲーミングマウス「Razer Basilisk Essential」(税抜希望小売価格 6,480円、読み方:レイザー バシリスク エッセンシャル、以下、Basilisk Essential)の国内販売を2019年3月29日(金)に開始します。接続はUSBで、パソコン(Windows 7以降)に対応します。同製品は、Razer社の国内正規流通代理店MSY株式会社を通じて、全国の家電量販店、PCショップ、オンラインショップ等で販売されます。

Razer Basilisk Essential
画像(006)Razer,ゲーマー向け右手用マウス「Basilisk Essential」を3月29日発売。Basiliskから搭載センサーを変更し,また一部機能を省略した廉価モデル

Basilisk Essentialは、True 6,400 DPI オプティカル(光学式)センサーを採用したゲーミングマウスです。センサーの対スピード性能は220IPSで、最大秒速5.56mのマウスの動きを正確に入力することが可能です。

Basilisk Essentialに搭載されるボタンは、ホイールボタンとマルチファンクショナルパドルを含めて7個あり、DPI感度の切り替えやボイスチャット操作なども自然に行えるほか、HyperShift機能を活用することで、割り当てコマンドを倍増させることも可能です。マルチファンクショナルパドルは、使用しない場合には取り外してラバー製の付属カバーで塞ぐことも可能です。

メインボタンには、Razerメカニカルマウススイッチを採用し、最大2,000万クリックまでの耐久性を実現しています。

Basilisk Essential上のロゴはバックライトにより1,680万色に点灯させることができ、ゲームや観ている画面に連動したエフェクトなどを楽しむことができるほか、Razer Chroma対応の他のデバイス(キーボードやマウスマット等)と連動したエフェクトを設定することも可能です。

製品概要(スペック)
画像(007)Razer,ゲーマー向け右手用マウス「Basilisk Essential」を3月29日発売。Basiliskから搭載センサーを変更し,また一部機能を省略した廉価モデル

  • 関連タイトル:

    Razer

  • この記事のURL:
4Gamer.net最新情報
プラットフォーム別新着記事
総合新着記事
企画記事
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:04月25日〜04月26日