オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
ついにマウスパッドまで約1677万色で光る時代に。Razerが発光ギミック搭載のマウスパッド「Firefly」を発表
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2015/05/22 11:47

ニュース

ついにマウスパッドまで約1677万色で光る時代に。Razerが発光ギミック搭載のマウスパッド「Firefly」を発表

Razer
 カラーLEDによるカラフルな発光ギミックを備えたゲーマー向け周辺機器はいまや珍しくもないが,その流行はとうとうマウスパッドにまで到達したようだ。
 北米時間2015年5月21日,Razerは,約1677万色から好みの色を選び,光らせ方をカスタマイズ可能な「Chroma」機能によって本体の縁(へり)を光らせることができるゲーマー向けマウスパッド「Razer Firefly」(以下,Firefly)を発表した。北米市場では予約受付を開始しており,Razer直販サイトにおける価格は59.99ドル。日本での発売時期や価格は未定である。

発光色や発光パターンをカスタマイズできるRazer Chroma機能を搭載しており,写真のようにカラフルに光らせられるのが特徴だ
Razer

光るRazer製マウスパッドの元祖「TRON gaming mouse mat」。青いラインの部分が光った
Razer
 実のところ,Razerがマウスパッドを光らせたのは,このFireflyが初めてではない。覚えている人はほとんどいないと思うが,2010年に公開されたSF映画「Tron: Legacy」とのタイアップ商品として,「TRON gaming mouse mat」なるマウスパッドが発売されたことがあるのだ。

 というわけで,「Razer初の光るマウスパッド」ではなく,「初のChroma機能対応マウスパッド」となるFireflyだが,公開されているイメージを見る限り,光る場所は,マウスパッドの三辺と,Razerロゴ部のようだ。先ほど,色と発光パターンをカスタマイズできると述べたが,光り方は,他のRazer Chroma対応デバイス――キーボードの「Razer BlackWidow Chroma」やマウスの「Razer DeathAdder Chroma」など――と連携させることも可能だという。
 Fireflyの登場に合わせて,Razerがソフトウェア開発者向けに公開している「Razer Chroma SDK」もFireflyに対応したとのことで,ゲーム側から発光色・パターンを制御することもできるらしい。

LEDがどのように配置されているのか分かるイメージは公開されていないが,縁(へり)の左右並びに手前側の三辺とRazerロゴマーク部分に埋め込まれているようだ
Razer

 サイズは355(W)×255(D)×4(H)mm。具体的にどのような素材なのかは不明だが,その仕様上,プラスチック系と見るのが妥当だとは思う。ちなみに,底面側はゴム素材とのことだ。

 マウスパッドが光ることに,どのような実用的利点があるのかはちょっと思いつかないのだが,理屈でどうこう言うよりも「カラーで光るマウスパッド? それは面白い!」と思った人なら買ってみるのもアリ,といった製品ではなかろうか。

Razer Firefly 製品情報ページ


#### 以下,リリースより ####

Razer カラーライト機能付きマウスマットFireflyを発表
世界初Chromaライトシステムを搭載し1600万以上のカラーバリエーションを実現する極薄マウスマットが登場

 エンターテインメントデバイスおよびソフトウェアメーカーのRazer(本社:カリフォルニア州カールスバッド、代表取締役兼CEO:Min-Liang Tan)は本日、Razer Chromaライトシステムを搭載した世界初のマウスマットハードウェア、Razer Fireflyを発表しました。Chromaは1680万以上のカラーバリエーションに加え、自由にカスタマイズ可能なライトエフェクトでゲームの臨場感をより盛り上げてくれます。

マットの淵にLEDライトを採用し、Razer DeathAdderゲーミングマウス、BlackWidow Ultimateゲーミングキーボード、Kraken 7.1ヘッドフォンなど、その他のRazer Chroma対応デバイスとシンクロナイズすれば、自分だけのカラーライトエフェクトでゲームプレイを楽しむことができます。

プレイヤーに最高のパフォーマンスをもたらすコントロール性とスピードを兼ね備え、光反射性のマット面が正確なマウスムーヴメントと素早い動きにも対応するレスポンスを実現しました。

Razer Fireflyは、ゲーミングマウスDeathAdder ChromaとNaga Epic Chroma、ゲーミングキーボードBlackWidow Ultimate Chroma、ヘッドフォンKraken 7.1 Chromaに続くChromaシリーズの最新デバイスで、Razer Synapseを通じて1680万色のバリエーションとライトエフェクトを自分なりに設定することができる上に、Chroma対応デバイスをシンクロさせることにより同時点滅やウェーブエフェクトなどのカスタマイズが可能で、楽しみ方は無限大です。

またゲーム開発者向けのChroma SDKにも新たにRazer Fireflyが追加され、ゲームの開発段階からChromaデバイスのライトエフェクトをゲーム内イベントなどと連動することができます。

Razer Chromaに関する詳しい情報はこちら:www.razerzone.com/chroma

【Razer代表取締役兼CEO Min-Liang Tanのコメント】
Razer FireflyはChromaファミリーに「マウスマット」という新たなカテゴリーを開拓したゲーミングデバイスで、世界最高水準のマウスマットテクノロジーに加え、Chromaのライト機能を採用することにより圧倒的なパフォーマンスとスタイリッシュさを両立させました。

発売日 ■RazerStore:先行予約受付中/グローバル:2015年6月
販売価格 ■米国:$59.99
(日本発売日・販売価格:未定)

【商品概要】
  • スムーズなゲームプレイを可能にするマイクロテキスチャー仕上げ
  • 素早い動きにも瞬時に反応する高レスポンスコーティング
  • 自由にカスタマイズ可能なChromaライト機能
  • スベり防止のラバーベース
  • Razer Synapse対応
  • ゴールドプレートUSBコネクター
  • 2mの軽量ファイバーケーブル
  • サイズ:横355mm x 縦255mm x 厚さ4mm
  • 重量:380g

【システム仕様】
  • USBポート付きPC又はMac
  • 対応OS:Windows 8 / Windows 7 / Windows Vista / Windows XP(32-bit) / Mac OS X (v10.8-10.10)
  • インターネット接続
  • ハードデイスク容量100MB
  • フルカスタマイズにはRazer Synapseへの登録とソフトウェアのダウンロードが必要です。

  • 関連タイトル:

    Razer

  • この記事のURL:
4Gamer.net最新情報
プラットフォーム別新着記事
総合新着記事
企画記事
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:08月20日〜08月21日
タイトル評価ランキング
81
KENGOHAZARD2 (PC)
76
76
Days Gone (PS4)
55
DEAD OR ALIVE 6 (PS4)
53
Anthem (PC)
2019年02月〜2019年08月