※見出しをクリックすると記事が読めます
東京ゲームショウ号外を自動表示しない
TGS 2018
号外No.1
東京ゲームショウまとめ読み!9月21日〜23日の3日間,東京ゲームショウ号外をお届け 特設ページへ
「サマーレッスン」チームが挑んだ“本物のパイロット体験”
「エースコンバット7」VRモード
スマホ向けロマサガ完全新作の舞台は「3」の300年後
「ロマンシング サガ リ・ユニバース」発表
VRでもスマホでも,恋愛は楽しい!?
ラブプラス EVERY
Forcus on You
ゲームパッドはオリジナルの大きさ
写真で見る
プレイステーション クラシック
今年のTGSを彩る注目タイトルのプレイレポート
Days Gone
KINGDOM HEARTS III
ドラゴンクエストビルダーズ2
デビル メイ クライ 5
オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
OCZの爆速SSD「Z Drive」は最短で2009年5月にも発売へ。ゲーマー向けキーボードとマウスの新型も
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2009/03/07 11:14

ニュース

OCZの爆速SSD「Z Drive」は最短で2009年5月にも発売へ。ゲーマー向けキーボードとマウスの新型も

 速報記事でお伝えしているとおり,OCZ Technology Group(以下,OCZ)は,CeBIT 2009で,読み出し最大600MB/s,書き込み最大500MB/sを実現するという“爆速”SSD,「Z Drive」を公開した。
 本製品は,PCとの接続インタフェースとしてPCI Express x8を採用する,拡張カード型のSSD。内部的には,ハードウェアRAIDコントローラにより,4台のSSDをRAID 0構成したことで,上記のスペックを実現するという。

OCZブースに展示されていたZ Driveのモックアップ。同社によると,これが製品版に最も近い形だという。ペリフェラル用の4ピンコネクタ×1が,外部給電用に用意されている
OCZの爆速SSD「Z Drive」は最短で2009年5月にも発売へ。ゲーマー向けキーボードとマウスの新型も

HD Tune Pro
OCZの爆速SSD「Z Drive」は最短で2009年5月にも発売へ。ゲーマー向けキーボードとマウスの新型も
 会場では,容量1TBモデルのライブデモが行われていたが,同モデルは,容量256GB,キャッシュ容量64MBのMLCタイプSSDを4台実装し,32チャネルアクセスをサポートする製品になっているとのこと。「Core i7-965 Extreme Edition/3.20GHz」搭載システムにおいて,「HD Tune Pro」(Version 3.10)の「Hard Disk Utility」を実行し,実際に読み出し速度600MB/sを超えるスコアを叩き出す様子が実演されたので,以下,証拠写真をお届けしたい。

HD Tune ProのHard Disk Utilityで,最大621.4MB/sの読み出し性能を示した
OCZの爆速SSD「Z Drive」は最短で2009年5月にも発売へ。ゲーマー向けキーボードとマウスの新型も

 さて,少々気になるのが,Z Driveのサイズだ。というのも,ライブデモでは,ASUSTeK Computerの「Intel X58 Express」チップセット搭載マザーボードに差さっていたのだが,別途取り付けられていた2枚の「GeForce GTX 285」搭載グラフィックカードと合わせて,ブラケット七つ分のスペースを取り,これ以上の拡張カードを取り付けられない状態になっていたからである。

Z Driveのライブデモ。PCI Expressスロットからの電源供給のほか,ペリフェラル用の4ピンコネクタ×2による給電も行われている。その下に見える2スロット仕様のカード×2はいずれもGeForce GTX 285カード
OCZの爆速SSD「Z Drive」は最短で2009年5月にも発売へ。ゲーマー向けキーボードとマウスの新型も

 つまり,Z Driveだけで3スロット分占有してしまうわけだが,これは,Z Driveを構成する4台のSSDが,基板を挟んで表裏に2台ずつ実装されるため。基板の表側で1スロット+α分のスペースを占有しつつ,裏側でも1スロット分のスペースを必要とするので,合計3スロット仕様になるというわけだ。

OCZの爆速SSD「Z Drive」は最短で2009年5月にも発売へ。ゲーマー向けキーボードとマウスの新型も
 ただし,(本稿の冒頭で紹介したように)単体展示されていたモックアップだと,電源コネクタはペリフェラル用の4ピン×1という構成。一方のライブデモで利用されたZ Driveでは,4ピンコネクタ×2という構成と,まだ,デザインは確定していないようだった。OCZによると,「製品化までに,カードの設計が大きく変更される可能性がある」とのことなので,今回動いていたのは,あくまでデモ用と判断すべきだろう。

 また,OCZでは,容量1TBモデルのみにこだわっているわけではなく,容量や性能の異なる,いくつかのラインナップを用意しているとしており,価格は「搭載するSSDのスペックによるため,答えられない」(OCZ)。
 投入予定時期に関しては,第1弾製品が早ければ2009年5月にも市場投入される見通しが示された。年末までに,容量4TB版のZ Driveを出荷することも検討しているという。


ゲーマー向けキーボード「Sabre」と

マウス「Behemoth」も展示


 このほかOCZは,ゲーマー向けキーボードとマウスの新製品,「Sabre」(セイバー)と「Behemoth」(ビヒーモス)も,CeBIT 2009に合わせて発表している。

OCZの爆速SSD「Z Drive」は最短で2009年5月にも発売へ。ゲーマー向けキーボードとマウスの新型も
“英語フルキーボード+α”という仕様のSabre
OCZの爆速SSD「Z Drive」は最短で2009年5月にも発売へ。ゲーマー向けキーボードとマウスの新型も
Behemoth。USB 1.1 FullSpeed接続となるレーザーセンサー搭載のワイヤードマウスで,トラッキング速度60ips,最大加速度は50G。本体にフラッシュメモリを内蔵し,キーボードコマンドやマクロを割り当てられる

 Sabreは,有機ELを採用した9個のプログラマブルキーを備えるのが最大の特徴で,ユーザーはここに,任意のキーアサインやマクロを割り当てられる。さらに,有機ELパネルに表示するアイコンを生成するためのユーティリティソフトも付属する予定だ。

「英語フルキーボードの左端に,9個の有機ELパネル内蔵キーを持つ製品」と説明するのが最もしっくりくるSabre。有機ELパネル内蔵キーの一つ一つはかなり大きめで,視認性,操作性はともに良好だ。写真やイラストデータから,ユーザー独自のキーアイコンを作るツールも付属する予定という。なお,ご覧のとおり,本体側面には青色LEDを内蔵
OCZの爆速SSD「Z Drive」は最短で2009年5月にも発売へ。ゲーマー向けキーボードとマウスの新型も

写真右端のボタンによりトラッキング解像度を切り替えられる。その横に三つ並んでいるのは青色LED内蔵の解像度インジケータ
OCZの爆速SSD「Z Drive」は最短で2009年5月にも発売へ。ゲーマー向けキーボードとマウスの新型も
 一方のBehemothは,スクロールホイールの手前側に用意されたボタンによりトラッキング解像度を800/1600/2400/3200dpiで切り替えられる点や,本体底面にウェイトを入れることで,本体重量は159gまで増やせるのが特徴のマウスとなっている。
 サイズは71(W)×118(L)×44(H)mmと,やや大振り。ユニークな点としては,本体底面に溝が掘られており,ケーブルの“生える”位置を調整できることが挙げられるが,全体的に詰め込みすぎのきらいもあり,好みは分かれるだろう。

OCZの爆速SSD「Z Drive」は最短で2009年5月にも発売へ。ゲーマー向けキーボードとマウスの新型も
本体は全面的にラバーコートされており,大きさの割に操作感は悪くない。サイドボタンは2個で,ここには赤色LEDを内蔵する
OCZの爆速SSD「Z Drive」は最短で2009年5月にも発売へ。ゲーマー向けキーボードとマウスの新型も
ウェイトにより重量調整が可能。5個のウェイトは,OCZの資料に計18g,計23gと二つの表記があり,どちらが正しいのか現時点では分からない

マウス底面には溝が設けられ,ケーブルをマウスのどこから出すのか調整できるようになっている
OCZの爆速SSD「Z Drive」は最短で2009年5月にも発売へ。ゲーマー向けキーボードとマウスの新型も
  • この記事のURL:
line
4Gamer.net最新情報
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:09月21日〜09月22日
タイトル評価ランキング
83
80
OCTOPATH TRAVELER (Nintendo Switch)
55
51
2018年03月〜2018年09月