オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
パッケージ
プロジェクトEGG公式サイトへ
準備中
準備中
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
3D視点の棒倒しゲーム「DIRES -giger・loop-(FM77AV版)」がプロジェクトEGGにて配信開始
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2019/05/07 14:33

リリース

3D視点の棒倒しゲーム「DIRES -giger・loop-(FM77AV版)」がプロジェクトEGGにて配信開始

プロジェクトEGG
配信元 D4エンタープライズ 配信日 2019/05/07

<以下,メーカー発表文の内容をそのまま掲載しています>

レトロゲーム配信サービス『プロジェクトEGG』にて『DIRES -giger・loop-(FM77AV版)』を無料配信開始

2019年5月7日、レトロゲームの復刻ビジネスやデジタルコンテンツの配信を行なっている株式会社D4エンタープライズ(本社・東京都千代田区、代表取締役・鈴木直人)は、同社が運営するレトロゲーム配信サービス『プロジェクトEGG(※)』において、新規コンテンツ『DIRES -giger・loop-(FM77AV版)』の無料配信を開始しました。

画像(004)3D視点の棒倒しゲーム「DIRES -giger・loop-(FM77AV版)」がプロジェクトEGGにて配信開始

(※プロジェクトEGG月額会員登録が必要です。)

 『DIRES -giger・loop-』は、1987年にボーステックからリリースされた3D視点のアクションゲーム。“トルーパー”と呼ばれるCPUを相手に、相手チームのポールを先にすべて倒すと勝利となるスポーツゲームライクな作品です。

 ゲームは、最初に対戦相手(CPUかプレイヤー)を設定した後に、互いにフィールドを移動しながら16本のポールを配置すると準備完了。対戦では相手の配置したポールに体当たりをしてポールを獲得し、相手の配置した16本のポールすべてを獲得すると勝利となります。

 ただし、ポールを獲得するには一定以上の速度が必要で、速度が充分でないと逆に跳ね返されてしまうので注意してください! また、バックミラーに相当するものもないので、目的となるポールがどこにあるのかを常に意識しながら移動することが重要です。もちろん、最初のポールの配置では、とられにくい並びなどを考えて配置しましょう。

 そしてこのゲームをさらに面白くしているのは、ある程度ランクが上がると貰える“シミュラ”というトルーパーの存在。これはプレイヤーの代理として戦わせることのできるというもので、初期状態では簡単なことしか出来ないものの、練習モードで戦術を叩き込んだり、実戦で経験を積ませたりすることで、次第に強くなっていきます。最初は負け続きなシミュラに学ばせて、敵トルーパーに勝利した時の感動は、本作ならではの楽しさでしょう。

 3D空間を舞台にドライブゲームのような操作感覚で進行する異色のアクションゲーム。将棋やチェスのような、限られたフィールドでの知恵比べが好きな方にオススメといえそうです。


画像(002)3D視点の棒倒しゲーム「DIRES -giger・loop-(FM77AV版)」がプロジェクトEGGにて配信開始 画像(003)3D視点の棒倒しゲーム「DIRES -giger・loop-(FM77AV版)」がプロジェクトEGGにて配信開始

「プロジェクトEGG」公式サイト

  • 関連タイトル:

    プロジェクトEGG

  • この記事のURL:
4Gamer.net最新情報
プラットフォーム別新着記事
総合新着記事
企画記事
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:06月24日〜06月25日