※見出しをクリックすると記事が読めます
東京ゲームショウ号外を自動表示しない
TGS 2019
号外No.3
東京ゲームショウまとめ読み!9月13日〜15日の3日間,東京ゲームショウ号外をお届け 特設ページへ
プロゲーマーの第一人者は今のeスポーツに何を思う
ウメハラ氏インタビュー
観覧者が殺到したステージイベントをレポート
さらなる新要素が明らかに
「DEATH STRANDING」
召喚獣はすぐに帰らない
「FINAL FANTASY VII REMAKE」
TGSに集結した海外タイトル
The Outer World
Vampire: The Masquerade -
Bloodlines 2
ダンジョンマンチーズ
期待のスマホアプリプレイレポート
妖かしレストラン
ガール・カフェ・ガン
悪魔城ドラキュラ Grimoire of Souls
オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
4Gamer.net
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
任天堂,第3四半期決算を発表。年末商戦で健闘も業績見込みは下方修正
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2012/01/26 17:28

業界動向

任天堂,第3四半期決算を発表。年末商戦で健闘も業績見込みは下方修正

 任天堂は,2011年度第3四半期の決算短信を発表した。
 第3四半期は,年末商戦期を含むためゲーム業界にとっては重要なものとなる。とくに年末商戦にあわせてタイトル展開をしていた任天堂にとっては,年間の展開が問われる決算といってよいだろう。

 結果は下記のグラフのとおり。

画像(001)任天堂,第3四半期決算を発表。年末商戦で健闘も業績見込みは下方修正

 この年末期はニンテンドー3DSの躍進が目立ったのだが,例年の年末商戦期と比較するともの足りない展開となっている。利益的にも,今年前半の赤字分を埋めるまでにはいたっていない。ニンテンドー3DSの出荷台数は1500万台を超え,WiiやニンテンドーDSを上回る普及速度を見せているという。結果を見ると,ニンテンドー3DSの不振で新機種分の上乗せが足りなかったというよりは,従来プラットフォームの落ち込みが問題といえそうだ。

 年末商戦での伸びが予想に達していないこと,これまでのドル安に加えて,急激に進んだユーロ安などの影響を受けて,今年度の業績見込みを下方修正している。任天堂では,2011年度開始時に立てた業績予想を四半期ごとに下方修正しており,今回の修正によって売上高で当初の6割の規模のものになっている。

売上高  純利益
当初予定  1兆1000億円  1100億円
7月修正  9000億円  200億円
10月修正  7900億円  -200億円
今回修正  6600億円  -650億円

 現状での売上高がすでに5500億円を超えているので,さすがに第4四半期では上方修正になりそうな気配だが,Wii Uが発売される2012年度に向けての巻き返しに期待したい。

任天堂IRページ

  • この記事のURL:
4Gamer.net最新情報
プラットフォーム別新着記事
総合新着記事
企画記事
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:09月14日〜09月15日
タイトル評価ランキング
81
KENGOHAZARD2 (PC)
76
Days Gone (PS4)
76
鬼ノ哭ク邦 (PC)
74
2019年03月〜2019年09月