オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名

LINEで4Gamerアカウントを登録
QRコードでLINEの4Gamer
アカウントを友達登録すると
月〜金の週5回,21時に厳選
ニュースをお届けします!
※購読にはLINEアプリが必要です
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

山室 良

このページの最終更新日:2017/08/28 00:00

rss


  • このページのURL:

キーワード

下線

いま,ダンケルクが熱い! ……ような気がするので,本物のダンケルクへ行ってみた

いま,ダンケルクが熱い! ……ような気がするので,本物のダンケルクへ行ってみた

 1940年,ドイツ軍に敗れた英仏両軍の兵士がフランス北部の街ダンケルクに追い詰められ,彼らを英本土へ連れ戻す史上最大規模の救出作戦が実施された。映画やゲームとのコラボなどで今,旬という気がしてならないそんなダンケルクと,対岸のドーバーの街を,勢いだけで訪ねてみた。

[2017/08/28 00:00]

ヒーローはもう古い! これからはアンチヒーローの時代,というわけで,この夏プレイしてみたいアンチヒーローもののストラテジーゲームを紹介

ヒーローはもう古い! これからはアンチヒーローの時代,というわけで,この夏プレイしてみたいアンチヒーローもののストラテジーゲームを紹介

 世界や正義や人類や彼女のために戦うのは時代遅れ。善悪のはっきりしないこの現代社会の主役は,アンチヒーローだ! というかなり強引きわまりない理由により,アンチヒーローをメインキャラクターに据えた,この夏にお部屋でじっくり遊べるストラテジーゲームをいくつか紹介したい。

[2017/08/19 00:00]

年末年始,これだけは遊んでおこう! オススメのシミュレーション/ストラテジーゲーム,ベスト10

年末年始,これだけは遊んでおこう! オススメのシミュレーション/ストラテジーゲーム,ベスト10

 最近のゲームはボリュームの大きなものが増えてきたが,とくにシミュレーションストラテジーゲームは時間がかかる。そう,年末年始のお休みはそういうタイトルにチャレンジできる絶好の機かなのだ。というわけで,じっくり腰をすえてプレイできるゲーム10本を紹介しよう。年末年始はこれをやろう。

[2016/12/28 00:15]

クニツィア新作「Yangtze(揚子江)」と,宗教改革テーマの「Sola Fide」をSPIEL'16会場でプレイ。共に歴史がテーマの骨太な一作

クニツィア新作「Yangtze(揚子江)」と,宗教改革テーマの「Sola Fide」をSPIEL'16会場でプレイ。共に歴史がテーマの骨太な一作

 世界中から多くの新作が集まるSPIELだが,その中にはさまざまなテーマのタイトルが存在している。本稿では,その中からReiner Knizia氏の新作「Yangtze(揚子江)」と,Jason Matthews&Christian Leonhard氏の新作「Sola Fide」を紹介してみたい。

[2016/11/21 00:00]

ハンガリー産のボードゲーム「Saltlands」は,奪った乗り物で荒野を駆け回るのが楽しいポストアポカリプスもの

ハンガリー産のボードゲーム「Saltlands」は,奪った乗り物で荒野を駆け回るのが楽しいポストアポカリプスもの

 ドイツ・エッセンで開催されたボードゲームのイベント「SPIEL’16」でプレイした「Saltlands」は,文明が崩壊した世界を背景に,干上がった大地ソルトランドで,野蛮な盗賊達の襲撃をかわしつつ,伝説の楽園を目指すというゲームだ。駒が盤上をめまぐるしく動く,テンポの良いこの作品を紹介しよう。

[2016/11/15 15:11]

ボードゲーム「This War of Mine: The Board Game」のプレイレポート。大反響を呼んだPC向けサバイバルゲームはどう再現されたのか

ボードゲーム「This War of Mine: The Board Game」のプレイレポート。大反響を呼んだPC向けサバイバルゲームはどう再現されたのか

 世界的な反響を呼んだPCゲーム「This War of Mine」。それをボードゲーム化した「This War of Mine: The Board Game」が,ドイツ・エッセンで開催されたイベントに出展されていたので,さっそくプレイした。果たして,あの重いテーマとシステムは,どのように再現されるのだろうか?

[2016/11/12 14:40]

ドイツのボードゲームイベントで見た,広告媒体としてのボードゲームと,企業や自治体の広報戦略

ドイツのボードゲームイベントで見た,広告媒体としてのボードゲームと,企業や自治体の広報戦略

 ドイツ・エッセンで開催されたボードゲームイベント「SPIEL’16」において,「景気と共に歩む - 広告媒体としてのゲーム」という企画展示が行われた。広告媒体としてのボードゲームを紹介するもので,19世紀の作品から旧東ドイツのプロパガンダ用タイトルまで,さまざまなゲームが展示されていた。

[2016/11/09 13:55]

ドイツのボードゲームイベント「SPIEL’16」で見かけた新作サッカーゲームをいくつか紹介

ドイツのボードゲームイベント「SPIEL’16」で見かけた新作サッカーゲームをいくつか紹介

 ドイツのボードゲームイベント「SPIEL’16」には,サッカーをテーマにしたゲームが多数出展されていた。試合だけでなく,クラブの運営など,サッカーの多彩な面を取り上げて再現したこれらのゲーム。その中から気になる3作品を紹介しよう。

[2016/11/08 18:07]

個性的な指導者を選び,世界に冠たる大帝国を築け。「シドマイヤーズ シヴィライゼーション VI」のプレイレポート

個性的な指導者を選び,世界に冠たる大帝国を築け。「シドマイヤーズ シヴィライゼーション VI」のプレイレポート

 2Kから発売中の「シドマイヤーズ シヴィライゼーション VI」は,世界の文明をテーマにした国家運営シムで,「あともう1ターンだけ……」という中毒者を世界各国で生み出したシリーズの最新作だ。果たして,どこがどう変わって,その結果,何がどうなったのか。さっそくお伝えしたい。

[2016/11/02 10:00]

和風のビジュアルが目を惹く「KANAGAWA」プレイレポート。浮世絵師(見習い)となり,大作の完成を目指すフランス産ボードゲーム

和風のビジュアルが目を惹く「KANAGAWA」プレイレポート。浮世絵師(見習い)となり,大作の完成を目指すフランス産ボードゲーム

 SPIEL'16に出展されていたタイトルの中から,フランスのパブリッシャ,IELLO gamesの新作ボードゲーム「KANAGAWA」を紹介しよう。Bruno Cathala氏Charles Chevallier氏がデザインした同作は,ビジュアルやコンポーネントにこだわりを感じる作品として,SPIEL'16の出展タイトルの中でも一際注目を集めていたタイトルだ。

[2016/11/01 00:00]

第11回「カルカソンヌ」世界選手権大会がSPIEL会場で開催。前回王者の優勝なるか。あるいはロシア初の優勝者が出るか。そして,日本人プレイヤーの成績は?

第11回「カルカソンヌ」世界選手権大会がSPIEL会場で開催。前回王者の優勝なるか。あるいはロシア初の優勝者が出るか。そして,日本人プレイヤーの成績は?

 ドイツで開催されたSPIEL’16の最終日となる2016年10月16日,ボードゲーム「カルカソンヌ」の世界選手権大会が開催され,世界34か国36人の代表選手がエッセンの地で,頂点を目指した戦いを繰り広げた。2014年には日本人選手が優勝したことでも知られるこの大会の模様をレポートしたい。

[2016/10/25 17:45]

拡大を続けるSPIELは何を目指すのか――主催者・Friedhelm Merz出版に聞くその歴史と,ドイツから見た日本

拡大を続けるSPIELは何を目指すのか――主催者・Friedhelm Merz出版に聞くその歴史と,ドイツから見た日本

 国際的なボードゲームイベントとして,世界中のファンにとっての憧れにもなっているSPIEL。しかし1983年にスタートしたときは,ごく小規模なイベントにすぎなかったという。それがどのようにして現在のメガショウに成長したのか。Friedhelm Merz出版の広報責任者・Frank Zirpins氏に話を聞いてみた。

[2016/10/25 17:11]

[SPIEL'16]近未来を舞台にした潜水艦ボードゲーム「CAPTAIN SONAR」プレイレポート。勝利の鍵は,乗組員の連係にあり

[SPIEL'16]近未来を舞台にした潜水艦ボードゲーム「CAPTAIN SONAR」プレイレポート。勝利の鍵は,乗組員の連係にあり

 Matagotが2016年に発売した「CAPTAIN SONAR」は,近未来を舞台にした潜水艦もののタイトルだ。潜水艦ものならではの緻密な情報戦と,協力プレイの楽しさを詰め込んだ本作は,海外の各種レビューでも高い評価を受け,SPIEL'16でも多くのギャラリーを集める賑わいを見せていた。

[2016/10/22 15:03]

[SPIEL’16]磁石を使ったギミックが楽しい「Mino&Tauri」をプレイ。大人から子供まで楽しめる協力型ボードゲーム

[SPIEL’16]磁石を使ったギミックが楽しい「Mino&Tauri」をプレイ。大人から子供まで楽しめる協力型ボードゲーム

 AMIGO Spielの新作ボードゲーム「Mino&Tauri」は,SPIEL'16のプレスカンファレンスにおいても,独創的なアイデアを持ったゲームとして紹介されたタイトルの一つだ。子供向けゲームでありながら,大人でも熱中できる奥深さを備えた本作を紹介していこう。

[2016/10/22 15:00]

[SPIEL’16」新作ボードゲームカタログ展示会レポート(その2)。子供向けからマニア向けまで,世界の最新タイトルがここに集結

[SPIEL’16」新作ボードゲームカタログ展示会レポート(その2)。子供向けからマニア向けまで,世界の最新タイトルがここに集結

 SPIEL'16の新作カタログ展示会レポート第2弾をお届けする。出展タイトルがとにかく膨大だったので,ごく一部しか紹介できないのが残念だが,写真多めでお届けするので,ボードゲームファンはぜひチェックしてほしい。

[2016/10/20 16:53]

[SPIEL’16]小型化の秘密は円盤にあり? 会場で大人気の卓上版「リアル脱出ゲーム」を遊んでみた

[SPIEL’16]小型化の秘密は円盤にあり? 会場で大人気の卓上版「リアル脱出ゲーム」を遊んでみた

 SPIEL'16で注目を集めているジャンルの一つである「脱出ゲーム」の中から,「Escape the Room: Geheimnis der Sternwarte」を紹介しよう。「天文台の謎」というサブタイトルが付けられた本作は,円盤状のボードを用いることで脱出ゲーム全体をコンパクトにまとめた,なかなか興味深いタイトルだった。

[2016/10/17 13:45]

[SPIEL’16]2016年のボードゲームの潮流は? 脱出ゲームの流行や,宗教改革500周年の影響が語られた,SPIEL'16プレスカンファレンスレポート

[SPIEL’16]2016年のボードゲームの潮流は? 脱出ゲームの流行や,宗教改革500周年の影響が語られた,SPIEL'16プレスカンファレンスレポート

 2016年10月13日から16日の4日間,ドイツのエッセンで開催されるボードゲームイベント「SPIEL'16」。それに先立つ10月12日に,イベントの概要を説明するプレス向けカンファレンスが開催されたので,その模様をお届けしたい。

[2016/10/14 01:30]

「Hearts of Iron IV」 のファーストインプレッション。ファン待望の第二次世界大戦ストラテジーの最新作を,シリーズの歴史と合わせて紹介

「Hearts of Iron IV」 のファーストインプレッション。ファン待望の第二次世界大戦ストラテジーの最新作を,シリーズの歴史と合わせて紹介

 北米時間の2016年6月6日,Paradox Interactiveの最新ストラテジー「Hearts of Iron IV」がついに発売された。発売延期を繰り返し,不安に思っていた日本のファンも少なくないはずだが,ようやく登場した「Hearts of Iron」はどのような作品になったのだろうか? 本作が初めて、という人のために,シリーズの歴史を振り返りつつ紹介したい。

[2016/06/08 00:00]

パラドゲーがついに宇宙進出。「Stellaris」がなぜ,ファンから大きな支持を受けたのかを探ってみた

パラドゲーがついに宇宙進出。「Stellaris」がなぜ,ファンから大きな支持を受けたのかを探ってみた

 2016年5月11日にリリースされた「Stellaris」は,Paradox Interactive初となるSFストラテジーだ。発売と同時にメディアやプレイヤーから高い評価を獲得し,2015年に発売された「Cities:Skylines」を超えるヒット作になったという。宇宙でストラテジーで,しかもパラドゲーという,マニア向けとしか思えない本作だが,実は万人にオススメできる良作に仕上がっているのだ。

[2016/05/21 00:00]

ドレスデンのドイツ連邦軍軍事史博物館で,中世から現代までの軍事にまつわるあれこれを堪能してきた

ドレスデンのドイツ連邦軍軍事史博物館で,中世から現代までの軍事にまつわるあれこれを堪能してきた

 ドイツの都市,ケムニッツで開催された,歴史とゲームの関連性を考える「軍事史研究会」については,本日掲載した記事でもお届けしたとおりだが,ケムニッツから列車で1時間ほどの街,ドレスデンには,ドイツ最大の総合的な軍事博物館,「ドイツ連邦軍軍事史博物館」が存在している。1時間なんて,隣みたいなものなので,さっそく足を運んでみた。

[2015/12/19 12:00]

研究者の目に歴史ゲームはどのように映っているのか。ドイツで行われた軍事史研究会をレポート

研究者の目に歴史ゲームはどのように映っているのか。ドイツで行われた軍事史研究会をレポート

 2015年11月26日から28日にかけて,ドイツ東部のケムニッツで「軍事史研究会」の年次大会が開催された。軍事史と社会,文化との関わりについて毎年興味深い報告を行っていることで有名なこの研究会だが,今年のテーマは「コンピュータゲームにおける戦争と組織化された暴力」というもの。果たして研究者の目に歴史ゲームはどのように映っているのだろうか。

[2015/12/19 12:00]

ポーランド・リトアニア連合軍とドイツ騎士団が壮絶な戦いを演じる歴史イベント,「グルンヴァルドの戦い」の模様をレポート

ポーランド・リトアニア連合軍とドイツ騎士団が壮絶な戦いを演じる歴史イベント,「グルンヴァルドの戦い」の模様をレポート

 1410年7月15日,ポーランド・リトアニア連合軍とドイツ騎士団がポーランド北部の小村,グルンヴァルド村付近で激突した。それ以降の歴史の流れに決定的な影響を及ぼしたこの「グルンヴァルドの戦い」を,当時のままに再現するイベントが毎年,ポーランドで行われているので,その模様をお伝えしたい。歴史ファンにとって,たまらんものがあるはずだ。

[2015/07/25 12:00]

欧米でヒット中の都市建設シム「Cities: Skylines」をレビュー。きれいにカーブを描いた道路を自由に引いて,理想の都市建設を目指せ

欧米でヒット中の都市建設シム「Cities: Skylines」をレビュー。きれいにカーブを描いた道路を自由に引いて,理想の都市建設を目指せ

 フィンランドのデベロッパColossal Orderが開発した「Cities: Skylines」は,発売後,欧米メディアやプレイヤーの高い評価を獲得し,パブリッシャであるParadox Interactive史上,最大のセールスを記録したという都市建設シムだ。これまでの都市建設シムの不満点を丁寧に取り除いたという本作のレビューを,都市建設マニアの皆さんにお届けしよう。

[2015/03/28 12:00]

「ストロングホールド クルセイダー2 日本語版」をレビュー。最強の城を築いたり,難攻不落の城を攻め落としたり,攻城戦を堪能しよう

「ストロングホールド クルセイダー2 日本語版」をレビュー。最強の城を築いたり,難攻不落の城を攻め落としたり,攻城戦を堪能しよう

 ズーから発売中の「ストロングホールド クルセイダー2 日本語版」は,十字軍時代の中東を舞台にした,攻城戦メインのRTSだ。都市を発展させ,理想の城郭を作り上げて敵の攻撃をしのいだり,さまざまな攻城兵器を使って,難攻不落の城を攻め落としたりと,いろいろな攻城戦を堪能できる本作の魅力を紹介したい。

[2015/01/15 12:02]

海運シミュレーション「ライズ オブ ヴェニス」のレビューを掲載。「パトリシアン」の遺伝子を受け継ぎつつ,より洗練されたシステムに

海運シミュレーション「ライズ オブ ヴェニス」のレビューを掲載。「パトリシアン」の遺伝子を受け継ぎつつ,より洗練されたシステムに

 MAGES.が2014年4月24日に発売するPC向け海運シミュレーション「ライズ オブ ヴェニス」のレビューを掲載する。「パトリシアン」や「ポートロイヤル」といった交易シミュレーションゲームの開発元であるGaming Mind Studiosの最新作にあたる本作は,初心者向けの要素を入れながら,交易シムファンの期待にも応えられるものに仕上がっている。

[2014/04/23 00:00]

都市建設シミュレーションの新作として欧米ゲーマーの注目を集める「Banished」のプレイレポート。ミクロ視点で村を発展させる本作の面白さは,どこにあるのか

都市建設シミュレーションの新作として欧米ゲーマーの注目を集める「Banished」のプレイレポート。ミクロ視点で村を発展させる本作の面白さは,どこにあるのか

 2014年2月19日に発売された「Banished」は,都市建設シムの新星として現在,欧米PCゲーマーの熱い注目を集めている。「シムシティ」以降,さまざまなタイトルが登場し,すでに成熟しきったかと思われていたこのジャンルだが,本作は改めてプレイヤーに面白さを提供することに成功したようだ。ここで,その秘密を探ってみよう。

[2014/03/12 00:00]

Paradoxのストラテジー「Europa Universalis IV」のインプレッション。従来作との違いを新設のウインドウから探ってみる

Paradoxのストラテジー「Europa Universalis IV」のインプレッション。従来作との違いを新設のウインドウから探ってみる

 Paradox Interactiveの新作「Europa Universalis IV」のインプレッションをお届けしよう。ヨーロッパ世界を中心にした,400年間の歴史の激しいうねりを追体験できる,ラージスケールのストラテジーとして,日本でもファンの多い「Europa Universalis」シリーズの最新作。従来作との違いを中心に紹介する。

[2013/09/07 00:00]

コンシューマ機でも楽しめるようになった,土と酪農の暮らし。リアル農業シム「Farming Simulator」のインプレッションを掲載

コンシューマ機でも楽しめるようになった,土と酪農の暮らし。リアル農業シム「Farming Simulator」のインプレッションを掲載

 ラッセルが2013年9月5日の発売を予定している「Farming Simulator」は,「農業」をテーマにした異色のシミュレーションだ。プレイヤーは大型農業機械を操作して土を耕し,種をまき,実りを待つというもの。初の日本語コンシューマ機版となった本作がどのようなゲームなのか,そのインプレッションをお届けしよう。

[2013/08/31 00:00]

[gamescom]移植は順調に進行中? βテストが開始したばかりの「World of Tanks: Xbox 360 Edition」を本場ドイツで体験してきた

[gamescom]移植は順調に進行中? βテストが開始したばかりの「World of Tanks: Xbox 360 Edition」を本場ドイツで体験してきた

 ベラルーシのゲームメーカー,Wargaming.netが手がけるMMO戦車アクション「World of Tanks: Xbox 360 Edition」βテストを体験できる展示が,gamescom 2013のMicrosoftブースに出展されていた。気になるXbox 360への移植の具合はいかがなものか,PC版プレイヤーでもある筆者がレポートする。

[2013/08/24 17:14]

Paradox Interactive本社旅行記。ファンミーティングに参加して,「March of the Eagles」「Crusader Kings II」などの開発者やCEOに,いろいろな話を聞いた

Paradox Interactive本社旅行記。ファンミーティングに参加して,「March of the Eagles」「Crusader Kings II」などの開発者やCEOに,いろいろな話を聞いた

 Paradox Interactiveが開発する歴史ストラテジーは,「パラドゲー」として日本でもファンが多い。とはいえ,なにぶんスウェーデンのメーカーだけに,なかなか話を聞く機会がなかったのも事実。そこで,同社が本社で開催したファンイベントに参加して,さまざまなタイトルの開発意図などをインタビューしてきた。その模様をお伝えしよう。

[2013/05/25 00:00]

シリーズ最新作となる「Europa Universalis IV」はどんな内容になるのか。新たに明らかになった変更点を紹介し,その姿を探る

シリーズ最新作となる「Europa Universalis IV」はどんな内容になるのか。新たに明らかになった変更点を紹介し,その姿を探る

 Paradox Interactiveの新作「Europa Universalis IV」の制作が発表されて約半年。公式フォーラムにはすでに10以上の開発レポートが公開されている。というわけで,ここでは,これまでに発表されたレポートを改めて紹介しつつ,Paradox Interactiveの看板ともいえるこのシリーズが,どのように変化しようとしているのかを考察してみたい。

[2013/01/12 00:00]

Paradox Interactive「戦国」のレビューを掲載。海外デベロッパが制作した日本の戦国モノに,「戦国のにおい」は感じられるか

Paradox Interactive「戦国」のレビューを掲載。海外デベロッパが制作した日本の戦国モノに,「戦国のにおい」は感じられるか

 サイバーフロントから発売中のストラテジー「戦国」のレビューを掲載した。コアなストラテジーゲームを作り続けるParadox Interactiveが挑んだ初の戦国モノとして,とくに日本のファンからの注目を集める本作。遠いスウェーデンの地から見た日本の戦国時代とは? そして,面白い戦国ゲームに求められるものとは? 本作をプレイして考えてみた。

[2012/03/24 00:00]

ヨーロッパ名門貴族の歴史を体験できる「Crusader Kings II」のプレイレポートを掲載。まるでハプスブルク家のように華麗なゲーム

ヨーロッパ名門貴族の歴史を体験できる「Crusader Kings II」のプレイレポートを掲載。まるでハプスブルク家のように華麗なゲーム

 Paradox Interactiveが2012年2月7日に欧米での発売を予定しているストラテジー「Crusader Kings II」の,プレビュー版のレビューを掲載した。いわゆる“パラドゲー”として,膨大なデータと独自の歴史観が魅力の本作だが,国の取り合いではなく,いかにして自分の血脈を永らえさせるかに重点が置かれた異色の作品になっているのだ。

[2012/01/07 00:00]
さらに記事を探す

トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:10月18日〜10月19日