オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名

LINEで4Gamerアカウントを登録
QRコードでLINEの4Gamer
アカウントを友達登録すると
月〜金の週5回,21時に厳選
ニュースをお届けします!
※購読にはLINEアプリが必要です
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

朱鷺田祐介

このページの最終更新日:2015/12/26 00:00

rss


  • このページのURL:

キーワード

下線

アナログゲームの祭典「ゲームマーケット2015秋」レポート。第1回ゲームマーケット大賞はオインクゲームズの「海底探険」が受賞

アナログゲームの祭典「ゲームマーケット2015秋」レポート。第1回ゲームマーケット大賞はオインクゲームズの「海底探険」が受賞

 2015年11月22日,アークライトが主催するアナログゲームの即売会イベント「ゲームマーケット2015秋」が,東京ビッグサイトにて開催された。各企業やサークル渾身の新作タイトルが一堂に会し,さらにはさまざまな企画展示も行われるこのイベント。本稿ではそんな会場の熱気を,写真と共にお伝えしていこう。

[2015/12/26 00:00]

GWのビッグサイトに最新アナログゲームが集結。著名デザイナーのトークステージなどで盛り上がった「ゲームマーケット2015春」レポート

GWのビッグサイトに最新アナログゲームが集結。著名デザイナーのトークステージなどで盛り上がった「ゲームマーケット2015春」レポート

 アークライトが主催するアナログゲームイベント「ゲームマーケット2015春」が2015年5月5日,東京ビッグサイトにて開催された。国内外の最新アナログゲームが集結し,著名クリエイターによるトークステージなども充実していた今回のゲームマーケット。GW期間中ということもあって盛り上がった会場の様子を,豊富な写真と共に紹介していこう。

[2015/05/09 23:59]

ボードゲーム,西の祭典「ゲームマーケット2015大阪」レポート。海外の話題作から,新機軸の国産インディーズまで盛りだくさん

ボードゲーム,西の祭典「ゲームマーケット2015大阪」レポート。海外の話題作から,新機軸の国産インディーズまで盛りだくさん

 2015年3月1日,大阪鶴見緑地の花博記念公園にあるハナミズキホールにて,アークライトが主催するアナログゲームイベント「ゲームマーケット2015大阪」が開催された。国内ボードゲームの主要メーカーほか,輸入ショップ,同人サークルと142の団体が参加し,3000人を超える来場者で賑わいを見せた会場の模様を,写真と共にお伝えしていこう。

[2015/03/14 00:00]

Kickstarterから生まれた,ポーランド発のSFタイルゲーム「Galaxy of Trian」レビュー。美麗なアートワークに彩られた宇宙版カルカソンヌ

Kickstarterから生まれた,ポーランド発のSFタイルゲーム「Galaxy of Trian」レビュー。美麗なアートワークに彩られた宇宙版カルカソンヌ

 ボードゲームの祭典SPIEL’14で見つけた新作の中から,ポーランド発のSFタイルゲーム「Galaxy of Trian」を紹介しよう。Kickstarterで13万ドルもの資金調達に成功したという同作は,なによりその豪華なコンポーネントが目を惹くタイトルだ。プレイフィールも宇宙版カルカソンヌといったおももちで,SFマインド抜群のタイトルに仕上がっていた。

[2015/03/03 00:00]

リアル魔導書をめくりながら戦う「グリモリア 完全日本語版」レビュー。魔術師同士の心理戦が味わえる,対戦型の傑作ボードゲーム

リアル魔導書をめくりながら戦う「グリモリア 完全日本語版」レビュー。魔術師同士の心理戦が味わえる,対戦型の傑作ボードゲーム

 アークライトから発売中のボードゲーム「グリモリア 完全日本語版」のレビューをお届けする。ファンタジー世界における魔術師同士の争いがテーマの本作は,15の呪文が書き記された“魔導書”を,プレイヤーが実際にめくりながら戦うのが特徴だ。木皿儀隼一氏がゲームデザインを手がけ,海外での評価も高い本作を改めて紹介していこう。

[2015/02/24 13:32]

デスゲームを生き延び,閉鎖空間から脱出を目指す「ルーム25」レビュー。協力プレイに絶妙な心理戦がミックスされたボードゲーム

デスゲームを生き延び,閉鎖空間から脱出を目指す「ルーム25」レビュー。協力プレイに絶妙な心理戦がミックスされたボードゲーム

 閉鎖空間に閉じ込められた主人公達が,死の罠をくぐり抜けながら制限時間内の脱出を目指す――そんな映画「CUBE」のようなシチュエーションを再現したボードゲーム「ルーム25」を紹介しよう。デスゲームの緊張感をスパイスに,パズル要素と正体隠匿系ゲームを組み合わせられており,ビジュアル的にもキャッチーな一作となっている。

[2015/02/07 00:00]

ヘビーネットゲーマーからゲームデザイナーへ。「ラブレター」で日本人初のドイツゲーム賞入賞を果たしたカナイセイジ氏に聞く,原点と未来

ヘビーネットゲーマーからゲームデザイナーへ。「ラブレター」で日本人初のドイツゲーム賞入賞を果たしたカナイセイジ氏に聞く,原点と未来

 代表作「ラブレター」で,日本人初のドイツゲーム賞入賞を果たしたカナイセイジ氏。日本を代表するボードゲームデザイナーとしてその名を知らしめた氏は,今何を思い,これから何を目指そうとしているのか。授賞式後,10月のエッセンで話を聞いてみた。少し時間があいてしまったが,その模様をインタビューとしてお届けしよう。

[2014/12/27 00:05]

女流棋士・北尾まどか氏に聞く,知られざる将棋の世界――どうぶつしょうぎ・賞金・コンピュータ,そしてマインドスポーツまで

女流棋士・北尾まどか氏に聞く,知られざる将棋の世界――どうぶつしょうぎ・賞金・コンピュータ,そしてマインドスポーツまで

 女流棋士・北尾まどか氏が手がける「どうぶつしょうぎ」が,SPIEL'14に出展されていた。知育玩具として多くのメディアで取り上げられる同作だが,世界ではどう受け止められているのか。また女流棋士としての活動の傍らで,将棋の普及に尽力する氏は,いったいどんな思いでドイツの地に立ったのか。SPIEL'14の会場で話を聞いてみた。

[2014/12/27 00:05]

邪神達が大激突で地球がヤバイ。「クトゥルフ神話TRPG」のSandy Petersen氏が手がけるボードゲーム「Cthulhu Wars」プレイレポート

邪神達が大激突で地球がヤバイ。「クトゥルフ神話TRPG」のSandy Petersen氏が手がけるボードゲーム「Cthulhu Wars」プレイレポート

 2014年末にGreen Eye Gamesから発売されるミニチュアボードゲーム「Cthulhu Wars」が,SPIEL’14の同社ブースに出展されていた。同作は,クトゥルフ神話の邪神達が未来の地球で激突するというボードゲームだ。クトゥルフやハスター,ニャルラトホテプといったお馴染みの邪神達によって繰り広げられる大戦争の模様をレポートしていこう。

[2014/12/20 00:00]

[SPIEL’14]南アフリカ発の小粋なダイスゲーム「Ancient Terrible Things」を紹介。「インディ・ジョーンズ」ライクな“パルプアドベンチャー”ゲーム

[SPIEL’14]南アフリカ発の小粋なダイスゲーム「Ancient Terrible Things」を紹介。「インディ・ジョーンズ」ライクな“パルプアドベンチャー”ゲーム

 ドイツのエッセンにて2014年10月16日から19日まで開催された「Internationale Spieltage SPIEL’14」。数多くの新作ボードゲームが展示されていたその会場で,さまざまなゲームを実際に遊んでみることができた。本稿では,そんな中から筆者が気になった一作「Ancient Terrible Things」を紹介してみよう。

[2014/11/29 00:00]

ますます拡大を続けるアナログゲームの祭典「ゲームマーケット2014秋」。その幅広さと奥深さをたっぷりレポート

ますます拡大を続けるアナログゲームの祭典「ゲームマーケット2014秋」。その幅広さと奥深さをたっぷりレポート

 アークライトが主催するアジア最大級のアナログゲームイベント「ゲームマーケット2014秋」が11月16日に東京ビッグサイトにて開催された。アナログゲーム研究本のブームといったトレンドも見られ,「ポストカードゲーム」の企画タイトルも充実した今回のゲームマーケット。さまざまなトピックに彩られた会場の様子を写真と共にレポートしていこう。

[2014/11/22 00:00]

[SPIEL’14]インディーズTCGから世界を目指す「真空管ドールコレクション」とは何か。ソニー・ミュージックとJHラボに話を聞いてみた

[SPIEL’14]インディーズTCGから世界を目指す「真空管ドールコレクション」とは何か。ソニー・ミュージックとJHラボに話を聞いてみた

 世界中のボードゲームデベロッパが軒を連ねたSPIEL’14だが,中でも異色のブースを構えていたのがインディーズ出身のTCG「真空管ドールコレクション」を展示していたJHラボとソニー・ミュージックエンタテインメントの合同ブースだ。日本の萌えコンテンツで本場ドイツに殴り込みをかける2社にはどんな狙いがあるのか,ブースで話を聞いてみた。

[2014/11/17 14:47]

[SPIEL’14]「ルールブックが要らないボードゲーム」を目指す,老舗メーカーの挑戦。「Orongo」「ABLUXXEN」で賑わうRavensburger AGブースレポート

[SPIEL’14]「ルールブックが要らないボードゲーム」を目指す,老舗メーカーの挑戦。「Orongo」「ABLUXXEN」で賑わうRavensburger AGブースレポート

 Ravensburger AGと言えば,「カタンの開拓者たち」のKOSMOSと並んで,ドイツゲームのメーカーでは老舗中の老舗だ。そんな同社ブースでは,Reiner Knizia氏の新作「Orongo」や,ドイツゲーム大賞金の羽根賞を受賞した「ABLUXXEN」に加えて,同社イチオシのスマホ連動ゲーム「smartPLAY」も3タイトルが展示されていた。

[2014/11/08 21:56]

[SPIEL’14]「シャドウラン」の生みの親が手がける新作ミニチュアゲーム「Golem Arcana」プレイレポート。そのビジュアルとタブレット連動に注目

[SPIEL’14]「シャドウラン」の生みの親が手がける新作ミニチュアゲーム「Golem Arcana」プレイレポート。そのビジュアルとタブレット連動に注目

 シアトルのデベロッパHarebrained Schemesが手がける新作ミニチュアボードゲーム「Golem Arcana」のプレイレポートをお届けする。スマホ連動タイトルをあちこちで見かけた今回のSPIEL’14だが,中でもビジュアル面でとくに目を惹く本作は,なんとあの「シャドウラン」の生みの親,Jordan Weisman氏がゲームデザインを手がけたタイトルだった。

[2014/11/08 20:01]

[SPIEL’14]あのM:tGがボードゲームに! ついにベールを脱いだ「Magic: The Gathering Strategy Board Game」プレイレポート

[SPIEL’14]あのM:tGがボードゲームに! ついにベールを脱いだ「Magic: The Gathering Strategy Board Game」プレイレポート

 TCGの祖にして最高峰である「マジック:ザ・ギャザリング」のボードゲームが発表された2014年10月10日。翌週の開催となった「SPIEL’14」では,同作がさっそくプレアブル可能となっていた。Hasbroブースで行われていたデモプレイに筆者も参加してみたので,そのプレイレポートをお届けしよう。

[2014/11/08 00:00]

[SPIEL’14]「カタン」「アンドールの伝説」,そして「街コロ」――老舗ボードゲームメーカーKOSMOSが語るヒットの秘訣とは

[SPIEL’14]「カタン」「アンドールの伝説」,そして「街コロ」――老舗ボードゲームメーカーKOSMOSが語るヒットの秘訣とは

 ドイツのエッセンにて開催されたボードゲームの祭典「SPIEL’14」から,KOSMOSブースのレポートをお届けしよう。「カタンの開拓者たち」から「アンドールの伝説」まで,ドイツゲームの黎明期から多くの人に愛されるタイトルを生み出し続けるKOSMOS。その秘密はどこにあるのか。同社のプロダクトマネージャーに話を聞いてみた。

[2014/11/05 00:00]

[SPIEL’14]ドイツゲーム賞2014表彰式フォトレポート。晴れの舞台に,笑顔のクリエイター達が集結

[SPIEL’14]ドイツゲーム賞2014表彰式フォトレポート。晴れの舞台に,笑顔のクリエイター達が集結

 ドイツ時間の2014年10月15日に開催された,「SPIEL’14」前夜祭の模様をお伝えしよう。ゲームデザイナーやメーカー関係者,プレスなどを招き,着座のディナー形式で行われるこのイベントだが,そのメインは食べ物ではなく,なんといってもドイツゲーム賞の受賞式だ。受賞したデザイナー達が笑顔で登壇し,晴れの舞台を彩った。

[2014/10/18 14:22]

[SPIEL’14]古典作品からスマホ連動の最新作までズラリ。開幕前日に行われた関係者向け先行公開をレポート

[SPIEL’14]古典作品からスマホ連動の最新作までズラリ。開幕前日に行われた関係者向け先行公開をレポート

 世界最大級のボードゲーム展示会「SPIEL’14」の開幕前日となるドイツ時間の2014年10月15日,バイヤーやメディアを対象としたプレスカンファレンスおよび新作展示会が,SPIEL’14会場となるMesse Essenのホールを貸し切って行われた。本稿ではその中からとくに目を惹いたタイトルを紹介していこう。

[2014/10/16 15:29]

[SPIEL’14]世界最大級のボードゲームの祭典「SPIEL’14」が開幕。世界中のボードゲームファンがドイツ・エッセンに集結

[SPIEL’14]世界最大級のボードゲームの祭典「SPIEL’14」が開幕。世界中のボードゲームファンがドイツ・エッセンに集結

 ドイツのノルトライン=ヴェストファーレン州,エッセンにあるイベントホール・Messe Essenにて,現地時間の2014年10月16日,ボードゲームの見本市イベント「Internationale Spieltage SPIEL’14」が開幕する。ドイツゲーム賞2014の受賞式など,世界中のボードゲームファンが注目するこのイベントを,現地からレポートする。

[2014/10/16 13:00]

アナログゲームの祭典「ゲームマーケット2014春」。ボードゲーム界の“今”が垣間見える会場の模様を,写真と共にお届け

アナログゲームの祭典「ゲームマーケット2014春」。ボードゲーム界の“今”が垣間見える会場の模様を,写真と共にお届け

 真夏日となった2014年6月1日,アークライトが主催するアナログゲームイベント「ゲームマーケット2014春」が東京ビッグサイトにて開催された。15年目を迎えてもなお拡大を続けるゲームマーケットだが,今回も各社各サークルの新作タイトルが盛りだくさん。若干掲載が遅くなってしまったが,今回も豊富な写真と共に,会場の模様をお伝えしていこう。

[2014/06/28 00:00]

[超会議3]国産傑作ボードゲームが集結。カナイ製作所の新作や「ワンナイト人狼 超人Ver.」などもお披露目された「超ゲームマーケット」レポート

[超会議3]国産傑作ボードゲームが集結。カナイ製作所の新作や「ワンナイト人狼 超人Ver.」などもお披露目された「超ゲームマーケット」レポート

 2014年4月26日と27日,幕張メッセで行われた「ニコニコ超会議3」にて,ゲームマーケットの出張版「超ゲームマーケット」が開催された。国産の傑作ボードゲームがズラりと並べて体験プレイできるというこのイベント。普段ボードゲームに馴染みがない人も巻き込んで大盛り上がりとなっていた。その会場の模様をレポートしていこう。

[2014/05/01 17:38]

大人気の「人狼ゲーム」を徹底解説する集中連載「特集:人狼」。本日スタートの第1回は“人狼ゲームカタログ”で,その歴史と広がりを再検証

大人気の「人狼ゲーム」を徹底解説する集中連載「特集:人狼」。本日スタートの第1回は“人狼ゲームカタログ”で,その歴史と広がりを再検証

 最近大きなブームとなっている「人狼ゲーム」。ゲームジャンルの垣根を越えた人気となっている同作だが,その人気の秘密は一体どこにあるのだろうか。今回4Gamerでは,この大人気の人狼ゲームを深く掘り下げるべく,全3回わたる短期連載をスタート。第1回は,人狼のたどってきた歴史と,現在入手可能な人狼系ゲームについて紹介していこう。

[2014/03/22 10:00]

君が市長だ! 「シムシティ」好きにもオススメの都市計画ボードゲーム「シティビルダー 完全日本語版」レビューを掲載

君が市長だ! 「シムシティ」好きにもオススメの都市計画ボードゲーム「シティビルダー 完全日本語版」レビューを掲載

 アークライトの「シティビルダー 完全日本語版(Suburbia)」は,プレイヤーが市長となって街に施設を建設し,100万人の大都市を目指すという,「シムシティ」にも似た都市計画ボードゲームだ。さまざまな施設を表すタイルを配置しながら街を大きくしていくというシンプルなコンセプトながら,欧米で大ヒットとなった本作。その魅力に迫ってみよう。

[2014/01/20 12:19]

力を合わせて幽霊屋敷の謎を解き明かせ。テーブルトークRPGライクな協力型タイルゲーム「ゴーストハンター13 The Tile Game」

力を合わせて幽霊屋敷の謎を解き明かせ。テーブルトークRPGライクな協力型タイルゲーム「ゴーストハンター13 The Tile Game」

 シナリオに仕組まれた謎を解き明かし,幽霊屋敷からの脱出を目指す協力型タイルゲーム「ゴーストハンター13 The Tile Game」を紹介しよう。アナログゲーム界の重鎮,グループSNEの安田 均氏がゲームデザインを手がけた本作は,原作TRPGのテイストを残しつつ,ホラー系ボードゲームとして再構築された,手に汗握る一作となっている。

[2014/01/18 00:00]

カードゲーム好きならハマる! ドラフトが勝負を分けるボードゲーム「Seasons/十二季節の魔法使い」をレビュー

カードゲーム好きならハマる! ドラフトが勝負を分けるボードゲーム「Seasons/十二季節の魔法使い」をレビュー

 ホビージャパンが日本語版を販売中の「Seasons/十二季節の魔法使い」は,ファンタジー世界で魔法対決を繰り広げるという設定のボードゲーム。トレーディングカードゲームでよく見かけるルール「ドラフト」でカードやサイコロの出目を選び,ゲームを進めるシステムが特徴となっている。

[2013/11/18 00:00]

アナログゲームの祭典「ゲームマーケット2013秋」をたっぷりの写真とともにレポート。小雨の中,5000人以上の参加者が集まる

アナログゲームの祭典「ゲームマーケット2013秋」をたっぷりの写真とともにレポート。小雨の中,5000人以上の参加者が集まる

 アジア最大級にまで成長を遂げたボードゲーム/カードゲームの即売会「ゲームマーケット」。大手メーカーや出版社から小さなサークルまで,さまざまなゲームを持ち寄るこのアナログゲームの一大イベントは,会場を東京ビッグサイトに移し,ますます拡大を続けている。「ゲームマーケット2013秋」の模様をたっぷりの写真とともにお届けしよう。

[2013/11/11 17:41]

忍者とゾンビ,宇宙人と恐竜がタッグを組んでの大乱闘。自分だけの“秘密結社”で戦うデッキ構築型カードゲーム「スマッシュアップ」レビュー

忍者とゾンビ,宇宙人と恐竜がタッグを組んでの大乱闘。自分だけの“秘密結社”で戦うデッキ構築型カードゲーム「スマッシュアップ」レビュー

 アークライトゲームズから販売されているカードゲーム「スマッシュアップ 完全日本語版」のレビューをお届けしよう。本作は「サンダーストーン」などのデッキ構築型カードゲームで有名なAEGの新作で,忍者やゾンビ,宇宙人といったさまざまな陣営を組み合わせて自分だけの秘密結社を作り,世界征服を目指すという内容になっている。

[2013/10/26 00:00]

本日発売「ダンガンロンパ1・2 超高校級の人狼」先行プレイレポート。原作キャラが入り乱れての“学級裁判”が楽しめる人狼系推理ゲーム

本日発売「ダンガンロンパ1・2 超高校級の人狼」先行プレイレポート。原作キャラが入り乱れての“学級裁判”が楽しめる人狼系推理ゲーム

 スパイク・チュンソフトの人気アドベンチャーゲーム「ダンガンロンパ」シリーズを題材とした人狼系推理ゲーム「ダンガンロンパ1・2 超高校級の人狼」が,アルジャーノンプロダクトより2013年10月末に発売される。ダンガンロンパと人狼という,ちょっと異色の組み合わせが気になるこのタイトルを,実際のプレイフィールを交えつつ紹介していこう。

[2013/10/26 00:00]

ワンコインのゲームがこんなにすごい! 「500円ゲームズ」から見えてくる,アナログゲーム界におけるスモールパブリッシャの可能性

ワンコインのゲームがこんなにすごい! 「500円ゲームズ」から見えてくる,アナログゲーム界におけるスモールパブリッシャの可能性

 アナログゲームを小規模に制作し,販売流通する個人やグループ,いわゆる“スモールパブリッシャ”が増えている。4Gamerでも何度か取りあげたアナログゲーム即売会「ゲームマーケット」がその活動の中心だ。「ゲームマーケット2013春」で入手したいくつかのゲームを紹介しながら,スモールパブリッシャの可能性について考えてみよう。

[2013/10/22 00:00]

競馬場に隠された謎に挑め。「100万人のWinning Post」とコラボしたリアル脱出ゲーム「ある競馬場からの脱出」デバッグ公演レポート

競馬場に隠された謎に挑め。「100万人のWinning Post」とコラボしたリアル脱出ゲーム「ある競馬場からの脱出」デバッグ公演レポート

 2013年9月21日,東京・品川区の大井競馬場にて,リアル脱出ゲーム「ある競馬場からの脱出」のデバッグ公演が開催された。そのレポートをお届けしよう。コーエーテクモゲームスの「100万人のWinning Post for Mobcast」とのコラボ企画となるこのイベント。実際の謎には触れていないが,予習として会場の雰囲気を感じ取ってもらえれば幸いだ。

[2013/09/26 18:04]

あのアンチャーテッドの冒険をボードゲームで再現。手に汗握るトレジャーハントが楽しめる「UNCHARTED BOARD GAME」レビューを掲載

あのアンチャーテッドの冒険をボードゲームで再現。手に汗握るトレジャーハントが楽しめる「UNCHARTED BOARD GAME」レビューを掲載

 4Gamer読者で「アンチャーテッド」の名前を聞いたことが「ない」という人は,恐らくそう多くはないだろう。そのアンチャーテッドに,なんとボードゲーム版があるらしい。しかも,デザイナーは日本人だというではないか。というわけで,今回はBandai Americaから発売されている輸入版「UNCHARTED BOARD GAME」を紹介してみよう。

[2013/06/08 12:36]

初の東京ビッグサイト開催となった「ゲームマーケット2013春」レポート。過去最大規模の会場で見かけたアナログゲームを写真で紹介

初の東京ビッグサイト開催となった「ゲームマーケット2013春」レポート。過去最大規模の会場で見かけたアナログゲームを写真で紹介

 ボードゲームを中心に,TRPGから伝統ゲームまでが一堂に会するアナログゲーム即売会「ゲームマーケット2013春」。会場を東京ビッグサイトに移した今回は,来場者数も過去最大の5000名以上での開催となった。世界で人気の名作から一点ものの手作りゲームまで,幅広く出品されたこのイベントの模様を,豊富な写真と共にお伝えしていこう。

[2013/05/16 00:00]

連休をアナログゲーム三昧で楽しむための「ゲームマーケット2013春」参加ガイドを掲載。4月28日は東京ビッグサイトに集まろう

連休をアナログゲーム三昧で楽しむための「ゲームマーケット2013春」参加ガイドを掲載。4月28日は東京ビッグサイトに集まろう

 さまざまなアナログゲームが一堂に会するイベント「ゲームマーケット2013春」が,2013年4月28日,東京ビッグサイトにて開催される。そこで本稿では,イベントの開催に先駆け同イベントで手に入る珠玉のゲームを独自にチョイス。同人ゲームを中心に,オススメタイトルを紹介する。初参加の人も,これを参考に会場までぜひ足を運んでみてほしい。

[2013/04/26 15:39]

スチームパンクなメカで隠された秘宝を暴き出せ。戦う“カタン風”ボードゲーム「天空都市ヴィラコチャ」レビューを掲載

スチームパンクなメカで隠された秘宝を暴き出せ。戦う“カタン風”ボードゲーム「天空都市ヴィラコチャ」レビューを掲載

 アークライトから発売された新作ボードゲーム「天空都市ヴィラコチャ」のレビューをお届けしよう。本作は,「カタン」風のマップ上で,プレイヤー同士が陣地を奪い合いながら古代の秘宝の発見を目指す,スチームパンクな対戦ゲームだ。ここまでで,すでにビビッと来ている人は,ぜひ読んでみてほしい。

[2013/04/17 16:20]

アナログゲーム,西の祭典「ゲームマーケット2013大阪」。日本ボードゲーム大賞2012受賞作も発表されたイベントの模様をフォトレポートで紹介

アナログゲーム,西の祭典「ゲームマーケット2013大阪」。日本ボードゲーム大賞2012受賞作も発表されたイベントの模様をフォトレポートで紹介

 2013年3月10日,大阪・天満橋の大阪マーチャンダイズ・マートにてアナログゲーム即売会「ゲームマーケット2013大阪」が開催された。大阪では2回目の開催となる今回は,会場も前回の倍の広さとなり,1800人以上のアナログゲームファンが集結。多数の新作ボードゲームが一堂に会した。その模様を,写真と共にお伝えしていこう。

[2013/03/13 18:06]

“数字が好きな大人”にもお勧めのタイル配置型ボードゲーム。名作童話を元にした「星の王子さま ボードゲーム 日本語版」を紹介

“数字が好きな大人”にもお勧めのタイル配置型ボードゲーム。名作童話を元にした「星の王子さま ボードゲーム 日本語版」を紹介

 サン=テグジュペリの名作童話「星の王子さま」を題材にしたボードゲーム「星の王子さま ボードゲーム 日本語版」を紹介しよう。本作は,オリジナルイラストを使ったタイルを並べ,自分自身の“ちいさな星”を作るというシンプルなボードゲーム。ゆるい見た目とはうらはらに,“数字がすきなおとな”にも楽しめる,戦略性をもったタイトルなのだ。

[2013/03/02 00:00]

繰り返される惨劇から,君は逃れられるか。ループ系惨劇体験型推理ボードゲーム「惨劇RoopeR」レビューを掲載

繰り返される惨劇から,君は逃れられるか。ループ系惨劇体験型推理ボードゲーム「惨劇RoopeR」レビューを掲載

 BakaFire Partyの制作によるボードゲーム「惨劇RoopeR」のレビューをお届けしよう。ループ系惨劇体験型推理ボードゲームと題された本作は,「ひぐらしのなく頃に」や「STEINS;GATE」「魔法少女まどか☆マギカ」といった,いわゆるループものと呼ばれる作品群を下敷きとした推理ゲームだ。繰り返される惨劇から,果たして君は逃れられるだろうか。

[2013/01/19 00:00]

ボードゲームの祭典「ゲームマーケット2012秋」レポート。熱気に溢れた会場から,さらに盛り上がりを見せるボードゲームシーンの今をお届け

ボードゲームの祭典「ゲームマーケット2012秋」レポート。熱気に溢れた会場から,さらに盛り上がりを見せるボードゲームシーンの今をお届け

 2012年11月18日,東京の都立産業貿易センター台東館にて,アークライトが主催するアナログゲームイベント「ゲームマーケット2012秋」が開催された。過去最大となる200以上のブースが軒を連ね,来場者数も4200名を越える規模での開催となった今回のゲームマーケット。その中から筆者が気になったタイトルを紹介していこう。

[2012/11/27 00:00]

秋の夜長を冒涜的に過ごすための「エルダーサイン 完全日本語版」レビュー。「クトゥルフ神話」の入門にも最適な協力型ダイスゲーム

秋の夜長を冒涜的に過ごすための「エルダーサイン 完全日本語版」レビュー。「クトゥルフ神話」の入門にも最適な協力型ダイスゲーム

 クトゥルフ神話を題材とした人気ボードゲーム「エルダーサイン 完全日本語版」のレビューをお届けする。本作は,恐るべき邪神の復活を阻止するため,謎の事件の解決に挑む探索者達の活躍を描いた“協力型ダイスゲーム”だ。博物館で次々と起こる怪事件。果たして探索者達は“旧き印”を探しだし,邪神を退けることができるだろうか?

[2012/11/17 00:00]

西新宿に浮上するルルイエを,探索者達は止めることができるのか。TRPG連載「クトゥルフ神話TRPGで遊ぼう」,最終回「恐怖の館〜承前・新宿生前葬」

西新宿に浮上するルルイエを,探索者達は止めることができるのか。TRPG連載「クトゥルフ神話TRPGで遊ぼう」,最終回「恐怖の館〜承前・新宿生前葬」

 探索者の諸君。ようこそ,「クトゥルフ神話TRPG」の世界へ。今宵も,宇宙的恐怖を共に楽しもう。第2回で早くも邪悪な神格との遭遇を果たしたマフィア梶田ら探索者の面々は,いよいよ物語の核心へと迫っていく。関係者が集まった沼田邸は混沌に包まれ,やがて人外達の足音が聞こえ始める。阿鼻叫喚のシナリオの結末や如何に?

[2012/08/04 00:00]

マフィア梶田のSAN値の行方や如何に。TRPG連載「クトゥルフ神話TRPGで遊ぼう」,第2回は冒涜的な物語がいよいよ幕を開ける「新宿生前葬」

マフィア梶田のSAN値の行方や如何に。TRPG連載「クトゥルフ神話TRPGで遊ぼう」,第2回は冒涜的な物語がいよいよ幕を開ける「新宿生前葬」

 探索者の諸君。ようこそ,「クトゥルフ神話TRPG」の世界へ。今宵も,宇宙的恐怖を共に楽しもう。第1回で自らの分身たる探索者を作り上げたマフィア梶田達。その彼らを待ち受ける,禍々しく冒涜的な物語が,いよいよ幕を開ける。エログロ小説の大家,沼田阿吽が持つコレクションの秘密とは。今宵,現代の西新宿に,「宇宙的恐怖」の萌芽が始まる。

[2012/07/28 00:00]

帰ってきたTRPG連載「クトゥルフ神話TRPGで遊ぼう」。第1回はマフィア梶田が“本人プレイ”に挑む「探索者の誕生」

帰ってきたTRPG連載「クトゥルフ神話TRPGで遊ぼう」。第1回はマフィア梶田が“本人プレイ”に挑む「探索者の誕生」

 ネクロノミコン,インスマウス,這い寄る混沌……アニメやゲームでそんなキーワードを聞いたことはないだろうか。「クトゥルフ神話TRPG」は,アメリカの作家H・P・ラヴクラフトが創造したクトゥルフ神話の世界で遊ぶテーブルトークRPGだ。本稿では同作を通じてめくるめく宇宙的恐怖の世界を紹介する。TRPGファンから(」・ω・)」うー!(/・ω・)/にゃー!な人まで,必見の新連載だ。

[2012/07/21 00:00]

アナログゲームの祭典「ゲームマーケット2012春」レポート。オリジナルデザインの国内タイトルも続々登場

アナログゲームの祭典「ゲームマーケット2012春」レポート。オリジナルデザインの国内タイトルも続々登場

 2012年5月13日,東京・浅草の都立産業貿易センター台東館にて,アークライトが主催するアナログゲーム即売会「ゲームマーケット2012春」が開催された。国内の主要メーカーはもちろん,輸入ショップや同人サークルなど,国内のアナログゲームファンが集結したこのイベント。会場の模様を,写真と共にレポートしていこう。

[2012/05/25 00:00]

ボードゲームファンが浅草に集結。アナログゲームの祭典「ゲームマーケット2011秋」を朱鷺田祐介が密着レポート

ボードゲームファンが浅草に集結。アナログゲームの祭典「ゲームマーケット2011秋」を朱鷺田祐介が密着レポート

 2011年11月27日,東京の都立産業貿易センター台東館にて,国内外のボードゲーム,カードゲームが一堂に会する即売会イベント「ゲームマーケット2011秋」が開催された。アナログゲームの即売会としては国内最大規模で,ファンにとってはまさに夢のようなこのイベントを,この道30年のベテラン,朱鷺田祐介がレポートする。

[2011/12/02 00:08]
さらに記事を探す

トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:04月25日〜04月26日
タイトル評価ランキング
87
82
NieR:Automata (PS4)
70
FINAL FANTASY XV (PS4)
2016年10月〜2017年04月