オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名

LINEで4Gamerアカウントを登録
QRコードでLINEの4Gamer
アカウントを友達登録すると
月〜金の週5回,21時に厳選
ニュースをお届けします!
※購読にはLINEアプリが必要です
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

山本一郎

このページの最終更新日:2017/10/07 12:00

rss


  • このページのURL:

キーワード

下線

【PR】名将・張曼成と往く! 憧れの「三國志曹操伝 ONLINE」で悠久の古代中国の旅

【PR】名将・張曼成と往く! 憧れの「三國志曹操伝 ONLINE」で悠久の古代中国の旅

 このところ乱立する三国志モチーフのガチャゲーがテンプレすぎてなかなか前にのめり込めない,そんな息苦しいスマホゲーム市場に颯爽と登場した,ネクソンの「三國志曹操伝 ONLINE」。往年の雰囲気を残しつつ,ゲームがゲームであり容赦なかった時代のシステムを引き継いで蘇った名作だ。そんな本作を,山本一郎氏が名将・張曼成と一緒に紹介していく。

[2017/10/07 12:00]

【山本一郎】「三國志13 with パワーアップキット」プレイレポート。40歳張勲,大地に立つ! “ハチミツ皇帝”袁術を天下人にする会

【山本一郎】「三國志13 with パワーアップキット」プレイレポート。40歳張勲,大地に立つ! “ハチミツ皇帝”袁術を天下人にする会

 山本一郎氏による「三國志13 with パワーアップキット」のプレイレポートをお届けする。今回の主人公は,袁術軍のさえない中間管理職,張勲。たとえ人望がない君主でも,一度仕えたら最後まで身を捧げるのが彼の信条。その姿,とくとご覧あれ。

[2017/02/18 00:00]

【山本一郎】「三國志13」プレイレポート――俺たち黄巾賊! 底辺から呂布を目指す兵卒バカ一代・裴元紹の一生(後編)

【山本一郎】「三國志13」プレイレポート――俺たち黄巾賊! 底辺から呂布を目指す兵卒バカ一代・裴元紹の一生(後編)

 2017年2月16日にリリースされる「三國志13 with パワーアップキット」。その発売を前に,裴元紹の奮闘を描いた山本一郎氏による「三國志13」のプレイレポート前編を昨年末に掲載したが,本稿では,その続きとなる後編をお届けする。気になる裴元紹の戦いと恋の行方を見届けよう。

[2017/02/04 00:00]

【山本一郎】「三國志13」プレイレポート――俺たち黄巾族! 底辺から呂布を目指す兵卒バカ一代・裴元紹の一生(前編)

【山本一郎】「三國志13」プレイレポート――俺たち黄巾族! 底辺から呂布を目指す兵卒バカ一代・裴元紹の一生(前編)

 多くのファンが2017年2月16日のリリースを心待ちしているであろう「三國志13 with パワーアップキット」。その発売を前に,山本一郎氏から「三國志13」の新たなプレイレポートが届いた。今回は黄巾族のゴミ武将こと「裴元紹」の素晴らしい人生を追求するのだとか。本稿ではその前編をお届けしよう。

[2016/12/10 00:00]

【山本一郎】新生「マスターオブオリオン」銀河大ビーム帝国お建立記念! 宇宙にパ・リーグは輝けるか!?

【山本一郎】新生「マスターオブオリオン」銀河大ビーム帝国お建立記念! 宇宙にパ・リーグは輝けるか!?

 8月25日にリリースされたリメイク版「Master of Orion」。オリジナル版のスタッフが制作し,面白さはそのままに,さまざまな部分がパワーアップしたという作品だ。そんな本作を山本一郎氏がプレイして,広大な銀河にパ・リーグの魂を蘇らせたいのだという。言ってることは良く分からないが,ともあれ最高難度で挑んだプレイレポートをお届けしよう。

[2016/10/08 00:00]

【山本一郎】VRアトラクション「ZERO LATENCY VR」が熱い! キミも大迫力VRの世界でゾンビと握手しよう

【山本一郎】VRアトラクション「ZERO LATENCY VR」が熱い! キミも大迫力VRの世界でゾンビと握手しよう

 セガ・ライブクリエイションが運営している,台場の屋内型テーマパーク「東京ジョイポリス」で,2016年7月23日にグランドオープンを迎えた世界初というVRアトラクション「ZERO LATENCY VR」。その第1弾ソフトである「ZOMBIE SURVIVAL」山本一郎氏が挑戦したという。氏が考える,いま体験しておくべき理由とは?

[2016/07/30 12:00]

【山本一郎】「三國志13」プレイレポート――三国志時代の健康優良児「廖化」は凡将で終わるのか? 社会の荒波に揉まれて目指せ立身出世!

【山本一郎】「三國志13」プレイレポート――三国志時代の健康優良児「廖化」は凡将で終わるのか? 社会の荒波に揉まれて目指せ立身出世!

 最近いろいろと世間を賑わせつつ,某球団のサポートに勤しむ山本一郎氏から,「三國志13」で「何か書くならワイに任せて。すべてをうっちゃって“遊ぶ”から」と連絡が……。今作の特徴である全武将プレイで,「廖化」の立身出世を目指した山本氏のプレイレポートをお届けするが,本当にすべてをうっちゃって遊んでたのにはびっくりである。

[2016/02/20 00:00]

【山本一郎】ソシャゲのガチャで,本当にヤバい問題はどこなのか

【山本一郎】ソシャゲのガチャで,本当にヤバい問題はどこなのか

 年始の一件に限った話ではなく,以前より問題視されているスマホゲームのガチャ問題。でも“問題点”とされることがあまりにも錯綜していて,何が(誰が)悪いのかちょっと分かりづらい。ここらで,一歩引いて問題を整理してみます。

[2016/02/16 20:30]

【山本一郎】グラブルの消費者問題に寄せて――スマホゲーム業界全体に漂う問題を軽くまとめてみる

【山本一郎】グラブルの消費者問題に寄せて――スマホゲーム業界全体に漂う問題を軽くまとめてみる

 ゲーム系の情報を追っている人であれば,なんとなく目にしたであろう,グラブルの返金騒動。「またか」と眺めている人も多いかもしれないが,この“無法地帯”にもそろそろ適切なルールが必要なのではないだろうか。

[2016/01/09 00:00]

【山本一郎】「信長の野望・創造 with パワーアップキット」プレイレポート――輝け! 魂の姉小路家!〜夢の幕府開闢篇〜

【山本一郎】「信長の野望・創造 with パワーアップキット」プレイレポート――輝け! 魂の姉小路家!〜夢の幕府開闢篇〜

 弱小大名・姉小路家で戦国時代を生き抜く,山本一郎氏による「信長の野望・創造 with パワーアップキット」のプレイレポート「輝け! 魂の姉小路家!」がついに完結する。まさかの一年をまたぐ大作(のような感じ)となった本連載。父の意志を継ぎ,姉小路幕府を目指して北条家との決戦に挑む当主頼綱。姉小路家の命運やいかに!

[2015/12/29 00:10]

【山本一郎】Appleのデジタルコンテンツの方針とモンストBANの現状

[2015/09/05 00:00]

【山本一郎】モンスターストライクがApp StoreからBANされた件につきまして

[2015/08/29 23:59]

【山本一郎】「信長の野望・創造 with パワーアップキット」プレイレポート――輝け! 魂の姉小路家!〜怒涛の勢力拡大篇〜

【山本一郎】「信長の野望・創造 with パワーアップキット」プレイレポート――輝け! 魂の姉小路家!〜怒涛の勢力拡大篇〜

 「信長の野望・創造 with パワーアップキット」で弱小大名・姉小路家を選び,愛と情熱と打算と博打で戦い抜く山本一郎氏によるプレイレポート「輝け! 魂の姉小路家!」の中編を,半年ぶりにお届けします。後編はいつだろうと思っていたら,いつのまにか三部作になっており,担当編集もびっくりの本連載。姉小路家の明日はどっちだ!

[2015/06/27 00:00]

【山本一郎】「信長の野望・創造 with パワーアップキット」プレイレポート――輝け! 魂の姉小路家!〜風雲嫁取り篇〜

【山本一郎】「信長の野望・創造 with パワーアップキット」プレイレポート――輝け! 魂の姉小路家!〜風雲嫁取り篇〜

 かつて,いかに弱小であったとしても,愛と情熱と打算と博打で生き残る戦いはできるということを,名作「天下統一」で示した山本一郎氏。年明けに厄年を迎える氏は「この寒い冬に魂にエナジーを込めて生き抜こうじゃないか!」と,「信長の野望・創造 with パワーアップキット」で戦国時代に身を投じて魂に火を灯すことにしたみたいです。もちろん姉小路家で。

[2014/12/27 00:15]

【山本一郎】それぞれのモンケン。クラウドファンディングのあした

【山本一郎】それぞれのモンケン。クラウドファンディングのあした

 最近,何かと話題の「クラウドファンディング」。クリエイターに直接お金を投資する形でプロジェクトの立ち上げができるという,ある種の夢の仕組みとしてもてはやされる一方で,昨今では,手痛い失敗事例も出てきているなど,その難しさも明らかになってきました。山本一郎氏による連載コラム「茹で蛙たちの最後の晩餐」では,日本のゲームシーンにおけるクラウドファンディングの事例「モンケン」をピックアップします。

[2014/09/06 00:00]

【山本一郎】今を生きる! あなたの心にお届けする「ハーツ オブ アイアンIII」ブルガリア繁盛記(後編)

【山本一郎】今を生きる! あなたの心にお届けする「ハーツ オブ アイアンIII」ブルガリア繁盛記(後編)

 山本一郎氏の,「ハーツ オブ アイアンIII」プレイリポート。今回はいろいろな点で微妙なブルガリアを使って,大国に囲まれつつも虎視眈々とヨーロッパの覇権を狙う姿を描きます。あまりにも久々の掲載なので,(前編)のことを覚えてる人は,そういないと思いますが,あらすじも用意するという親切設計なので安心です。

[2014/01/20 10:38]

【山本一郎】「ハーツ オブ アイアンIII」ブルガリア繁盛記(前編)

【山本一郎】「ハーツ オブ アイアンIII」ブルガリア繁盛記(前編)

 山本一郎氏による連載コラム「茹で蛙たちの最後の晩餐」。もはやあまりに不定期すぎて,連載と呼んでいいのか心配なこの頃ですが,久しぶりの掲載となる今回も,山本氏といえばお馴染みの「ハーツオブアイアン」のAAR(アフター・アクション・レポート)をお送りします。大国の狭間で翻弄されるブルガリアを使い,東欧の覇権を目指す,山あり谷ありな物語をお楽しみください。

[2013/03/13 09:59]

【山本一郎】ソーシャルゲーム業界の「ガチャ」商法,規制強化情報乱舞の怪。いま,おまえのソーシャルの危険が危ない

【山本一郎】ソーシャルゲーム業界の「ガチャ」商法,規制強化情報乱舞の怪。いま,おまえのソーシャルの危険が危ない

 切込隊長あらため山本一郎氏による連載コラム「茹で蛙たちの最後の晩餐」。今回は,皆さんお待ちかね(?)の業界ネタで,テーマは「ソーシャルゲーム業界の規制問題」について。すでに3000億円市場とも言われるソーシャルゲーム市場ですが,一方で,いわゆる「ガチャ商法」に関する議論が盛んになっています。騒がれている論点とはなんなのでしょうか。

[2012/04/09 00:00]

【山本一郎】リトアニアから愛を込めて。「アーセナル オブ デモクラシー」で,悲哀の小国を何とかしてみようと思ったら,こうなった

【山本一郎】リトアニアから愛を込めて。「アーセナル オブ デモクラシー」で,悲哀の小国を何とかしてみようと思ったら,こうなった

 切込隊長あらため山本一郎氏による連載コラム「茹で蛙たちの最後の晩餐」。久しぶりの掲載となる今回は,みなさんお待ちかねのAAR(アフター・アクション・レポート)をお送りします。お題は「ハーツオブアイアン」の派生作品である「アーセナル オブ デモクラシー」で,第二次世界大戦の足音が近づく1936年のリトアニアを取り上げます。

[2012/03/14 00:00]

【山本一郎】コンシューマゲーム開発部隊がスマホアプリやソーシャルに何故適応できないか(メモ)

【山本一郎】コンシューマゲーム開発部隊がスマホアプリやソーシャルに何故適応できないか(メモ)

 切込隊長あらため山本一郎氏による連載コラム「茹で蛙たちの最後の晩餐」。実に一年半ぶりの復活となる今回のお題は,「コンシューマゲーム開発部隊がスマホアプリやソーシャルに何故適応できないか」です。移り変わりの激しいゲーム業界ですが,その急激な変化に対応していくのはやはりとても大変なようです。

[2011/12/06 10:00]

仕事の振りしてCiv5を遊んだついでにゲームの話でもしようじゃないか――【切込隊長×徳岡正肇×TAITAI】が贈る年末トーク

仕事の振りしてCiv5を遊んだついでにゲームの話でもしようじゃないか――【切込隊長×徳岡正肇×TAITAI】が贈る年末トーク

 当サイトの執筆陣である切込隊長および徳岡正肇,そして4Gamer編集部のTAITAIらが贈る年末企画は,「仕事にかこつけてCiv5を遊んだついでにゲームの話でもしようぜ!」というもの。「年末は忙しい」と言い張るオッサンゲーマーを編集部に集め,対戦&座談会を行ってみた生の記録である。……まぁ,タイトル通りの内容なので,あまり期待せずに読んでみてほしい。

[2010/12/28 00:00]

【切込隊長】お前らの遊ぶソーシャルゲームのプロジェクト予算の7割は広告でできています

【切込隊長】お前らの遊ぶソーシャルゲームのプロジェクト予算の7割は広告でできています

 近年,ゲーム業界の内外から注目されているソーシャルアプリ市場。アクティブユーザーが数千万人,新興の専業会社が時価総額数億ドル!など,華々しい数値ばかりが話題になっている昨今ですが,切込隊長による「茹で蛙たちの最後の晩餐」の第11回めは,そんなソーシャルアプリ市場についてです。

[2010/07/12 10:00]

【切込隊長】私は農夫出身でソ連贔屓のプレジデンテだ

【切込隊長】私は農夫出身でソ連贔屓のプレジデンテだ

 切込隊長による「茹で蛙たちの最後の晩餐」。第10回めとなる今回のお題は,ブラックユーモア満載の建設シム「トロピコ」。そう,最新作「トロピコ3」……ではなく初代のほう。「農夫出身でソ連贔屓のプレジデンテ」が,徳川幕府を超える長寿政権を目指すようです。

[2010/05/15 10:00]

【切込隊長】オンラインゲーム会社(とユーザー)に影響がある(かもしれない)「資金決済法」

【切込隊長】オンラインゲーム会社(とユーザー)に影響がある(かもしれない)「資金決済法」

 最近ご無沙汰だった切込隊長による「茹で蛙たちの最後の晩餐」ですが,久しぶりの掲載となる今回のテーマは,オンラインゲーム業界周辺に影響があるかもしれない「資金決済法」について。いわゆるポイントサービスや小額決済に関する法律のお話です。

[2010/04/19 10:00]

【切込隊長】ゲーム業界,使えない人サバイバル(後編)

【切込隊長】ゲーム業界,使えない人サバイバル(後編)

 前回に引き続き,「ゲーム業界,使えない人サバイバル」という過激なタイトルでお送りする切込隊長「茹で蛙たちの最後の晩餐」。後編となる今回は,「大手メーカーから出てきた開発者は使えない」というさらに過激なテーマです。iPhoneアプリやソーシャルゲーム,そしてオンラインゲームなど,スピードと柔軟性が求められる分野で求められる人材とは?

[2010/02/08 10:20]

【切込隊長】ゲーム業界,使えない人サバイバル(前編)

【切込隊長】ゲーム業界,使えない人サバイバル(前編)

 久しぶりの掲載となる切込隊長「茹で蛙たちの最後の晩餐」は,経営的,人事的な観点からゲーム業界の明日を考える記事。その名も「ゲーム業界,使えない人サバイバル(前編)」です。ゲームメーカーやパブリッシャーの統廃合が進む近年のゲーム業界ですが,そこで働く人達の行方はどうなっていくのか。

[2010/02/03 11:00]

【切込隊長】打倒ローマを目指すケルト文化の挑戦(後編)

【切込隊長】打倒ローマを目指すケルト文化の挑戦(後編)

 「ヨーロッパユニバーサリス ローマ:ヴァイア ヴィクティス」をテーマにした連載も今回で最終回。切込隊長による「茹で蛙たちの最後の晩餐」の連載第六回めは,「打倒ローマを目指すケルト文化の挑戦(後編)」をお送りします。辺境の文明ピクティイが強大なローマ帝国に立ち向かう,歴史絵巻の結末や如何に……?

[2009/11/19 11:00]

【切込隊長】打倒ローマを目指すケルト文化の挑戦(中編)

【切込隊長】打倒ローマを目指すケルト文化の挑戦(中編)

 切込隊長による「茹で蛙たちの最後の晩餐」の連載第五回めは,古代ローマを題材にした歴史ストラテジー「ヨーロッパユニバーサリス ローマ:ヴァイア ヴィクティス」のリプレイ記事「中編」です。閉鎖的な部族社会から開明的な共和制に移行してはみたものの,無節操に戦争を議決だけのトンデモ議会が誕生してしまったケルト民族に明日はあるのか!?

[2009/11/11 11:00]

【切込隊長】打倒ローマを目指すケルト文化の挑戦(前編)

【切込隊長】打倒ローマを目指すケルト文化の挑戦(前編)

 少し間が空いてしまった切込隊長による「茹で蛙たちの最後の晩餐」。連載第四回めとなる今回は,古代ローマを題材にした歴史ストラテジー「ヨーロッパユニバーサリス ローマ:ヴァイア ヴィクティス」のリプレイ記事です。弱小文明が強大なローマ帝国に挑む,紆余曲折の歴史絵巻をご堪能あれ。

[2009/10/07 12:34]

【切込隊長】そろそろ「無料」と銘打つのはやめにしないか,オンラインゲーム業界は

【切込隊長】そろそろ「無料」と銘打つのはやめにしないか,オンラインゲーム業界は

 切込隊長による「茹で蛙たちの最後の晩餐」の第三回めは,またしても身も蓋もない業界話。「基本無料」なタイトルばかりの昨今のオンラインゲーム業界ですが,これはなぜなのか。投資(ビジネス)の対象として見るオンラインゲームという切り口で,いろいろ語ってもらいます。

[2009/08/18 11:00]

【切込隊長】「天下統一 -相剋の果て-」プレイレポート――ああ,やんぬるかな姉小路家

【切込隊長】「天下統一 -相剋の果て-」プレイレポート――ああ,やんぬるかな姉小路家

 切込隊長による「茹で蛙たちの最後の晩餐」の第二回めは,オンラインゲームについての業界話から一転,「天下統一 -相剋の果て-」のプレイレポートをお届け。弱小国の代名詞として知られる姉小路家で挑む天下統一(?)は,果たしてどんな結末を迎えるのか。抱腹絶倒の感想戦をご覧あれ。

[2009/08/01 12:00]

【切込隊長】MMO系RPGはどうしてクリッコゲームばっかりなのか?

【切込隊長】MMO系RPGはどうしてクリッコゲームばっかりなのか?

 「4Gamerコラムニスト」第3弾としてスタートするのは,ネット界隈ではアルファブロガーとして有名な切込隊長「茹で蛙たちの最後の晩餐」。ちなみに「茹で蛙」というのは,ビジネス環境の変化に対応することの大切さと難しさを指摘した古典的な警句。劇的に変化し続けるゲーム業界について,あれやこれやと語ってもらう予定です。

[2009/07/28 10:30]
さらに記事を探す

トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:11月20日〜11月21日
タイトル評価ランキング
82
ARMS (Nintendo Switch)
76
スプラトゥーン2 (Nintendo Switch)
74
鉄拳7 (PS4)
2017年05月〜2017年11月