オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名

募集中
LINEで4Gamerアカウントを登録
QRコードでLINEの4Gamer
アカウントを友達登録すると
月〜金の週5回,21時に厳選
ニュースをお届けします!
※購読にはLINEアプリが必要です
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

HTC(メーカー)

このページの最終更新日:2017/03/25 00:00

rss


キーワード

下線

「Oculusはデベロッパにサービスしていない」とHTC Viveは言った

「Oculusはデベロッパにサービスしていない」とHTC Viveは言った

[GamesIndustry.biz]HTCが目指すVRマーケットとその戦略について,本家GamesIndustry.bizの編集長が細かく話を聞き,開発者支援やアーケードゲームなど,同社の取り組みと考え方について明らかにしている。

[2017/03/25 00:00]

プラサカプコン吉祥寺店に300円で体験できるVRゲーム「Viveport Arcade」が登場。3月31日までの期間限定

プラサカプコン吉祥寺店に300円で体験できるVRゲーム「Viveport Arcade」が登場。3月31日までの期間限定

 カプコンは,HTCがアミューズメント施設向けに展開を予定している「Viveport Arcade」を,プラサカプコン吉祥寺店に3月31日までの期間限定で導入した。体験できるタイトルは「Dead Hungry」「Front Deffense」など4種類で,1プレイ300円となっている。

[2017/03/23 15:42]

「HTC Vive」用モーショントラッカーと専用ヘッドフォンの価格はいずれも99.99ドルに

「HTC Vive」用モーショントラッカーと専用ヘッドフォンの価格はいずれも99.99ドルに

 北米時間2017年2月27日,HTCは,同社のVR HMD「Vive」用周辺機器であるモーショントラッカー「Vive Tracker」と,ステレオヘッドフォン「Vive Deluxe Audio Strap」をいずれも1万2500円(税別)で発売すると発表した。前者は3月27日に開発者向け,2017年末には一般向けに発売予定とのこと。後者は5月2日に予約受け付けを開始するという。

[2017/02/28 12:27]

ドスパラ,HTC製VR HMD「Vive」とPCやグラフィックスカードの同時購入で最大1万円分のポイントバックキャンペーンを実施

[2017/02/22 12:21]

HTC製VR HMD「Vive」購入で300円分のWebMoneyがもらえるキャンペーン始まる

[2017/01/27 14:19]

[CES 2017]HTC,現実の物体に取り付けて使うVive用のモーショントラッカーや専用ヘッドフォンを発表。VRアプリの定額遊び放題サービスなども

[CES 2017]HTC,現実の物体に取り付けて使うVive用のモーショントラッカーや専用ヘッドフォンを発表。VRアプリの定額遊び放題サービスなども

 北米時間2017年1月4日,HTCは,同社製VR HMD「Vive」用の周辺機器「Vive Tracker」「Vive Deluxe Audio Strap」を発表した。Vive Trackerは,現実の物体に取り付けて,物体の動きをトラッキングするセンサーデバイスで,Vive Deluxe Audio StrapはVive専用ヘッドフォンとなる。どちらも2017年第2四半期に発売の予定だ。

[2017/01/05 10:00]

Viveを体験できるセルフVRステーションがTSUTAYA馬事公苑店に登場

[2016/12/27 20:38]

12月23日から3日間限定で1万円引き。HTCが「Vive」の特別割引販売を実施

[2016/12/22 12:42]

ドスパラがHTC製HMD「Vive」の体験キャンペーンを開催。体験予約して実際にプレイすると抽選でWebMoneyポイントが当たる

[2016/12/15 13:58]

HTC,PlayStationとOculusに協力を呼び掛ける

HTC,PlayStationとOculusに協力を呼び掛ける

 HTC,Oculus,PlayStation,GoogleそしてすべてのVR事業者は,この生まれたばかりの産業を成功させるために結束する必要がある。

[2016/11/29 00:00]

ダズル,HTC Viveを使ったVR開発体験セミナーを12月17日に開催

[2016/11/14 13:20]

「狼と香辛料」の支倉凍砂がVRコンテンツに挑む。VR的叙述トリックも盛り込んだ「Project LUX」体験レポート&インタビュー

「狼と香辛料」の支倉凍砂がVRコンテンツに挑む。VR的叙述トリックも盛り込んだ「Project LUX」体験レポート&インタビュー

 「狼と香辛料」「マグダラで眠れ」といった人気作品で知られる小説家の支倉凍砂氏が,「Project LUX」と題するVRコンテンツを制作している。4Gamerでは,2016年末の発売を目指して開発が進む本作のプロトタイプを体験させてもらったうえで,支倉氏に話を聞かせてもらった。

[2016/11/12 00:00]

HTC Viveの販売数は14万台以上と発表

HTC Viveの販売数は14万台以上と発表

 HTCはViveの販売台数が14万台以上になると主張している。この売り上げの少なさは,プレミアVRデバイスの立ち上げはゆっくりとしたものになることを示唆している。

[2016/10/25 16:53]

Valve,Oculusの例に倣い新しいコントローラのプロトタイプを開発中

Valve,Oculusの例に倣い新しいコントローラのプロトタイプを開発中

Valveが開催したSteam Dev Daysにおいて,参加者向けに「Vive」用コントローラがどのように発展していくのかを発表したが,それはOculusが開発する「Touch」を強く連想させるものだった。

[2016/10/14 15:37]

HTC,独自のアプリマーケット「VIVEPORT」を本日オープン。48時間限定の記念特価セールも開催中

HTC,独自のアプリマーケット「VIVEPORT」を本日オープン。48時間限定の記念特価セールも開催中

 2016年9月30日,HTCは,同社のVR(仮想現実)システム「Vive」用のアプリケーションを集めた独自のマーケットサイト「VIVEPORT」を公開した。現在,「The Blu」などが100円で買えるセールも実施されている。

[2016/09/30 19:15]

ドスパラ,最大12回まで分割金利手数料0円で「Vive」が買えるキャンペーン開催中。10月3日まで

[2016/09/21 14:29]

HTCがTGS 2016の出展内容を明らかに。MSIのバックパック型PC「VR One」が初披露された説明会レポート

HTCがTGS 2016の出展内容を明らかに。MSIのバックパック型PC「VR One」が初披露された説明会レポート

 2016年9月12日,HTCは,東京ゲームショウ2016に,VR HMD「Vive」の試遊ブースを出展すると発表した。同日に行われた記者説明会では,Viveブースに出展予定というMSI製のVR用バックパック型PC「VR One」や,出展予定のVRコンテンツデモが披露された。ここではVR Oneの話題を中心に,説明会の概要をレポートしたい。

[2016/09/12 20:28]

PDトウキョウ,「CIRCLE of SAVIORS」の新バージョンをTGS 2016で公開

[2016/09/09 20:26]

SteamVRのトラッキング技術がフリー化。サードパーティによる互換周辺機器開発が可能に

SteamVRのトラッキング技術がフリー化。サードパーティによる互換周辺機器開発が可能に

 ValveはSteamVRによるトラッキング技術をサードパーティにライセンスフリーで提供することを発表した。トラッキング技術に関する講習会を終了すると,SteamVR互換のコントローラなどを製作できるようになるのだという。

[2016/08/05 23:20]

[CJ2016]ChinaJoy会場で見かけたVRデバイスその1:VRは迫力だ! 大型筐体が大盛況

[CJ2016]ChinaJoy会場で見かけたVRデバイスその1:VRは迫力だ! 大型筐体が大盛況

 中国・上海で開催中のChinaJoy 2016会場では,e-Smartイベントをはじめとして多くのブースでVR(仮想現実)のデモが行われていた。まずは,ブランコ型や,スタンディング用の枠つき試遊台,数人乗りの可動デバイスなど,会場で目立っていたさまざまな大型筐体を紹介しよう。

[2016/07/29 13:51]

HTC Vive国内店頭販売開始,VR版「装甲騎兵ボトムズ」などVR ZONEの新作も紹介された発表会レポート

HTC Vive国内店頭販売開始,VR版「装甲騎兵ボトムズ」などVR ZONEの新作も紹介された発表会レポート

 2016年7月7日,HTC日本は都内でHTC Viveの発表会を開催した。Viveはすでに日本国内でも販売されているわけだが,今回の発表会では,新たに全国のPC専門店などで店頭販売されることが発表された。ここではViveの活用事例などが数多く示された発表会の模様をお伝えしてみたい。

[2016/07/08 00:00]

ドスパラがHTC製VR HMD「Vive」の取扱開始。価格は10万7784円(税込)

[2016/07/07 15:19]

パソコン工房とグッドウィル,BUY MORE,LEVEL∞HUBの各店が「HTC Vive」の取り扱いを開始

[2016/07/07 14:50]

ツクモ各店で「HTC Vive」の販売開始。G-GEARからはVive推奨PCも発売

[2016/07/07 14:22]

「HTC Vive」の国内販売が本日スタート。商品開封から動作確認まで行ってくれる「設置サービス」も登場

「HTC Vive」の国内販売が本日スタート。商品開封から動作確認まで行ってくれる「設置サービス」も登場

 デジカは本日(2016年6月1日),SteamVRに対応したVRヘッドマウントディスプレイ「Vive」国内販売について,HTCと業務提携したことを発表し,デジカが運営するオンラインストアでの取り扱いをスタートした。国内での販売価格は10万7800円(税込)となり,現時点で注文すると,6月中旬頃の発送になる。

[2016/06/01 18:10]

目玉はHTCのハイエンド製品「HTC 10」。KDDI,2016年夏モデルスマートフォン&タブレットを発表

目玉はHTCのハイエンド製品「HTC 10」。KDDI,2016年夏モデルスマートフォン&タブレットを発表

 2016年5月31日,KDDIは,2016年夏モデルとなるスマートフォン/タブレットの新製品計5機種を発表した。4機種中2機種で,受信時最大370Mbpsの高速通信サービスに対応するのが特徴である。Snapdragon 820と容量4GBのメインメモリを搭載するHTC製「HTC 10 HTV32」は,とくに注目を集めそうだ。

[2016/05/31 13:22]

HTC,1億ドル規模のVRスタートアップ向けファンド「Vive X」を設立。Viveプラットフォームの拡充を狙う

HTC,1億ドル規模のVRスタートアップ向けファンド「Vive X」を設立。Viveプラットフォームの拡充を狙う

 中国時間2016年4月26日,「SteamVR」に準拠したVR対応システム「Vive」を展開するHTCは,VRコンテンツ開発を手がけるスタートアップ企業向けの投資プログラム「Vive X」を開始した。Vive Xによる投資額は,1億ドル(約111億円)を予定しているとのことだ。

[2016/04/27 17:41]

Access Accepted第496回:VRゲーム市場は立ち上がるか?

Access Accepted第496回:VRゲーム市場は立ち上がるか?

 Oculus VRの「Rift」とHTCの「Vive」が続けて市場に投入され,ついにVRゲーム市場が本格的に幕を開けようとしている。とはいえ,これまで一般的とは呼べなかった市場でもあるだけに,ハードウェアメーカーもソフトウェア開発者達も,分からないことが多い状況のようだ。今週は,そんなVRゲーム市場の立ち上がりを追った。

[2016/04/25 12:00]

HTC,カメラの画質が特徴のハイエンドスマートフォン「HTC 10」を世界市場で発表。日本向けモデルのスペック表記もあり

HTC,カメラの画質が特徴のハイエンドスマートフォン「HTC 10」を世界市場で発表。日本向けモデルのスペック表記もあり

 北米時間2016年4月12日,台湾HTCは,Android 6.0搭載のスマートフォン「HTC 10」を世界市場で発表した。HTC 10は,カメラの性能テストで最高クラスの得点を獲得したという1200万画素カメラや,ハイエンドSoC「Snapdragon 820」を搭載するのが特徴である。日本向けモデルの存在も明記されているので,国内販売も期待できそうだ。

[2016/04/13 14:23]

徳岡正肇の これをやるしかない!:VR空間内を歩き回れる夢のシステム「HTC Vive」が持つ可能性と課題について考える

徳岡正肇の これをやるしかない!:VR空間内を歩き回れる夢のシステム「HTC Vive」が持つ可能性と課題について考える

 不定期連載「徳岡正肇の これをやるしかない!」。今回のテーマは,ついに一般ユーザー向け製品の流通が始まったVR対応ヘッドマウントディスプレイだ。なかでもHTCの「Vive」は,VR空間内を歩き回れる「ルームスケールVR」を実現するのが大きな特徴だが,その可能性と課題を,じっくり体験した徳岡正肇が考察する。

[2016/04/11 00:00]

「マブラヴ オルタネイティヴ」のVR世界を「Vive」で体験できるデモ,ドスパラの一部店舗で4月9〜10日に実施

[2016/04/08 17:57]

HTCのSteamVR対応VRヘッドマウントディスプレイ「Vive」が本日から出荷開始

HTCのSteamVR対応VRヘッドマウントディスプレイ「Vive」が本日から出荷開始

 SteamVR対応のHTC製VRヘッドマウントディスプレイ「Vive」が,本日正式にローンチした。現在のところハードウェアの生産が追い付いていない様子だが,Steamのライブラリにはデモを含めて130種以上の対応コンテンツが並んでおり,VR時代の到来をけん引する新しいゲームデバイスとして今後も大きく注目されていくはずだ。

[2016/04/06 14:16]

HTCのVR HMD「Vive」日本版を入手。豊富な写真と画面でセットアップまで全解説してみる

HTCのVR HMD「Vive」日本版を入手。豊富な写真と画面でセットアップまで全解説してみる

 HTC製VR HMD「Vive」の出荷がいよいよ始まった。最大で縦横3m×4mの範囲にいるプレイヤーの位置をリアルタイムに検出できる「ルームスケールVR」を特徴とするHMDだ。本稿ではHTC日本から借用した日本向けの製品版Viveを開封して,製品ボックスの中身から,セットアップまでを写真主体でレポートしたい。

[2016/04/06 12:00]

[GDC 2016]究極のスター・ウォーズVR体験は「Vive」で決まり? Valveブースの新作デモ群を体験してきた

[GDC 2016]究極のスター・ウォーズVR体験は「Vive」で決まり? Valveブースの新作デモ群を体験してきた

 GDC 2016のValveブースにおいて,HTCが2016年4月に発売を予定しているSteamVR対応ヘッドマウントディスプレイ「Vive」向けの最新デモをプレイしてきた。圧巻だったのは「スター・ウォーズ」の外伝的エピソードが楽しめるもので,周りで見ている人に笑われるのがわかっているのに,ついライトセーバーを振り回してしまうほどの臨場感だった。

[2016/03/19 12:43]

[GDC 2016]HTC「Vive」に対応したFPS「The Brookhaven Experiment」と魔法調合デモ「Waltz of the Wizard」をプレイしてきた

[GDC 2016]HTC「Vive」に対応したFPS「The Brookhaven Experiment」と魔法調合デモ「Waltz of the Wizard」をプレイしてきた

 ValveはGDC 2016にSteamVR体験ブースを出展し,VR向けの最新デモを公開している。HTCとValveが共同開発する「Vive」は,ほかのVRデバイスよりも広い移動範囲が想定されているのが大きな特徴だが,そんなVive向けのFPS「The Brookhaven Experiment」と,魔法調合デモ「Waltz of the Wizard」を体験できた。

[2016/03/18 15:49]

グリーとHTCがVR事業における業務提携で合意。国内アミューズメント・レジャー施設へのVR体験の提供を推進へ

グリーとHTCがVR事業における業務提携で合意。国内アミューズメント・レジャー施設へのVR体験の提供を推進へ

 グリーと台湾HTCは,両社が日本国内でのVR事業における業務提携で合意したことを,本日発表した。VR開発専門スタジオ・GREE VR Studioを立ち上げるなど2015年よりVR事業に参入したグリーと,「Steam VR」に準拠したVR対応ヘッドマウントディスプレイ「Vive」を手がけるHTCがタッグを組むこととなったわけだ。

[2016/03/10 14:51]

「なぜVRを?」「社風ですから」HTCの開発者に聞いたVive開発秘話。独特な形のコントローラにも工夫が凝らされていた

「なぜVRを?」「社風ですから」HTCの開発者に聞いたVive開発秘話。独特な形のコントローラにも工夫が凝らされていた

 「仮想現実」対応ゲームシステムの新生,HTC Viveの日本での価格も発表され,予約受付もついにスタートした。今回は,Viveの体験会に際して来日していた台湾HTC本社のVive開発のキーマンとHTC日本の代表者にインタビューする機会が得られたのでその内容をお届けしたいと思う。

[2016/03/04 18:27]

VR空間を歩ける自由度をもたらす「ルームスケールVR」はどこがどう凄いのか? 発売直前のHTC Viveを体験してきた

VR空間を歩ける自由度をもたらす「ルームスケールVR」はどこがどう凄いのか? 発売直前のHTC Viveを体験してきた

 VR対応HMDの第3勢力として現れた「Steam VR」の最新デモ機に触る機会を得たので,西川善司によるテストレポートをお届けしよう。最大3m×4mという空間内を自由に歩き回れるという「ルームスケールVR」はゲーム体験にどんなものをもたらしてくれるのだろうか。

[2016/03/01 00:00]

HTC製VR HMD「Vive」の国内向け価格は11万1999円に。2本のゲームに加えて,Google製の3Dペイントツールも同梱

HTC製VR HMD「Vive」の国内向け価格は11万1999円に。2本のゲームに加えて,Google製の3Dペイントツールも同梱

 HTCは,VR HMD「Vive」の価格を発表した。日本向け価格は11万1999円となる。公式サイトでの予約受け付けは3月1日0時から開始の予定だ。製品ボックスには,Job SimulatorとFantastic Contraptionという2本のゲームに加えて,Google製の3Dペイントツール「Tilt Brush」という3本のVRアプリがバンドルされる。

[2016/02/29 11:55]

HTC製のVR HMD「Vive」は799ドルで4月上旬に日本など24か国で発売。ワイヤレスコントローラとセンサーユニット同梱

HTC製のVR HMD「Vive」は799ドルで4月上旬に日本など24か国で発売。ワイヤレスコントローラとセンサーユニット同梱

 欧州時間2016年2月21日,HTCは,Valveの仮想現実システム「Steam VR」に準拠したVR HMD「Vive」の一般消費者向けバージョンを,2016年4月上旬に日本を含む24か国で発売すると発表した。2月29日に予約受け付けを開始する予定,米国での価格は799ドル(税,送料別)となっている。

[2016/02/22 11:47]

[CES 2016]HTCが公開した2つめの開発キット「Vive Pre」,内蔵アウトカメラは安全性向上のため? 複数のデモで試してきた

[CES 2016]HTCが公開した2つめの開発キット「Vive Pre」,内蔵アウトカメラは安全性向上のため? 複数のデモで試してきた

 HTCは,VR HMDの新しい開発キット「Vive Pre」をCES 2016に合わせて発表したが,そんなVive Preをじっくり試すことができたので,判明したことをまとめてみよう。Vive Preで重要なのは内蔵アウトカメラの搭載だが,どうやらHTCはこれで,歩き回って使うことになるViveプレイヤーの安全を確保しようとしているようだ。

[2016/01/08 00:00]

[CES 2016]「VR Ready」ロゴプログラムを開始したNVIDIAのブースに行って,最新のVRコンテンツを「Rift」と「Vive Pre」で体験してきた

[CES 2016]「VR Ready」ロゴプログラムを開始したNVIDIAのブースに行って,最新のVRコンテンツを「Rift」と「Vive Pre」で体験してきた

 CES 2016でNVIDIAは,仮想現実(VR)に焦点を当てたプライベートブースを展開中だ。そこでは,NVIDIAが取り組んでいる内容について話を聞いたり,「Rift」の製品版と,発表されたばかりの「Vive Pre」を用いて最新のVRデモを体験できたりしたので,本稿では,その内容をまとめてお届けしてみたい。

[2016/01/07 00:00]

林 佑樹選定,極私的「Androidスマートフォン・オブ・ジ・イヤー2015」

林 佑樹選定,極私的「Androidスマートフォン・オブ・ジ・イヤー2015」

 4GamerのAndroidスマートフォン関連記事で活躍しているライター・林 佑樹氏に,徹頭徹尾ゲーマー目線で,2015年のAndroidスマートフォン市場を自由に振り返ってもらった。最終的なキーワードはデレステだった気がしなくもないが,2015年に何があったのか,そして2015年を代表する端末は何か? 氏の見解を一読あれ。

[2015/12/29 00:45]

SteamVR向けVR対応HMD「HTC Vive」の発売が延期。2016年4月リリースへ

SteamVR向けVR対応HMD「HTC Vive」の発売が延期。2016年4月リリースへ

 2015年末に台湾HTCが一般消費者向けのリリースを予定していた,Valveの仮想現実対応システム「SteamVR」向けヘッドマウントディスプレイ「Vive」。その最終製品の発売が,残念ながら2016年4月まで持ち越されることとなった。製品リリースへ向けてブラッシュアップが進められているわけだが,クリスマスを前に少しテンションの下がる一報だ。

[2015/12/09 16:36]

「HTC J butterfly」や「isai vivid」など独自モデルの実力やいかに? KDDIの2015年夏モデルスマートフォンを触ってきた

「HTC J butterfly」や「isai vivid」など独自モデルの実力やいかに? KDDIの2015年夏モデルスマートフォンを触ってきた

 NTTドコモに続いて,KDDIも2015年夏モデルのスマートフォン7製品を一斉に発表した。NTTドコモと一部のラインナップは被っているものの,auブランドのみの製品は,独自色の強い個性的なものが多い。今回はそうした個性派の製品から,「HTC J butterfly」「isai vivid」,そして堅牢性重視スマートフォンの「TORQUE」をテストしてみた。

[2015/05/15 13:37]

KDDI,2015年夏モデルのAndroidスマートフォン&タブレット計9製品を発表

KDDI,2015年夏モデルのAndroidスマートフォン&タブレット計9製品を発表

 2015年5月14日,KDDIは,都内にて新製品発表会を開催し,2015年夏モデルのAndroidスマートフォン7製品とAndroidタブレット2製品を発表した。「Xperia Z4」や「Galaxy S6 edge」といった見慣れた端末以外にも,「HTC J butterfly HTV31」「Qua tab 01」など,auオリジナル端末が目立っている(17時頃,詳報版にアップデートしました)。

[2015/05/14 12:00]

HTC,Valveと共同開発したSteamVR対応HMD「Vive」を発表。発売時期は2015年末に

HTC,Valveと共同開発したSteamVR対応HMD「Vive」を発表。発売時期は2015年末に

 スペイン時間2015年3月1日,台湾HTCは,Valveの仮想現実システム「SteamVR」に準拠した仮想現実対応型HMD「Vive」2015年の年末にリリースすると発表した。4.5m四方の空間内で,装着者の動きをトラッキングできるのが特徴で,「Ergonomic VR」と呼ばれるゲームコントローラーを使って操作するとのことだ。

[2015/03/02 12:44]

HTC製Androidスマートフォン「HTC J butterfly」インプレッション。2014年夏スマホの真打ちがようやく登場?

HTC製Androidスマートフォン「HTC J butterfly」インプレッション。2014年夏スマホの真打ちがようやく登場?

 2014年8月19日,HTCは,東京都内にて製品発表イベント「HTC Conference Tokyo 2014」を開催し,KDDIから8月下旬に発売予定のAndroidスマートフォン「HTC J butterfly HTL23」を披露した。タッチ&トライコーナーでベタベタと触ってきたので,そのインプレッションをお届けしてみたい。

[2014/08/20 12:00]

KDDI,HTC製の日本向け新型スマホ「HTC J butterfly HTL23」を8月下旬に発売。カメラのピントを撮影後に調整できる機能がウリ

KDDI,HTC製の日本向け新型スマホ「HTC J butterfly HTL23」を8月下旬に発売。カメラのピントを撮影後に調整できる機能がウリ

 2014年7月31日,KDDIは,HTC J butterflyシリーズの新製品となるAndroidスマートフォン「HTC J butterfly HTL23」を,2014年8月下旬に発売すると発表した。本体裏面に2つのレンズと撮像素子を装備し,写真に3D効果やピントの後調整をかけられる「デュオカメラ」機能が最大の特徴とのことだ。

[2014/07/31 16:31]

KDDIのAndroidスマホ「HTC J One」に「レッドメタル」モデルが加わる

[2013/08/22 21:24]
さらに記事を探す

Vive

ジャンル
発売元 HTC(メーカー)
発表日 -

HTC

ジャンル
発売元 HTC(メーカー)
発表日 -


トピックス
スペシャルコンテンツ