キャラクター攻略

2016/05/26 00:34

エルフェルト=ヴァレンタイン


※赤字で表記されているものは,アップデートなどで追記を行った部分です。対応するアップデートのバージョンを,文末に記載しています(S1.1→SIGN Ver.1.1,R1.04→REVELATOR Ver.1.04など)。
※緑字で表記されているものは,「REV 2」で追記を行った部分です。

プロフィール

 自然や動物を愛し,誰かが孤独でいることを見過ごせない心優しい性格で,行動すればどんな問題でも必ず解決できるはずだという,前向きな思考の持ち主。女子力を磨くことに余念がなく,自分の目指す理想的な女性像に近づこうと努力しているが,空回りしてしまうことも多い。恋愛に関係する話題に興味が尽きず,夢見がちな妄想が大好き。世界に宣戦布告したラムレザルの“妹” にあたり,彼女自身も「ヴァレンタイン」の一人である。 (CV:洲崎 綾)

身長 168cm
体重 夢kg
出身 不明
血液型 不思議型
誕生日 12月25日
大切なもの 笑顔,ヤブ犬型の貯金箱,甘いもの全般
趣味 恋話,ヤブ犬のモノマネ
嫌いなもの 気持ち悪い虫全般,殺生,孤独

基本性能

 エルフェルトは,銃火器をメインに手榴弾,ウェディングナイフ,ブーケなどさまざまな道具を使って戦うキャラクターだ。けん制能力に長け,さらに相手を画面端に追い詰めれば,一級の火力と崩し能力を誇る。ただし,対空などの防御面にはやや難があるので,そこにつけ込まれないように立ち回りたい。
 エルフェルトには象徴的な2種類の構えがあり,それぞれの得意とする間合いが大きく異なる。マスケット銃で狙撃する「Missコンフィールを構える」は遠距離で有効な構えだが,これだけで相手の接近を阻むのは難しい。あくまでアクセントとして用いるものと考えよう。
 一方の「Missトラヴァイエを構える」は近距離〜接近戦で効果的な構えだ。ショットガンを用いた攻撃はいずれも発生や判定に優れるので,とくに相手を画面端に追い詰めた状況で真価を発揮する。
 一見するとクセが強そうに見えるエルフェルトだが,最初のステップさえ乗り切れば,操作難度はそう高くない。初心者から上級者まで,幅広い層にオススメできるキャラクターといえる。

GUILTY GEAR Xrd -REVELATOR-
エルフェルトの攻めは,スキを見てベリーパイン(手榴弾)を投げるところから始まる。ベリーパインの転がった場所は,自身にとっては安全が確保された場所となるので,そこを起点として攻めを展開しよう
GUILTY GEAR Xrd -REVELATOR-
画面端では「Missトラヴァイエを構える」が大活躍。強化版射撃をチラつかせて相手にプレッシャーを与えつつ,動けなくなったところを本命の投げで崩していく


コマンドリスト

必殺技
ベリーパイン 236+P(空中可)
└ 上投げ ベリーパイン所持中4+P(空中可)
└ 下投げ ベリーパイン所持中2+P
ブライダルエクスプレス 214+K(空中可)
Missコンフィールを構える 236+S
└ 射撃 Missコンフィール構え中P or K or S or HS
└ リロード 射撃後46+S
└ 解除 Missコンフィール構え中D
Missトラヴァイエを構える 236+HS
└ 小突く Missトラヴァイエ構え中P
└ 転がる Missトラヴァイエ構え中K
└ 突き上げる Missトラヴァイエ構え中S
└ 射撃 Missトラヴァイエ構え中HS
└ リロード 射撃後46+HS
└ 崩す Missトラヴァイエ構え中D
└ 解除 Missトラヴァイエ構え中236+HS
転がる〜Missトラヴァイエを構える 236+K
覚醒必殺技
ジャッジベターハーフ 236236+K or D
ジェノワーズ 632146+HS
一撃必殺技
マグナムウェディング 一撃準備後に236236+HS

ガトリングルート

ガトリングルートの読み方

共通動作&カラーバリエーション

GUILTY GEAR Xrd -REVELATOR-
挑発1
GUILTY GEAR Xrd -REVELATOR-
挑発2
GUILTY GEAR Xrd -REVELATOR-
敬意1
GUILTY GEAR Xrd -REVELATOR-
敬意2
GUILTY GEAR Xrd -REVELATOR-
一撃準備

GUILTY GEAR Xrd -REVELATOR-
Color 1
GUILTY GEAR Xrd -REVELATOR-
Color 2
GUILTY GEAR Xrd -REVELATOR-
Color 3
GUILTY GEAR Xrd -REVELATOR-
Color 4
GUILTY GEAR Xrd -REVELATOR-
Color 5
GUILTY GEAR Xrd -REVELATOR-
Color 6
GUILTY GEAR Xrd -REVELATOR-
Color 7
GUILTY GEAR Xrd -REVELATOR-
Color 8
GUILTY GEAR Xrd -REVELATOR-
Color 9
GUILTY GEAR Xrd -REVELATOR-
Color 10
GUILTY GEAR Xrd -REVELATOR-
Color 11
GUILTY GEAR Xrd -REVELATOR-
Color 12
GUILTY GEAR Xrd -REVELATOR-
Color 13
GUILTY GEAR Xrd -REVELATOR-
Color 14
GUILTY GEAR Xrd -REVELATOR-
Color 15
GUILTY GEAR Xrd -REVELATOR-
Color 16
GUILTY GEAR Xrd -REVELATOR-
Color 17
GUILTY GEAR Xrd -REVELATOR-
Color 18
GUILTY GEAR Xrd -REVELATOR-
Color 19
GUILTY GEAR Xrd -REVELATOR-
Color 20
GUILTY GEAR Xrd -REVELATOR-
Color 21
GUILTY GEAR Xrd -REVELATOR-
Color 22
GUILTY GEAR Xrd -REVELATOR-
Color 23
GUILTY GEAR Xrd -REVELATOR-
対同色時


通常技解説

立ち攻撃

GUILTY GEAR Xrd -REVELATOR-
連/必/J
ATK:9 F:5+ 2
立ちP
薔薇を突き出して攻撃する小技。打点が高いため,ポチョムキンを除いたしゃがみ状態の相手にはヒットしない。発生が早く基底ダメージ補正がないので,確定反撃などに使っていける。
GUILTY GEAR Xrd -REVELATOR-
必/J
ATK:14 F:7+ 1
立ちK
立ち状態で出せる下段技。基底ダメージ補正が90%としゃがみKよりも緩いので,中段技の6+Pの対となる選択肢として使っていこう。
GUILTY GEAR Xrd -REVELATOR-
必/J
ATK:24 F:5- 6
近距離立ちS
シャンパンを開けて攻撃する。攻撃判定が上方向に強いうえに発生も早く,エルフェルトの対空行動の要となる技といえる。近距離でしか出せない性質上,ダッシュで相手の真下に潜り込むなど,位置取りを工夫する必要がある。
やられ判定が上方向に拡大された(R1.03)。
GUILTY GEAR Xrd -REVELATOR-
必/J
<
ATK:28 F:9- 4
遠距離立ちS
ブーケを真横に突き出して攻撃する,エルフェルトのメインけん制技の一つ。発生がそこそこ早く,リーチも長いので地上の相手を刺すのに適している。ジャンプキャンセルから空中ダッシュにつなぎ,攻めの起点にしよう。ただし攻撃の打点はやや高いので,姿勢が低くなる技には負けやすい。
やられ判定が上方向に拡大された(R1.03)。
GUILTY GEAR Xrd -REVELATOR-
ATK:20 F:11- 12
立ちHS
拳銃を真横に撃つ攻撃で,HSボタンを連打することで最大5ヒットする(データ内の硬直差は,初段/2〜4段目/5段目のもの)。リーチが非常に長く,相手のダッシュや前進をけん制するのに便利。ただし,しゃがみ状態の相手に当たらない特殊な属性を持つ点には注意。
「REV 2」では,受け身不能時間が35Fから25Fに短縮されたため,空中ヒット時にダウンを奪いにくくなった(R2)。
GUILTY GEAR Xrd -REVELATOR-
ATK:22 F:24- 8
ダストアタック
相手を蹴り上げる中段技。ダストアタックの中では発生が早い部類だが,ガードされるとスキが大きいので反撃は受けやすい。

しゃがみ攻撃

GUILTY GEAR Xrd -REVELATOR-
連/必
ATK:8 F:4+ 1
しゃがみP
リーチこそ短いが発生が非常に早く,暴れに活用できる優秀な技。ガードされても若干有利なので,ここから攻めに転じていきたい。
GUILTY GEAR Xrd -REVELATOR-
ATK:12 F:5- 1
しゃがみK
発生の早い下段技。基底ダメージ補正が大きく,同じく下段技の立ちKと比べてリーチには欠けるが,ここからさらに中段の6+Pと立ちKに連係できる。場面に応じて使い分けていこう。
GUILTY GEAR Xrd -REVELATOR-
ATK:26 F:8- 10
しゃがみS
倒れ込みながらブーケで殴るけん制技。攻撃判定は上から下へと推移し,発生直後は対空技として使えるほど打点が高い。また持続の後半は下段技を潰すのに便利だ。動作中は姿勢が低いので,打点の高い技で反撃を受けないのも強みといえる。カウンターヒットすればよろけを誘発するので,ヒットが見越めそうなら立ちHSまで入れ込んでおくといい。
硬直が15から18フレームに増加し,基底ダメージ補正90%が追加された(S1.1)。
やられ判定が上方向に拡大された(R1.03)。
GUILTY GEAR Xrd -REVELATOR-
ATK:22×2 F:18- 4
しゃがみHS
滑り込みながら移動し,ブーケを振り上げる2段技。発生は遅めだが,移動中は低姿勢で打点の高い技を避けながら攻撃できる。カウンターヒットすると相手を浮かせられ,空中連続技で追撃も可能。「Missトラヴァイエを構える」でキャンセルすれば,ガードされても有利な状態で密着できる。
攻撃レベルが4・4から3・3に変更され,ガードさせた場合の硬直差が悪化。ヒット時の受身不能時間は同じなので,連続技に使う分には変わらない(S1.1)。
低姿勢になるまでのやられ判定が上方向に拡大された(R1.03)。
GUILTY GEAR Xrd -REVELATOR-
必/J
ATK:36 F:8- 10
足払い
ドレスで攻撃する下段技。リーチがそこそこ長く,持続も長いので置いておくように出せば相手のダッシュをけん制できる。ヒット時にはダウンを奪えるので,連続技の締めやブライダルエクスプレスへの中継に使っていこう。ジャンプキャンセルも可能で,ガードされてもフォローが効くのも強みといえる。

地上特殊技

GUILTY GEAR Xrd -REVELATOR-
ATK:24 F:23- 12
6+P
ブーケを振り下ろして攻撃する中段技。リーチの長さを生かし,ガトリングからの崩しに使っていこう。ヒット時はよろけを誘発し,必殺技キャンセルなどで追撃をかけられる。動作の開始直後から上半身無敵があるため,対空にも使っていけるほか,打点の高いデッドアングルアタックを避けながら攻撃を当てることもできる。空中カウンターヒット時はバウンドを誘発するので,コンボチャンスとなる(R2)。
GUILTY GEAR Xrd -REVELATOR-
ATK:50 F:15- 21
6+HS
倒れ込みながらブーケを振り下ろす攻撃。攻撃範囲が非常に広く,斜め上から横方向へ攻撃判定が移動するため,相手のジャンプを防止に役に立つ。ヒット時は相手を地面に叩きつけてダウンを奪い,カウンターヒットでは地面バウンドを誘発する。硬直が長いため,ガード/ヒットを問わず「Missトラヴァイエを構える」につないでスキをフォローしたい。
やられ判定が前方に拡大された(R1.03)。

ジャンプ攻撃

GUILTY GEAR Xrd -REVELATOR-
連/必/J
ATK:10 F:6 A:6
ジャンプP
連打キャンセル可能なジャンプ攻撃。発生がそれなりに早く,空中戦でもつれたときなどに役立つ。ジャンプS→ジャンプPのガトリングルートを活用して,空中連続技の高さ調節をしたり,ヒット数を稼ぎたいときの中継にも便利だ。
GUILTY GEAR Xrd -REVELATOR-
ATK:18 F:8 A:6
ジャンプK
両足を斜め下方向に伸ばして蹴るジャンプ攻撃。見た目の印象ほどは下方向に強くないので,跳び込みには若干使いにくい。空中連続技の中継などに使っていこう。
GUILTY GEAR Xrd -REVELATOR-
必/J
ATK:28 F:7 A:5
ジャンプS
両手でブーケを振り下ろすジャンプ攻撃。斜め上から真下へと攻撃判定が移動するので,発生直後は空中戦で強く,持続後半は跳び込みに使える。
攻撃判定が縮小され,空中ダッシュから出すとしゃがんでいる相手に当たらなくなったが,基底ダメージ補正が削除されたため,大ダメージの連続技を狙いやすくなった(R2)。
GUILTY GEAR Xrd -REVELATOR-
ATK:34 F:10 A:6
ジャンプHS
ブーケを上から叩きつけるジャンプ攻撃。発生直後は斜め上に強く,持続後半は横方向と斜め下に強い。ジャンプSに似た攻撃だが,リーチは全体的にこちらが長い。空中ヒットさせると相手が下に落ちるので,低い位置で当てればダウンを奪える。
「REV 2」では,攻撃判定が下方向に拡大され,しゃがんでいる相手に当たりやすくなった(R2)。
GUILTY GEAR Xrd -REVELATOR-
ATK:38 F:11 A:3
ジャンプD
拳銃で背面撃ちするジャンプ攻撃。真横へのリーチが長く,空中戦で追ってくる相手の迎撃に便利。硬直時間はかなり長いが,空中バックダッシュ直後に出すことで,下がりながら攻撃しつつすぐに着地できるのでスキをフォローしやすい。ヒット時は相手を横に吹き飛ばし,受け身不能時間も長いので,低空で当てるとダウンが奪える。
地上の相手にヒットした場合に吹き飛ばし,ダウンが奪えるようになった(S1.1)。
「REV 2」では,攻撃発生直前にロマンキャンセルした場合に,攻撃判定が発生するようになった(R2)。

共通システム技

GUILTY GEAR Xrd -REVELATOR-
ATK:25 F:9- 8
デッドアングルアタック
6+Pと同じ動作で反撃する。ほかのキャラクターに比べ発生が早く,リーチ,攻撃の打点共に優秀。硬直差では不利だが,ガードされると距離が離れるため,意外に反撃されにくい。エルフェルトは切り返し手段が限られているので,この技で相手の攻めを断ち切っていこう。
GUILTY GEAR Xrd -REVELATOR-
ATK:0・60 F:1+ 49
地投
地上投げ
相手に時限爆弾を設置し,爆破する投げ技。相手を大きく吹き飛ばすが,硬直も長いので画面端以外では起き攻めが仕掛けにくいのが難点か。画面中央なら硬直終了と同時にダッシュすることで,起き上がった相手にギリギリ通常技が重ねられる。こちらが攻めている状況なら6+S+HSで入力すれば,不成立時に発生の早い近距離立ちSが暴発するので,スキがフォローしやすいだろう。
GUILTY GEAR Xrd -REVELATOR-
ATK:0・60 F:1
空投
空中投げ
相手を地面に叩きつけ,地面バウンドを誘発させる投げ技。相手が目の前でダウンするので,ベリーパインを所持しつつ,相手に起き攻めを仕掛けられる。追撃する場合はヒット後すぐにロマンキャンセルし,地面バウンドしているところに攻撃を叩き込もう。
相手落下時のバウンドが低くなった(R1.03)。


必殺技解説

ベリーパイン

236+P(空中可)
 胸の谷間から苺型の手榴弾を取り出し,ピンを抜いてしまい込む技。この手榴弾は後述の上投げ・下投げで前方に投げることができる。投げた手榴弾は地面に落ちるまで攻撃判定を持つものの,ヒットしてもダメージは0で,コマンド入力から3秒後に発生する爆発に巻き込まなければダメージを与えることはできない。ちなみに手榴弾を投げずに所持したまま3秒が経過してしまうと自爆となり,わずかだがダメージもあるので注意しよう。
 ではすぐに投げたほうがいいのかといえば,実はそうでもない。爆発までの時間が残り1秒を切ると光り始め,投てき時の手榴弾(爆発ではなく手榴弾そのもの)の攻撃レベルが上昇する効果があるのだ。攻撃レベルが上昇すると受け身不能時間が延びるため,これにより手榴弾投げ→爆発が連続ヒットしやすくなる。なお投てき中の手榴弾は銃火器を使った攻撃で強制的に爆破させることもでき,その場合は自動爆発よりも若干威力が高いことも覚えておこう。
 爆発前に本体が攻撃されると消滅してしまうように。また,投げた手榴弾にやられ判定が追加され,相手の攻撃を受けると跳ね返るようになった。このとき,飛び道具に当たるとその場で爆発するが,ここにも通常同様の攻撃判定がある。投げた手榴弾を相手が打ち返しにくるところを狙い,本体の攻撃で迎撃するなどもできる(S1.1)。
 投げた手榴弾のやられ判定が大きくなり,相手に攻撃された際の吹き飛ぶ向きが相手キャラクター基準に変更された。また,自爆の爆発がガード可能になった半面,自爆した際の吹き飛びが高くなり,基底ダメージ補正が50から80に変更された(R1.03)。

GUILTY GEAR Xrd -REVELATOR-
ベリーパイン
GUILTY GEAR Xrd -REVELATOR-
残り1秒を切ったとき
GUILTY GEAR Xrd -REVELATOR-
自爆

種類 攻撃力 発生 全体動作 攻撃属性
ベリーパイン 全体19
ベリーパイン(爆破) 50 1 上 / 空
ベリーパイン(自爆) 自身に10 1 上 / 空

上投げ / 下投げ

ベリーパイン所持中4+P(空中可) / ベリーパイン所持中2+P
 上投げはオーバースローで放物線を描くように手榴弾を投げる。空中の相手に対するけん制として使っていこう。なお地面に到達する前に立ちHSを当てて爆発させれば,地上の相手へのけん制としても役立つ。空中版も同じような軌道だが,空中にいる分だけ手榴弾をより遠くまで投げられる。また安全な投げ方として,空中バックダッシュ〜空中上投げと入力することで,技後のスキを着地でキャンセルする使い方もある。
 一方の下投げは,アンダースローで地面に転がすように投げる。地上のけん制として便利だが,手榴弾のダメージは0なので相手の攻撃と相打ちになるとダメージ負けしてしまうことに注意しよう。投げた瞬間に黄色ロマンキャンセルをすることで,比較的安全に手榴弾を手放せるうえ,これがヒットしたらダッシュからの追撃を狙える。

GUILTY GEAR Xrd -REVELATOR-
上投げ
GUILTY GEAR Xrd -REVELATOR- GUILTY GEAR Xrd -REVELATOR-
GUILTY GEAR Xrd -REVELATOR-
下投げ
GUILTY GEAR Xrd -REVELATOR- GUILTY GEAR Xrd -REVELATOR-

種類 攻撃力 発生 硬直差 全体動作
上投げ 0・40 10 -3[+7] 全体33
空中上投げ 0・40 13 全体36
下投げ 0・40 10 -3[+7] 全体33
※[]内は強化版のもの。

ブライダルエクスプレス

214+K(空中可)
 ブーケに乗って移動する突進技。ヒットすると相手を横に吹き飛ばしつつダウンを奪えるので,足払いヒットなどからつないで相手を画面端に追い込んでいくといい。密着でガードされると不利となり,発生の早い技で反撃を受けてしまうが,うまく先端部分を当てるようにすれば逆に有利を取ることも可能だ。
 空中版は斜め下に移動する突進技。発生は遅いがガードされてもスキが小さいのが強みといえる。空中で少し停滞してから攻撃する特性を利用して,相手の対空技を避けつつ攻撃する手段として活用できる。
 地上版・空中版共に基底ダメージ補正90%が追加され,ここからの連続技の威力が若干減少した。ガード後に距離が離れにくくなり,投げで反撃を受けやすくなった。攻撃判定の強さや硬直自体には変化が無く,使い勝手そのものは変わらない(S1.1)。
 攻撃レベルが4から3に低下し,ガードされた際に反撃を受けやすくなっている。また,空中版は着地硬直が3フレームから7フレームに増加し,こちらも反撃を受けやすくなった(R1.03)。

GUILTY GEAR Xrd -REVELATOR-
ブライダルエクスプレス
GUILTY GEAR Xrd -REVELATOR- GUILTY GEAR Xrd -REVELATOR-
GUILTY GEAR Xrd -REVELATOR-
空中ブライダルエクスプレス
GUILTY GEAR Xrd -REVELATOR- GUILTY GEAR Xrd -REVELATOR-

種類 攻撃力 発生 硬直差 攻撃属性
地上版 45 14 -7 上 / 空
空中版 40 26 低空時+10 上 / 空

Missコンフィールを構える〜射撃 / 解除

236+S〜構え中P or K or S or HS / 構え中D
 マスケット銃を構えてしゃがみ込む,狙撃に特化した構えがこのMissコンフィールだ。構え中はエルフェルトが動けない代わりに画面内に照準が出現し,方向キーを入力することで画面内を自由に動かせるようになる。ここでDボタン以外の攻撃ボタンを押すと射撃が発生し,照準のある場所に直接攻撃判定が発生する。この射撃は空中ガード不能(空中フォルトレスディフェンスは可能)なので,相手が受身をして,空中で無防備になったところを狙い撃ちするのが主な使い道となる。
 また照準を動かさずに35フレームが経過すると,照準が拡大されてガード不能の攻撃となる。構え中に遠距離で相手が動かないでいるようなら,この強化版射撃で無理矢理ガードをこじ開けていこう。なおエルフェルトに特有のシステムとして,構え中はロマンキャンセルを発動しても構えが継続される(射撃中は除く)。さらにMissコンフィール構え中は,照準が瞬時に相手の場所へ移動する効果もあるので,照準が大きく外れているときはこれでフォローするのもありだ。
 ロマンキャンセルを発動した際に相手が背後にいる場合,構えたまま自動で振り向くようになった(S1.1)。
 カウンターヒット時に相手が上へ大きく吹き飛び,受身不能時間が増加したため,リロードからの射撃で追撃できる。通常ヒット時のダメージも30から35に増加し,リターンが大幅に増加している(S1.1)。
 強化版のガード不能射撃は,始動ヒット時のダメージが75から65になり,ガード不能射撃からの追撃ダメージは減少している(S1.1)。

 リロード時のテンションゲージ増加量が150から50に,パーフェクトリロード時の増加量が200から100に,射撃時の増加量が400から200に低下した(R1.03)。
 「REV 2」では,ガード不能になるまでの時間が12フレーム延長された。また,ロマンキャンセルの演出中にも照準を動かせるようになった(R2)。

GUILTY GEAR Xrd -REVELATOR-
Missコンフィールを構える
GUILTY GEAR Xrd -REVELATOR-
照準
GUILTY GEAR Xrd -REVELATOR-
照準(最大)

GUILTY GEAR Xrd -REVELATOR-
射撃(Missコンフィール構え中P or K or S or HS)
GUILTY GEAR Xrd -REVELATOR-
解除(Missコンフィール構え中D

種類 攻撃力 発生 最速派生時の発生 硬直差 攻撃属性
射撃 35 3 30 - 14
射撃(強化版) 45 3 50 ガ不

■リロード

Missコンフィールの射撃後46+S
 Missコンフィールの射撃後に,弾込めをして再度構え直す技。射撃の直後から入力を受け付けているが,あまり時間が経ちすぎると構え自体が解除されてしまう。
 なお,コマンド46+S6とSボタンを同時に押すことでパーフェクトリロードが発生し,一連の行動を素早く行うことが可能。この時の同時押し猶予は2フレームしかなく,さらに射撃の直後でなく少し間を置いて入力する必要がある。パーフェクトリロードが成功したかどうかは,銃を大きく振る動作のスピードで見分けられるので,トレーニングモードなどで練習してみよう。

リロード
GUILTY GEAR Xrd -REVELATOR- GUILTY GEAR Xrd -REVELATOR- GUILTY GEAR Xrd -REVELATOR-


Missトラヴァイエを構える

236+HS
 ショットガンを腰だめに構える必殺技。ここからは各種ボタン入力でさまざまな派生技を繰り出すことが可能で,その攻撃はどれも非常に強力。各派生技の詳細については後述するが,このMissトラヴァイエ構えがエルフェルトの攻めの中核を担っているといって過言ではなだろう。
 なおこの構え中のエルフェルトは各種移動が可能だが,唯一ジャンプだけができない。またMissコンフィール同様,構え中のロマンキャンセルで構えが解除されることはない(射撃中は除く)。
 さらにこの技の重要な要素として,Missトラヴァイエ構え中レバーニュートラル状態で13フレーム経過することで移行する強化版の構え(以下,強化版構え)がある。体が赤く光ったのち,相手を照準に捉えるこの動作の後は,HSボタンによる射撃がより強力なものとなるのだ。強化版構えは前後の移動やしゃがむといった行動で解除されてしまうが,攻撃ボタンを使った動作では構えが維持される。これを利用することで,さまざまなコンボや連係に強化版射撃を組み込める。

GUILTY GEAR Xrd -REVELATOR-
Missトラヴァイエを構える
GUILTY GEAR Xrd -REVELATOR- GUILTY GEAR Xrd -REVELATOR-
強化状態

■Missトラヴァイエ構え中の派生技

GUILTY GEAR Xrd -REVELATOR-
連/必
ATK:18 F:3+ 1
小突く
・Missトラヴァイエ構え中P
ショットガンの銃身で相手を小突く技。発生が非常に早いうえに連打キャンセルが可能で,Missトラヴァイエ構え中の接近戦で重宝する。ヒット時は射撃につないでダメージを与えていこう。なお,この技は通常技扱いであるため,削りダメージなどは生じない。
GUILTY GEAR Xrd -REVELATOR-
A:全体24(1〜10無)
転がる
・Missトラヴァイエ構え中K
前転で移動する技。出始めに完全無敵があり,動作中盤からは打撃無敵となる。構え中はジャンプができないため,飛び道具やけん制技を避けたいときなどに重宝する。ちなみに密着からなら相手の背後に回ることも可能。ベリーパインの爆発に紛れて転がるなどで,相手のガード方向を揺さぶろう。
打撃無敵時間が16フレームから10フレームに減少した(R1.03)。
GUILTY GEAR Xrd -REVELATOR-
ATK:30 F:11±0
突き上げる
・Missトラヴァイエ構え中S
移動しつつショットガンで突き上げる突進技。動作途中から上半身無敵があり,相手のジャンプを防止するのに適している。ただし,真上からの攻撃には空振りやすいので,防御的には使いにくいだろう。ガードされても有利で,地上ヒット時はよろけを誘発。確実な追撃は強化版射撃の目押しのみだが,回復の難しさから通常の射撃や小突きもヒットさせやすい。通常技扱いであるため削りダメージはない。
攻撃レベルが3から2に低下し,やられ判定が上方向と前方に拡大された(R1.03)。
GUILTY GEAR Xrd -REVELATOR-
A:全体17
解除
・Missトラヴァイエ構え中236+HS
ショットガンをしまい構えを解く動作。Missトラヴァイエ構えはジャンプができないデメリットがあるので,構えの有効間合い外になったら即座に解除することも大切だ。この技は必殺技扱いであるため,「小突く」と「突き上げる」からキャンセルで解除できる。

■射撃〜リロード

Missトラヴァイエ構え中HS〜射撃後46+HS
 ショットガンを前方に向けて撃つ,射程が短い飛び道具扱いの技。発生が早く,Missトラヴァイエ中の暴れや連係に使っていける。なお,この技はヒットした間合いで攻撃力やヒット効果が変化し,近距離時は高火力で相手はダウンし,中距離時は低火力でダウンしないのけぞり効果となる。
 強化版構えから繰り出す強化版射撃は発生がさらに早く,巨大な攻撃判定と高い攻撃力を持つ超高性能技となる。通常版同様,ヒット時の間合いによってヒット効果が変化し,さらに近距離時は横に大きく吹き飛ばしたうえ,画面端なら壁張り付きダウンを誘発。壁張り付き時はさらなる追撃が可能なので,画面端の連続技には欠かせないパーツといえる。
 また通常版・強化版共に削りダメージが非常に大きく,飛び道具を貫通して打ち消す性質を利用して,中〜遠距離での飛び道具対策としても使うことも可能。なお,射撃後は何もしなければ自動的に構えが解除される。
 遠距離ヒット時のダメージが通常版・強化版共に40から35に減少,強化版近距離ヒット時のダメージが70から60に変更された(S1.1)。
 通常版射撃(近距離)の攻撃力が35から30に,強化版(近距離)の攻撃力が60から55に減少した。また,リロード時のテンションゲージ増加量が100から50に,射撃時の増加量が200から100に低下した(R1.03)。

 リロードは射撃後にショットガンを再装填して構え直す動作。画面端の連係で相手を削り倒したいときや,射撃を組み込んだ連続技などに重宝する。また何もせずに解除を待つよりも,リロードしたほうが若干早く行動できることも覚えておこう。
 リロード時のテンションゲージ増加量が以前の半分程度まで減少している(S1.1)。

GUILTY GEAR Xrd -REVELATOR-
射撃
GUILTY GEAR Xrd -REVELATOR- GUILTY GEAR Xrd -REVELATOR-
強化版射撃

種類 攻撃力 発生 硬直差 全体動作
射撃 30[20] 3 -2 全体31
射撃(強化版) 55[35] 1 + 5 全体29
※[]内は遠距離時のもの。

リロード
GUILTY GEAR Xrd -REVELATOR- GUILTY GEAR Xrd -REVELATOR- GUILTY GEAR Xrd -REVELATOR-

全体動作 硬直差
全体17 -1[+6]
※[]内は強化版射撃〜リロードのもの。

■崩す

Missトラヴァイエ構え中D
 両腕を振り上げたのち,相手を突き飛ばす投げ技。発生こそ遅いが出始めから投げ無敵があり,有利状況からのガード崩しとしてかなり強力。強化版射撃のプレッシャーで動けなくなっている相手を,この技でどんどん投げていこう。
 なおこの技は投げ技でありながら,2段目を必殺技(「射撃」を除く)でキャンセルでき,画面中央からなら吹き飛ぶ相手をブライダルエクスプレスで追撃できる。また,画面端なら突き飛ばしたあとに壁張り付きを誘発するので,キャンセルせずとも大ダメージの連続技を狙っていける。
 黄色ロマンキャンセル可能時間が投げ判定の発生直前までに変更され,空振り時のリスクが増加した(S1.1)。
 基底ダメージ補正が70%から60%に変更された(R1.04)。

崩す
GUILTY GEAR Xrd -REVELATOR- GUILTY GEAR Xrd -REVELATOR- GUILTY GEAR Xrd -REVELATOR-

攻撃力 発生 空振り硬直 無敵 基底ダメージ補正
0・47・16 15 52 1〜17投 強制60

転がる〜Missトラヴァイエを構える

236+K
 前転で移動した後,Missトラヴァイエの構えに移行する必殺技。Missトラヴァイエの構え中に出せる同名の技と違って,動作の途中に無敵時間は無いが,前転中は姿勢が低くなるため打点の高い技を避けることが可能。前転後は自動でMissトラヴァイエの構えに派生するが,動作の途中でロマンキャンセルした場合は,Missトラヴァイエの構えには移行しない。奇襲手段のひとつとして使っていこう。
 また,前転の動作中は相手をすり抜けて裏側に回る性質がある。ベリーパインを相手に重ねた状態で,爆発の直前にこの技で裏側に回ることにより,強力なガード崩しを仕掛けられる。画面中央で狙ってみよう(R2)。


転がる〜Missトラヴァイエを構える
GUILTY GEAR Xrd -REVELATOR- GUILTY GEAR Xrd -REVELATOR- GUILTY GEAR Xrd -REVELATOR-

全体動作 無敵
全体28 1〜4上半身,5〜11低姿勢,12〜13膝上

覚醒必殺技:ジャッジベターハーフ

236236+K or D
 暗転後に剣を振り上げて攻撃する覚醒必殺技。多段技だが1段目がヒットすると相手をロックし,地面から湧き出た巨大なケーキと共に相手を一刀両断する。ロック時のダメージが非常に高く,ヘルファイア状態なら相手の体力を一気に消し飛ばすことも可能。発生の早さから確定反撃に使うほか,出始めからある無敵時間を活かした切り返しにも使っていける。ただし,1段目の攻撃判定は横のリーチが短いので,相手が少し離れただけで当たりにくくなる点には注意しよう。

ジャッジベターハーフ
GUILTY GEAR Xrd -REVELATOR- GUILTY GEAR Xrd -REVELATOR-
GUILTY GEAR Xrd -REVELATOR- GUILTY GEAR Xrd -REVELATOR-

攻撃力 発生 硬直差 無敵
20×6〈20・140〉[25×6〈25・175〉] 3+1 - 39 1〜9無,10〜空
※〈〉内は1段目ヒット時のもの,[]内はバースト覚醒時のもの。

覚醒必殺技:ジェノワーズ 

632146+HS
 バズーカ砲で巨大な弾丸を放つ覚醒必殺技。弾丸が相手に触れると炸裂し,多段ヒットの後,大ダメージを与える。弾速がそこそこ速いので遠距離からの奇襲として使えるほか,ヒット時は相手が浮くのでジャンプ攻撃や6+HSなどで追撃が可能。さらにガードされてもこちらが大幅に有利と,かなりの高性能技といえる。ヒット状況を問わず攻めを継続できることを利用して,遠距離立ちSや6+Pからの連係兼連続技として使っていくのがオススメだ。
 ちなみに,本作には覚醒技の暗転演出中にも飛び道具のみ移動するという仕様がある。これを利用して,ベリーパインを上に投げた後にジェノワーズを発動させることで,相手が暗転する前からガードを入力していなかった場合には,時間停止中にベリーパインがヒット,のけぞった相手に続くバズーカの弾丸が連続ヒットする,という連係を狙うことができる。

ジェノワーズ
GUILTY GEAR Xrd -REVELATOR- GUILTY GEAR Xrd -REVELATOR-
GUILTY GEAR Xrd -REVELATOR- GUILTY GEAR Xrd -REVELATOR-

攻撃力 発生 硬直差 全体動作
55・17×5 9+3 + 27 全体39

一撃必殺技:マグナムウェディング

一撃準備後に236236+HS
 遠距離立ちSと同じモーションで攻撃する一撃必殺技。ヒットすると愛の弾丸を放ち,相手はお花畑でメロメロになってしまう。決着条件を満たしていれば連続技に組み込むことも可能で,画面端で通常投げをロマキャンした後,すぐに一撃準備〜一撃必殺技とつなげば連続ヒットさせられる。

マグナムウェディング
GUILTY GEAR Xrd -REVELATOR- GUILTY GEAR Xrd -REVELATOR-
GUILTY GEAR Xrd -REVELATOR- GUILTY GEAR Xrd -REVELATOR-

種類 発生 硬直差 無敵
通常[決着条件成立時] 9+13[5+9] - 8 9〜36[5〜28]

基本コンボ解説


※このムービーは,SIGN Ver.1.1のものです。

初級編


1.【しゃがみK→近距離立ちS→足払い】[C]→ブライダルエクスプレス(ダメージ70)
 基本となる下段始動の連続技。しゃがみK始動を立ちK始動に変えた場合のダメージは88。近距離立ちSは遠距離立ちSやしゃがみSからでもつながるので,難しい場合はしゃがみSで代用しよう。ブライダルエクスプレスは相手を画面端に運びやすいのが利点だが,起き攻めを重視する場合はブライダルエクスプレスではなく,ベリーパインでキャンセルしたほうが余裕を持って起き攻めを仕掛けやすい。状況に応じて使い分けよう。

2.(相手空中)近距離立ちS[JC]→ジャンプ【P→S→HS→D】([C]空中ベリーパイン)(ダメージ103)
 上方向に強力な判定を持つ,近距離立ちS対空からの連続技。近距離立ちSは相手とのX軸方向の距離が近い場合にしか発生しない点に注意。近距離立ちSが低い位置で当たった場合は,ジャンプPのあとにジャンプKを挟んで相手の浮きの高さを調整しないと,最後のジャンプDがヒットしにくい。ジャンプHSやジャンプDを低い位置で空中ヒットさせるとダウンを奪えるので,このあとはベリーパインを使った起き攻めを仕掛けていこう。
 ジャンプDを省いてジャンプHSでダウンを奪うと,ダメージは落ちるが相手との距離が離れないので近い間合いから起き攻めに行ける利点がある。なお,カイには最後のジャンプDが当たりにくい。

3.6+P[C]ジェノワーズ→ダッシュ〜ジャンプ【K→S→HS→D】([C]空中ベリーパイン)(ダメージ122)
 発生の早い中段技である6+P始動の連続技。ジェノワーズまではガードされても有利なので入れ込んでおき,暗転中にヒット確認をしてから追撃しよう。ジェノワーズをブライダルエクスプレス[RC]で代用すると,ガードされたときの有利時間が若干長くなる。その場合はダッシュを長めにしたあとに近距離立ちSを挟むこと(ダメージ108)。またカイには最後の部分をジャンプ【K→P→S→HS→D】に変えると最後までつなげやすい。

4.ダストアタック〜8→ジャンプD→ジャンプD→ジャンプ【S→P→S】[JC]→ジャンプ【S→P→S→HS→D】(ダメージ115)
 ダストアタックからの空中連続技。最初のジャンプD→ジャンプD→ジャンプSはガトリングコンビネーションのようにつながるので,タイミングよくボタンを押せばOKだ。


※このムービーは,SIGN Ver.1.1のものです。

中級編

 
5.6+HS(カウンターヒット)[C]→Missトラヴァイエを構える→前進〜突き上げる[C]解除→近距離立ちS[JC]→ジャンプ【P→K→S→HS→D】(ダメージ142)
 ジャンプ防止兼地上けん制の6+HSがカウンターヒットしたときの連続技。「突き上げる」を相手に近づいて当てることで,解除後の近距離立ちSが遠距離立ちSに化けにくくなる。ただし,ダッシュしてしまうと「突き上げる」自体が勢い余って相手の背後に回り,空振りしてしまいかねないので気をつけよう。
 なお,空中カウンターヒットすると地面バウンドの高さが変化するため,当たった位置によっては若干待ってから「突き上げる」を入力したり,ジャンプKを省くなどのアドリブが必要になる。トレーニングモードで練習するときは,トレーニングダミーをジャンプさせ続け,ヒット位置がランダムになるようにして練習するといい。

6.(相手画面端)ダストアタック〜6→【近距離立ちS→足払い】→[C]→Missトラヴァイエを構える→(強化版構え)→強化版射撃→リロード→(強化版構え)→強化版射撃→ダッシュ〜近距離立ちS[JC]→ジャンプ【P→K→S→HS→D】([C]→空中ベリーパイン)(ダメージ145)
 画面端での横ダストからの連続技。壁張り付き後の【近距離立ちS→足払い】で地面へ引き戻し,Missトラヴァイエを構えるから強化版射撃で再度壁張り付きを狙う。強化版構えへの移行にかかる時間はおよそ0.2秒なので,レバーニュートラルで待つタイミングを感覚で覚えるようにしたい。なお,ファウストには近距離立ちSを当てるのを少し遅らせて出すことで完走できる。ラムレザルには後半部分のジャンプPを省くこと。
 「XrdR」ではダストアタックの仕様が変わったため,ダストアタック〜6ヒット時には以下のものを使おう。
(相手画面端)ダストアタック〜66+HS→6+HS[C]→Missトラヴァイエを構える→(強化版構え)→強化版射撃→リロード→(強化版構え)→強化版射撃→ダッシュ〜近距離立ちS[JC]→ジャンプ【P→K→S→HS→D】([C]→空中ベリーパイン)(ダメージ155)
 こちらのレシピの場合,壁張り付き後の地面への引き戻しには6+HS→6+HSを使用する。


7.(相手画面端)Missトラヴァイエを構える→崩す→(強化版構え)→突き上げる→強化版射撃→リロード→(強化版構え)→強化版射撃→ダッシュ〜ジャンプ【P→K→S→HS→D】→遠距離立ちS→立ちHS〜派生×4(ダメージ142)
 Missトラヴァイエ構え後の「崩す」始動の連続技。この構成は始動前に強化版構えである必要がないのがポイントで,「崩す」と「突き上げる」の間に構えの強化を行う。一瞬だけ待って,赤く光ったら即座に「突き上げる」を繰り出すこと。その後の強化版射撃は目押しでつなぐことになるが,ここが難しいので要練習だ。
 なおカイ,ポチョムキン,チップ,ヴェノム,ベッドマン,エルフェルトには後半がヒットしないので,強化版射撃後のレシピをダッシュ〜近距離立ちS[JC]→ジャンプ【P→K→S→HS→D】に代えるといいだろう。

8.(相手画面端)Missトラヴァイエを構える→(強化版構え)→強化版射撃→リロード→(強化版構え)→強化版射撃→リロード→(強化版構え)→強化版射撃→【しゃがみS→立ちHS】[C]→ブライダルエクスプレス→【しゃがみP→近距離立ちS】[JC]→ジャンプ【K→S→HS→D】(ダメージ232)
 エルフェルトの真骨頂といえる,強化版射撃始動の高火力コンボ。ブライダルエクスプレスは持続部分がヒットするので,その後しゃがみPが間に合う仕組みだ。対応キャラクターはソル,メイ,ミリア,ザトー,チップ,ヴェノム(最後のジャンプDのみヒットしない),スレイヤー,ラムレザル,シンだ。これ以外のキャラクターでは,強化版射撃後のレシピをダッシュ〜近距離立ちS[JC]→ジャンプ【P→K→S→HS→D】で代用しよう。その際,ファウストにはジャンプPを省くこと。
掲載されている内容/データに間違いを見つけたら?